アコム

カードローンで今すぐ500万円借りれる?高額融資を受けたい時に選ぶべきローンはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
今すぐ500万円借りたい女性

個人の方が金融機関から500万円を借りたい場合、まずはそれだけの高額融資を受けられるローンを探す必要があります。

個人向けのローンにはいくつも種類がありますが、今回は高額融資が可能なローンを3種類ご紹介します。

それぞれの特徴や注意点もまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

1.今すぐ500万円借りる3つの方法

500万円借りたい時に検討したい3つの方法をご紹介します。

方法1 カードローン

大手消費者金融カードローンは即日融資が可能ですし、そのほとんどが利用限度額500万円以上なので、今すぐ500万円必要な時にカードローンを利用することもできます。

カードローン利用限度額金利
レイク1~500万円年4.5%~18.0%
アコム1~800万円年3.0%~18.0%
プロミス1~500万円年4.5%~17.8%
モビット1~800万円年3.0%~18.0%
アイフル500万円年4.5%~18.0%
三井住友銀行10~800万円年4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行10~500万円年1.8%~14.6%
みずほ銀行10~800万円年2.0%~14.0%
イオン銀行10~800万円年3.8%~13.8%

ただ、カードローンで500万円借りるには年収1,500万円以上ないと厳しいのが現実です。

アコムやプロミスなど消費者金融は「借入できるのは自分の年収の3分の1まで」という総量規制の法律の対象のため、年収1,500万円以上ないとそもそも500万円借りることはできません。

銀行カードローンは総量規制の対象ではないですが、500万円借りるには年収が1,500万円を超えていないとまず難しいです。

年収が高ければカードローンで500万円借りることも可能ですが、現実的にはかなり厳しいと思った方が良いでしょう。

方法2 フリーローン

フリーローンとは、住宅ローンやマイカーローンのような目的別ローンと違い、使い道が決められていないローンのことです。

フリーローンは主に銀行が取り扱っており、事業資金や投資資金以外であれば原則資金使途は自由です。

フリーローンとカードローンは使い道が自由という点ではどちらも同じですし、利用限度額にもそれほど大きな違いはありません。

むしろ銀行によってはカードローンの方が限度額が大きいケースもあるくらいですが、フリーローンの方が高額融資を受けやすくなっています。その理由は主に2つあります。

<フリーローンの方が高額融資を受けやすい理由>

  1. カードローンは利用限度額の範囲内で繰り返し借入ができるのに対し、フリーローンは最初に全額を借り入れ、後は返していくのみなので借入額が途中で増えることがない
  2. フリーローンは使い道は自由だが、使い道を確認できる見積書などが必要になるため、カードローンよりも資金使途が限定されている

この2つの要素があることで、銀行は融資をした場合の貸し倒れリスクを最小限にすることができ、その結果フリーローンの方が高額融資を受けやすくなるという背景があります。

主な銀行のフリーローンの金利と利用限度額は次の通りです。

銀行利用限度額金利年
住信SBIネット銀行
Mr.多目的ローン
最大1,000万円3.975%~
4.975%
イオン銀行最大700万円3.8%~
13.5%
りそな銀行
プレミアムフリーローン
最大500万円6.0%
千葉銀行最大500万円4.3%~
14.8%
みずほ銀行(無担保型)最大300万円5.875%~
6.650%
三菱東京UFJ銀行最大300万円5.475%
三井住友銀行(無担保型)最大300万円5.975%

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の都市銀行3行は意外にも利用限度額は低くなっています。

住信SBIネット銀行とイオン銀行、りそな銀行、千葉銀行が500万円以上の利用限度額なので、500万円借りたい時はこの中から選ぶと良いでしょう。

方法3 不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保に金融機関から融資を受ける方法です。担保にする不動産は本人名義でなく、家族名義のものでも問題ありません。

不動産担保ローンの場合、契約者の信用力に不動産の資産価値がプラスされるため、数千万円~億単位のまとまった金額を借りることも可能です。

不動産の評価は融資額に大きく関係してきます。不動産の価値が高ければそれだけ高額な融資をしてもらえるわけですが、不動産の評価基準はあくまで現在の資産価値であり、不動産を買った時の値段ではありません。

建物であれば築年数などももちろん関係してきますが、その他に駅に近い、都心部にあるなど、生活に便利な立地条件であるほど一般的に評価額は高くなります。

<不動産担保ローンのメリット>

不動産担保ローンで融資を受けるメリットは、高額融資が可能という点と、担保がある分低金利で借り入れができ、返済期間も20年~30年と長いことです。

不動産を担保にお金を借りるという意味では住宅ローンも同じですが、住宅ローンはあくまで住む家を購入するためのローンであり、資金使途が自由な不動産担保ローンとは性質が異なります。

また、住宅ローンの場合は基本的に団体信用生命保険への加入義務がありますが、不動産担保ローンにはそのような決まりはありません。その他にもいくつか違いはあるものの、全体的に不動産担保ローンの方が自由度の高いローンと言えます。

<不動産担保ローンのデメリット>

不動産担保ローンのデメリットは、返済不能になると持っている不動産を失ってしまうということです。

担保となる不動産には金融機関を抵当権者とする抵当権や根抵当権が設定されるため、万が一債権の回収ができなくなった場合、金融機関は不動産を売却しその代金で債権を回収することが可能になります。

自宅を担保にする場合は支払いができなくなると住む家を失ってしまうため、不動産担保ローンを利用する際はかなり慎重に返済計画を立てる必要があります。

2.即日中に500万円借りる難易度

利用限度額は高ければ高いほど審査もその分慎重に行う必要があります。即日融資に対応しているカードローンでも当日中の借入は難しいでしょう。

ちなみに、フリーローンは数日~1週間程度、不動産担保ローンは1ヶ月ほど申込から借入までにかかることが多いです。

急いでいる時は「カードローン→フリーローン→不動産担保ローン」の優先順位で選ぶと早いタイミングで融資を受けることができるでしょう。

3.まとめ

フリーローンも不動産担保ローンも即日融資というわけにはいかないので、今日中に500万円必要な場合はカードローンを検討する必要があるでしょう。

ただ、事業資金ならともかく、個人の方がプライベートな資金を借りる上で即日500万円というのはかなりハードルが高いので、今日中にということであれば借入以外の方法を考えた方が良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket