アコム

大東建託の家賃が払えない!今すぐ家賃を工面して不安を解消したい時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
大東建託の家賃が払えず悩む男性

現在、大東建託で部屋を借りている方のなかには「急に仕事をクビになった」「病気やケガで働けなくなった」など、家賃が払えない状況に陥っている方もいるかもしれません。

大東建託のような大手不動産会社は個人の大家さんに比べると滞納時の対応は非常にシビアです。

今回は大東建託の家賃を滞納した場合に起きることや家賃を支払うための対処法をご紹介します。

1.大東建託の家賃を払えない時の4つの対処法

家賃を払えない時は大東建託に支払い期限の交渉をするよりも、何とかしてお金を作る方法を考えた方が良いでしょう。家賃を工面するための方法を4つご紹介します。

対処1 物を売る

まず最も簡単な方法は持っている物を売ってお金に換えることです。ブランド品や貴金属、家電などお金になりそうなものがある場合は、ブランド品専門の買い取り業者やリサイクルショップに持ち込み現金に換えましょう。

大きい家具や家電は出張買取をしてくれるリサイクルショップを使うのがおすすめです。

対処2 日払いのアルバイトをする

働ける時間がある場合は単発の日払いバイトをして稼ぐのもおすすめです。1日で稼げる金額はおそらく1万円前後ですが、1週間働けば1ヶ月分の家賃くらいにはなるはずです。

家賃の支払いが難しいと判断した時点ですぐに行動すれば、契約解除や強制退去といった事態は防げるでしょう。

対処3 身内に借りる

家賃滞納によって部屋を追い出されてしまえば住所不定となり仕事をするのも難しくなります。どうしても金銭的な目途が立たない場合は、親や兄弟に立て替えてもらえないか頼んでみてはいかがでしょうか。

対処4 カードローンで借りる

誰にも頼れない時は銀行や消費者金融で一旦お金を借りる方法もあります。カードローンなら初めての利用でも10万円~50万円ほど借りられることが多いですし、消費者金融なら即日融資も可能です。

20歳以上で安定した収入がある方ならパート・アルバイトの学生でも申込ができ、借入にあたり担保や保証人も不要です。

2.大東建託の家賃が払えないと起きること

大東建託の家賃を滞納すると基本的に次のような流れで督促が始まります。

流れ1 督促の電話が来る

まずは大東建託から家賃の支払いを確認できなかった旨の連絡が入ります。うっかり支払いを忘れていた場合などは、このタイミングですぐに家賃を支払えば特に問題はありません。

流れ2 督促状が届く

最初の督促が来てもなお滞納を続けていると今度は書面での督促状が届きます。督促状には支払期限や金額、支払方法が記載されていますので、最悪この時点で何とか滞納を解消しておきたいところです。

流れ3 担当者が自宅にやってくる

書面で督促をしても支払いや連絡がない場合は「部屋の中で倒れている、亡くなっている」といった可能性もあるので、安否確認も含めて大東建託の担当者が自宅に訪問してくる場合もあります。

流れ4 連帯保証人に連絡がいく

保証会社ではなく身内や知人を連帯保証人にしている場合は、この辺りで保証人に連絡が入ることになります。保証人が家賃を肩代わりしてくれれば滞納の問題は解決しますが、相手との信頼関係は崩れてしまうことでしょう。

流れ5 強制退去になる

督促状に記載のある支払期限を過ぎると、最終的には契約解除や強制退去という事態に発展します。ただし、突然部屋を追い出したりカギを交換するといった行為は違法なので、強制退去をさせるためにはまず貸主側か裁判を起こす必要があります。

家賃を滞納しているのは事実なので裁判になればまず借り主側に勝ち目はありませんが、強制執行が認められるのは一般的に2〜3ヵ月以上家賃を滞納した場合が多いので、1ヶ月程度の滞納なら部屋を追い出されるということは考えにくいでしょう。

とはいえ、訴訟や裁判といったワードが出てくると素人ではなかなか対応が難しいのが現実なので、できればもっと早い段階での対処が理想的です。

3.家賃を滞納すると発生する延滞金

家賃を滞納すると賃貸料に加えて延滞日数に応じた遅延損害金も発生します。遅延損害金の金利は14.5%ほどの場合が多いですが、特に契約書に記載がない場合は民事利率である5.0%~6.0%で計算されることになります。

遅延損害金の具体例を見てみましょう。

<家賃を1ヵ月滞納した場合>

  • 家賃7万円
  • 金利14.5%
  • 7万円×14.5%÷365日×30日=834円

1ヵ月の滞納なら遅延損害金はそれほど大した額ではありませんが、当然2ヵ月ならこの倍、3ヵ月なら3倍の金額になります。

その物件に住み続ける限り延滞金はどんどん増えていってしまうので、家賃が払えないからといって放置するのは絶対にやめましょう。

4.家賃が払えない時におすすめのカードローンランキング

消費者金融3社の限度額、金利、無利息期間

銀行カードローンは借り入れまでに数日かかる場合も多いので、急ぎの場合は消費者金融を選んだ方が良いでしょう。大手なら安全性も保証されていますし、30日間の無利息期間を使えば利息0円でのキャッシングも可能です。

仮に無利息期間中の完済が難しくても10万円以内の借入なら基本的に月々5,000円以内の返済で済むので、金利が高いとはいえ実際の返済負担はそれほど大きくありません。

家賃を滞納して住む家を失うリスクを考えれば、消費者金融で借入をしてひとまず事態の収拾を図るのが得策でしょう。おすすめのカードローンをご紹介します。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

家賃を滞納すると厳しい督促が始まるため、精神的に追い詰められることも多いと思います。1ヶ月程度の滞納で強制退去になることはまずありませんので、一旦冷静になり家賃を支払うための具体的な行動を取ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket