賢く借金返済する4個のコツ|借金生活から早く抜け出す打開策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
借金返済のコツのひらめき

借金を背負った方のほとんどは「無理しすぎることなく、かつできるだけ早く返済していきたい」と考えます。

無事に完済して、安心して生活できる平穏な毎日を一日も早く取り戻したいと、誰もが願うことでしょう。

では、どうしたら借金を早く返すことができるのでしょうか。

実は借金を早期に完済するにはコツがあります。このコツを踏まえて返済していくだけで、完済までに払う総額やかかる時間は大幅に削減できるのです。

ここでは、賢く借金を返済するコツや、自分の力では返済していくことが難しくなった場合の対処法など、借金を完済するためにできることについてご紹介します。

借金を抱えている方は、損をせずに早く借金を完済するためにも、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.賢く借金返済する4つのコツ

借金を早く返済するための簡単にできる賢いコツを4つご紹介します。あなたにできることがあれば、参考にしてみてください。

コツ1 可能な限り繰り上げ返済をする

出費をおさえることができた月や、いつもよりも多くの収入を得られた月は、できる限り繰り上げ返済にまわしましょう。

繰り上げ返済では利息を取られることなく、全額を元金の返済にあてることができます。繰り上げ返済を多くできればできるほど、返済総額を効果的に減らすことができるのです。少しでも利息を抑えて完済するためには、少しでも早く返済していくよう心がけましょう。

一括返済のやり方は「【保存版】カードローンの一括返済のやり方と2つの注意点」でまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

>> 「【保存版】カードローンの一括返済のやり方と2つの注意点」へ

コツ2 おまとめローンを利用する

借金に困っている方の中には、複数の債権者からお金を借りているケースが多く見られます。そういった状況にある方は、ぜひおまとめローンを利用してみてください。

おまとめローンとは、その名の通り複数の借金を1つにまとめる方法のことで、多くの場合金利を下げることができます。また、借金の総額や返済スケジュール、完済までの見通しが立てやすくなることも大きなメリットです。

おまとめローンは「【保存版】おまとめに最適なカードローンの5つの条件と全知識」で詳しくお伝えしていますので、こちらも参考にしてみてください。

>> 「【保存版】おまとめに最適なカードローンの5つの条件と全知識」へ

コツ3 金利が低いローンに切り替える

ローンによって金利の設定に差があります。もちろん低いに越したことはないため、自分が利用しているものの金利をきちんと把握し、より低いものに切り替えられないかを定期的に比較検討すると良いでしょう。新商品の情報を敏感にキャッチできるよう、常にアンテナを張っておいてください。

金利が低いカードローンは「大手銀行系|総量規制対象外のカードローン比較ランキング」でご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

>> 「大手銀行系|総量規制対象外のカードローン比較ランキング」へ

コツ4 返済日は必ず守る

返済日は正確に把握し、必ずその日までに返済するようにしてください。返済期限を過ぎてしまうと、遅延損害金の支払い義務が発生します。

借金の早期返済には、無駄な出費は絶対に増やしてはいけません。うっかり忘れてしまうなどということがないよう、スケジュール管理は徹底しましょう。

2.無理なく借金を完済するためにできる2つのこと

無理なく返済

借金を返済するために無理をしても、自分にものすごく負担がかかってしまうため、なかなか厳しいものです。無理なく借金を完済するために、簡単にできる2つのことご紹介しますのでぜひ試してみてください。

できること1 家計簿をつける

借金返済にあてるお金を捻出するには、まず自分の状況を知ることが大切です。家計簿をつけて、どこにどれだけのお金を使っているかを確認しましょう。無料の家計簿ソフトなども数多く出回っているため、気軽に利用できるはずです。

できること2 固定費を見直す

固定費とは、生きていく上で欠かせない支出のことです。たとえば家賃や光熱費、電話料金などがこれにあたります。

必要不可欠な出費だからと考えもなしに支払っている方が多く見られますが、ここを節約できれば、毎月一定の金額を捻出できるということになります。

特に家賃は大きな出費となります。家賃交渉を行ったり、より家賃の安い物件に引っ越したりして、削減できないか検討してみてください。無駄な出費をカットして繰り上げ返済に回すことが、完済への1番の近道になります。

お金を貯める方法について、詳しくはこちらのまとめもご覧ください。

今と全く同じ収入で無理なくお金を貯める7個のコツと貯金の流れ

3.どうしても返済できなくなったときの解決策

返済不可能

「上記のような方法を実践しても、どうしても月々の返済が苦しい」という方には、債務整理を検討されることをおすすめします。債務整理をすることによって借金が減額されたり、月々の返済額が減額されたりすることは珍しくありません。自分の努力だけではどうにもならないと感じたら、利用してみてはいかがでしょうか。

そこで使ってほしいのは「街角法律相談所」です。街角法律相談所とは、借入金額などを入力するだけで債務整理の効果を診断してくれるシミュレーターサイトです。

無料かつ匿名で診断することができるため、気軽に使うことができますので、こちらで自分の状況を確認してみてください。借金が大幅に減額されるようであれば、債務整理について専門家に相談してみてください。

>> 街角法律相談所はこちら

4.債務整理の主な種類と解決方法

債務整理と一口に言っても、いくつか種類があります。ここでは、それぞれの具体的な内容について見ていきましょう。

種類1 任意整理

任意整理を行うと、すでに返済した分を含むすべての借金を減額することが可能です。利息制限法の上限金利で、借金を再計算してくれるからです。

これまでに利息制限法の上限を超えた金利でローンを組んでいた方は特に、借金を大幅に減らすことができるでしょう。

その他にも、以降の返済にかかる金利をなくすように債権者と交渉できたり、未払いとなっていた利息や、これからかかる予定だった利息(将来利息)を支払う必要がなくなったりもします。

また、闇金などからの督促も、直ちに止めることが可能です。任意整理後の借金を3年程度で返済できる方や、継続して収入を得られる見込みがある方は、ぜひ利用してみてください。

種類2 個人再生

任意整理と自己破産の中間的位置付けにあるのが、個人再生です。個人再生は、任意整理に比べて大幅に借金を減らすことができます。具体的には、借金は5分の1程度まで減額され、これを原則3年間で返済していく形になります。

また、自己破産とは違って住宅などの財産を手放したり、保険外交員をはじめとした一部職業に就けなくなったりすることもありません。

種類3 自己破産

働き口がないなどの理由で収入を得られない方や、減額などの措置を受けても借金を返済できる見込みがない方には、自己破産をおすすめします。

自己破産すると一切の借金が免除されます。その分、20万円以上の価値を持つ財産はすべて処分されます。良くも悪くも、すべてを一度リセットして、経済的に再出発することになるのです。

なお、自己破産するとしばらくは新たな借金やローンを組むことはできませんし、職業制限も受けることになります。これらの注意点を認識し、自己破産後の暮らしについてよく考えた上で選択しましょう。

種類4 過払い金

過払い金とは、債権者に対して必要以上に支払ったお金のことで、これは払ってしまったあとに返還請求をすることができます。借入期間が5年以上と長期にわたっている方や、金利が18%を超えているローンを組んでいる方などはこのケースに該当する可能性があります。

5.債務整理をするときの2つの注意点

債務整理をすることは、借金を減額できる、借金がなくなるというようなメリットだけではありません。もちろんデメリットもあります。債務整理をするときの注意点を2つお話ししますので、債務整理を考えるときの参考にしてみてください。

注意点1 信用情報に傷が付いてしまう

債務整理を行うと、信用情報に傷が付いてしまいます。過去に債務整理を行ったという記録が残り、信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうのです。これによって一定期間新たな借り入れができなかったり、クレジットカードの申し込みができなくなったりします。

注意点2 銀行の口座が凍結されてしまう

自分が口座を開設している銀行が債権者の場合、債務整理をすることで口座が凍結されます。つまり、使えなくなってしまいます。

預金を引き出すことができなくなってしまいますので、債務整理の前に別の銀行の口座に移動しておく必要があります。また、給与の振込先などにその口座を指定している場合は、あらかじめ変更しておきましょう。

6.闇金から借りてしまったときの対処法

闇金だった

闇金とは貸金業者登録を行っていない違法業者のことです。債務整理を経験して他から借入ができない人などをターゲットにして、法律を無視した高い金利でお金を貸しています。

取り立ても厳しく、嫌がらせの電話を毎日かけてきたり、家や職場などに恐喝しにやってきたりすることが常套手段となっています。

そんな恐ろしい闇金からお金を借りてしまったときは、闇金問題の解決を専門としている、もしくは解決実績が豊富な専門家(弁護士や司法書士)に相談しましょう。早ければその日のうちに、督促を止めてくれることもあります。

先に述べたように、闇金は存在自体が違法です。すなわち、闇金から借りたお金は一切返済する必要がありませんし、場合によってはすでに支払った分を取り返すこともできます

闇金については「闇金対策徹底マニュアル|10の手口とその見抜き方&対処法」でお話ししていますので、確認してみましょう。

>> 「闇金対策徹底マニュアル|10の手口とその見抜き方&対処法」へ

7.まとめ

借金は自分の力で返すことが1番ですが、それができなくなった場合でも救済措置はさまざまにあります。借金生活から抜け出すには、専門家の力を借りた方が良い場合も多くあるのです。完済の見通しが立たない方は、この機会に検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

カードローンランキング