40代の平均貯金額847万円は本当?40代が実践している貯蓄方法や今後のお金事情を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
家と車と家族を守る家庭

40代になると、住宅ローンや子供の学費などで出費することもきっと多いことでしょう。また、家電や車の買い替え、旅行に行きたいなどの理由もありますよね。

あらかじめ貯金をしておけば、子供の学費や病気などの治療費、冠婚葬祭などの急な出費にも対応可能です。

一体いくら貯めれば良いのか、世論の平均貯金額はいくらなのかなど把握しておくと、今後の設定する貯金額が明確になります。

この記事では、40・50・60代の「平均貯金額と中央値」や40代から考えるお金事情などをまとめました。

40代のお金を貯めるコツもご紹介しています。各家庭に合った貯金額を設定し貯蓄して50代・60代、老後生活を豊かにしていきましょう。

1.40・50・60代の「平均貯金額と中央値」

ゴールドの金庫に貯める硬貨

40代〜60代は、住宅ローンの返済や子供の学費、老後生活の資金などで貯金のことを考える世代かと思います。まずは、40代〜60代の全国平均貯金額と中央値をご紹介します。

中央値とは、数字を小さい順に並べた時の中央に位置する値です。

例えばA,B,Cの3人の貯金額が「A:1万円、B:10万円、C:100万円」だったとします。

この場合の「平均値」は、3つの数値を足して3で割った額の37万円になりますが、「中央値」はBの値の10万円になります。

貯金額を平均値で見ると、1人でも多額の貯金を持っているだけで値はグンと上がりますので、参考にするなら中央値を一緒に見ると良いです。

40歳から64歳までの「平均貯金額・中央値」を見ていきましょう。

年代平均貯金額中央値
40〜44歳847万円597万円
45〜49歳1,147万円730万円
50〜54歳1,593万円1,012万円
55〜59歳1,998万円1,371万円
60〜64歳2,564万円1,658万円

(参考:「総務省統計局:家計調査データ 平成29年(二人以上の世帯)」)

40代前半は今の暮らしでお金を使うことが多く、老後資金に対しての貯金意識が低い傾向にあるため、平均貯金額は50代に比べると半分程度なことがわかります。

なお、貯金平均額や中央値の金額の対象者は「年収・家族構成・生活スタイル」が異なるため、あくまでも参考として頂き、自分の目安貯金額を設定しましょう。

2.40代|収入から貯蓄に回す割合率

バランスをとっている硬貨

次に全国の40代の方が、月の収入に対してどのくらいの割合で貯蓄に回しているのかを見てみましょう。

(参考:金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査「平成30年」

収入から貯蓄に回す割合対象者利率
5〜10%未満18.3%
10〜15%未満25.9%
15〜20%未満4.5%
20〜25%未満8.6%
25〜30%未満1.0%
30〜35%未満4.7%
35%以上3.1%
貯蓄なし18.9%
平均10%

世論調査データによると、40代が貯蓄に回す割合は手取り収入の「10~15%未満」がもっとも多い結果でした。仮に月給が40万円の場合は、4万円〜6万円程度は貯金していることになります。

一定割合を貯蓄に回している人がいる一方で、「貯蓄なし」と答えた世帯が「18.9%」いることもわかりました。お子さんの学費など、40代に入ってから出費が増えたという家庭も少なくないでしょう。

あくまでも全国的なデータになるため、自身が貯金をする際は家計の負担にならない範囲内で貯蓄することをおすすめします。

3.40代世帯が保有する「金融資産額・割合率・種類」

5万3千円が入っている財布

30代から40代以上になると「生命保険、損害保険、定期預金、財形貯蓄、投資信託」などの金融資産を保有する方が増えています。

40代の世帯では、金融資産を保有している方は「77.4%」、保有していない方が「22.6%」でした。約8割の世帯が将来に向けて貯蓄していることがわかりました。

(参考:金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査全国実数(平成30年)

40代世帯が保有する金融資産額を見てみましょう。それぞれの金額と金融の種類も参考にしてみると良いです。(あくまでも全国平均、金融資産を保有していない世帯を含む)

<金融商品の種類と保有額>

種類金融保有額
預貯金
(定期預金なども含む)
511万円
生命保険211万円
損害保険21万円
個人年金保険53万円
株式68万円
投資信託28万円
財形貯蓄33万円
その他8万円
平均保有額942万円
中央値550万円

ゆうちょ銀行やメガバンクの定期預金などの金融商品を利用する方が多いため、全国平均では預貯金の金融保有額は「511万円」の結果でした。

次の利用しているのが、生命保険で全国平均は「211万円」です。医療保険、終身保険、ガン保険、定期保険の加入者が多い傾向にあります。

金融資産の中央値では「550万円」になりました。将来を見越して40代の方は、これらの金融商品を利用することも、貯金方法の一つの手段になることでしょう。

<金融資産額と保有率>

金融資産額保有率
100万円未満4.8%
100万円〜200万円未満4.2%
200万円〜300万円未満3.5%
300万円〜400万円未満2.7%
400万円〜500万円未満5.9%
500万円〜700万円未満10.3%
700万円〜1,000万円未満9.7%
1,000万円〜1,500万円未満10.4%
資産なし22.6%

(参考:金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査全国実数(平成30年)

40代の方が金融資産があるのは、収入が増えたことで金融商品(投資)に回せる余裕が出てきたことが要因の一つです。

これまであまり金融商品(投資)に興味がなかった人も老後や将来必要になるお金を考えて、「増やして貯める」ことを意識し始めてみることをおすすめします。

なお、近年話題になっている「一般NISA・ジュニアNISA・つみたてNISA・iDeCo(個人型確定拠出年金)・外貨積立預金」の保有額は次の通りです。

<金融の種類と保有額>

種類金融保有額
一般NISA145万円
ジュニアNISA104万円
つみたてNISA12万円
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
162万円
外貨積立預金231万円

よくCMが流れていたり、銀行に行くと案内されるため、NISAやiDeCo、外貨積立預金の利用者も増えてきています。

節税対策にもなるため、40代を境に老後への備えをより具体的に意識しはじめている世帯が多いと判断できます。

4.40代から考えるお金事情3つ

財布にお金を入れている女性

今から考えておきたいお金事情を見ていきましょう。

その1 年金保険があてにできない

家計の金融行動に関する世論調査では、公的年金を老後の生活費にあてにしている世帯は「79.2%」でした。

公的年金制度の改正やインフレやデフレが起こってしまうと、受給額が減ってしまう可能性は極めて高いです。

主な収入源と考えている方が多いことですが、公的年金ばかり頼ってしまうのは生活の向上は見込めないことでしょう。

数年前の定年は60歳であったが、平均寿命は男女とも80歳を超えていることから年金支給開始年齢は65歳まで引き上げられました。

今の40代の方が65歳になった時は、さらに年金支給開始年齢が引き上げられる、もしくは2割〜3割程度は受給額が減る可能性があると考えておきましょう。

つまり、年金支給開始年齢までは働き続ける必要があるということです。今のうちに将来もらえる年金額をシミュレーションして老後の生計計画を立てることをおすすめします。

→年金額のシミュレーションをする

その2 老後生活の準備

家計の金融行動に関する世論調査では、老後の生活費のために貯蓄をしている40代の方が「43.9%」もいらっしゃいます。

また、今の40代の方が60歳以上になった時、ひと月当たり必要になる最低予想生活費は二人で「27万円」でした。

今のところ年金支給開始年齢が65歳ですが、仮に60歳で定年退職した場合、65歳までの5年間の生活費用は貯めておきたいものです。

世論調査のデータを参考にすると、年金支給開始までに貯めておきたい貯金額は「2,135万円」でした。退職金などがある方なら十分にまかなえる金額だと思います。

退職金がそこまでもらえないなどの世帯は、この金額を目安に40代からコツコツと貯蓄をすることをおすすめします。

なお、老後にかかる金銭事情と老後資金について詳しくまとめました。参考にしてみると良いでしょう。

▼世帯で計算する老後の貯金額まとめ

「老後の貯金額はいくらあれば大丈夫だろう…」 老後はその人によって年齢が異なりますが、退職後に年金受給が貰えてからが当てはまる時期が一般的ではないでしょうか。 60歳...

その3 退職金があてにできない

日本の退職金は長い間、退職時の給付額が会社によって保証されています。中には退職金が出ない会社に勤めている方もいらっしゃると思います。

退職金は、入社時に退職給与規定で決まっています。例えば35年間勤務すると2,500万円と決められていれば、その金額通り会社は支払いをする義務があります。

(この退職金給付制度を確定給付年金とも言われ、勤続年数や金額は企業によって異なる)

全国の世論調査データでは、将来の生活で不安になる理由の一つとして「退職金が十分でないから」と答えた40代は「32.5%」、50代は「36.1%」でした。

約3割〜4割の方が、退職金があてにできないと考えている傾向にあります。住宅ローンの完済に充てたり、介護費、子供の結婚資金や住宅資金、セカンドライフの資金などで退職金を使う世帯が多いからです。

逆に退職金があるから「将来の生活は心配していない」と回答した40代は「31.6%」、50代は「37.5%」いらっしゃいました。どちらも同じ程度の割合だとわかります。

また、転職しながらキャリアを確立していくことが一般的になった現代では、十分な退職金がもらえるとは限らないと考えておきましょう。

新社会人時代から勤めている場合は問題ないですが、中途採用の場合は勤続年数が短く、退職金にも比例してくるからです。

定年退職後に豊かな暮らしを送るためにも、40代から老後資金を徐々に貯蓄していくと良いでしょう。

5.40代のお金を貯める5つのコツ

電卓で計算する家庭

40代ならではのお金を貯めるコツをご紹介します。

コツ1 先取り貯金をする

貯金を成功させるコツは、先取り貯金「収入-貯金=生活費」やボーナスや臨時収入があれば貯金に回すようにして着実に貯金をすることです。

「1月は4万円貯金できたけど、2月は2万円しか貯金できなかった」など、月によって貯金額が変動すると貯金できるお金も貯金できなくなります。

お給料をもらったら毎月決まった額を元々なかったものと考え貯金しましょう。貯蓄が苦手な人でも前もって貯金額を確保しておけば出費を防ぐことが可能です。

先に貯金をしておけば、手元に残ったお金を全部使ってしまったとしても貯金額は死守することができます。

コツ2 収入支出を把握する

貯金できる人は家計簿をつけて、収入と支出の状況を把握しています。支出を把握していないと、毎月入る収入に対し、何にお金を使っているかどうかわかりません。

家計簿をつけることによって収入と支出が明確になり、今まで使っていた余分なお金を貯金することができます。

家族で協力し合って無駄な出費を減らしていきましょう。

今では、スマホで簡単に収入支出が把握できるアプリがあります。これを機に利用してみることをおすすめします。

ご紹介する家計簿アプリは、レシートをカメラで撮るだけで自動的にレシートの内容を読み込み、計算してくれるため非常に便利です。(ダウンロードは無料)

無料の家計簿スマホアプリは次の通りです。(スマホアプリはPCと同期可能)

パソコンで家計簿を管理したい方におすすめのソフトは「うきうき家計簿はフリーソフト」です。(無料ソフト)

集計一覧や予算設定など使い勝手が良い家計簿で、印刷も可能なので利用してみてください。

コツ3 いくら貯金するかを決める

教育費、老後資金、緊急用など貯蓄の目的を明確にし、いくら必要なのか算出しましょう。

大まかな金額を把握すれば将来のプランが立てやすいですし、貯金するモチベーションも高まります。

ただし、「目標は1,000万円!」などと高く設定するより、まずは10万円のように低めに設定することが貯金する時のポイントです。

特に初めてだと目標を明確にするのは難しいと思いますので、簡単な8項目に答えるだけで目標が明確になる「夢ノート」を作成しました。

頭で考えていたことを実際に書き出すことにより、目標や目的が明確になるだけでなく、記憶も整理することができます。

貯金の具体案もどんどん生まれてくるようになりますので、印刷してぜひ活用してみてください。

→「夢ノート」のダウンロードはこちら

コツ4 固定費を見直す

限られた生活費で上手にやりくりしていくには、毎月かかる固定料金を少なく抑えられるか、保険や携帯料金を減らせられるかなど見直すことが大切です。

その他には家賃、保険、公共料金など減らせる余地がないか調べてみましょう。

例えば保険料と携帯代を見直して5千円ずつ減らすことができれば、合わせて1万円安くなり、1年に12万円も貯金することができます。

保険料や通信費は必要のない補償やサービスを減らせば、料金が下がる場合も多くありますので、今の生活費に無駄がないか見直しをしてみましょう。

コツ5 資産運用をする

40代の方が貯金を成功させるためには、「自動積立定期預金」などを利用して自動的に貯金してしまう方法がおすすめです。

自動積立定期預金とは、指定した金額(積立金額)を指定した日(積立日)に、普通預金口座から定期預金口座に自動的に振り替えてくれるというサービスです。

例えば、お給料日後の26日に1万円の積立貯金をするという設定をすれば、毎月26日に自動的にお給料の入った普通預金口座から、1万円を定期預金口座に振り替えてくれるのです。(日にちや金額は設定可能)

一人暮らしの方が自動積立預金をする際、おすすめの金融機関は次の通りです。

自動積立預金や気になる定期預金との違いなどもまとめました。ご覧になって頂き活用していきましょう。

▼金利の良いおすすめの銀行3選と自動積立定期預金まとめ

貯金ができる人・できない人の違いは「先取り貯金」をしている、していないのかで分かれます。 先取り貯金で確実に続けていく方法として、「自動積立定期貯金」があります。 少額からでも...

6.お金のプロから学ぶ40代からのお金の知識

お金の勘定をしている男性

貯蓄の仕方や増やし方などは、雑誌やネットで情報を得ることができますが、お金のプロの元で学ぶ機会はなかなかありませんよね。

講習会で学ぶことができれば、40代からでも貯金額を増やす可能性が高まることでしょう。そこでおすすめなのは、無料で学べる「スクロールマネーセミナー」に参加することです。

基本的には「お金の基礎知識・資産運用・保険の選び方・貯め方・使い方」など、将来に必要なお金の知識が学べます。

例としてスクロールマネーセミナーに参加した40代の専業主婦Aさんが身に付けたお金の知識をご紹介します。

Aさんはお金の管理や使い方、金融商品の利用が苦手な方でした。このセミナーで教わったお金の見直しかたを参考にして家計整理をしました。

例えば生活でかかる費用を「使う・守る・増やす」のジャンルに分類し当てはめ家計で必要なのか、不必要なのかを明確にして、ムダをはぶくことができました。

使う=趣味、雑費、交際費、習い事、美容
守る=病気、ガン、事故(保険)
増やす=定期預金、iDeCo(イデコ)、つみたてNISA

Aさんは「使う」の項目で節約に成功し月に1万5千円、「守る」の項目を見直して月に3千円、合計で月に1万8千円を捻出し、新規契約で生命保険の加入、定期預金を利用しました。

Aさんは高校生と中学生の子供がいて、今後さらに学費など何かとお金がかかる時期になると考え、将来設計を立てられました。他には、銀行の金利の利回り、将来や老後に必要になる金額などの知識を取り入れました。

40代世代が貯金を始めるためには、お金の知識もある程度は必要です。これを機に時間を作って参加してみると良いでしょう。

開催日はスイーツ&ドリンクを休憩中に提供してくれるため、カフェに行く感覚でお得にお金の勉強ができます。

申込は、基本的に女性の方限定です。セミナーを受ける方はほぼ女性ということになるため、気軽に参加できることでしょう。友人を誘ってみるのも良いですね。

なお、スクロールマネーセミナーは、商品の勧誘や追加料金などは一切ありません。不安な場合はお金について学び、そのまま帰ればOKです。

→無料セミナーのスケジュールの詳細はこちら

7.まとめ

同世代の世帯がいくら貯蓄しているか気になりますが、なかなか友人に聞きづらいです。

40代では家庭があったり、母子家庭だったり、住宅ローンの有無などで生活スタイルが違ったりするため、各家庭に合った目安貯金額を設定して貯金していきましょう。

全国の40〜44歳の平均貯金額は847万円、中央値が597万円です。45〜49歳では平均貯金額は1,147万円、中央値が730万円でした。あくまでも平均額にと考えて貯蓄して行くと良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket