本当に困ったときの4つの借金返済方法と借金苦から抜け出した人の事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
借金返済

「これ以上借金を返済していくのは無理だ。今までなんとかやりくりして、利息だけでもと返済をしてきたけれど、とうとうそれもできなくなってしまった。」もしかしたらあなたはこのように途方に暮れているのかもしれません。

必死になって返済をする中で、きっと辛い思いをしてきたことでしょう。大きなストレスを抱えて生活してきたことと思います。

しかし、そのような状態でも借金を返済できる方法はあります。あなたと同じ境遇にあった方々の中にも、今では幸せに暮らしている人がたくさんいるのです。

この記事では、そんな借金苦から抜け出すための方法を、実例の紹介を交えて説明していきます。借金で困り果てている方、ぜひ参考にしてみてください。

1.本当に借金で困ったときの4つの返済方法

自力ではどうしても借金を返済できなくなった場合、債務整理をすることで、完済というゴールを確実に迎えられます。債務整理によって、借金の総額と毎月の返済額を減額することができます。

そのほか、今すぐ借金の督促を止めることもでき、精神的にも随分楽になります。また、家族や会社に知られることなく解決することも可能であるため、周囲の目が気になっている方も安心してください。ここでは、債務整理の4つの方法について詳しく見ていきます。

方法1 任意整理

任意整理とは、すでに返済した分を含むすべての借金を利息制限法の上限金利で再計算して減額したり、以降の返済は金利なしの元本のみとなるように債権者と交渉したりする方法です。これまでに利息制限法の上限を超えた金利を設定されていた方は特に、借金を大幅に減らすことができるでしょう。

それ以外の方も、未払いとなっていた利息や、これからかかる予定だった利息(将来利息)を支払う必要がなくなるため、非常に大きなメリットがあります。闇金などからの督促も、即座に止めることが可能です。

しかも、任意整理は弁護士や司法書士といった専門家と債権者とでやり取りするものであるため、裁判所に出向いたり、書類を提出したりする手間もかかりません。注意点としては、任意整理後の借金を3年程度で返済できる方や、定職に就いているなど、継続して収入を得られる見込みがある方しか利用できないことです。

方法2 特定調停

特定調停は、「裁判所が関与する任意整理」とも呼ばれています。債権者と債務者との話し合いの仲裁役を簡易裁判所が担ってくれるもので、任意整理と同じ方法で借金を減らすことが可能です。督促を即座に止めることができる点、借金を3年程度で返済できる方や継続して収入を得られる見込みがある方が利用できる点も同様です。

任意整理と異なるのは、過払い金の返還を受けられないこと、必要な書類が多くて手続きが煩雑なことなどが挙げられます。それゆえに、準備に手間どることが多く、督促を止めるのにも時間がかかってしまうケースが見られます。同じ状況であれば、任意整理を利用することをおすすめします。

方法3 個人再生

任意整理と自己破産の中間的措置が、裁判所で行う個人再生です。任意整理よりも大幅に借金を減らすことができ、かつ自己破産と違って住宅(ローン完済、返済中の別を問わない)を手放す必要もありません。「どうしても住宅を手放したくない」「毎月の返済額を減らすことさえできれば生活していける」という方におすすめの方法と言えるでしょう。

具体的には、借金は5分の1程度まで減額され、原則3年間をかけて返していく形になります。また、自己破産をすると保険外交員をはじめとした一部職業に就けなくなりますが、個人再生では職業の制限を受けることはありません。

方法4 自己破産

定期的な収入がない方や借金を返済できる目処が立たない方、借金の総額が年収を超えている方などには、自己破産をおすすめします。自己破産は裁判所を使う手続きで、一切の借金が免除されます。すべてを一度リセットして、経済的に再出発できるのです。しかしながら、20万円以上の価値を持つ財産はすべて処分され、職業制限も受けることになります。5~7年は新たな借金やローンを組むことができないのも、ペナルティーの一つです。借金に困ったときの最終手段と言えるでしょう。

2.借金を減額できるか無料で確認する方法

上記でご紹介した方法で借金をいくら減額できるかは、「街角法律相談所」というサイトを使うことで簡単に診断できます。無料、かつ匿名で利用できるため、ぜひ利用してみてください。幅な減額が見込めそうな場合は、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

>> 街角法律相談所の解説ページへ

3.債務整理したいときの相談先の選び方と探し方

借金返済

債務整理したくとも、どのように相談先を探せば良いのかわからない。そんなときは、以下の3つの基準をもとにしましょう。

基準1 無料相談を受け付けていること

最近では、相談料を無料にしている弁護士事務所、司法書士事務所も多く見られます。借金の相談をするわけですから、お金はかからないに越したことはありません。ホームページなどを見て、無料相談を行っているかどうかをチェックしてみましょう。

基準2 借金問題を扱った実績が豊富にあること

自分と似たような事例を扱った実績があるところに相談すれば、ノウハウがあるため安心です。手続きもスムーズに進むでしょう。

基準3 自身の債務総額に合っていること

債務整理の相談先としては弁護士や司法書士が挙げられますが、どちらでも良いというわけではありません。債務総額が140万円を超えている場合、弁護士にしか対応できないのです。債務総額が大きい場合は、弁護士事務所を選ぶようにしましょう。

4.債務整理の流れと費用の目安

どのように債務整理が進んでいくのか、4つのケース別で見ると以下のようになります。

ケース1 任意整理

専門家に任意整理を依頼し、これが受け入れられると、専門家から債権者に対して受任通知が送られます。この時点で、一切の督促がストップするのです。その後、専門家によって返済履歴の収集、借金の再計算が行われ、その結果に基づいて今後の方針を決めていきます。

3年程度で返済できるという結論に至れば、今後の返済額や利息について専門家と債権者とで話し合いが行われ、和解契約書を結んで任意整理は終了です。費用の相場は、着手金が1社あたり3万円、成功報酬が10万円程度となっています。

ケース2 特定調停

お住まいの地域の簡易裁判所に申し立てを行い、裁判所がそれを受け取ると、債権者に対して返済履歴を提出するよう連絡してくれます。提出された返済履歴に基づいて借金の再計算が行われ、同時に督促もストップします。

その後、裁判所から送られてくる呼び出し状に従って裁判所に出向き、自分の状況を伝えたり、裁判所と債権者とで今後の返済についての交渉などが行われたりします。双方の合意を得られる方針が固まったら、それが調停調書(もしくは決定書)として文書化され、その決まりに従って返済していくことになります。

専門家に依頼した場合の費用の相場は、債権者1社につき2〜4万円となっています。

ケース3 個人再生

債務者は裁判所に申し立てを行い、債権者との話し合いを経て返済すべき債権額を決定します。その債権額に基づいて再生計画案(月の返済額や支払期限などを定めたもの)を提出し、それが債権者の半数以上から認められると、そのルールに基づいて返済していくことになります。専門家に依頼した場合の費用の相場は、着手金と成功報酬を合わせて40〜80万円となっています。

ケース4 自己破産

特定調停や個人再生と同様に、裁判所に申し立てを行います。その後、自分の状況を伝えたり、財産がある場合は処分を受けたりして、最終的には官報に情報が記載されて破産手続きは完了となります。専門家に依頼した場合の費用の相場は、自己破産の場合成功報酬がなく、着手金のみで40〜60万円となっています。

5.債務整理するときの注意点

何も知らずに任意整理を続けてしまい、落とし穴にはまってしまわないために、2つの注意点を知っておきましょう。

注意点1 信用情報のブラックリストに登録される

債務整理を行うと、信用情報に事故情報が記録されます。過去に債務整理を行ったとして、ブラックリスト入りしてしまうのです。これにより、一定期間新たな借入ができなかったり、クレジットカードの申し込みができなくなったりします。

注意点2 債権者が銀行の場合、その銀行の口座が凍結される

自分が口座を開設している銀行が債権者である場合、債務整理することによってその口座は凍結されてしまいます。事前に預金を移動しておいたり、給与の振込先を変更しておいたりといった対応をとっておきましょう。

6.債務整理の無料相談ができる公的機関

無料相談できる公的機関

まず無料相談でヒントをもらえたら安心ですよね。以下の3つは、無料相談を受け付けている団体です。

その1 法テラス

国が設立・運営している法テラスは、さまざまな法的トラブルの相談窓口的存在です。多重債務問題についてももちろん扱っており、無料法律相談や、弁護士・司法書士の紹介が受けられます。加えて、場合によっては費用を立て替えてもらうことも可能です。気軽に頼れる相談先として知っておくと良いでしょう。

>> 法テラスへ

その2 消費生活センター

全国各地にある消費生活センターでも多重債務の相談を受け付けおり、個人の状況を聞き、今後の解決に向けた動きについて説明してくれます。もちろん、相談料は無料です。実務は専門家が担当しますが、概要について事前に把握できるため、安心して債務整理に臨むことができます。

>> 全国の消費生活センターへ

その3 日本クレジットカウンセリング協会

クレジットや消費者ローンが原因で借金を抱えてしまった方を対象に、無料カウンセリングを行っています。知識豊富な専門家に、自分の状況に合った解決策を提示してもらえます。なお、任意整理であれば本協会が無料で対応してくれます。

>> 日本クレジットカウンセリング協会へ

7.公的機関の無料相談のメリット・デメリット

無料相談できる機関に、デメリットなどあるのでしょうか?良い点と良くない点をまとめました。

公的機関に無料相談するメリット

メリットは、何と言っても大きな安心感があることでしょう。公的機関は債権者に対する免許発行などに直接的に関与することもでき、揉めごとが起こりにくいのです。また、いざ債務整理を行うとなったときに、信頼できる専門家を紹介してくれることもうれしいポイントでしょう。

生活苦を相談する窓口に関しては、詳しくはこちらのまとめをご参考ください。

生活苦から抜け出すための相談先|支援内容と注意点について

公的機関に無料相談するデメリット

一方で、公的機関には対応日時が限られているというデメリットもあります。多くの場合、メインの相談受け付けは平日に行われており、しかも夕方の早い時間に終了することがほとんどです。平日の日中に仕事をしている方には、使いにくいかもしれません。また、民間に相談するのに比べて対応が遅い場合もあります。

8.借金苦から抜け出した人の事例

借金苦から抜け出し、今では順調な生活をされている方はたくさんいらっしゃいます。4つの事例をご紹介します。

事例1 キャッシングの返済が滞った主婦

夫の収入で生計を立て、専業主婦をしていたAさん。日々の生活費に困るようになり、夫には内緒で少額のキャッシングに手をつけてしまいました。そのうち、返済するために新たにキャッシングをするようになり、Aさんはパートに出るようになります。

しかし、それでも返済は追いつかず、債務総額は281万円にまで膨れ上がってしまいました。夫に内緒にしているため、これ以上パートを増やすこともできません。

そこでAさんは、弁護士に相談することにします。結果的には任意整理をすることになり、281万円あった借金は69万円にまで減額、過払い金も戻ってきました。月の返済は10万円から2万円になり、3年間で完済するというゴールも見えたのです。

事例2 毎月の返済が厳しかった人の事例

会社員のBさんは、不況の煽りを受けて給与が減額されたにも関わらず、なかなか生活水準を下げることができずにいました。もともと買い物はクレジットカードでする習慣があり、現金が減っていくことを実感できずにいたことも、そこに拍車をかけました。

徐々に月々の返済が厳しくなっていた頃、Bさんは病気にかかってしまいます。保険が適用されない治療を受けなければならず、100万円単位のお金が飛んでいきました。

ついにどうにもできなくなったBさんは、ようやく弁護士に相談します。自己破産を想定していましたが、一定の収入があることから、個人再生で対処できることが判明。家を失うこともなく、完済に向けた道を歩き出すことができたのです。

事例3 利息だけしか返せず苦しんでいた人の事例

Cさんは、息子さんの借金がなかなかなくならないことを不安に思っていました。10年も前に消費者金融から50万円を借り、これまで利息分しか返済できていなかったのです。10年間支払い続けているのに、借金は1円も減っていないことになります。

そこでCさんは、息子さんを連れて司法書士のところへ相談にいきます。調査の結果、過払い金が発生していることがわかり、借金は50万円から15万円にまで減りました。その後はCさんの意向で任意整理をすることになり、無事に借金を完済するに至りました。

事例4 闇金で借りて怖い取り立てにあっていた人の事例

知人の頼みを断りきれずに、キャッシュカードを作ってお金を貸してしまったDさん。その後お願いはエスカレートし、最終的には闇金にまで手を出してしまいました。もちろんそんな状態で返済していけるはずもなく、家や仕事場に督促がくるようになります。

仕事をしたいのに、督促が来るせいで職場を離れなければならないという状態が続き、Dさんは弁護士に相談することにします。

手続きが始まると、これまでの苦悩が嘘かのように督促が一切なくなり、平穏な日々が戻ったのです。その後は、弁護士の指示に従って債務整理を進め、最終的には完済するに至りました。

闇金については「10分で理解する闇金の悪質な手口10個と1番安全な対処法」で詳しくお伝えしています。闇金で困っている時は必ずチェックしてみてください。

>> 「10分で理解する闇金の悪質な手口10個と1番安全な対処法」へ

9.まとめ

実際に借金に苦しんでいた方の事例を見てもわかるように、借金問題を解決するポイントは、一人で悩まずに早めに相談することにあります。自体が悪化する前に、一日も早く行動を起こしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket