アコム

当日借りれる教育ローンはある?今日中に借りたい時におすすめのローンと申込から借入までの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
当日に借りられる教育ローンはあるのか

「入学金の振込期限が今日までだった!」こんな時すぐに支払えるお金があれば良いですが、学費をローンで賄おうと思っていた場合はかなりあせりますよね。

今から申込をして間に合うのか、そもそも当日借りられる教育ローンがあるのかどうかも不安に思う部分でしょう。

今回はそんな状況の方でも当日中に借入かできるおすすめのローンをご紹介します。お急ぎの方はぜひ参考にしてみてください。

1.教育ローンの種類

  • 日本公庫の国の教育ローン
  • 銀行や信販会社の教育ローン

教育ローンには大きく分けて、公的機関である日本公庫の「国の教育ローン」と、銀行や信販会社といった民間金融機関の教育ローンの2種類があります。

国の教育ローンの最大のメリットは低金利ということですが、世帯年収に上限があったり審査に1ヵ月ほどかかるのがデメリットです。

一方、銀行や信販会社の教育ローンの場合、金利は少し高めに設定されているものの、申し込み条件が緩く、審査も最短即日~1週間と借入までの期間が短いのが魅力です。

2.当日借りれる教育ローン

結論から言ってしまうと教育ローンで当日中に融資を受けることは非常に難しいのが実際のところです。

先ほど銀行や信販会社の教育ローンなら審査は最短即日とお伝えしましたが、これはあくまで審査結果が即日に出るというだけで、実際にお金が振り込まれるのは数日後という場合がほとんどです。

都市銀行も地方銀行もそれは同じなので、どうしても当日中に借入をしたいなら教育ローン以外の方法を検討する必要があります。

カードローンなら即日融資に対応したものがたくさんあるので、当日中にお金が必要な場合はカードローンでの借入を検討しましょう。

特にアコムやプロミスといった大手消費者金融なら原則即日融資に対応しているため、申込から借入までの時間は大抵1〜2時間と非常にスピーディーです。

消費者金融融資限度額金利年無利息期間
アコム最大800万円3.0~18.0%30日間
アイフル最大800万円3.0~18.0%30日間
プロミス最大500万円4.5~17.8%30日間
SMBCモビット最大800万円3.0~18.0%なし
ノーローン最大300万円4.9~18.0%7日間

3.当日借りれるカードローン7つのメリット

消費者金融からの借入に抵抗がある方も多いかもしれませんが、実際のところ消費者金融で借りるメリットはたくさんあります。

メリット1 無利息期間がある

大手消費者金融は一定の無利息期間を設けているカードローンが多いです。無利息期間中に全額返済できればいくら借りても利息は0円なので、金利が高いという消費者金融最大のデメリットをカバーできます。

一般的には消費者金融よりも銀行のほうが低金利ですが、無利息期間を活用すれば消費者金融のほうがお得に借りられるケースも多いです。

無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

メリット2 審査が早い

即日融資が基本の消費者金融では当然審査自体も非常にスピーディーです。大手消費者金融のほとんどは最短30分で審査をしてくれるので、審査結果を不安な気持ちで待つ時間も最小限で済みます。

メリット3 来店不要

当日中にお金を借りたいと思っても、仕事などで直接店舗に行けないこともあります。消費者金融なら店舗や無人契約機に出向くことなく、ネットや電話で申し込みができるため忙しい方にもおすすめです。

本人確認書類や収入証明書もメールやFAXで簡単に送ることができるので、お昼休みなどの短い時間でも手続きが可能です。

メリット4 コンビニATMで借入と返済可能

消費者金融での借入や返済は全国のコンビニに設置してある提携ATMからも行えます。窓口や無人契約機に行くとなると人目も気になりますが、コンビニならそういった心配もありません。

メリット5 振込キャッシングが利用できる

ATMの他に振込によるキャッシングも可能です。銀行窓口の営業時間内にネットや電話で依頼をすれば、遅くとも当日中には自分の口座に入金されます。

メリット6 担保や保証人なしで借りられる

消費者金融で借入を行うには指定の保証会社の保証を受けることが条件となるため、保証会社の審査に通れば、自分で担保や保証人を用意する必要はありません。

メリット7 女性専用カードローンがある

消費者金融いわゆるサラ金はサラリーマン金融の略称です。女性にとっては少し怖い印象を受ける部分も少なからずあるかもしれません。

ですが、アイフルの「Sulali」やプロミスの「レディースキャッシング」など、最近は女性専用ローンを展開している会社も多いです。

女性専用ローンなら申込から契約までの手続きを全て女性が対応してくれるので、消費者金融に抵抗がある方は女性専用ローンを検討してみると良いでしょう。

4.消費者金融から借りる時の注意点

消費者金融は賃金業法を基準法にしているため総量規制の対象です。

総量規制とは「貸金業者からの最大の借入額を、年収の3分の1まで」とする規制で、仮に年収300万円の人なら借入上限額は100万円となり、もしもすでに他の貸金業者から100万円を借りている場合、それ以上の借入はできないことになります。

貸金業者とは主に消費者金融や信販会社のことなので、クレジットカードのキャッシング枠なども総量規制の対象になります。カードにキャッシング枠が付いている方は、たとえ借入残高がなくても利用枠がそのまま実際の借入額としてみなされるので注意してください。

5.カードローンで当日お金を借りるための手順

消費者金融で当日中に融資を受けるための手順をまとめました。

手順1 申込

まずはインターネット、電話、自動契約機のいずれかの方法で希望の消費者金融に申し込みをしましょう。最も早いのはインターネットか自動契約機からの申込です。

手順2 審査

申込時に申告した情報をもとに消費者金融での審査が行われます。基本的にはこのタイミングで職場への在籍確認も実施されます。

在籍確認はその職場に在籍していることを確かめるだけなので、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はなく、他の人が対応した場合は「○○はただいま外出しております」といった回答があればそれで問題ありません。

担当者は基本的に個人名を名乗るので、職場に消費者金融からの電話だと知られる心配はありません。

手順3 契約

審査が終わるとメールや電話で審査結果の連絡が入ります。審査に通った場合は契約手続きを行いますが、基本的にはスマホや携帯から本人確認書類(限度額によっては収入証明書)をアップロードするだけなのでそれほど手間はかかりません。

手順4 借入

契約後に自動契約機でカードを受け取れば、消費者金融やコンビニの提携ATMからすぐに借入ができます。自動契約機でカードを受け取れるのはどの消費者金融も大体21時頃までです。

主な消費者金融カードローンの自動契約機の受付時間は次の通りです。

カードローン自動契約機受付時間
アコム8:00~22:00(土日祝日含む)
レイクALSA平日土曜8:00~24:00
日曜祝日8:00~22:00
毎月第3日曜8:00~19:00
*一部店舗によって異なる
アイフル8:00~22:00(土日祝日含む)
プロミス9:00~22:00(土日祝日含む)
*一部21時もあり
SMBCモビット8:00~21:00(土日祝日含む)

ネットキャッシングを利用する場合は平日14時までにスマホや携帯から振込依頼をすると、その日のうちに自分の口座にお金を振込んでもらうことができます。

6.当日借りれるカードローンランキング

当日借りれるおすすめのカードローンをご紹介します。急いでいる時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

7.まとめ

できるだけ低金利で借りたいと思うのは当然ですが、銀行の教育ローンや多目的ローンで当日融資を受けるのは現実的に難しいので、一旦即日融資が可能な消費者金融に申し込み、後から借り換えをするといった方法を検討してみても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket