5分でわかるフリーローンとカードローンの違い!後悔しないお金の借り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フリーローン カードローン 違い0

フリーローンとカードローンにはどんな違いがあるのでしょうか。

フリーローンは文字通り利用目的を問わないローンなので、その点から考えるとカードローンと違いがあるように見えません。しかし実際には、様々な点で違いがあります。

この記事ではフリーローンとカードローンの違いや、どんな方にフリーローンが向いているのか。どんな方にカードローンが向いているのかなどを詳しくまとめました。

違いを理解することで、最適な方法で借り入れをすることができるようになりますので、損をしないためにも申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

1.フリーローンとカードローン12の違い

カードローンとフリーローンは似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。お金を借りられる回数や金利、申し込み資格などの面から違いを見てみましょう。

違い1 お金を借りられる回数

カードローンは決められた限度額の中であれば何度でもお金を借りることができますが、フリーローンは申請した金額を一度しか借り入れができません。借り入れをしたらあとは返済をするのみです。フリーローンで追加してお金を借りるためには、銀行などの審査を再度受ける必要があります。

違い2 金利

カードローンとフリーローンのでは、フリーローンの方が金利が低く設定されていることが多いです。金利差は銀行によって違いがありますが、一般的に10%未満です。借り入れの目的が決まっている方の場合は、フリーローンを利用した方が、負担が少なくて済むため金利面でお得になります。

違い3 審査

審査基準はそれほど大きな差はありませんが、カードローンの方がフリーローンよりも少し審査が厳しい傾向にあります。カードローンは限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができるということが関係しています。フリーローンは一度借り入れをしたら返済をするだけなので、返済計画がしっかりしていると見受けることもできるため、フリーローンの方が審査は厳しくないと言えます。

違い4 地域制限

フリーローンは申込資格に地域制限も含まれていますが、カードローンには地域制限のないものがほとんどで、全国に対応しています。労金・信金・信組のフリーローンを利用する際は、営業地域内の移住または勤務していなければならないという条件が必ずあるため、地域制限をクリアする必要があります。この点ではカードローンの方が利便性が高いです。

違い5 収入条件

フリーローンは前年の年収が150万円以上のように収入条件がある場合がよくありますが、カードローンは明確な年収制限はありません。安定した収入があればOKです。アルバイトなどで年収が低くても、それに見合った限度額になるというだけです。

違い6 勤続年数

フリーローンは1年以上勤めている(自営業の場合は営業実績が3年以上ある)ことが条件になっているところが多いですが、カードローンは基本的に勤続年数の縛りは特にありません。ただし、カードローンも1年以上あれば審査には有利になります。

違い7 口座開設

フリーローンは借り入れ先銀行の口座への入金が必要なため、口座開設が必要になりますが、カードローンのほとんどは口座開設は必要ではありません。フリーローンは融資を受ける銀行の口座を持っていなくても申し込めますが、契約手続きの際に銀行の普通預金口座の開設が必要となります。口座開設が必要という面で見ると、利便性はカードローンに劣ります。

違い8 来店が必要か不要か

フリーローンに申し込む際には基本的に来店が必要ですが、カードローンは来店不要で利用できるものがほとんどです。来店する時間がない、手間をかけたくないといった場合には、カードローンの方が便利です。

違い9 融資スピード

フリーローンは最短2日で融資可能なものもありますが、一般的には1週間から1か月くらいかかるものがほとんどです。カードローンは最短即日融資のところがほとんどなので、お金が急に必要な場合にはカードローンの方が利便性が高いです。

違い10 利用目的の申告

カードローンは利用目的の申告は基本的にありませんが、フリーローンは利用目的を申告する必要があるものもあります。その際は見積書や請求書など、指定された書類を提出することになります。申告するのは手間がかかるという場合には、申告が必要なフリーローンかカードローンを選べば良いでしょう。

違い11 返済方式

カードローンの場合は残高スライド元利定額リボルビング方式での返済が多いですが、フリーローンの多くは元利均等方式です。

カードローンで採用される残高スライドリボルビング方式は、借入残高が多い時は毎月の返済金額が多くなり、残高が少なくなると返済金額も少なくなっていきます。払われた返済金がまず利息手数料に充当され、残った金額が元金の返済に充当されるため、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

フリーローンで採用される元利均等方式は、毎回の返済額となる元金と利息の合計が均等となる利息の算出方式なので、毎月の返済額が一定で計画的な返済ができます。その点ではフリーローンの方がお得です。

違い12 繰上返済

カードローンは繰上返済が簡単にできるため、ボーナス時などお金に余裕があるときに繰上返済を行うことで、早めに元金を減らし短期間で完済することも可能です。その際、繰上返済に対する手数料もかかりません。フリーローンも繰上返済はできますが、5,000円+消費税といった高額な手数料が必要な場合があります。繰上返済の利便性はカードローンの方が高いです。

2.フリーローンの方がお得な人

フリーローンとカードローンを比較してみると、フリーローンの方がお得な人がいます。どんな人がお得なのか確認してみましょう。

①低金利で借りたい人

低金利でお金を借りたい場合は、やはりフリーローンの方がお得です。フリーローンは申請した金額を一度しか借り入れができませんが、金利はカードローンよりも低いです。まとまった大きな金額の借り入れもできますので、その点も助かります。

②急ぎではない人

お金の借り入れが急ぎではない場合は、フリーローンの方が良いです。金利や返済方式から考えても利息の負担は少なくて済みますし、返済期間が決まっているため、計画的な返済ができます。ローン地獄に陥る危険性が低いため、急ぎではない場合はフリーローンを選びましょう。

3.カードローンの方がお得な人

次はカードローンの方がお得な人を見ていきましょう。

①急ぎで借りたい人

急ぎでお金を借りたい場合は、カードローンがおすすめです。ほとんどのカードローンが即日融資に対応しているため、申し込みをしたその日に借り入れをすることも十分にできます。今すぐお金が必要な時は、即日融資対応のカードローンを選ぶようにしましょう。

②何度も借り入れしたい人

必要な時に必要な分だけ何度も借り入れしたい場合は、カードローンを選びましょう。カードローンであれば、利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し借り入れすることができます。日頃は使っていなくても、カードローンの契約さえしておけば、急にお金が必要になった時に使うこともできます。ちなみにカードローンは年会費無料なので、年会費で損をすることはありません。

4.目的別|カードローン使いこなし術

無利息期間、低金利、即日融資で分け、カードローンをご紹介します。どのコンビニで利用できるかも一目でわかるようにご紹介しますので、カードローンの方がピッタリだった方は、あなたの目的に合わせてカードローンを選び、申し込みをしてみてください。

①短期で返済できるなら無利息期間があるカードローン

給料日後すぐに返済ができる場合や短期間だけ借り入れしたい場合、無利息期間があるカードローンを利用することをおすすめします。無利息期間中は利息がかかりませんので、負担が少なくて済みます。無利息期間があるカードローンは、新生銀行カードローン レイクが最もおすすめです。30日間無利息か5万円まで180日間無利息の2つから、無利息期間を選ぶことができます。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローンレイク情報


▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

②低金利で選ぶなら銀行カードローン

銀行カードローンは、審査結果によってはフリーローンと同じくらいの低金利で利用することができます。また、消費者金融カードローンよりも金利が低いため、長期間の借り入れが目的の場合は銀行カードローンがおすすめです。みずほ銀行カードローンは低金利での借り入れが可能です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン詳細


▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

③今すぐ借りたいなら即日融資対応のカードローン

今日お金が必要、今すぐお金が必要といった場合は、即日融資対応のカードローンを選びましょう。プロミス、アコム、アイフルがおすすめです。いずれも申し込みをしたその日のうちに、借り入れすることが十分可能です。

プロミス

プロミスは平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、「急ぎでお金を借りたい方」に選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

プロミス情報


▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコムは融資スピードも最短1時間と早いため、「急ぎ+できるだけ確実に借りたい!」という方に特に選ばれています。土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。

また、アコムには30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

アコム情報


▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日での利用が可能なため、今すぐ借り入れしたい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。Webでの契約完了後、平日の14時10分までに振込手続きを完了させれば、即日で振込融資を受けることもできます。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合、指定の時間帯にカードを受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細


▼アイフルの詳細を確認したいなら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

フリーローンは金利が低くて利息の負担が少ない一方で、融資を受ける度に審査が必要になるというデメリットがあります。カードローンには何度でも手軽にお金を借りられる一方で、こまめな返済管理が必要であるというデメリットも存在します。それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の収入や借り入れ金額、目的に合わせて最適なローンを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket