アコム

サラ金とは|5分で身につくサラ金の真実と驚き活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金がない男性

「サラ金」と聞いて良いイメージを持つ方は正直あまりいないと思います。おそらく一昔前の高金利時代のイメージや闇金などを連想させるからではないでしょうか。

しかし、現在のサラ金は昔のように危険なものではありません。銀行や信販会社のように安全性の高い金融会社と言えます。

今回はサラ金の特徴や闇金との違いを詳しくまとめました。サラ金の本質を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.サラ金とは|知って得するサラ金の豆知識

サラ金とは「サラリーマン金融」の略称で、主に一般消費者向けに融資を行う貸金業者です。近年はサラ金ではなく消費者金融と呼ばれることが増えましたが、意味するものはどちらも同じです。

①闇金との違い

サラ金と闇金を混同している方も少なくありませんが、この2つは全くの別物であり、サラ金(消費者金融)は国や都道府県の認可を受けた安全な貸金業者です。サラ金と闇金の大きな違いは次のような部分にあります。

<サラ金(消費者金融)>

  • 国や都道府県の認可を受けた正式な貸金業者である
  • 法律(利息制限法、貸金業法など)に則って融資や督促を行っている
  • 大手から中小まで多くの業者が存在している

<闇金>

  • 国や都道府県の認可を受けていない違法業者である
  • 法律を無視した融資や督促を行っている

簡単に言えば、サラ金は貸金業者として正式な認可を受けている安全な金融機関、闇金は認可を受けず違法に営業している悪徳業者ということです。

また、消費者金融の中にはいわゆる街金のような小規模な業者もたくさん存在しますが、きちんと届出をしていれば、それは正式な貸金業者(消費者金融)ということになります。街金=闇金ではありませんので混同しないようにしましょう。

②サラ金の金利

サラ金の金利は銀行に比べると高く設定されているため、返済時の負担が大きいという部分で危険なイメージを持つ方は多いかもしれません。参考までに銀行と消費者金融それぞれのカードローン金利を比較してみましょう。

不動産担保ローン2

大手消費者金融と銀行カードローンでは上限金利に年4%程の違いがあります。金利が高ければ当然支払う利息も増えるため、お金を借りる上で金利は最も大きなポイントとなるでしょう。

試しに金利が4%違うと支払う利息にどのくらい差が出るのかを比較してみました。

<借入条件>

  • 借入元本50万円
  • 毎月の返済額2万円

カードローンの金利別のシミュレーション

仮に50万円を借りて毎月2万円ずつ返済する場合、金利年14.0%と年18.0%では支払利息に36,000円程の差があり、さらに年18.0%のほうが返済期間も2ヶ月長くなっています。

今回は2万円という返済額を設定しましたが、月々の返済額がこれよりも少なければ、返済期間がもっと延びる分、支払う利息もさらに増えることになります。

③安全なサラ金の選び方

安全な業者を選び、無理のない返済計画を立てていれば、サラ金はそれほど恐いものではありません。しかし、闇金のような違法業者につかまってしまう可能性も否定できないため、利用する際はなるべく大手の消費者金融を選ぶのがおすすめです。

大手消費者金融の経営母体は有名な大手金融グループであることが多く、たとえばアコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループが運営する消費者金融です。

特に初めて消費者金融を利用する方は不安な点も多いと思いますので、安心で金利も低い大手消費者金融を選ぶようにしましょう。

2.サラ金4つのメリット

サラ金に対してマイナスイメージをお持ちの方も多いとは思いますが、サラ金ならではのメリットもあります。

特徴1 即日融資

大手消費者金融は即日融資が基本です。申し込んだその日に借入をすることも可能です。

銀行カードローンは借入ができるまでに数日から数週間程度かかるので、急ぎで借りたい場合には次の大手消費者金融を選ぶと良いでしょう。

サービス金利年無利息期間
アコム3.0%〜18.0%30日間無利息
プロミス4.5%〜17.8%30日間無利息
アイフル4.5%〜18.0%30日間無利息
SMBCモビット3.0%〜18.0%なし

特徴2 無利息期間がある

銀行カードローンに比べると若干金利が高いサラ金ですが、大手消費者金融は一定の無利息期間が設けられている場合が多く、無利息期間中に完済できれば借入額がいくらであっても利息は1円もかかりません。

借入期間によってはあえて消費者金融を選んだほうがお得なケースもあるので、事前に支払利息をシミュレーションし、よりお得なローンを選ぶようにしましょう。無利息期間がある消費者金融は次の通りです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
新生銀行
カードローン
レイク
4.5%~18.0%選べる2つの無利息期間
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息
アイフル4.5%~18.0%初めてなら30日間無利息

特徴3 来店不要

大手消費者金融の場合、申込から借入までの手続きを全てネットで完結することができます。ネットキャッシング(銀行振込)による借入なら店舗や自動契約機に出向く必要が無いため、誰にも知られずにお金を借りることも可能です。

特徴4 女性専用ローンがある

消費者金融の中には女性専用ローン(レディースキャッシング)を取り扱っている業者も多くあります。

女性専用ローンの場合、金利や申込条件など基本的な貸付条件は一般的なローンとほぼ同じですが、申込から契約までの手続きをすべて女性が対応してくれるのが特徴です。

一昔前、サラ金は女性にとって利用しづらいものでしたが、現在は女性の利用者も増加傾向にあるようです。

3.サラ金3つのデメリット

次はサラ金のデメリットについてお話ししていきます。

特徴1 金利が高い

銀行カードローンに比べるとサラ金の金利は高めに設定されています。クレジットカードのキャッシング金利や、信販会社のカードローン金利もサラ金とほとんど変わりません。

ノンバンク系業者の中でサラ金だけが特別高金利というわけではありませんが、低金利であることを一番の条件に挙げるなら、サラ金よりも銀行カードローンからの借入を検討したほうが良いでしょう。

消費者金融と銀行カードローン金利比較

特徴2 総量規制の対象

総量規制とは、貸金業者からの借入額を年収の3分の1までとする規制で、貸金業法に則って営業をする消費者金融や信販会社などからの借入に適用されるものです。サラ金からの借入はこの総量規制の対象となります。

たとえば現在借入が全く無い方の場合、年収300万円なら最大の借入額は100万円ということになります。すでに消費者金融や信販会社からの借入がある場合は、その額を含めて年収の3分の1までとなります。

ただし、自動車ローンや借り換え専用ローンなど、一部総量規制の対象外となる借入もあるので詳しくはこちらを参考にしてみてください。

総量規制

<総量規制の除外、例外となる貸付>
出典:http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html 

特徴3 専業主婦(夫)は借りられない

サラ金の一般的な貸付対象は「20歳以上で安定継続した収入のある方」であるため、専業主婦の方の申込は原則できません。

これは総量規制の問題があるためですが、総量規制の対象外である銀行カードローンからの借入なら、配偶者に安定した収入があることを条件に融資をしてくれるところもあります。専業主婦の方は次の銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

カードローン金利年
横浜銀行1.9%~14.6%
イオン銀行3.8%~13.8%
スルガ銀行3.9%~14.9%

4.サラ金のよくある疑問を一発解決!

サラ金についてよくある疑問とその答えをまとめました。申込前に確認しておきましょう。

疑問1 サラ金はブラックでも借りられる?

過去に支払いの延滞や債務整理などをしているとブラックリストに載ってしまい、どこからも借入ができない状態になることがあります。

そういった場合、銀行からの借入は無理でもサラ金であれば貸してくれるのではと思う方も少なくないかもしれません。

実際のところ、基本的に大手消費者金融は銀行同様難しいと考えた方が良いですが、中小消費者金融であれば業者によってブラックでも借りられるケースはあります。

仮に過去に金融事故を起こしていたとしても今現在の返済能力で判断してくれる場合もあり、大手に比べて比較的審査は柔軟と言って良いでしょう。

ただし、中小消費者金融でも信用情報や在籍確認などの一般的な審査は当然行われますし、ブラックの人に融資をするかどうかももちろん業者によって違います。

また、中小消費者金融の金利は大手よりも1%~2%高くなるのが一般的なので、その分利息が高額になるデメリットがあります。

中小消費者金融を利用する際は、事前にしっかりとした返済計画を立てておくことが非常に重要となるでしょう。

疑問2 中小消費者金融から借りるのは危ない?

中小消費者金融の中には闇金のような悪徳業者が隠れているケースも非常に多くあります。

「中小消費者金融=闇金」というわけではないですが、大手と比べて闇金との区別がしづらいというのは事実です。中小消費者金融から借入をする際は、きちんと認可を受けた安全な業者かどうかを必ず確認しておきましょう。

その際に有効なのは業者の登録番号を調べる方法です。正式に貸金業を営むためには国や都道府県に届け出をする必要があり、認可を受けた業者に対しては賃金業登録番号が与えられる仕組みになっています。

業者のホームページや広告に正しい登録番号が記載されていれば、貸金業者として登録を認められた業者ということになります。

中には嘘の登録番号を宣伝媒体に載せている悪質な業者もあるので、番号が正しいものかどうか事前に確認するようにしましょう。なお、登録番号の照会は金融庁ホームページから簡単に行うことができます。

金融庁 登録賃金業者検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

5.今すぐ借りれるカードローンランキング

今すぐ借りれるおすすめのカードローンをご紹介します。この中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

6.まとめ

サラ金は銀行カードローンと比べると確かに金利は割高ですが、即日融資や来店不要といった利便性の高さは消費者金融ならではの魅力と言えます。

借入先を決める際は単なるイメージではなく、その時の状況に応じて、よりお得なほうを賢く選択していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket