専業主婦・兼業主婦の方が知っておきたいカードローン審査の全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
専業主婦・兼業主婦別のカードローン審査

主婦の方の場合、専業主婦か兼業主婦かでカードローンの審査が異なります。審査が異なるだけでなく、申し込みができるカードローンにも違いがあります。

難しいことではありませんので心配する必要はありませんが、今からお話しする内容を理解していただくと、申し込みから利用までがスムーズに進みます。

この記事では専業主婦と兼業主婦別に分け、カードローンの審査や申し込みができるカードローン、そして主婦の方が借りられる金額の目安をまとめました。

ぜひ参考にしていただき、あなたにぴったりのカードローンに申し込みをしてみてください。

1.主婦のカードローン審査

カードローンの審査で重要視されるポイントについて、専業主婦と兼業主婦別にご紹介します。

①専業主婦は配偶者の安定収入

自分の収入が全くない専業主婦の場合、ご主人(配偶者)に安定した収入があれば、銀行カードローンを利用して借り入れをすることができます。ご主人に連絡が行くことはありませんし、ご主人の勤め先に連絡が行くこともありませんので、家族に内緒での借り入れができます。

②兼業主婦は本人が審査対象

パートやアルバイトをしている兼業主婦の方は、一般的な勤め人と一緒で本人が審査対象になります。ご主人(配偶者)に安定収入があるかどうかは関係ありません。本人が審査対象になるため、この場合も家族に内緒での借り入れができます。

2.主婦が借りられるカードローン

主婦が借りられるカードローンを専業主婦と兼業主婦別にご紹介します。

①専業主婦は迷わず銀行カードローン

専業主婦の方は銀行カードローンを利用してお金を借りることができます。消費者金融カードローンからは借り入れを行うことができません。消費者金融は「個人年収の3分の1である金額の貸し出しを行ってはならない」という総量規制の対象です。収入が全くない専業主婦の方は借り入れができません。

しかし、銀行カードローンは銀行法が適用されるため専業主婦の方でも借り入れができます。専業主婦の方は迷わず銀行カードローンに申し込みをしましょう。

配偶者貸付よりも銀行カードローンがお得

  • 配偶者貸付制度とは、本人に収入がなかったとしても、配偶者と合計して年収の3分の1以下までであれば、貸し付けることができるという制度です。
  • 収入が全くない専業主婦でも、ご主人に安定した収入があれば借り入れを行うことができますが、対応しているカードローン会社が非常に少ないです。
  • 金利も銀行カードローンの方が低金利のため、配偶者貸付ではなく、銀行カードローンを利用した方が良いです。

②兼業主婦はどのカードローンでも利用可能

パートやアルバイトで収入がある兼業主婦の方は、銀行カードローンにしろ、消費者金融カードローンにしろ、どのカードローンでも利用ができます。低金利で借り入れをしたい時は銀行カードローンがおすすめですが、すぐに返済ができる場合などは無利息期間があるプロミスやアイフルなど、消費者金融カードローンがおすすめです。

3.主婦が借りられる金額

主婦が借りられる金額の目安を専業主婦と兼業主婦別にご紹介します。借りられる金額はあくまで審査によって決定されますが、多くてどのくらいのお金を借りられるのか参考にしてみてください。

①専業主婦は多くて30〜50万円

専業主婦の方の借入限度額は最大で30万円に設定されている銀行カードローンがほとんどです。多いところでも50万円が限度額となっています。

②兼業主婦も最初は多くて50万円

兼業主婦の方の場合、最初は多くても50万円ほどになります。注意点としては、消費者金融カードローンを利用する場合、総量規制の関係上、年収の3分の1までしか借り入れができないことです。例えば年収が100万円の場合には、33万円までしか借り入れすることができません。

銀行カードローンの場合は総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える金額の借り入れも可能です。まとまった金額を借りたい時には、銀行カードローンを利用するようにしましょう。

4.主婦にぴったりのカードローン4選

主婦にぴったりのカードローンをご紹介します。専業主婦の方は銀行カードローンしか利用できませんが、兼業主婦の方も銀行カードローンが低金利なのでおすすめです。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクは専業主婦の方も旦那さんの収入証明書や同意書なしで借入ができます。借入可能額は審査によって決まる形です。

また、レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、すぐに返済できる場合には利息がかかりませんし、ATMも手数料無料で借入・返済ができるため、利息以外の負担がかかりません。

アコム

第2位はアコムです。アコムは融資スピードは最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。「急ぎで借りたい!」という方に特に選ばれています。また、30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

プロミス

第3位はプロミスです。プロミスは平日14時までに契約完了していれば銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、「急ぎでお金を借りたい方」に選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

モビット

第4位はモビットです。WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がないことから、派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

5.まとめ

専業主婦の方は配偶者に安定収入があれば利用可能、パート・アルバイトをしている兼業主婦の方は自分自身が審査対象になるため、どのカードローンでも利用ができます。ぜひ参考にしていただき、ご紹介したカードローンの中から、あなたにぴったりのカードローンに申し込みをしてみてください。

カードローンランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket