専業主婦・兼業主婦別カードローンの選び方と限度額の増額方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローンを利用したい専業主婦

主婦がカードローンを利用する場合、どのくらいの金額を借りられるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

特に収入がない専業主婦の場合、「そもそもカードローンの契約自体できるの?」と思っている方もいるかもしれません。

結論から言うと、専業主婦の方であってもカードローンの契約はできます。また、契約にあたり配偶者の了承を得る必要もないため、旦那さんに知られずにお金を借りることも可能です。

この記事では、専業主婦・兼業主婦の方それぞれが利用できるカードローンと、限度額相場や増額方法などについて詳しくご紹介していきます。

1.主婦が利用できるカードローンと総量規制

カードローンは、消費者金融と銀行系のものの大きく2つに分けられます。主婦の方の場合、専業か兼業かによってそれぞれ利用できるカードローンが違います。

まず、パートなどをしている兼業主婦の方は、消費者金融と銀行系のカードローンどちらも利用することができます。一方、収入がない専業主婦の方は、銀行系のカードローンのみ利用が可能です。このように収入の有無によって利用できるカードローンが違うのは、総量規制というものが関係しているためです。

総量規制とは、消費者金融が基準とする賃金業法で定められているもので、「個人の借入額の上限を年収の3分の1までにする」という基準です。そのため、収入がない専業主婦の方はこの基準に当てはめることができないため、消費者金融からの借入はできないということになります。

銀行カードローンは専業か兼業主婦かに関わらず申し込むことができます。専業主婦の方の場合、配偶者に安定した収入があることが条件となりますが、契約にあたり配偶者に同意を得る必要はありません。

2.主婦のカードローン限度額

主婦がカードローンを契約した場合、限度額はいくらになるのか、専業主婦と兼業主婦それぞれのケースを見ていきましょう。

①収入が全くない専業主婦の場合

収入がない専業主婦の方の場合、限度額はそれほど多くありません。限度額相場としては30万円以内、多くても50万円程度です。専業主婦の方が50万円以上借りるのは実際のところ難しいでしょう。

②パートなどで収入がある兼業主婦の場合

フルタイムやパートなどで安定した収入がある主婦の方は、特に限度額の制限はありません。ただ、消費者金融にしろ銀行カードローンにしろ、多くても年収の3分の1程度になると覚えておきましょう。

3.主婦におすすめのカードローンランキング

安定収入のある主婦の方におすすめのカードローンをご紹介します。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

4.主婦のカードローン限度額の増額について

申し込み時の限度額は、契約後の利用状況によって変わる場合があります。主婦の限度額増額についてご説明します。

①収入が全くない専業主婦の場合

専業主婦の方でも、審査にさえ通れば限度額を増額することは可能です。しかし、専業主婦の限度額の上限が決まっている場合は、それ以上の増額はできません。

たとえば、専業主婦の限度額が30万円のカードローンに申し込みをし、初回の限度額が10万円となった場合、契約後の利用状況によっては残りの20万円の範囲内で増額をしてもらえる可能性はあります。

ですが、当初の限度額が30万円だった場合は、それ以上限度額を増額することはできないということになります。

②パートなどで収入がある兼業主婦の場合

自分自身に継続的な収入がある方は、消費者金融と銀行どちらのカードローンを利用しているかで、増額できる限度額も変わってきます。

銀行の場合は収入による規制がないため、いくら増額できるかは全て審査次第です。ですが、消費者金融で増額を希望する場合は、申し込み時同様年収の3分の1までが上限となります。

5.カードローン限度額の増額の流れ

契約後に限度額の増額を希望する場合は、申し込み時同様審査があります。その他必要な手続きなど、限度額増額までの流れをまとめました。

①取引実績を積む

限度額を増額するためには、一定の返済実績が必要です。一概にどのくらいと言うのは難しいですが、半年から1年以上経ってからの増額をおすすめします。また、このくらいの期間になると、逆に金融機関側から「増額の審査をしませんか?」という連絡がくることもあります。

②増額申請をする

ある程度の返済実績ができたら、契約している金融機関に増額の申請をします。申請方法は電話やインターネット、自動契約機など金融機関ごとに違うため、事前に確認しておきましょう。

③審査

限度額増額には、改めて審査が必要です。審査内容は基本的にカードローンの申し込み時と同じです。現在の収入や他社からの借入状況、これまでの返済実績などを総合的に見たうえで、増額可能かどうかが決まります。

④増額の可否の連絡

審査が終わり次第、審査結果の連絡が入ります。基本的には、結果が出たその日から増額分の借入ができる状態になります。以上で増額の手続きは完了です。

6.限度額の増額審査に通るためのポイント

増額審査に通るためには、一定の返済実績を作ることがまずは重要です。契約期間が数ヵ月と1年以上の場合では、信用度が全く違います。もちろん、この間支払いの延滞をしないということが大前提となります。

また、最低金額のみを月々返済するよりも、毎月少し多めに返済したり繰り上げ返済をしている方が、金銭的に余裕があると判断されやすくなりますし、信頼も得られやすいです。

増額となれば当然今よりも返済の負担は大きくなりますので、金融機関側としては最初の契約時以上に慎重に審査を行う必要があります。日頃から繰り上げ返済などを行い、借入額が増えてもきちんと返済できることをアピールしておくことがポイントです。

7.限度額を増額するときの注意点

増額審査に通れば希望通り限度額を増やすことができますが、審査結果次第では、逆に今までよりも限度額が下がってしまうこともあります。

特に申し込み時よりも収入が減っていたり、他社からの借入額が増えていた場合などは要注意です。仮に、限度額目一杯に借入をしている場合、限度額が下がるとしばらくは返済するのみになり、追加での借入はできなくなってしまいます。

もちろん、増額ができなかったからといって必ずしも減額されるわけではありませんが、増額申請については現在の自分の状況を考え、慎重に検討することをおすすめします。

8.まとめ

専業主婦の方の場合、30万円以内の限度額となるケースがほとんどですが、旦那さんに秘密で借りられることを考えれば、ある意味十分と言える額ではないでしょうか。

当初の限度額によっては契約後に増額ができる場合もあるので、まずは毎月の返済を延滞しないよう気をつけ、余裕のある月は繰り上げ返済などもしていけるのがベストです。

ですが、旦那さんの収入の範囲内で返済していかなければならない場合、借り過ぎには十分注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket