誰でも簡単!電気代を無理なく大幅に節約できる8個の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電気代の節約

暮らしている限り、電気代は毎月毎月かかってくるものです。

もしまだ電気代を一切節約していないのであれば、それは非常にもったいないことです。電気代を節約する、しないではかかってくる金額に大きな差があるからです。

ここでは、電気代を無理なく大幅に節約できる方法について書きました。電気代を節約すると貯金できるお金をどんどん増やすことができます。

貯金しないにしてもほかのことに使えるお金が増えますので、ぜひ参考にしていただき、電気代を今すぐ節約していきましょう。

1.電気代を無理なく大幅に節約できる8個の方法

電気代を極力安く済ませたい方におすすめの方法をご紹介します。

方法1 アンペア数を下げる

アンペアを下げる

契約アンペア数を変更すると電気代を大きな節約できます。電力会社によって違いはありますが、10アンペア下げるとひと月約200〜250円も安くすることができ、ご家庭によっては年間5,000円以上電気代を節約することも可能です。

アンペア数はエアコンとドライヤーを同時に使うとブレーカーが落ちるくらいがちょうど良いとされています。落ちたブレーカーをいちいち直すのも面倒なので、アンペア数を下げることによって電気の使い方も注意するようになり、自然に電気を節約するようになるという補助的な効果もあります。

今契約中のアンペア数は毎月来る電気料金の請求書や明細書で確認することができますので、あまり気にしたことがない方はぜひ一度チェックしてみてください。

方法2 待機電力を節約する

省エネタップ

一ヶ月の電気量の10%は待機消費電力です。例えば1ヶ月10,000円の電気代だとしたら、そのうち1,000円は待機電力で消費しているということです。

いつでもすぐに使えるようスタンバイするため、電源を落としていてもコンセントに繋がっている限り、家電製品に微量の電気が流れています。これを待機電力と言います。

そのため、使わない家電はこまめにコンセントを抜いておくことが、地味ながらも非常に効果的です。スイッチ1つでコンセントに流れる電気を切ることができる節電タップを使うのが楽なのでおすすめです。

方法3 夜間割引サービスを利用する

夜間の電気代の割引サービス

各電力会社では夜間割引サービスを実施しています。夜間割引サービスにすると、大体夜の23時頃から朝7時くらいまでの電気料金が70%ほど安くなります。

夜間割引サービス以外の時間帯は電気料金が割り増しされますが、日中家に人がいない共働き世帯や、夜に電力をたくさん消費する人に向いています。最近の家電はタイマー機能が付いたものが多いので、電気料金の安い深夜のうちに洗濯機や乾燥機、炊飯、食洗器などを稼働させると節約の効果が出ます。

詳細な電気料金は電力会社によってそれぞれ違うので、ご利用の電力会社のホームページなどで確認してみてください。

方法4 冷蔵庫の電気代の節約方法

冷蔵庫の整理

冷蔵庫の節電は「冷蔵室はスカスカに、冷凍室はビッシリと」が基本です。何度も開け閉めすると冷蔵庫内の冷気が逃げてしまうため、再度冷やすために電気を使ってしまいます。開けたままや何度も開閉するのは控えましょう。

また、温度調節の機能を「高」から「低」にするだけで、冷蔵庫の電気代は20パーセントも節電できます。冬場は「低」、夏場は「高」にするなど、季節に合わせて調節すると良いです。加えて、冷蔵庫は壁から離すとうまく熱が逃げ、ムダな電力の消費を防ぐことができます。

方法5 照明の電気代の節約方法

LEDを使用

リビングの照明器具を消費電力の少ないLED電球に変えると、1ヶ月で約700円、年間で約8,400円の節約ができます。電球を綺麗に磨いておくとホコリが取れて明るくなるので、追加で余分な照明を使わなくても良くなります。

方法6 テレビの電気代の節約方法

テレビの電気代

テレビをこまめに消すことで、液晶テレビは年間で約700円、プラズマテレビは約4,000円の節約になります。テレビを見ない時は主電源を切るクセをつけましょう。誰も見ていないのにつけっぱなしはもったいないことです。

方法7 エアコンの電気代の節約方法

エアコンの電気代の節約

エアコンは適切な設定温度で使用することが節約のカギです。冷房時は28℃、暖房時は20℃と設定することで合わせて年間2,000円ほどの節約になります。

設定温度だと足りないというときはエアコンと同時に扇風機やサーキュレーターを併用すると、より快適に過ごせます。エアコンのフィルターは2週間〜1ヶ月に1度は掃除機で吸って掃除しましょう。また、室外機に専用カバーを付けると、直射日光が遮られ冷房時にムダな電力を使いません。

そしてもう1つ大切なポイントがあります。エアコンの場合はこまめに付けたり消したりするとかえって消費電力が上がってしまいます。電気代を気にして「弱運転」にするのも逆効果です。1番節約できるエアコンの使い方は、「自動運転」となっています。

方法8 パソコンの電気代の節約方法

パソコンの電源

パソコンは90分以内であれば、シャットダウンするよりもスリープ状態にした方が電気代を抑えることができます。シャットダウンや起動にかかる電力が大きいためです。90分以上パソコンを使わないのであればもちろんシャットダウンしましょう。

また、明度を抑えたり、通気口を開けたりと小さな工夫でも電気代が抑えられます。パソコンの使用にかかる電気代は1日3時間使ったとして、デスクトップパソコンだと1ヶ月270円、ノートパソコンだと1ヶ月60円とかなりの差がでました。ノートパソコンの方は本体が小さい分省エネです。

2.電気代がよくかかる場所ランキングと注意点

財団法人エネルギーセンターのデータによる一般家庭での主な電気消費量の割合から、電気代がよくかかる場所ランキングと節約の注意点を紹介します。

1位 エアコン(25.2%)

エアコン

2位を大きく引き離し、堂々の1位になったのは電気消費量全体の25%をしめるエアコンでした。電力消費の多い家電から節約するのが成功の秘訣です。

エアコンには節約ポイントがいっぱいあります。温度設定、室外機周りの環境、フィルター、自動運転機能など正しく使えばもっと省エネに繋がります。

ただし、節約しようとがんばりすぎて、どんなに暑くてもエアコンを付けず、結局熱中症になってしまったというケースが後を絶ちません。せっかく電気料金を節約しても医療費がかかってしまっては本末転倒です。適切に利用することが一番の節約になるのかもしれません。

2位 冷蔵庫(16.1%)

冷蔵庫

2位の冷蔵庫は、季節や外の気温を上手に味方につけることで大きく節約できます。

冷蔵庫の中身にも一工夫しましょう。冷気が上手く循環しやすいように冷蔵室に詰め込み過ぎは厳禁です。反対に冷凍室は隙間があまりないようにすると、お互いを冷やし合って省エネです。ドアの開閉の回数や開いている時間も、電気の消費にかかわってきます。

よく取り出すものは手前に置く、探しやすいように分類しておくなどの工夫で開けている時間を短縮することができます。冷蔵庫の上や横に物を置くのは熱がこもって効率が悪くなります。カベからは10cm以上離すようにして、熱の放出を妨げないように注意しましょう。

3位 照明器具(16.1%)

照明器具

冷蔵庫と同じくらい電気を消費するのが照明器具です。トイレや洗面所、誰もいない部屋など照明の消し忘れはありませんか?廊下や階段もこまめに消すことで節電できます。ホコリが溜まるとせっかくの照明も暗くなってしまうので、年末の大掃除以外でも掃除をすると良いです。

慣れ親しんだ白熱灯や蛍光灯が生産されなくなり、いずれはすべての照明がLED照明に変わる日もそう遠くないようです。LED照明の場合初期費用はかかりますが、一度つけてしまえば半永久的に取り換えが不要とも言われています。思い切って照明器具を切り替えてしまうも1つの節約方法かと思います。

3.知って得する3つの節約術

電気代の節約術と一緒に確認したい節約方法をまとめました。無理なく簡単に節約ができて、お金を貯めていくことができる方法をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼水道代の節約方法なら

4人世帯の水道代は、過去3年の全国平均を見てみると1ヶ月で約6,000円です。あなたの家の水道代と比べるとどうでしょうか? この平均よりも少ないのであれば、うまく節水すること...

▼光熱費の節約方法なら

毎月の家計を圧迫する光熱費ですが、負担を減らすことができれば、家計も助かります。 日頃から節約に取り組んでいる方もいらっしゃるでしょうが、どんな方法で節約をしているでしょうか...

▼ガス代の節約方法なら

お風呂だけでなく、料理をするのにもガスが必要ですし、シャワーを浴びるのにもガスが必要です。普段の生活でガスというのは、切り離すことができない大切なものです。 このガス代ですが...

4.いざという時のカードローン使いこなし術

「急な出費やトラブルでどうしてもお金が足りない…」そんな時はカードローンを利用するというのも1つの賢い選択です。すぐに返済できるのであればさほど利息もかかりませんので、一時的なピンチを乗り越えることができます。長期で必要な場合も返済計画を立てれば、安心して借り入れすることもできます。

▼カードローンでお金を借りるなら

「審査に通りやすいカードローンを知りたい…」 どうしてもお金を借りたいがために審査が甘いカードローンを探す人は多いですが、基本的に審査が甘いカードローンはありません。あるとし...

5.まとめ

電気代の節約は、一つ一つの方法で見ると節約できる金額も少ないかもしれません。しかし、「塵も積もれば山となる」ということわざの通り、それが1ヶ月、1年、5年、10年となると、かなりの差が出てきます。人間と電気とのお付き合いはおそらく一生続きます。上手に節約して賢く使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket