主婦がキャッシング審査のために必要な全知識と不利になる3つの条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
専業主婦

生活費が足りない時やいざという時のために、キャッシングが利用できれば便利です。

自分に収入がない専業主婦の方でも、パートやアルバイトをしていて収入がある兼業主婦の方でもキャッシングは利用することができますが、不安になることは審査のことです。

果たして自分はキャッシングに申し込みをして審査に通るのか。初めて利用するのであればなおさらです。

この記事では、主婦がキャッシング審査に必要な知識や審査で不利になる条件などについてまとめました。あらかじめ審査について知っておけば通過率を上げることができます。ぜひ参考にしていただき、キャッシングで賢い借り入れをしていきましょう。

1.主婦が申し込みできるキャッシング

専業主婦の方とパートなどで収入のある兼業主婦の方とでは、申し込みできるキャッシングが異なります。

①専業主婦なら銀行カードローン

収入のない専業主婦がお金を借りる場合は、銀行カードローンに申し込めばキャッシングすることができます。

消費者金融に適用される総量規制では、年収の3分の1を上限にお金を借りることができますが、収入がない専業主婦は借り入れができません。銀行カードローンには銀行法が適用されるため、専業主婦の方でもキャッシングが可能になります。

②配偶者貸付

収入のない専業主婦の方が消費者金融のキャッシングをする方法に、配偶者貸付を利用してお金を借りる方法があります。配偶者貸付を利用すると、旦那さんの年収の3分の1までならお金を借りることができるようになります。

しかし、問題は配偶者貸付に対応している消費者金融が少ないことです。大手の消費者金融のほとんどが配偶者貸付を利用したキャッシングに対応していませんので、配偶者貸付のキャッシングに申し込みをすることは選択肢が少ない状態です。また、配偶者貸付には、申し込みをする本人の身分証明書に加え、旦那さんの同意書と婚姻を証明する書類が必要になってくるため、申し込みの手続きが難しいと言えます。

それらのことを考えると、専業主婦の方がキャッシングに申し込む場合は、消費者金融のキャッシングではなく、収入がなくてもキャッシングができる銀行カードローンを申し込む方が現実的です。

③収入のある兼業主婦ならどこでも借入可能

パートやアルバイトをしていて安定した収入がある主婦の方は、銀行カードローンに加え、消費者金融カードローンも申し込むことができます。消費者金融カードローンと銀行カードローンのどちらにも申し込めるので選択肢が広がります。

2.主婦がキャッシング審査に必要な5つの知識

主婦がキャッシングに申し込む前に知っておいたほうが良いことを5つご紹介します。

①勤務先への在籍確認

パートやアルバイトをしている主婦の方がキャッシングに申し込むと、本当に仕事をしているのか確認するために、勤務先に在籍確認の電話があります。在籍確認の電話が勤務先にかかってくると、キャッシングに申し込んだことが会社の同僚にバレてしまうのではないかと心配になる方もいらっしゃると思いますが、その心配は不要です。

キャッシングの在籍確認の電話は担当者が個人名(銀行カードローンの場合は銀行名の場合もあり)を名乗って電話をかけてきますので、キャッシングを申し込んだことが職場の同僚に分かることはまずありませんから。安心して申し込みをしてください。

どうしても在籍確認の電話が嫌な場合には、原則電話連絡がないモビットや、電話連絡の相談ができる三井住友銀行カードローンやプロミスを選ぶと良いでしょう。

専業主婦の在籍確認

  • 専業主婦の場合は在籍確認の電話はありません。
  • ご主人の会社やご主人に電話が行くこともありませんので、内緒での借り入れができます。

②自宅への郵送物

キャッシングに申し込みをして、自宅に郵送物があるとすれば、キャッシングのカードや契約書などです。しかし、カードと契約書を受け取らずに借り入れができる方法や、自宅にカードと契約書が送られてこないようにする方法はあります。

現在、ほとんどのキャッシングはWEB上で申し込みから借り入れまでが完了するため、そういったキャッシングに申し込みをすれば自宅への郵送物はありませんし、申し込みだけをインターネットでして、自動契約機で契約とカードの受け取りをすれば、同じように自宅への郵送物をなくすこともできます。

③返済能力

キャッシングの審査では、安定した収入があることを最重要視されています。金融会社でお金を借りてから返済を終えるまで期間は、長ければ数年に及ぶことが考えられますので、途中で返済ができない状態に陥らないためにも、安定した収入がある方が求められています。

収入のない専業主婦の方がキャッシングを申し込む場合、旦那さんが公務員や正社員として働いているなら、雇用が継続して見込まれていることから安定した収入が約束されていますので、審査ではポイントが高くなります。

また、パートやアルバイトをしている主婦の方がキャッシングを申し込む場合でも、雇用期間が長くなるにつれて安定した収入があることが証明されます。しかし、安定した収入がある方でも他社への借り入れ金額が多い場合は、返済能力が低いと見なされて審査では不利になることから注意が必要です。

④信用性

キャッシングの審査では返済能力があることに加え、信用性のある人が審査ではポイントが高くなります。現在カードローンを利用していたり、クレジットカードの支払いや携帯料金の支払いがあるのでしたら、滞納しないで支払いをしていくことが大切になります。

滞納をしないで返済をしていくことによって、お金を貸してもしっかり返してくれるから信用のある人だと認識されるようになりますので、審査では有利になることは間違いありません。

⑤虚偽の申請

キャッシングを申し込む時に他社への借り入れ状況などの虚偽の申告をしても、信用情報機関の情報を確認するとすぐにバレてしまいます。虚偽の申告がバレると審査に落ちる可能性がありますので、正直に申告をして信用性を保つように心掛けましょう。

3.主婦がキャッシング審査で不利になる3つの条件

キャッシングの審査で不利になる条件を見ていきましょう。

条件1 一度に複数の申し込みをする

いつどこの金融会社にキャッシングの申し込みをしたのか、また審査結果がどうであったかのは、信用情報機関に個人情報として登録されています。審査では信用情報機関の情報を確認して審査をしますので、金融会社にキャッシングの申し込みをしたことは分かるようになっています。

複数のカードローンに申し込みをするということは、多重債務になっていたり、自転車操業のように日々のお金をやり繰りをして、返済ができない状態ではないかと疑われてしまいますので、一度に複数の金融会社に申し込みをするのはやめましょう。多くても2社まで絞るのが、キャッシングの審査に通すポイントです。

条件2 複数から借り入れをしている

他社からキャッシングをしていることは、信用情報機関の個人情報に登録されています。審査では信用情報機関の情報を確認しますので、他社への借り入れが何件あるのか、借り入れ金額はいくらあるのかという情報は確認できます。

他社への借り入れ件数が多いのにも関わらず、さらにキャッシングを申し込むということは、他社が限度額の増額に応じていないことから、何かしらの問題を抱えているではないかと判断されるため、審査は通過しにくくなります。特に、4社以上の金融会社から借り入れをしていると、審査が通過しない可能性が高まりますので注意が必要です。借り入れ金額が少ない場合でも、他社への借り入れ件数が多いだけで審査が厳しくなることを覚えておきましょう。

条件3 支払いの滞納がある

クレジットカードでショッピングをした支払いや、携帯電話の分割払いなどの支払いが毎月しっかり行われているかという情報は信用情報機関に登録されています。クレジットカードの支払いや携帯電話の分割払いの滞納がある場合には、すぐにバレてしまうということです。

クレジットカードの支払いや携帯電話の分割払いを滞納していると、キャッシングの返済も滞納する可能性が高いと考えられることから、返済能力・信用性がないという判断されて審査に通過できない可能性が高くなります。滞納をしている場合には、まずは滞納している支払いを済ませ、それからキャッシングの申し込みをするようにしてください。

4.主婦が借りれる銀行カードローン5選

専業主婦、兼業主婦の両方の方におすすめのカードローンをご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。専業主婦の方も借入可能です。

新生銀行カードローンレイク情報


▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

第2位はアコムです。アコムは融資スピードも最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。また、アコムには30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

アコム情報


▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

第3位はプロミスです。プロミスは平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、アコムと同様「急ぎでお金を借りたい方」に選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

プロミス情報


▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

モビット

第5位はモビットです。WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がないことから、派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

モビット詳細


▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

第5位はアイフルです。アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日での利用が可能なため、今すぐ借り入れしたい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。Webでの契約完了後、平日の14時10分までに振込手続きを完了させれば、即日で振込融資を受けることもできます。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合、指定の時間帯にカードを受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細


▼アイフルの詳細を確認したいなら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

収入のない専業主婦の方でも収入がある主婦の方でも、キャッシングを利用することは可能です。ご紹介したことをぜひ参考にしていただき、あなたに合ったキャッシングを利用していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket