スーパーで値引きシールが貼られる時間帯と購入時の4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アゴに手あてた女性

スーパーで食材やお惣菜などを買うとき、少しでも安く買うために値引きされた商品を探したことはありませんか?

20%引きや30%引き、すごいものだと半額の値段から更に半額といったかなりお得な商品も見かけたりします。

できればいつも値引き品を買いたいところですが、行くタイミングによっては全然ないときもあります。

それは大体スーパーによって値引きする時間帯が決まっているからです。

値引きシールが貼られる時間帯や、値引きされた商品を買うときの注意点もまとめてみましたので参考にしてみてください。

1.値引きシールが貼られる時間帯

もちろんスーパーによって値引きシールが貼られる時間帯は異なるのですが、大体下記の3パターンがあります。

①閉店前

多くのお店は閉店前に値引きし始めます。

大体閉店3時間前くらいから値引きシールを貼り始めるというお店が多いようです。最初は10%や20%引きから、閉店に近づくにつれて半額など割引率が高いシールが貼られていきます。

②開店時

開店時から値引きをするお店もちらほら見かけます。

開店したと同時にすでに値引きされている商品が並んでいるので、それ狙いで開店前から行列ができるお店もあります。

③雨の日

雨が降るとお客さんの足が遠のくので、急にタイムサービス品が出たり、いつもより早い時間から値引きし始めたりするお店も多いので、雨の日のお買い物はおっくうですが逆に狙い時です。

2.値引き品を買うときの4つの注意点

値引きされた商品を買うときに気をつけたい4つの注意点があります。

注意点1 消費期限や賞味期限をよく見る

値引きシールが貼られる商品は、消費期限や賞味期限が近いから貼られる物が多いです。

特にお惣菜やお弁当、お肉やお魚などの生物などは消費期限ギリギリだったりすることもあるので良く見てから買いましょう。

注意点2 買い過ぎない

安い商品を見つけるとアレもコレもとたくさん買いたくなりますが、注意点1でも書いたように値引き品は消費期限や賞味期限が近い物が多いです。

たくさん買っても結局期限内に食べられず処分することになっては元も子もないので買い過ぎないようにしましょう。

注意点3 お得感に惑わされない

例えば、本当は300円のお弁当を買いに行ったけれど1,000円のお弁当が半額になっているのを見つけたので500円だけどお得だから買った。

この場合確かに半額で買えるのはお得なのですが、実際買おうとしてた金額より200円高く支払うことになります。

たまになら良いのですが毎回この感覚で買ってしまうとどんどん食費がかさんで逆に高くついてしまうことになるので、予算などもしっかり考えながら買うようにしましょう。

注意点4 閉店ギリギリは品薄状態

半額以下商品を狙って閉店ギリギリに行くと、すでに売り切れて品薄状態のことも少なくありません。

欲しい物がなかったり、安い物は売り切れで逆に高い物しか残っていないなんてこともあるので、色々買いたい物があるときには少し早めの時間に行くことをおすすめします。

閉店ギリギリに行くときは、何かお得な商品が残ってたらラッキーくらいの気持ちで行くといいと思います。

3.まとめ

上記の4つの注意点に気をつけて買うようにすれば食費の節約にもなりますので、よく行くスーパーだけでも値引きされる時間帯を調べて知っておくと便利ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket