楽しい貯金術で失敗知らず!無理なくお金が貯まる秘訣と節約方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
女の子と貯金箱

貯金をしたいのに出来ないのは何故でしょうか。それは、貯金をすることがあなたにとって“苦”になっているからです。

「貯金をしようと思って、まず家計簿をつけてみたら面倒になった」「一気に節約しすぎて辛くなった」など、面倒に思ったり辛いと感じてしまったら貯金はなかなか続きません。

貯金を長く確実に続けていく方法は、無理をしないで「楽しむこと」です。貯金が趣味!くらいに楽しく続けられたら最高ですよね。貯金の楽しみ方や節約方法、おすすめの貯金の仕方などをまとめてみました。

1.貯金って楽しい!実感できる4つの方法

楽しみながら貯金をするにはどうすれば良いのか、その方法をご紹介します。

①貯金があったら何をしたいかを考える

例えば、「腕時計が欲しい」「家族で海外旅行したい」「車が欲しい」「豊かな老後を過ごしたい」など大小関わらず、貯金があったらしたいことを出来るだけたくさん考えてみましょう。

考えることで貯金をする意欲も沸いてきますし、まずは楽しいワクワクした気持ちで貯金をスタートすることが肝心です。最初だけではなく、貯金をしている最中も常に考えるようにすると、モチベーションを高く持ち続けることが出来ます。

②最初はゆるめの目標設定から

貯金を続けられない人にありがちなのが、最初から無理な目標を立ててしまうこと。

例えば、手取り20万円のお給料で毎月カツカツの生活を送っていた人が、来月から10万円貯めるという目標を立てたら、かなり必死に節約をしなくてはいけなくなります。あまりにも自分を追い込むような目標を立てると貯金が辛いものとなってしまい、すぐに挫折してしまう可能性が高くなりますので、最初は確実に出来そうな目標を設定しましょう。

③自分が不得意なことでの節約は避ける

貯金をするには、「毎日家計簿をつけよう」とか「自炊をしよう」とかよく聞くと思いますが、人それぞれ向き不向きがあります。

物凄く面倒くさがりの人が毎日家計簿をつけるというのは、それを考えただけで貯金なんてしたくなくなります。同じく、料理が苦手で今まで外食ばかりだった人が、貯金のために自炊をはじめるのも辛いことだと思います。節約できることはたくさんあるので、これは絶対に出来ないと思うことは無理してやらないようにしましょう。

④貯金用の口座を作る

貯金用の口座を作ることで、通帳をパッと見ていくら貯まったかが一目でわかるようになります。家賃や光熱費の引き落とし口座と一緒にしていると、簡単に貯金を崩してしまうことが出来てしまうので、それを防ぐのにも別口座にするのがおすすめです。

そして、なるべく通帳記入をして貯金額を確認しましょう。どんどん貯まってくるのを見ると嬉しいですし、確認するのがだんだん楽しくなってきて長続きもしやすくなります。

2.三日坊主でも大丈夫!無理なくできる5つの節約方法

貯金をするために節約は必須です。無理なく簡単に節約できる方法をご紹介します。

節約方法① ポイントカードを作る

スーパーやドラッグストア、ごはん屋さんなど、ポイントカードを発行しているところでは、なるべくポイントカードを作りましょう。出先でたまたま寄ったお店くらいでしたら必要ありません。ポイントが貯まると、割引券や金券がもらえたり無料で品物と交換出来たりして、その分節約になって貯金にまわせます。

節約方法② 飲み物代を節約する

お水やお茶、コーヒーやジュースなど、多い人だと毎日2、3本買うという人もいるのではないでしょうか。常に飲むお水やお茶を節約するだけでも、貯金にまわせるお金が増えますよ。

例えば、500mlのお水やお茶を1日2本、自動販売機やコンビニで買ったとします。どんなに安くても1本100円くらいですね。

200円(1ℓ)×30日=6,000円

1ヶ月で約6,000円かかります。

まず、買う場所をスーパーやインターネットなどでの購入に変えると、2ℓのペットボトルを100円前後で買うことが出来ます。

50円(1ℓ)×30日=1,500円

1ヶ月でかかる費用が1,500円となり、自動販売機やコンビニで買った場合と比べて4,500円節約出来ます。1年で考えると、約54,000円の節約になります。

次に、市販のティーバッグを購入した場合、麦茶や緑茶やウーロン茶などのティーバッグは、約50バッグ入って200円~300円で売っています。1バッグで1ℓ作れるものが多いです。金額を50バッグ入り250円として計算してみましょう。

5円(1ℓ)×30日=150円

1ヶ月で約150円になり、自動販売機やコンビニで買った場合と比べて、5,850円節約出来ます。1年で考えると、約70,200円の節約になります。スーパーやインターネットで購入した場合と比べても、1ヶ月で1,350円、1年で約16,200円も節約することが出来るのです。

もちろん、お湯を沸かして作った場合はガス代が若干かかりますが、それにしてもかなりの節約になりますので、市販のティーバックの購入がおすすめです。

節約方法③ 近場の移動は徒歩か自転車で

車やバイク移動に慣れている方ですと、ちょっとそこまでの距離でも乗ってしまいがちですよね。場所にもよりますが、特に都内の電車の一駅は思ったより近く、電車を使わなくても十分歩ける距離だったりします。徒歩や自転車で行けそうな場所は少し頑張って、車や電車を使わないようにすることで交通費を節約出来ます。

節約方法④ 電気の基本料金を下げる

今まで、家電をフルに使っていてもブレーカーが一度も落ちたことがないという場合、必要以上の容量の分電盤が設置されている可能性があります。適正なアンペアの契約に変えることで、基本料金を下げることが出来ますので1度確認してみると良いですね。

→ 契約アンペアの確認方法はこちら

節約方法⑤ 遊びに行くのは無料スポットへ

お子さんがいる家庭など、節約をしたいからといって遊びに行かないわけにはいかないですよね。最近では、動物園や科学館など大人も子供も無料で楽しめるスポットがたくさんあります。インターネットなどで検索して、節約しながらお出かけも楽しみましょう。

3.どんどんお金が貯まる!おすすめの貯金術

はじめて貯金をする人にもやりやすい、貯めやすい、おすすめの貯金の仕方をご紹介します。

貯金術① 500円玉貯金(小銭貯金)

1日の終わりに、お財布に入っている500円玉をすべて貯金します。貯める箱は、空き箱でもペットボトルでも何でも良いのですが、簡単には開けられないものの方が良いです。どれだけ貯まったか目で見てわかる貯金箱だとより良いですね。

お買い物をするときには、なるべく500円玉のお釣りがくるように計算して支払いましょう。肝心なのは、毎日少しでも良いので貯金をするという習慣をつけること。なので、今日は500円玉がなかったから貯金はなし、とならないように気を付けましょう。

1日500円玉1枚でも貯金すれば、1ヶ月で約15,000円、1年で約180,000円貯まります。1日500円は厳しいという方は100円玉貯金でも良いですし、その日お財布に入っていた小銭を貯金するという方法でも構いませんので、ご自分の出来る範囲の金額からはじめてみましょう。

500円玉貯金についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください

500円貯金の成功例3つ|成功させるコツと注意点を解説

貯金術② 細かく予算を決めてお財布を分ける

まず、その月の貯金代と家賃や光熱費、携帯代などは先に確保します。それらを差し引いた分から、その他必要な費用を細かくジャンルで分けます。

例えば、1ヶ月のランチ代10,000円、洋服代5,000円、趣味代3,000円など細かく決めたら、その予算ごとにお財布を分けます。封筒などで分けても良いですし、一つのお財布の中で分けるなら、フセン紙やメモに「ランチ代」と書いてクリップなどで留めて分けましょう。

細かく分けることで衝動買いを抑えたり、パッと見てその予算ごとの残金がわかるので、気付いたら使い過ぎていたということを防げます。コツは、あまりにもカツカツな予算を立てないこと。もしランチ代が足りなくなってしまったという場合は、洋服代や趣味代など、我慢できそうなところから引きましょう。そうする事で貯金を崩さず、確実に貯めて行くことが出来ます。

貯金術③ 手作り貯金シートで毎日貯金

とりあえず少額から貯金したい人におすすめの貯金方法です。

例えば10,000円貯めたい場合、まずどんな紙でも良いのでペンで100マス分の線を引き、貯金シートを作ります。作ったシートは視界に入りやすいところに貼って、いつでも見られるようにしておきます。

1日100円貯金をしたら、マスに印を付けます。100マス全て埋まったら10,000円、目標達成です。貯金シートを目に見えるところに貼っておくことで、目標達成までの途中経過がわかり、毎日マスが埋まっていくのが楽しみになってきます。マスを埋めるのに可愛いシールを張ったり、お気に入りのスタンプを押したり、一工夫することも長続きの秘訣です。

少額でも1度目標を達成すると、その達成感と、自分でも貯金することが出来るんだという自信にもつながります。目標を達成出来たら、1マスの金額を変えたり、また違う貯金の仕方にチャレンジしてみても良いですね。

4.貯金をするときの3つの注意事項

貯金をするときに、気を付けた方が良い点をご紹介します。

注意事項① クレジットカードは複数枚持ち歩かない

複数枚のクレジットカードを利用していると、支払時期や明細もバラバラに来るので、いついくら使ったのかがわかり辛くなります。また、1枚に絞った方がポイントも貯まりやすくなります。

注意事項② 最新のもの、便利なものを求めすぎない

スマホや家電など次々に新しいものが発売されますが、ただ最新なものを使いたいというだけでしょっちゅう買い替えてしまうと、お金はどんどんなくなります。古くなったから買い替える、電気代や電話代が安くなるから買い替えるなど、節約要素がある場合は別です。

注意事項③ 健康管理に気を付ける

貯金の話に健康管理?と思うかもしれませんが、病気や怪我をするとすごくお金がかかります。せっかく貯金していたお金を使わなければいけないことになる可能性もあるのです。ですので、無理して食費を切り詰め、毎日カップラーメンなど体に良くないものを食べ続けたり、節約を頑張りすぎてストレスを溜めてしまわないように気を付けましょう。

5.まとめ

あなたにとって“苦”にならない方法が見つかれば、貯金をすることは難しくありません。楽しむことこそが貯金成功の秘訣です。何度か失敗してしまった人でも、自分にあったやり方を探して再度チャレンジしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事