フリーローンってカードローンと何が違うの?お金のプロFPが教える賢い選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フリーローン0
  • フリーローンってどんな商品?
  • カードローンと何が違うの?

フリーローンはカードローンと比較検討されるケースが非常に多いです。

一体どのような人にフリーローンは向いているのでしょうか。

この記事では、フリーローンの基本的な仕組みやメリット・デメリットをご紹介した上で、フリーローンが向いている人、向いてない人をお伝えしていきます。

お金を借りる手段は世の中にたくさんありますが、デメリットがない融資手段はありません。申込前にしっかりと確認しておきましょう。

1.フリーローンとは

フリーローンとは銀行が取り扱う個人向けの無担保融資商品です。主な特徴も見ていきましょう。

①資金使途

フリーローンは借入した資金の使途は自由で多目的に活用できます。

審査通過後に融資金額が一括で振り込まれるケースが多いです。この際、利用者を介する場合もあれば、商品やサービスを購入した業者に直接振り込まれる場合もあります。

②必要書類

フリーローンの申込には基本的に次の3つが必要です。

  1. 運転免許証などの本人確認書類
  2. 源泉徴収票や所得証明書など年収を確認できる書類
  3. 見積書や納品書など資金使途確認書類

資金使途確認書類が不要なフリーローンもありますが、求められた場合は商品の購入代金が借入限度となり、余分な資金が手元に残ることはありません。

③返済方法

フリーローンの返済方法は原則として口座引き落としです。途中で借入・返済を繰り返すことはできず、一度融資を受けた後は返済していくだけです。

④繰り上げ返済

フリーローンは資金に余裕ができた時に繰り上げ返済も可能です。商品によっては繰り上げ返済手数料がかかる場合があるので注意しましょう。

2.フリーローンとカードローン3つの違い

フリーローンと非常によく似た性質を持つ融資商品がカードローンです。

カードローンもフリーローンと同様、「無担保」「個人向け融資」「資金使途は自由」です。

金利や限度額も似ている部分があるため、「カードローンとフリーローンは何が違うのかな?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

①ローン専用カード

カードローンはフリーローンとは異なり、ローン専用カードが発行されます。そのカードを使って提携ATMから自由に借入や返済ができます。

最近ではカードレスで利用できるカードローンも増えてきています。カードレスの場合はスマホやパソコンを利用して借入や返済をします。

②借入と返済

カードローンはフリーローンと違って融資は一括ではありません。利用限度額内であればその都度お金を自由に出し入れできます。

借入返済の自由度で言えばフリーローンよりもカードローンの方が上でしょう。

ただし、カードローンは借入や返済の自由度が高いがゆえに、ズルズルと長期間に渡って融資を受けてしまう利用者も多いです。

フリーローンであれば融資を受けた後は返済のみなので、当初よりも返済期間が長くなることはまずありません。

③金利

カードローンは利便性が良い分、フリーローンよりも若干高めの金利に設定されているケースが多いです。支払う利息をできるだけ減らすのが目的ならフリーローンの方が良いでしょう。

3.フリーローン2つのメリット

フリーローンを利用するメリットを見ていきましょう。

①資金使途自由

通常のローンではあらかじめ定められた用途にしか資金を活用できなかったり、提出する書類が多かったりと使用に関する制限が伴います。

しかし、フリーローンの場合は資金使途の自由度が高いため、利用者にとっての負担は少ないでしょう。

②着実に返済できる

カードローンは借入・返済を何度でも繰り返すことができますが、その反面なかなか完済しにくいデメリットがあります。

フリーローンは一括で融資を受けた後、返済をしていくだけなのでより着実に返済を進めることができます。

4.フリーローン2つのデメリット

フリーローンのデメリットも見ていきましょう。

①繰り返し借入、返済できない

フリーローンは何度かに分けて融資を受けたりなど、借入や返済を繰り返すことはできません。

カードローンはコンビニATMで借入・返済できたり、自分のタイミングで追加融資や繰り上げ返済ができたりと自由度が非常に高いです。

そのため、フリーローンよりもカードローンの方が自分に合った融資・返済プランを組むことができます。

カードローンより自由度に劣る点はフリーローンの大きなデメリットでしょう。

②返済方法の選択肢が少ない

フリーローンは月に1回、口座引き落としで返済していきます。

繰り上げ返済する際は借入先に連絡を入れる必要があるため、カードローンのように自由に早期完済を図ることができません。

追加返済を行う場面は少ないため、返済方法の選択肢も少なくなっています。

5.フリーローンが向いている人、向いてない人

フリーローンは全ての人に適合するような万能商品ではありません。

フリーローンが向いている人、向いてない人の特徴は次の通りです。

<フリーローンが向いている人>

  • ちゃんと返済できるか不安なので繰り返し借入できない方が良い
  • カードローンよりも有利な金利で借入したい
  • 資金の利用用途がある程度確定している

<フリーローンが向いてない人>

  • 自由に借入、返済を繰り返したい
  • いざという時に借入したい
  • 生活費の補充やピンチの時の足しにしたい

フリーローンが向いている人の特徴を簡単に言えば「お金の使い道がある程度決まっていて、一度借入した後は返済のみの利用で問題ない人」です。

フリーローンはカードローンに比べて利便性の面で劣りますが着実に返済できます。より安定的に返済を行いたい人に向いています。

フリーローンが向いてない人は「自分の都合に合わせて自由に借入・返済を繰り返したい人」です。このような使い方はフリーローンではできないため、カードローンを利用した方が良いでしょう。

6.おすすめのカードローンランキング

おすすめのカードローンもご紹介します。カードローンの方が向いていた人はこの中から選んで申込をしてみてください。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

7.まとめ

フリーローンは商品内容に大きな違いがあるため、金利や限度額だけでなく、使い方も含めて選ぶのが大切です。

利用する際は必ず返済シミュレーションを行い、可能な限り短い期間で完済できるよう計画的に利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket