【専業主婦必見】知って得する11のカードローン豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
専業主婦 カードローン

専業主婦の方がカードローンを利用する場合、契約できるカードローンの種類や限度額など、一般的な基準とは異なる点がいくつかあります。

この記事では、専業主婦の方が利用できるカードローンや旦那さんに内緒にするための注意点など、いざという時のために知っておきたいカードローンの豆知識をご紹介します。

現在カードローンの申し込みを検討している方もそうでない方も、知っておくだけでためになる情報を集めましたのでぜひご覧ください。

1.知って得する専業主婦のカードローン豆知識

知って得する専業主婦のカードローン豆知識を11個ご紹介します。

豆知識1 専業主婦でも銀行カードローンなら借りられる

収入がない専業主婦の方の場合、総量規制(借入額を年収の3分の1までとする基準)の対象となる消費者金融からはお金を借りることができません。ですが、新生銀行カードローン レイクなど一部の銀行系のカードローンからは専業主婦の方でも借り入れができます。

借入時の金利も消費者金融の上限金利は18.0%ほどの場合が多いですが、銀行カードローンなら14~15%ほどと比較的低金利になっています。申し込みもスマホやパソコンから手軽にでき、即日融資をしてくれる銀行も多いので、急な出費にも対応できます。

豆知識2 借り入れ限度額は多くて50万円

専業主婦の方がカードローンを利用する場合、限度額の上限は30万~50万円程度となるのが一般的です。専業主婦の限度額は金融機関ごとに基準が違うため、上限額と自分が借りたい金額を照らし合わせ、希望金額に見合ったカードローンを選ぶ必要があります。

もちろん必ずしも上限額を借りられるわけではなく、10万円~20万円になる場合もあります。限度額がいくらになるのかはあくまで審査次第ということになります。

豆知識3 旦那の安定収入がポイント

専業主婦の方がカードローン契約をする場合、旦那さんに安定した収入があることが前提となり、審査も旦那さんの収入が基準となります。この時、旦那さんの収入証明書などの提出は不要ですが、会社名や年収、勤続年数などは申込時に申告が必要です。

豆知識4 旦那に内緒で借り入れできる

自分に収入がない場合でも、旦那さんに内緒でお金を借りられる事実に驚く方も多いと思います。通常であれば審査時に職場への在籍確認の電話が入りますが、専業主婦の方の申し込みの場合、旦那さんの職場に電話がいくことはありません。

また、借り入れにあたり旦那さんの同意書なども必要ないため、誰にも知られずに借り入れができます。もちろん、自分自身に収入がある場合と違い、借りられる額はそれほど多くありません。ですが、ちょっとした臨時出費を補うぶんには、10万、20万円あれば十分事足りる場合も実際多いでしょう。

豆知識5 在籍確認は携帯か自宅

カードローンの申し込みには、自宅か自分の携帯電話いずれかの登録が必要です。専業主婦が申し込む場合、審査時に旦那さんの職場に連絡がいくことはありませんが、本人確認として申込時に伝えた電話番号に連絡が入ることはあります。

この時、自宅に電話がかかってくると旦那さんにバレそうで不安だという方は、自宅ではなく自分の携帯電話の番号を伝えておくようにしましょう。

豆知識6 キャッシュカード兼用型がバレにくい

金融機関によっては、普通預金のキャッシュカードとローン専用カードのデザインがあまり変わらないものもありますが、ほとんどの場合ローン専用カードということが分かるような仕様です。そのため、ローン専用カードを財布に入れておくと、周囲に借り入れの事実を知られてしまう可能性があります。

そんな時は、キャッシュカードにローン機能が追加された「キャッシュカード兼用型」のカードローンがおすすめです。兼用型であれば普通預金のキャッシュカードとほとんど見分けがつきませんし、財布の中にカードが1枚増えるという煩わしさもありません。みずほ銀行やソニー銀行などが、キャッシュカード兼用型のカードを発行しています

豆知識7 郵送物がないようにできる

申込から借入までインターネットで完結するカードローンは郵送物がない場合がほとんどですが、それ以外のカードローンも店頭や自動契約機に自分で受取りに行くことで、自宅への郵送物をなくすことができます。自動契約機なら銀行の場合でも土日祝日も営業しているため、仕事が休みの日に受取りに行くことも可能です。自宅への郵送物をなくしたい場合は、契約時に自動契約機で書類を受取る旨を伝えておきましょう。

豆知識8 申し込み内容は正直に

申し込み内容は必ず正しい内容を正直に申告しましょう。特に、旦那さんの収入や勤続年数をごまかしたり、他社からの借り入れを隠すような行為は禁物です。クレジットカードやローンの支払い状況なども全て信用情報として履歴に残っていますので調べれば簡単に分かります。

審査が有利になるよう嘘の申告をしたことが分かれば、その瞬間に信用を失い審査に落ちてしまいます。申し込み内容はあくまで正直に正確な内容を伝えましょう。

豆知識9 入力ミスに気をつける

カードローンはスマホやパソコンから手軽に申し込みができますが、この場合申し込み内容は全て手入力になるため、うっかり入力ミスをしてしまわないよう気をつけましょう。

審査をするうえでは画面上の情報が全てなので、いくら間違えであっても審査結果が出てから修正することはできません。審査時に正しい判断をしてもらうためにも、申込情報を入力する際は一つずつ念入りに入力内容を確認しましょう。

豆知識10 女性向けのカードローンがある

「そもそもカードローンはなんだか怖い・・・」という方には、女性向けカードローンという選択肢もあります。女性向けカードローンの場合、ちょっとした問い合わせから契約手続きに至るまで、全て女性が対応してくれるので、威圧的な男性が電話口に出るなどということもありません。もちろん、窓口での契約でも担当者は全て女性です。

ちなみに、大手銀行系のカードローンではみずほ銀行の「MyWing」やレディースレイクなどが挙げられます。利用方法や適用金利などは一般のカードローンと同じなので、女性の方が何かと安心だという方は女性向けカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

豆知識11 自動融資サービスがある

月々のクレジットカードや公共料金の支払いを口座引き落としにしている場合、引き落とし口座に残高がなく引き落としができなかったという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな時、自動融資機能がある銀行のカードローンを契約していれば、口座残高が足りない場合でも自動的にカードローンから借り入れを行い、クレジットカードなどの引き落としに充ててくれます。毎月の口座引き落としが不安な方には、とても有り難い機能です。みずほ銀行カードローンやイオン銀行のカードローンなどに自動融資機能が付いています。

2.専業主婦にピッタリの銀行カードローンはこれだ!

最後に専業主婦の方におすすめのカードローンをご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクは専業主婦の方も旦那さんの収入証明書や同意書なしで借入ができます。借入可能額は審査によって決まる形です。

また、レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、すぐに返済できる場合には利息がかかりませんし、ATMも手数料無料で借入・返済ができるため、利息以外の負担がかかりません。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

ちばぎんカードローン

第2位はちばぎんカードローンです。ちばぎんの口座を持っている人は即日融資を受けることができるため、ちばぎんを普段から利用している方に特に選ばれています。銀行ならではの低金利で、専業主婦の方も30万円まで借り入れが可能です。

ちばぎんカードローン

▼ちばぎんカードローンの詳細を確認したいなら
ちばぎんカードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

3.まとめ

専業主婦の方でも利用できるカードローンはありますし、旦那さんに内緒にしておくのも特別難しいことではありません。ですが、専業主婦の方の場合、月々の返済額が大きくなれば家計への負担が増え、日々のやり繰りが大変になってしまいます。返済が遅れると銀行から旦那さんに連絡がいくこともあるので、無理なく返済できる範囲での借入を心掛けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket