アコム

ドンキホーテの買い物がお得になるクレカ「マジカドンペンカード」を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドン・キホーテは国内で発行している

  • JCB
  • VISA
  • MASTER
  • アメックス
  • ダイナース

などのクレジットカードで商品を購入することができます。

その中でもドン・キホーテで利用するとお得になるクレジットカードは「majica donpen card(マジカドンペンカード)」です。

ドン・キホーテグループで買い物をする機会が多い方はお得になるので、作っておいて損はありません。

この記事では、マジカドンペンカードのメリット・デメリットなどをまとめました。

マジカドンペンカードのスペックも説明していますので、申込前の参考にしてみてください。

1.マジカドンペンカードのスペック 

マジカドンペンカードはドン・キホーテが発行する「majica(マジカ電子マネー)」にクレジットカード機能を付けたカードです。

まずは、マジカドンペンカードのスペックを見ていきましょう。

マジカドンペンカードのスペック*1 発行手数料1,000円+税かかる
*2 年会費1,000円+税かかる
*3 キャッシング枠を付ける場合、もしくはキャッシング枠を付けない場合でも他社借入総額が100万円を超える場合は収入証明書類(源泉徴収票、給与明細書など)のコピーが必要

なお、ドン・キホーテが発行していた「クラブドンペンカード」もありましたが、現在新規発行はしていません。すでに持っている場合は継続して利用することは可能です。

2.マジカドンペンカードの6つのメリット

マジカドンペンカードのメリットをご紹介します。

メリット1 majicaポイントがお得に貯まる

ドン・キホーテでマジカドンペンカードを利用すると次の3つのケースでお得にポイントを貯めることができます。

①ドン・キホーテ店舗以外でも200円=1ポイント(ポイント還元率0.5%)

②マジカドンペンカードのmajica(電子マネー)へ現金でチャージすると、200円=2ポイント付く(ポイント還元率1.0%)

③マジカドンペンカードのmajica(電子マネー)へネットからクレジットカードでチャージすると、200円=3ポイント付く(ポイント還元率1.5%)

なお、レジでmajica(電子マネー)へチャージする時は現金に限るため、多くのポイントを貯めたい時は専用WEBページからクレジットカードでチャージすることをおすすめします。

貯まったポイントは、1ポイント=1円としてドン・キホーテグループ店舗で使うことができます。

また、マジカドンペンカードにはランク制度があり、ランクが上がっていくにつれてmajicaポイントの還元率も上がっていきます。

ランク利用条件額ポイント還元率
通常20万円以内1.0%(通常)
ブロンズ20万円以上1.0%(通常)
シルバー50万円以上  2.0%
(通常+1.0%)
ゴールド100万円以上  3.0%
(通常+2.0%)
プラチナ非公開  5.0%
(通常+4.0%)
ドン・キホーテグループの店舗で1年間に購入した金額に応じて次年度のランクが決まります。(毎年変動がある)

レジでカードを提示するだけでもmajicaに購入額の記録が残るので、ドン・キホーテグループで買物をすることが多い方はマジカドンペンカードを作っておきましょう。

メリット2 ランク特典がある

マジカドンペンカードのランク別で受けられる特典は次の通りです。

ランク別で受けられる特典*1 店舗によって異なる
*2 店舗へ事前申請が必要で、届け可能エリアや時間帯、金額に制限あり

ブロンズ以上から特典を受けることが可能でランクが上がるにつれてランクの低い特典も同様に受けられます。

つまり、シルバーの場合はブロンズの特典も、ゴールドの場合はシルバーとブロンズの特典も受けられることになります。

メリット3 会計時に値引きがある

ドン・キホーテでマジカドンペンカードを利用、または提示するだけでも料金の1円単位を最大9円カットされます。(1,000円以上の買い物による)

例えば2,155円の会計時は1円の位「5円」がカットされ、2,150円で買い物ができます。

これからもドン・キホーテグループを利用し続けるのであれば、マジカドンペンカードを持っておいても損はありません。

メリット4 入会特典がある

マジカドンペンカードに新規入会するとポイントなどのプレゼント特典があります。

カード発行会社のJACCSとセディナで入会特典は異なるため、受け取りたい特典がある方を選択すると良いでしょう。入会特典の違いは次の通りです。

マジカドンペンカードのJACCSとセディナで入会特典*「Jリボ」と「あと決めプラン」とは、国内外で「翌月一括払い」で支払った金額を「リボルビング払い」に変更できるサービス

メリット5 会員限定サービスが充実している

マジカドンペンカードには会員限定のサービスが充実しています。会員限定のサービスは次のものあります。

  • 時計、ブランド、宝飾品のアフターサービス料金10%オフ
  • ドン・キホーテ企画の家電製品を1年間無料保証
  • 家電製品購入時、家電不用品無料引き取り
  • 特別割引クーポンの取得
  • セールフェアの案内
  • 会員限定キャンペーン、限定企画の参加

ドン・キホーテで家電用品を揃えている、もしくは揃える予定がある場合は、不用品の引き取りや保証サービスが付いてくるので大きなメリットと言えます。

メリット6 会員特典プログラムがある

マジカドンペンカードには「クラブオフ」の会員特典プログラムがあり、全国20万カ所にある提携宿泊施設やアミューズメント施設を会員特別料金で利用することができます。

入会後、会員費は無料で自動的にスタンダード会員としてサービスを受けられます。

クラブオフはVIP会員もあり、月額会費は500円+税かかりますが、スタンダード会員以上のサービスを豊富に取り扱っています。

クラブオフで受けられるサービスは主に次のものがあります。

クラブオフで受けられるサービス

3.マジカドンペンカードの2つのデメリット

マジカドンペンカードのデメリットを見ていきましょう。

デメリット1 ドン・キホーテ以外でポイントは使えない

ポイントはドン・キホーテ以外では使えません。

ほとんどのクレジットカードでは、貯まったポイントを使って電子マネーやマイルに交換可能ですが、majicaポイントはドン・キホーテの買物時だけ利用することができます。

また、ポイントの有効期限は最後にポイントが付いた日から2年間です。

毎回ドン・キホーテグループで買い物をする場合は実質ずっとポイントを貯めることができますが、貯まったポイントを有効活用するためにも期限には十分注意して消化していきましょう。

デメリット2 家族カードが作れない

多くのクレジットカードは申込時、または追加で家族カードも発行可能ですが、マジカドンペンカードでは家族カードを作ることができません。

家族カードとは、クレジットカード審査に通った会員の家族の方が作れるカードです。

基本的に審査不要で発行することができるため、収入がない専業主婦や学生などの方でもカードを利用できるメリットがあります。

安定した収入がないとクレジットカードの審査は通る可能性は極めて低いですが、家族の方がクレジットカードを持っていれば「家族カード」も発行することができます。

家族カードは本会員のカードに付帯しているサービスも受けられますし、家族カードで使った金額に対してもポイントが付き、かつ本会員のポイントと合算されるメリットがあります。

マジカドンペンカードの家族カードは発行できませんが、専業主婦などの配偶者に支払能力があれば、マジカドンペンカードの会員になれる可能性はあります。

安定した収入がない場合でマジカドンペンカードを利用したい方は配偶者の方と相談をしてからマジカドンペンカードにチャレンジしてみると良いでしょう。

4.ドン・キホーテで賢くマジカドンペンカードを使う方法

ドン・キホーテで賢くマジカドンペンカードを使う方法をご紹介します。

方法1 スマホアプリ

ドン・キホーテグループには「Club Donpenモバイル」のスマホアプリがあり、マジカドンペンカード情報を登録するとカードレスで利用することができます。

Club Donpenモバイルを使えばドン・キホーテで購入した金額がアプリ内で確認ができるため、家計簿管理にも役に立ちます。

アプリ内のレシート保管期間は5年間です。保証商品の保証書付きレシートも保存されているため、万が一無くしてしまっても保証は受けられます。

また、アプリを利用するとセール期間やキャンペーン情報を収集可能で、さらにクーポン券を受け取れるメリットもあります。

マジカドンペンカードと連動させてお得に買い物ができるようにスマホアプリを活用することをおすすめします。

方法2 オンラインショッピング

ドン・キホーテオンラインショッピングモールは2018年5月末日に閉店しますが、多くの商品は「ドンキホーテ楽天市場」で購入可能です。

ドンキホーテ楽天市場は2,000円(税込)以上の商品購入で送料無料になりますし、マジカドンペンカードで支払うと多くのポイントも付きます。

ドン・キホーテで使えるクーポン券もドンキホーテ楽天市場で利用可能なので、さらにお得に買い物ができます。

大型商品を購入したい場合や店舗に行く時間がない場合はドンキホーテ楽天市場を利用すると良いでしょう。

5.マジカドンペンカードを利用する時の注意点

マジカドンペンカードを利用する時の注意点を見ていきましょう。

注意1 ギフト券などをカード払いで購入することはできない

ドン・キホーテグループ店舗ではマジカドンペンカードを使ってギフト券や印紙、切手を購入することはできません。(他のクレジットカードも同様)

一部の「プリペイド式カード(iTunesカードなど)」はマジカドンペンカードで購入可能ですが、ドン・キホーテの店舗よってはカード払いができないこともあるため、あらかじめ店員さんに問い合わせましょう。

注意2 マジカドンペンカードを使って現金化はできない

クレジットカード現金化を目的としたカードの利用は絶対に行わないようにしましょう。

ドン・キホーテグループではカード払いにした商品を返品する時、返品手数料はかからずに現金で返金するケースがあります。(店舗によってはカード決済キャンセルの場合もある)

「すぐに現金が手元に欲しい時はドン・キホーテでカードを利用する方法」を勧めている記事もありますが、クレジットカード現金化はクレジットカード利用規約の違反行為です。

見つかってしまうとカードの利用停止になったり、購入額を結果的に支払うことになります。

カード会社もクレジットカード現金化を取り締まっていますので、絶対にクレジットカード現金化は行わないでください。

また、謝って購入した商品を返品したい場合はレシートを持参すれば返品可能ですが、返品できる商品の状態は次のように決まっています。

ドン・キホーテ返品条件(出典:ドン・キホーテ返品条件

6.ドン・キホーテの買い物でよくある質問

ドン・キホーテでよくある質問を見ていきましょう。

質問1 電子マネーは使えますか?

ドン・キホーテグループで電子マネーを使うことは可能です。

ドン・キホーテグループで対応可能な電子マネーは主に次のものがあります。

  • マジカドンペンカード
  • QuickPay
  • ID
  • 楽天EDY
  • 交通系電子マネー

ドン・キホーテで電子マネーを使うならチャージ時にポイントも貯まるマジカドンペンカードが最もおすすめです。

質問2 商品券・ギフト券は使えますか?

ドン・キホーテグループではJCBギフトカードやVISAギフトカードなどカード会社が発行しているギフトカードを使うことができます。(OMC・GE・JACCS・セゾン・オリコは不可)

また、ドンキギフトカードやビール券、お米券も利用可能ですが、百貨店共通商品券は利用できません。

なお、ビール券とお米券以外の商品券、ギフトカードはお釣りが出ないので、覚えておきましょう。

7.まとめ

ドン・キホーテグループでお得に買い物をしたい方やmajicaポイントを貯めたい方は初年度の年会費は無料の「マジカドンペンカード」を利用しましょう。

majica電子マネーが付帯していて、クレジットカードからチャージするとさらにお得にポイントを貯めることが可能です。

ドン・キホーテをよく利用する場合は会員専用のランク制度もあるため、ランクが上がるにつれて多くの特典を受けられるメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket