玄関の限られた空間を最大限に使う収納方法と格安グッズのアイデア特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ひらめいた女性

玄関は必ず毎日使う唯一無二の空間で、特に収納場所が必要になるのが靴です。

その他には子供の外用おもちゃ、帽子類、靴ケア用品、自転車用品などがあり、収めることさえ困っているかと思います。乱雑の状態では、玄関を開けるのでさえ「恥ずかしい」と感じることもあるでしょう。

たくさん収納できるシューズクロークなどの場合は問題ないですが、賃貸マンションやアパートには設置されていないので収納グッズを使い賢く収めなければなりません。

ただ、生活用品店で玄関収納アイテムを購入すると数千円〜かかるため、なかなか手が出にくいですよね。できるだけ費用を抑えるためにも格安グッズを活用していきませんか?

そこで今回は100円ショップや格安グッズを使い玄関がキレイな空間になるアイデアをご紹介します。今回ご紹介するグッズはこちらです。

玄関収納で使う格安グッズ

生活用品店で購入するより断然安いので、節約したお金は家計に当てたり、貯金に回したり、へそくりにできますので、ぜひ取り入れていきましょう。

1.下駄箱で使える格安グッズと収納アイデア9つ

玄関で使える「格安グッズ×収納アイデア」をご紹介します。格安グッズは100円〜500円以内の商品をピックアップしました。

①突っ張り棒でスペースUP

突っ張り棒を使った玄関収納術

下駄箱の欠点は靴を入れた時に生まれる奥のデットスペースです。このスペースを上手く活用することで乱雑になっている靴が収納できます。そこでおすすめする格安グッズは「突っ張り棒」です。

パンプスやショートブーツ、スリッポンなどが2倍以上で置ければ新しい収納スペースが生まれます。

なお、突っ張り棒に強度を求めるなら「防振粘着マット」を左右で使いましょう。取り出す時に引っかかったりしても突っ張り棒が落ちることがなくなります。

②扉の裏は傘置き場にする

玄関先で乱雑になる傘は、下駄箱や玄関の扉の裏を活用してスッキリさせましょう。そこでおすすめの格安グッズは次の3つです。

  • タオルハンガー
  • ワンキャッチ
  • マグネット式傘置き

キッチンなどで使うタオルハンガーを下駄箱の扉の裏に設置すれば、玄関の角に置かずに済むので玄関がスッキリします。傘を出しっ放しにしたくない方はタオルハンガーを利用すると良いですね。

ワンキャッチは両面テープで貼るだけなので楽に取り付け可能です。玄関先で出しっ放しになりがちな「ほうきや虫とり網」の収納でも使えます。

玄関の扉で磁石がつく場合は「マグネット式傘置き」も実用的なので、ぜひ取り入れていきましょう。(貼るタイプもある)

③棚用吊さげ商品で小物の収納術

PE棚用吊さげワイヤーバスケットの収納術

折りたたみ傘など小さいアイテムは「PE棚用吊さげワイヤーバスケット」を使い下駄箱内に収めましょう。レジャーシートや子供用品なども置いてしまえば、玄関先に出しっ放しすることがなくなります。

PE棚用吊さげワイヤーバスケットは100円ショップで購入できますので1〜2個あると収納上手になります。100円ショップではキッチン用品コーナーを物色してみてください。

④スリッパは下駄箱に収める

来客用や家族で使うスリッパは玄関先に出しっ放しにしていませんか?

スリッパが玄関先に出ているとどうしても綺麗とは言えません。そんな時に使える格安グッズは次の3タイプです。

スリッパの収納グッズ

<タオルハンガー>

まず一つ目は、洗面場やキッチンで使う「タオルハンガー」を活用することです。タオルハンガーを下駄箱の扉の裏に貼り付け、そこへスリッパを差し込みます。

長さがあるタオルハンガーがあれば2セットは収めることができるので、スリッパの数に合わせて購入することをおすすめします。元々洗面所やキッチンで使う商品なので、そのコーナーで探してみてくださいね。

<シューズハンガー>

すでに扉の裏を使っており設置できないなどの場合は、シューズハンガーでもスリッパの収納が可能です。限られたスペースを有効活用しましょう。(360度回転可)

シューズハンガーは吊るすタイプなので、ポールがある位置か「突っ張り棒」を使って収納スペースを増やしてみてください。サンダルやぺったんこな靴なども一緒に吊るしてみるのも良いですね。

その際は、他の履き物が汚れないように足の裏を合わせて吊るすとキレイに保てます。こちらは洗濯用品コーナーで探してみてください。

<収納ボックス>

日頃利用しない来客用スリッパなどをまとめて収納したい場合は、収納ボックスを使うことをおすすめします。また、靴のメンテナンスグッズも入れても良いですね。

収納ボックスをニトリやイケアなどで購入すると、一つ800円程度しますので、アイデア次第で100円〜200円程度と格安で抑えられます。(写真右のボックスはダイソーで購入)

⑤子供のおもちゃ(外用)はボックスを使う

外で遊ぶスコップやおもちゃ類やスポーツ用品、自転車のヘルメットなどはボックス(バスケット)を設けましょう。収納ボックスを使うことにより定位置で管理できます。

また、子供達に片付ける習慣を身につけることで親である私達の方が楽になります。また、「おもちゃはこのボックスに入るだけ!」と子供達に選択させることで、物が溢れないようにもできますね。

⑥小物収納テクニック

ワイヤーラティス+S字フックを使った収納術

家や車の鍵などは下駄箱の扉の裏で管理すると取り出しやすく、また探す手間もなくなります。その際に便利な格安グッズが「ワイヤーラティス+S字フック」です。引っ掛けたい物の数に対しS字フックを用意すればOKですね。

ワイヤーラティス(網目のもの)を取り付ける場合は粘着フックがお手軽です。また、1点2点の鍵だけを扉の裏で管理したい場合は粘着フックのみで活用しましょう。全て100円ショップで購入できます。

⑦下駄箱の下はワイヤーラックを使う

ワイヤースタンド(コの時ラック)

下駄箱の下の空間は上手に使えていますか?

賃貸のマンションやアパートの場合は下駄箱の下に空間がないお家が多いですが、空間がある家庭は「ワイヤースタンド(コの時ラック)」を使うと収納上手になります。

2段で収納できるので溢れている靴を収納するのにピッタリです。また、見栄ばえよくするならクロスカーテンを付けて中が見えないようにするのも良いですね。

⑧ブーツは吊るして収納スペースUP

ハンガークリップ

収納スペースを余分にとってしまうブーツや長靴は、「ハンガークリップ」を使ってハンガーパイプに吊るすことをおすすめします。

いつも下駄箱内や玄関先に置いていると足元の位置から折れ曲がってしまいますが、吊るすことで型崩れ防止になります。また、下段に置く方が多いですが、下段は湿気が溜まりやすくカビや変色する可能性が高いので吊るす行為は理にかなっています。

また、夏など履かない時期はA4サイズが入るファイルボックスに入れて収納してしまいましょう。一足ずつ入れるのにピッタリで、ブーツ類を上下交互で入れるようにすればOKです。

A4サイズのボックス

吊るしたり、フャイルボックスを使うことで下駄箱の掃除が楽になるメリットもあるので、ぜひ取り入れてみてください。

⑨使わない靴はクリアケースで管理する

収納クリアケース

オフシーズンなど使わない靴は「透明収納ケース」を使って下駄箱の上段に収納しましょう。中身が見えるので誰の靴を収納しているのかすぐに分かります。

また、「ハンドルワイド クリア」や「アレンジロング クリア」を使ってみるのも良いですね。一足一足仕分けられ取って付きなので取り出しやすいです。シーズンオフなどの靴を収納する時に役立ちます。

ハンドルワイド クリア

2.玄関収納の豆知識7つ

下駄箱が乱雑にならないためにも玄関収納の豆知識をご紹介します。

知識1 使用頻度ごとに振り分ける

基本的なことにはなりますが、オフシーズンの靴は上段、日頃から履く靴は中段や下段のように使用頻度によって置く位置を分けましょう。

靴には「夏用・冬用・通年」と季節があるため、使わない靴が手前にないようにすると良いですね。

知識2 下駄箱は家族によって配置を決める

下駄箱の使い方は「縦or横ラインで家族別に分ける」と良いです。例えばお子さんが一人の家族の場合、左側がお父さん、右側がお母さん、真ん中がお子さんのように配置決めしておくことでまとまった収納にできます。

横ラインも同じ考え方でOKですが、横ラインで収納する時は背丈によって段を分けると良いですね。置く位置が決まっていると家族全員が使いやすく散らかりにくい下駄箱に近づきます。

知識3 下段は湿気が溜まりやすい

下駄箱の下段は靴から出る湿気が溜まりやすいため、湿気が吸いやすいブーツやファー付きの靴は置かないようにしましょう。特に皮製品は要注意です。

下段に置いているとカビの発生やブーツ自体変色してしまう原因になりますので、これらの靴は乾燥しやすい上段で収納するか、ハンガークリップで吊るしましょう。下段では湿気が気にならないサンダルなどの履物を置くと良いですね。

なお、湿気を取り除く場合は「竹炭」がおすすめで、トレーなどに置いて靴箱に入れておくと消臭、除湿効果があります。「効果が薄れてきた」と感じたら、半日天日干しをすると効果が復活します。

また、匂いが気になる場合は抽出ずみのコーヒーのカスを一度乾燥させ、お茶パックなどに入れて紐で縛れば自作の消臭グッズに早代わりです。ぜひ取り入れましょう。

どうしてもお子さんやパパの足の匂いが気になる方は、日頃履いている靴に「グランズレメディー」を試してみてはいかがでしょうか?

楽天市場やAmazon、公式サイトで販売しており、散布すると靴の消臭効果があります。ちなみに私の子供は野球のスパイクに散布して靴と足の匂いが消えました。

グランズレメディー(出典:グランズレメディー公式

知識4 不要な靴は処分する

つい残してしまいがちの靴ですが、下駄箱に入れるのは「今履いている靴」だけを収納し、今後履かない靴、サイズアウトした子供の靴は思い切って処分しましょう。

スペースが空けば靴以外の物が収納できますし、気分もスッキリします。なお、新しく靴を購入した場合は、「前履いていた靴は処分する」とルール化すると良いですね。

知識5 外箱は処分する

ブランド物などの靴を買うとつい残しておきたくなる外箱ですが、箱のせいで収納スペースが減ってしまうのはもったいないです。残しておいても使い道はないので、これを機に処分していきましょうね。

捨てる勇気が持てない方は、靴箱だけメルカリなどで出品すると良いでしょう。案外高額で買い取ってくれます。

知識6 玄関ラックの上は必要なものだけを置く

雑貨類は必要なものだけ置くと決めて玄関をキレイに使いましょう。

古くなった縁起物、壊れているキーホルダー、何本もある虫除けスプレーなど玄関ラックの上に置いている家庭が多いですが、残しておいても物が増える、散らかるだけなので処分しましょう。

特に縁起物は毎年増えていきます。その年に合っていない縁起物があるならこれを機に処分すると良いです。

なお、古い神社やお寺のお札は頂いた所へ返すのが道理ですが、旅先などで頂いたお札などは近くの神社仏閣で返還しましょう。

知識7 収納物は分かりやすく管理する

収納ボックスを使っており、外観で判断できないものは写真付きでしまいましょう。(ネームホルダーなどでもOK)

毎回箱やボックスから出して確認をしていては探す手間もかかってしまうので時間の無駄です。ボックスの中身がわかれば取り出す時に見つけやすく、靴のローテーションもしやすくなります。

3.まとめ

玄関の狭い空間をいかに上手く使える格安収納グッズをご紹介しましたが、取り入れられそうなアイデアはあリましたか?

生活用品店でも数多くの玄関収納グッズがありますが、値段は2倍3倍以上もします。100円ショップのグッズと実用性はほとんど変わりないので、節約するためにも安い方を使っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket