お金のプロFPが教える専業主婦のカードローン使いこなし術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
専業主婦 カードローン0

「収入のない専業主婦でもカードローンって利用できるの?」という疑問をお持ちの方も多いでしょう。実は、ご自身に収入のない専業主婦でも、カードローンを利用することは可能です。

ただし、カードローンの選択肢は限られます。では、専業主婦でも利用可能なカードローンにはどのような特徴があり、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。

ここでは、専業主婦がカードローンを利用する際に必須となる知識や素朴な疑問、専業主婦でも利用可能なカードローンについて、お金のプロであるFPが詳しく解説します。

1.専業主婦がカードローンを利用するときに押さえておきたいポイント

専業主婦がカードローンを利用する場合、必ず押さえておきたいポイントが3つあります。

<専業主婦が必ず押さえておきたいポイント>

  1. 総量規制対象のカードローンは選択できない
  2. 「専業主婦申し込み可」のカードローンを利用する
  3. 滞納リスクを考慮する

それぞれ簡単に解説していきましょう。

①総量規制対象のカードローンは選択できない

専業主婦がカードローンを利用する場合、利用できる商品が限られます。「総量規制」という制度が影響するからです。

総量規制とは、消費者金融や信販会社などの貸金業者を対象とする法律「貸金業法」において、利用者年収の3分の1以上を貸付してはいけないと定めている制度です。分かりやすくいうと、ご自身に収入のない専業主婦は、貸金業法の対象となる貸金業者からお金を借りることはできないということです。

したがって、専業主婦がカードローンを利用するのであれば、必然的に総量規制の対象とならない商品を選択しなければなりません。

総量規制は貸金業者が対象であるため、消費者金融カードローンである「アコム」や「プロミス」で専業主婦がお金を借りることはできません。なかには、「消費者金融は審査に通りやすいから、専業主婦でも大丈夫」と誤解している方もいらっしゃるようですが、収入のない専業主婦にお金を貸付すると総量規制に違反することになり、行政処分の対象となります。

このような理由から、消費者金融が専業主婦にお金を貸付することはありません。これは非常に重要なポイントですので、必ず覚えておきましょう。

ちなみに、総量規制の対象にならないカードローンとは、銀行が直接取り扱っている商品です。銀行は貸金業者ではないため、貸金業法が適用されません。

②「専業主婦の申し込み可」のカードローンを利用する

銀行が直接取り扱っているカードローンは総量規制の対象ではないため、専業主婦でも申し込みが可能です。ただし、全ての銀行カードローンで専業主婦の申し込みを可としているわけではなく、三井住友銀行カードローンのように申し込み不可としている銀行もあります。

これらを見分けるために、まず公式ホームページをチェックしましょう。専業主婦でも利用可能なカードローンは多くの場合、「専業主婦申し込み可能」もしくは「配偶者に収入のある専業主婦(夫)でも申し込み可能」という内容が明記されています。このようなカードローンであれば、専業主婦でも安心して申し込むことができるでしょう。

専業主婦でも申し込めるかどうかは、多くの場合、カードローンの「商品説明書」に記載されています。事前にチェックしておくといいでしょう。

ちなみに楽天銀行スーパーローンやみずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは専業主婦でも利用ができます。

③滞納するリスクを考慮する

専業主婦に限らず、カードローンを利用する場合は、滞納するリスクを踏まえて利用しなければなりません。特に、専業主婦はご自身に収入がないため、滞納することでカードローン利用の事実が配偶者にバレてしまう可能性が高いです。カードローンを利用する際は、必ず返済計画を立てるようにしましょう。

2.専業主婦がカードローンを利用する場合の素朴な疑問Q&A

「配偶者にバレそうで不安」「夫の勤務先に電話が入ったりしないだろうか…」など、カードローン利用について不安や疑問を感じている方もいらっしゃるでしょう。素朴な疑問をFPが分かりやすく解説します。

Q.申し込みに必要な書類は?

A.

申し込みに必要な書類は、本人確認書類のみです。提出可能な本人確認書類の具体例としては、「運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」などがあります。また、場合によっては「健康保険証」でも申し込みできますが、併せて住民票や住所確認書類を提出しなければならないケースがあります。

Q.審査は通る?

A.

配偶者に安定した収入があり、ご自身の信用情報に問題がなければ、審査に通る可能性は高いといえます。注意点として、申し込む際に配偶者の年収や勤務先情報が必要になる場合もありますので、事前に調べておくといいでしょう。

Q.夫の勤務先に連絡が入ることで、利用がバレることはない?

A.

結論からいうと、まずありません。そもそも、専業主婦本人の申し込みですので、たとえ配偶者の方の勤務先情報を記入したとしても、配偶者の方の勤務先に在籍確認が行われることは原則ありません。したがって、まずバレることはないといえるでしょう。

このように、専業主婦の方でも問題なくカードローンを利用することができます。では、専業主婦でも利用可能なカードローンにはどのような商品があるのでしょうか。次章は、専業主婦の方に最適な優良カードローンを1つご紹介します。

3.専業主婦におすすめのカードローンは?

専業主婦におすすめできるカードローンの条件としては、

  • 専業主婦でも利用できると明記されている
  • 金利が15%以下
  • 返済コストが低い

という3点が挙げられます。これらを全て満たすおすすめのカードローンが「楽天銀行スーパーローン」です。楽天銀行スーパーローンの商品詳細は下記のとおりです。

専業主婦 カードローン11

楽天銀行スーパーローンの大きな特徴は、

  • 配偶者の勤務先情報を記入しなくても申し込める
  • 金利が14.5%なので、利息を節約できる
  • 提携先が非常に多いので活用しやすい
  • コンビニATMを無料で利用できる
  • 毎月の最少返済額が2,000円からなので、滞納につながりにくい

などがあります。楽天銀行スーパーローンは、専業主婦においても積極的な貸付実績があり、安心して審査を受けることができるでしょう。

ただし、1つ注意点があります。それは、「ローンカードを自宅で受け取る必要がある」という点です。楽天銀行には無人契約機がないため、ローンカードの即日発行はできません。したがって、一度は郵便物を受け取る必要があります。楽天銀行スーパーローンのローンカードの受取方法は「簡易書留郵便」です。つまり、本人と同居している家族でも受け取ることができるということです。

もし、ローンカードを家族が受け取ってしまった場合、可能性としてカードローンの利用がバレてしまうことも考えられますので、家族バレを避けたい方は、できる限りご自身で受け取る必要があるでしょう。ローンカードは契約した当日に発送されます。その点も配慮して申し込むとよいでしょう。

もしローンカードが発行されないカードローンを利用したいのであれば、みずほ銀行カードローンがおすすめです。キャッシュカード兼用型なので、みずほ銀行のキャッシュカードで借り入れができます。カードが原因で家族にバレることはまずありません。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「旦那に内緒|専業主婦がみずほ銀行カードローンで即日借りる方法」

4.まとめ

専業主婦のカードローン利用には、不安が伴うケースも多くあります。しかし、明確な返済計画を立てつつ活用できれば、ご自身の強い味方として重宝するでしょう。完済時期を決めて、計画的に利用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事