母子家庭でお金が無い!国の支援制度と在宅ワークで収入アップを目指そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
母子家庭でお金が無い女性

母子家庭の場合は仕事と育児を一人でこなさなければならないため日々心労が多いだけでなく、働ける時間も制限されてしまいます。

しかし、子供が成長するほどお金はかかるため、慢性的に家計が苦しいケースも多いでしょう。

今回はそんな時に参考にしていただきたい母子家庭が利用できる国の支援や貸付制度、在宅ワークで今よりも収入を増やす方法などをご紹介します。

1.母子家庭への公的支援

母子家庭の場合は利用できる公的支援制度も多いので、まずは次のような支援を最大限活用しましょう。

支援1 児童手当

児童手当は「子ども手当」とも呼ばれ、母子家庭に限らず0歳から中学生までの児童がいる世帯であれば支給対象となります。

世帯の所得や子供の年齢、人数によっても違いますが、0歳~3歳未満の児童であれば上限の15,000円が支給されます。

支援2 児童扶養手当

離婚や死別などによって一人親となった世帯の児童に対し支給されるもので、18歳以後の最初の3月31日までの間にある児童がいる世帯が対象となります。

支給額は世帯の所得によっても違いますが、全部支給の場合は児童一人につき最大42,330円となり、2人目以降はさらに1万円や5,000円が増額されます。

支援3 児童育成手当

一人親家庭で18歳未満の児童がいる世帯が支給対象となります。ただし、市区町村によって支給状況や金額が違うので、詳しくはお住まいの市区町村で確認してみてください。

支給額の目安としては15,000円前後の場合が多いようです。

支援4 ひとり親家庭住宅手当

20歳未満の児童を養育しながら月額1万円以上の賃貸住宅に住む一人親家庭が対象となる手当で、自治体が定める基準を満たせば月額5,000円~15,000円の援助を受けることができます。

支援5 就学援助

子どもの給食費や修学旅行の積立費用、授業に必要な文房具などを購入するための費用を自治体が援助してくれる制度です。支

給額は子供の年齢や費用項目などによって違いますが、給食費や修学旅行の積立費用などは全額援助してもらえる場合もあります。

2.母子家庭が利用できる国の貸付制度

母子家庭手当などを受け取っていても家計が苦しい場合は、低金利で利用できる国の貸付制度を検討してみると良いでしょう。

①生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者世帯の生活を経済的に支えるためのもので、市区町村の社会福祉協議会が窓口となり実施しています。

貸付制度の種類はいくつかありますが、「緊急小口資金貸付」であれば最短5日ほどで最大10万円まで借入が可能です。貸付制度の一例は次の通りです。

4種類の生活福祉資金貸付制度

<貸付対象>

  • 低所得者世帯:必要な資金を他から借り受けるのが困難な世帯(市民税非課税程度)
  • 障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方がいる世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者がいる世帯

②母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは、一人親家庭の経済的自立を支援することを目的にした制度で、就労、引っ越し、子供の修学費用や結婚資金など、生活に必要な様々な資金を借り入れることができます。

制度の一例としては次のようなものがあります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

<貸付対象>

  • 母子家庭の母
  • 母子家庭の父
  • 父母のいない児童
  • 寡婦
  • 40歳以上の夫のいない女性

3.母子家庭でお金が無い時におすすめの在宅ワーク

母子家庭の場合は働ける時間も制限されてしまうため、長時間勤務や掛け持ちは難しいと思います。そんな時は自宅に居ながら収入を得られる在宅ワークを始めてみてはいかがでしょうか。

在宅ワークと聞くと内職のような作業をイメージする方も多いかもしれませんが、近年は「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサイトを利用してお金を稼ぐ方が増えています。

クラウドソーシングの大まかな仕組みとしては、「仕事を頼みたい人」と「仕事をしたい人」がサイト上でやり取りをし、双方の条件が合えば実際に仕事を受け報酬が発生するというシステムです。

仕事内容は非常に幅広くなっていますが、例えば次のようなものがあります。

  • Webサイトの記事作成(転職サイト、アフィリエイト、まとめサイトなど)
  • HPや広告デザインの作成
  • ネットショップの商品登録作業
  • 文字起こし
  • 企業商品のネーミングやキャッチコピーの提案

基本的にはインターネットに繋がったパソコンさえあればすぐに仕事を始めることができますし、特別な資格やスキルがなくてもできる仕事はたくさんあります。

収入額は作業時間によって変わってきますが、1日1〜2時間でも数万円の月収にはなるでしょう。

サイト登録は無料でできるので、興味のある方はどんな仕事があるのかサイト上で実際に確認してみることをおすすめします。

ランサーズ
http://www.lancers.jp/

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

4.母子家庭の方に選ばれているカードローンランキング

今日中にお金が必要など急いでいる時には公的支援制度や貸付制度では間に合わないことがあります。そんな時はカードローンで一時的にピンチをしのぐこともできます。

おすすめのカードローンをご紹介しますので、この中から利用を検討してみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

母子家庭を支援する国の制度はたくさんあるので、まずは国の給付金や貸付制度をよく調べた上で最大限活用しましょう。

収入そのものを増やしたい場合は在宅ワークという方法もありますし、まずは今できることを前向きに検討し、本当に困った場合は一人で悩まず市役所など周囲に相談することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket