アコム

最上級のステータスカードはどれ?憧れのクレジットカードを持つ方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
4枚のステータスカード

収入が多い方や社会的地位がある方は高いステータスがあるカードも選ぶ基準にしています。

カード会社から選ばれた人だけに招待状が届くインビテーション(招待)がないと持てないカードもありますが、最近ではネットから申込可能なステータスカードも増えています。

この記事では、ステータスが高いクレジットカードランキングやステータスカードを持つメリット、デメリットなどをまとめました。

クレジットカードを選ぶ時は

  • 年会費
  • ポイントの貯めやすさ
  • 入会特典・キャンペーン
  • サービス内容

などを重視することも多いと思いますが、買物、レストラン利用、旅行まで日々の生活を贅沢にしてくれるステータスカードでランクの高いサービスを受けてみましょう。

1.ステータスが高いクレジットカードランキング

ステータスが高いクレジットカードはどんなものがあるのでしょうか?

高ステータスのクレジットカードを持つにはそれなりの「社会的地位」や「高収入」がないと持つことができません。

ステータスの高い順でランキングにしたので見ていきましょう。

①6つ星代表(世界最高ランクで取得難易度は高い)

<アメリカン・エキスプレス®・センチュリオンカード>

アメックスセンチュリオンカード

アメリカン・エキスプレス®・センチュリオンカードは選ばれた方だけに招待状(インビテーション)が届く世界最高ランクのブラックカードです。

年会費は350,000円+税、入会金540,000円かかりますが、利用限度額は無制限で付帯するサービス内容も最高級です。

  • センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュが365日24時間対応(レストラン予約、旅行プラン、ギフト提案など)
  • 国内外の航空チケット無料でアップブレード
  • グローバル・ラグジュアリーホテルのアップグレードなどの優待サービス
  • プライオリティ・パス付き(世界中の空港VIPラウンジ無料サービス)
  • 国内空港ラウンジ無料(同伴者1名無料)
  • 国際線手荷物宅配無料
  • 空港リムジン・トラベルクレジット付き(次回旅行予約時に利用できる割引制度)
  • 最高1億万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • 航空機遅延保険付帯
  • 国内外の厳選した約200店のレストランでお連れの方1名様分無料

②5つ星代表(世界でも社会的地位を認められる)

<アメリカン・エキスプレス®・プラチナカード>

アメックスプラチナカード

アメリカン・エキスプレス®・プラチナカードは海外でもステータス性は抜群で、富裕層の保有者が多いクレジットカードです。(インビテーションが必要)

年会費は130,000円+税ですが「世界各国のホテルの上級会員資格を取得できる」「毎年カード更新時にホテル2名様まで無料宿泊券プレゼント」など価値のあるサービス特典があります。

  • 空港VIPラウンジ「プライオリティ・パス」の年会費無料
  • コンシェルジュが365日24時間対応(レストラン予約、旅行プラン、ギフト提案など)
  • 最高1億万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード®」の利用で1.0%〜9.5%のポイントが付く
  • メディカルアシスト・デイリィーサポートが24時間365日無料対応(緊急医療相談、医療機関紹介など)
  • 国際線手荷物宅配無料
  • 空港リムジン・トラベルクレジット付き(次回旅行予約時に利用できる割引制度)
  • グルメ、旅行などの優待サービス
  • カード購入商品の破損・盗難などの損害は年間500万円まで補償
  • 航空機遅延保険付帯

<ダイナースクラブ プレミアムカード>

ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカードは三井住友トラストクラブが発行しているブラックカードです。(インビテーションが必要)

年会費は130,000円+税で利用限度額に制限がないことやポイントの有効期限なしのような特徴があります。

  • コンシェルジュが365日24時間対応(レストラン予約、旅行プラン、ギフト提案など)
  • 国際線手荷物宅配無料
  • 空港リムジン・トラベルクレジット付き(次回旅行予約時に利用できる割引制度)
  • グルメ、旅行などの優待サービス
  • 国内外600ヶ所以上の空港ラウンジ無料
  • ダイナースクラブ会員限定のイベント招待
  • 最高1億万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • カード購入商品の破損・盗難などの損害は年間500万円まで補償
  • メディカルアシスト・デイリィーサポートが24時間365日無料対応(緊急医療相談、医療機関紹介など)
  • 航空機遅延保険付帯

③4つ星代表(ステータスカードの中では中間層)

<MasterCard Titanium Card – ラグジュアリーカード>

Mastercard Titanium Card - ラグジュアリーカード

MasterCard Titanium Cardは「マスターカード」が発行する招待制がなくても持つことができるクレジットカードです。

年会費は50,000円+税でチタン製の輝きを放つマスターカードの最高級プレミアムカードです。

国内でカード利用すると最大1.5倍、海外でカード利用すると常に2倍のポイントが貯まります。

  • コンシェルジュが365日24時間対応(レストラン予約、旅行プラン、ギフト提案など)
  • グローバル・ラグジュアリーホテルのアップグレードなどの優待サービス
  • プライオリティ・パス付き(世界中の空港VIPラウンジ無料サービス)
  • 国内空港ラウンジ無料(同伴者1名無料)
  • 国際線手荷物宅配無料
  • 空港リムジン・トラベルクレジット付き(次回旅行予約時に利用できる割引制度)
  • 最高1,2億万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • 航空機遅延保険付帯
  • レストランなどの優待サービス

<JCBザ・クラス>

jcb-theclass-card

JCBザ・クラスはJCBのクレジットカードの中で最上級のステータスがあるカードです。

年会費は50,000円+税ですが、メンバーズ・セレクションサービス(2万円〜5万円相当のカタログギフト)などJCBオリジナルの特典があります。

中でも人気なのは東京ディズニーリゾートで利用できる「JCBザ・クラス会員限定」のプランで、スポンサーしか入れない施設を豪華に楽しむことができます。

  • コンシェルジュが365日24時間対応(レストラン予約、旅行プラン、ギフト提案など)
  • プライオリティ・パス付き(世界中の空港VIPラウンジ無料サービス)
  • OKI DOKIランドポイントモールでポイント1%
  • 海外利用でポイント2倍
  • グルメ、旅行などの優待サービス
  • 最高1億円の国内外旅行損害保険が付帯
  • カード購入商品の破損・盗難などの損害は年間500万円まで補償
  • ドクターダイレクト24が付帯(緊急医療相談、医療機関紹介など)

<アメリカン・エキスプレス®・ゴールド•カード>

アメリカン・エキスプレス®・カード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド•カードは世界で利用できる7大国際ブランドの一つ「アメリカン・エキスプレス」が発行するクレジットカードです。

年会費は29,000円+税ですが、空港VIPラウンジ「プライオリティ・パス」の年会費が無料など様々なサービス特典が付帯しています。

インビテーション不要のためネット申込も可能です。アメックスの独自審査基準を持っているため、比較的に審査は柔軟な傾向にあります。

  • ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード®」の利用で1.0%〜9.5%ポイントが付く
  • 国内外の厳選した約200店のレストランでお連れの方1名様分無料
  • 世界80ヶ所以上のゴルフコースのプレー代が1名様分無料
  • 旅行の優待サービス
  • 最高1億万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • カード購入商品の破損・盗難などの損害は年間500万円まで補償

<ダイナースクラブカード>

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは三井住友トラストクラブが発行している「抜群のステータス性」があるクレジットカードです。インビテーション不要でネット申込も可能です。

年会費は22,000円+税ですが、利用金額に一律の制限がないことやポイントの有効期限もないため、多くのポイントを貯めることができます。

  • ダイナースクラブ リワードプログラムの利用で1.0%〜9.5%ポイントが付く
  • グルメ、旅行などの優待サービス
  • 国内外600ヶ所以上の空港ラウンジ無料
  • ダイナースクラブ会員限定のイベント招待
  • 最高1億万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • カード購入商品の破損・盗難などの損害は年間500万円まで補償

<三井住友VISAプラチナカード>

smbc-platinum-crad

三井住友VISAプラチナカードは三井住友カードの中でも最高のプラチナカードです。インビテーションは不要で、満30歳以上で安定した収入があれば審査に通る可能性は高くなります。

年会費は50,000円+税ですが、付帯サービスも豊富で買物・レストラン利用・旅行など日々の暮らしを贅沢にしてくれるクレジットカードです。

  • コンシェルジュが365日24時間対応(レストラン予約、旅行プラン、ギフト提案など)
  • 空港VIPラウンジ「プライオリティ・パス」の年会費無料
  • 宿泊予約「Relux」プラチナカード会員限定の優待価格サービス
  • ネットショッピングでポイント2〜20倍貯まる
  • 東京・大阪を中心に約100店舗の一流レストランで会員1名様分無料
  • 最高1億万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • 最高500万円のショッピング補償が付帯
  • カード購入商品の破損・盗難などの損害は年間500万円まで補償

④3つ星代表(取得難易度は比較的低い)

<三井住友VISAゴールドカード>

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードはインビテーション不要ですが、知名度の高いゴールドカードです。初めてステータスカードを作る方に向いています。

年会費は10,000円+税で、ネット申込の場合、年会費初年度無料や次年度最大4,000円+税まで割引があります。

  • 新規入会・利用で最大10,000円キャッシュバック
  • 全国28ヶ所の空港ラウンジが無料で利用可
  • 宿泊予約「Relux」の提供価格から3,000円割引
  • 最高5,000万円の国内外旅行損害保険が付帯
  • 最高300万円のショッピング補償が付帯

2.ステータスカードを作るための2つの方法

ステータスカードを作るための方法をご紹介します。

方法1 持ちたいステータスカードのランクの低いカードをメインに利用する

持ちたいステータスカードが決まっている場合、そのカードよりもランクの低い同じクレジットカードをメインに利用しましょう。

例えば「ダイナースクラブ プレミアムカード」を持ちたい場合、まずは「ダイナースクラブカード」を利用してクレジットヒストリーを作りましょう。

利用実績がある場合、カード会社から招待を受けられる可能性が高まります。

方法2 少額でもクレジットカードを使う

どれだけ少額でも良いので、カードが使える場所では積極的にカード払いにしましょう。

購入者がクレジットカードを利用した場合、カード加盟店はカード会社に利用手数料(1%〜7%前後)を支払う必要があります。

カード会社は利用手数料で収益を上げているため、カード利用者にはクレジットカードを使ってもらいたいのです。

利用回数や利用金額が多いほど質の高い利用者とみなされるため、カード会社から「利用限度額アップ」「ランクアップ」の招待を受けられるようになります。

3.ステータスカードを持つ2つのメリット

ステータスカードを持つメリットを見ていきましょう。

メリット1 イメージが良い

ステータスがあるクレジットカードはお会計時などでイメージが非常に高くなります。

多くの人は会計時に他人のクレジットカードの色や種類をチェックしていることが多く、ステータスが高いカードを使っているだけでも「すごい」と認識されます。

社会人になるにつれてクレジットカードを利用する場面は増えて来るため、お店の方やお連れの方の信用度も上がるでしょう。

メリット2 海外で社会的信用がある

海外ではステータスカードを持っている場合、身分証明書や社会的信用の証となります。

グレードの高いホテルを予約する時などはクレジットカードが必ず必要となりますし、ステータスの高いカードを持っているとホテルの部屋をアップグレードしてくれるなど良質なサービスを受けられます。

海外は日本以上にクレジットカード社会なので特にステータスのあるクレジットカードは重視されます。

4.ステータスカードを持つデメリット

ステータスカードを持つデメリットは年会費が高いことです。

良質な付帯サービスなどを利用すれば年会費以上の価値を得ることができますが、特にサービスを利用せず、支払いにしかクレジットカードを使わない場合はデメリットになります。

ステータスのランクが上がるにつれて年会費も高額になるため、そこまで年会費を払いたくない場合は年会費数万円のステータスカードから持つと良いでしょう。

5.ステータスカードと一般カードのサービス内容の違い

ステータスカードは招待制であることや年会費も高額なことから、一般カードとはサービス内容に圧倒的な差があります。

ステータスカードと一般カードに付帯しているサービス内容を比較してみました。

ステータスカードと一般カードのサービス内容の違い

特にステータスカードのトラベルサービスは

  • ホテルの部屋を無料でアップグレードしてくれる
  • 世界の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」の会員が無料で取得できる

など、一般カードの付帯サービスである「ホテルの割引特典」や「国内線のラウンジのみ無料で利用」などとは大きく異なります。

ステータスカードはお金では測れない便利さと優遇さがあるので満足感を得ることができるカードと言えます。

6.ステータスカードを持ちたい時の2つの注意点

ステータスカードを持つための注意点を確認していきましょう。

注意1 絶対に延滞をしない

クレジットカードの支払いは絶対に延滞しないように注意しましょう。

延滞をするとカード会社は「利用者は信用がない」と判断するため、限度額の増額やカードランクアップの招待を受けられる機会は無くなってしまいます。

カード会社によっては1日延滞しただけでも、社内だけで扱う信用情報に延滞者として記録される場合があるため、支払いは日頃から忘れないように気を付けましょう。

注意2 リボ払いや分割払いは多用しない

リボ払いや分割払いは極力利用しないようしましょう。

高額な買い物や使い過ぎてしまった場合、リボ払いや分割払いにすると支払いは助かりますが、利用しすぎるとクレジットカード会社は「利用者はお金に困っている」と判断します。

カードランクアップなどの招待を受けることは難しくなりますし、リボ払いや分割払いは手数料がかかるため、毎回利用していると余分な利息が増えていきます。

カード会社からインビテーションを受け取るためにも、リボ払いや分割払いを多用しないよう計画的にクレジットカードを使っていきましょう。

7.クレジットカードのステータスとは?

クレジットカードのステータスは「社会的地位がある」「高収入」な方を表します。

ステータスがあるクレジットカードは審査が厳しかったり、カード会社から招待(インビテーション)を受けないと作れないカードもあります。

クレジットカードは一般的に4つに分けられていて、持つことが難しくなるにつれてランクの高いステータス性のカードと言われています。

カード種類によるステータス性を表す図

ステータス性があるクレジットカードはどんな基準があるのか見ていきましょう。

①取得難易度

ステータス性があるクレジットカードは、ランクが高くなるにつれて取得が難しくなります。

特にプラチナカードやブラックカードは招待制(インビテーション)で、カード会社から選ばれた方だけに招待状が届くため、通常申込はできないカードになります。(プラチナカードの中には通常申込も可能なカードあり)

まずは招待なしで申し込める「ゴールドカード」を作ってから利用実績を作っていくと良いでしょう。

②年会費が高額

ステータス性があるクレジットカードはランクが高くなるにつれ年会費も高額になりますが、それに見合った利用価値のある最高のサービスを受けられます。

ステータスカードの年会費は安いもので1万円、高額なものは35万円かかります。

最近では年会費無料や年会費2,000円前後で持つことができるゴールドカードも多いですが、ステータスカードとは言えません。

ステータスカードの年会費を見ていきましょう。年会費が高い順でご紹介します。

ステータスカードの年会費

初めてステータスカードを持つ場合はインビテーションが必要ない、年会費2万円〜5万円前後のゴールドカードを利用することをおすすめします。

8.まとめ

ステータスが高いクレジットカードはランクが上がるにつれて招待を受けないと作ることができません。

ステータス性があるほど高額な年会費はかかりますが、最上級のサービスを受けられます。

初めてステータスカードを持ちたい場合は、招待性がないカードや比較的作りやすいゴールドカードで利用実績を作ることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket