家計を自分の理想通りにやりくりする方法のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カップを持った女性

何故か毎月生活費が赤字になる、貯金が全然できないなど、思ったように家計をやりくりできなくて困っている人はとても多いと思います。

できれば今すぐにでも改善したいですよね?

ちょっとしたコツやポイントを踏まえれば、理想通りの家計状況に近づけていくことはそう難しくありません。

家計を理想通りにやりくりするために重要なことをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.家計を理想通りやりくりするために1番重要なこと

まず家計を自分の理想通りにやりくりするために1番重要なことは「何にいくら使っているのか把握すること」です。

お給料は平均的な金額もらっているのに上手くやりくりできない人の多くは、この点がとても大まかになっている傾向にあります。

お金は貯めるのは難しいですが使うのは簡単です。自分ではそんなに使っている気がしなくても実際に使った費用を書き出してみると想像以上の出費になっていたりします。

家計簿を付けるなどして今の家計状況を一度しっかり見直してみることが重要です。

2.現在の家計状況を調べるときの3つのポイント

現在の家計状況を調べるときのポイントを3つご紹介します。

ポイント① なるべく細かく費目分けする

例えば外食で使った費用を「食費」に入れてしまうのではなく、「外食費」として別の費目にします。細かくした方が改善点を見つけやすくなりますし、家計管理もしやすくなります。

ポイント② 家計簿アプリを使う

最近では家計簿アプリというものがあります。費目も細かく分けられますし、金額を入れれば計算もしてくれるのでとても便利です。

アプリによっては自動的にグラフ化してくれる機能もあるので、家計状況を一目で把握しやすいですしおすすめです。

ポイント③ 面倒くさがりな人は無理せずザックリ把握する

家計簿を付けるのが面倒な人はとりあえず家賃などの固定費を書き出し、あとはお給料の残りの金額から差し引いて、その他生活費などにどれくらい使ったのかをザックリで良いので割り出してみてください。

それだけでも、そもそも固定費に問題があるのか、その他生活費などが使い過ぎなのかが見えてきます。

3.理想の家計状況にするための2つの方法

今現在の家計状況がわかると、理想の家計状況にするのに足りていない金額がいくらなのかが見えてくると思います。その足りていない分を補う方法はたった2つしかありません。

「支出を減らす」か「収入を増やす」かです。

単純に考えれば「3万円節約する」より「3万円収入を増やす」方が簡単ですが、どちらの方法が最善かは各家庭によると思います。

例えば専業主婦の方なら働きに出ればすぐに収入を増やせますが、すでに共働きの家庭だと収入を増やすのはなかなか大変だと思います。

また、今より生活レベルを落としたくない人はもう収入を増やすしかありません。

ですがどちらにしても極力無駄な出費は避けるべきですので、まずは減らせる支出がないかを探してみましょう。

4.支出を減らす5つのポイント

現在の家計状況から支出を減らせる費目を探してみましょう。下記5つのポイントも参考にしてみてください。

ポイント① 食費を節約する

まず1番手っ取り早く節約しやすいのは食費です。

毎日のことですので、例えば今より1日100円でも節約できれば月に3,000円、年で考えると36,000円も浮かせる事ができます。200円節約できればその倍です。

家族構成にもよりますが、食費はお給料の1.5割以下が理想的です。

ポイント② 外食を控える

1人分の外食費ならまだしも4人家族で外食したとしたら、とても大きな出費になります。

例えば今まで外食費に月20,000円使っていた場合、単純に外食をやめれば月に2万円も浮きます。もちろんその分の食費は増えますが外食するよりは断然安く済ませられます。

外食費は食費とは別に考え、月にいくらまでと決めると良いですね。

ポイント③ 携帯代・通信費を見直す

携帯を買った当時のまま数年たっていると、余計なコンテンツ代が含まれていたり、実はもっと安いプランに変えられたりする場合があります。

最近格安スマホも様々な会社が出していて種類も豊富ですし、携帯代が2,000円以下で持てるものもたくさんあります。

他社乗り換えすると違約金分のお金やポイントをくれる会社もあるので、すぐに乗り換えた方が節約になることも。

一度携帯ショップで聞くなどして少しでも安くできないか調べてみましょう。

ポイント④ 家賃を見直す

家賃の目安としては収入の3割以下が理想的です。お給料が30万円なら9万円以下が良いといった感じですね。

あまりにも高い家賃を支払っているなら、いっそ引越ししてしまった方がはやく家計が改善されるかもしれません。

ポイント⑤ 光熱費を節約する

電気代・ガス代・水道代も毎日かかるものなので、毎日少しずつでも節約できれば大きな節約に繋がります。

使っていない場所の電気はこまめに消す、お風呂で髪や体を洗うときはシャワーを止めるなどちょっとした事でも結構変わってきますので、やれる事はできるだけやってみましょう。

5.理想の家計状況を長続きさせる4つのコツ

家計をやりくりするのは一生のことですから、一時的な改善ではなく長い目で見てずっと困らないようなやりくりの仕方を心掛けることが大切です。

理想の家計状況を長続きさせるためのコツを4つご紹介します。

コツ① 急に無理をしない

例えば今の家計状況を見て、食費に10万近くかかっていたのを来月から2万円でやりくりしようなど、あまり極端な節約をしようとすると長続きしません。

全体的にまずは数千円浮かせてみよう、それがクリアできたらまたさらに数千円といった感じで少しずつ予算設定を変えながら着実に節約していきましょう。

コツ② 自分に合った予算設定をする

食にはお金をかけたい、良い家に住みたい、趣味にお金をかけたい、なるべくたくさん貯金したいなど、お金を使いたい部分はその家庭によって違うと思います。

家賃は収入の3割以下が一般的には理想ですが、良い家に住むことがその家庭でもっとも重要なことであれば家賃以外の費目で節約するなどして、なるべくストレスのたまらない予算設定をすることが長続きする秘訣です。

コツ③ 特別費を作る

冠婚葬祭などの急な出費に備えて特別費を設けておくことをおすすめします。

ご祝儀などをその月の予算から急に出すとなると家計が一気に圧迫されます。月に3,000円とかでも良いですしボーナス時期に3万円くらい特別費として取っておきましょう。

1年通して使わなかった分は貯金に回したり、自分へのご褒美に使うのもありですね。

コツ④ 保険に入っておく

急な怪我や病気に備えて保険にはしっかり入っておきましょう。

所得に応じて高額医療費制度などもありますが、入院や手術にはかなりのお金がかかります。保険に入っておくことで、掛け金にもよりますが急な出費を大なり小なりカバーしてもらえます。

保険会社はたくさんありますので、収入に合わせて生活の負担にならない程度の保険には是非入っておきましょう。

6.まとめ

自分の理想通りにといっても、当たり前ですが収入に見合った設定にしなければやりくりするのは難しいです。収入の範囲内で自分の理想通りのやりくりをするのは、慣れてくればそんなに難しいことではありません。

お子さんがいる場合は時期によって出費が大分変わってきますので、その時その時で予算設定を見直してみましょう。

もし自分だけでは改善点を見つけられない、状況が変わらないといった場合は、ファイナンシャルプランナーやお金の知識に詳しい人に相談してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket