合コンに行きたいけどお金がない!金欠で飲み代も服を買うお金もない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
合コン お金ない0

合コンの誘いは出会いを求める男性にとってテンションが上がる出来事の1つですよね。

特に「女の子かなり可愛いらしいよ?」なんて言われたら、男性としては「これはもう行くしかない!」という気持ちになるのが普通でしょう。

とはいえ、合コンに行くにはそれなりにお金がかかるので、金欠の状態で合コンの誘いを受けてしまったら、どうやってお金を用意するかという問題が出てくることと思います。

今回はお金がなくても合コンに行きたい時の対処法を3つご紹介します。金欠でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

1.合コンのお金事情

実際の合コン費用の相場としてはコース料理+2時間飲み放題で4,000円~という場合が比較的多いようです。もちろん選ぶお店によっても変わってきますが、最低でも一人このくらいは見ておいた方が良さそうです。

ただし、これはあくまで支払いを割り勘にした場合の話です。実際のところ支払額の割合は男性6:女性4もしくは男性7:女性3というケースが多いので、一人4,000円の会費なら、実際は男性5,000円~6,000円、女性2,000円~3,000円といったところではないでしょうか。

ちなみに、支払額が4,000円を超えると高いと感じる女性が比較的多いようです。男性にとっては非常に不公平な話ですが、現実は思っているよりもシビアといったところでしょう。

2.合コンに行きたいけどお金がない時の対処法

彼女が欲しい男性にとって合コンは貴重な出会いの場です。合コンの誘いはできるだけ断りたくないと思う方も多いでしょうが、合コンに行くには最低限飲食代などの会費がかかりますし、着ていく洋服がなければそれも買わなければいけない場合もあるでしょう。

さらに、合コンの会費は男性側が女性よりも多く支払うケースが多いため、男のプライドやメンツを保つためには、ある程度お金に余裕を持って参加したいところですよね。ここからは「合コンに行きたいけどお金がない・・・」という時の対処法をいくつかご紹介します。

対処法1 日払いのアルバイトをする

お金がない時は日払いができる単発のアルバイトをするのがまずはおすすめです。特に軽作業系なら派遣会社に登録をすると、その日のうちに仕事をもらえる場合もあります。

配送センターでの荷物の仕分け、食品工場でのライン作業、建築現場での資材運びなど仕事内容は様々ですが、一日働けば最低でも日給7,000円~8,000円ほどにはなるでしょう。

もしも体力に自信がある方なら夜勤を選ぶと1日で1万円以上稼ぐことも可能なので、まずは求人情報の中から自分にできそうな仕事を探してみてください。

対処法2 友達に借りる

合コンとはいえ要は飲み会ですので、誘いを断るという選択肢ももちろんあるかと思います。ですが、人数集めに苦労する幹事さんも多いようなので、まずは幹事さんを含め、一緒に合コンに参加するメンバーにお金を貸してもらえないか頼んでみるのも良いかもしれません。

ただし、この場合は今後の関係に影響しないよう、いつまでに返すという約束をしっかりとしておき、必ずその日までにきちんと返すようにしましょう。

対処法3 キャッシングをする

合コン費用を捻出するために金融機関からお金を借りるのは正直あまりおすすめできません。しかし、どうしても行きたい合コンなら、キャッシングをするという方法もあります。

キャッシングには主にクレジットカードのキャッシング枠を使う方法と、銀行や消費者金融などのカードローンを利用する方法の2つがあります。

お持ちのクレジットカードでキャッシングができるなら、それが最も手間がかからない手軽な方法なので、クレジットカードをお持ちの方はまずキャッシング枠の空き状況を確認してみると良いでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「5分で身につくクレジットカードのキャッシングサービスの仕組みと賢い利用方法」

それが難しい場合はカードローンを検討することになりますが、カードローンは銀行系と消費者金融でそれぞれ特徴が違うため、まずはその特徴をある程度理解しておきましょう。

3.初めての方のためのカードローン講座

消費者金融と銀行カードローンを利用したことがない方のために、それぞれの特徴をまとめました。

①申込条件

カードローンの申込条件は基本的に「20歳以上で安定継続した収入がある方」です。20歳以上であればパートやアルバイトの学生でも申し込めます。なお、申込にあたり担保や保証人を立てる必要はないので、借入の事実を周りに知られる心配はありません。

②金利

金利は一般的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利です。ただし、大手消費者金融には無利息期間があるものが多いので、30日以内に全額返せる場合は銀行ではなくあえて消費者金融を選んだ方がお得です。

それぞれの金利相場と無利息期間がある消費者金融をまとめましたので、参考にしてみてください。

不動産担保ローン2
合コン お金ない

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「FPが教えるカードローンの無利息サービスを最大限活用する方法」

③限度額

カードローンの限度額は500万円~1,000万円と高額ですが、初回契約時の限度額は大抵の場合50万円、多くても100万円以内となります。限度額は収入や他社からの借入状況などを総合的に判断した上で決まるため、10万円や20万円になる場合ももちろんあります。

合コンに行くだけならそこまでお金はかからないので、限度額はそれほど気にする必要はないでしょう。

④月々の返済額

カードローンの返済は一括ではなく、毎月一定額の返済を行うリボ払いです。月々の返済額は借入額によって段階的に決められていますが、10万円以内の借入なら月々2,000円ほどの返済で済むことが多いです。

ですが、コンビニのATMなどからいつでも繰り上げ返済ができるので、次回の給料が入ったら全額一度に返済することも可能です。カードローンの利息は日割り計算となるので、1日でも早く返済し少しでも利息を減らすよう心掛けましょう。

⑤借入と返済方法

カードローンの借入と返済は、基本的に銀行やコンビニなどのATMから行うことができます。この場合専用のローンカードを事前に受け取っておく必要がありますが、自動契約機や店舗に行く時間がない方は、自分の口座にお金を振り込んでもらうネットキャッシングでの借入も可能です。

大手消費者金融であればほとんどがネットキャッシングに対応していますが、銀行カードローンは普通預金口座の開設が必要なケースも多いので、急ぎの場合は借入方法を事前に確認しておいた方が良いでしょう。

⑥即日融資

消費者金融なら基本的に即日融資が可能なので、今日明日の合コン費用にも十分対応できるでしょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「一番借りやすい消費者金融はどこ?審査通過率を徹底比較」

銀行カードローンでも数は少ないものの即日融資に対応したものもいくつかあります。即日融資ができる銀行カードローンを希望の方は、次の中から検討してみると良いでしょう。これらの銀行カードローンは銀行の普通預金口座がなくても申込可能です。

4.カードローンでお金を借りた時にかかる利息

カードローンでお金を借りた場合、支払う利息がいくらになるのか心配な方も多いと思います。10万円を30日間借りた場合の利息を計算してみましょう。

なお、カードローンの利息は「借入額×金利÷365日×借入日数=利息」の計算式で求めることができます。実際の借入条件に合わせて事前に計算しておくと安心です。

<10万円を金利14.5%で30日間借りた場合>
10万円×14.5%÷365日×30日=1,191円

<10万円を金利18.0%で30日間借りた場合>
10万円×金利18.0%÷365日×30日=1,479円

10万円を30日間借りたくらいでは、1,000円ちょっととあまり利息がかからないことがわかります。

消費者金融は基本的に上限金利は18.0%なので、アコムやプロミス、アイフルなどを利用した場合でも、30日間で1,500円程度の利息と覚えておきましょう。銀行カードローンの場合は30日間で1,200円程度の利息と覚えておくと良いでしょう。

5.まとめ

お金を借りてまで合コンに行く必要があるのかは正直疑問ですが、計画的に利用ができるならカードローンやキャッシングはそれほど危険なものではありません。

ただし、一度借りてしまうと何度も借入を繰り返してしまうケースが多いので、長期的な利用にならないよう借りたらできるだけ早く完済し、カード自体解約してしまうことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事