アコム

クレジットカードの洗い替えとは?更新したカードは要注意!未払いにならないための注意点を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カード情報を入力している女性

今までクレジットカードで引き落としできていた固定費の支払いが急にできなくなった。

もしあなたも今このような状況なら、クレジットカードの洗い替えが原因かもしれません。

この記事では、クレジットカードの洗い替えに関することやクレジットカード洗い替えサービスの注意点などをまとめました。

クレジットカードの洗い替えサービスに対応・未対応の支払いがありますので、カード更新時やカード再発行した時の参考にしてみてください。

1.クレジットカードの洗い替えとは?

クレジットカードの洗い替えとは「有効期限が切れたカードから有効期限が延びた新しいカードに変更した」「紛失などで新しいカードを発行した」時に、お店が取り扱っている利用者のカード情報を自動的に更新してくれるサービスです。

簡単に言うと、クレジットカード会社と支払先のお店の間で、古いカード情報から最新のカード情報に勝手に切り替えてくれます。

更新したカードは有効期限やカード裏面などのセキュリティコードも変更されるため、本来はお店に登録しているカード情報を変更する必要があります。

クレジットカードの洗い替えが行われる場合、カード利用者は更新したカードのカード情報を自分で変更せずに済むメリットがあります。

なお、月々固定で支払う料金をカード払いにしている場合、支払先のお店は利用者のカード情報を登録しています。(暗証番号以外)

支払先のお店は月に1度カード会社に利用者のカード情報を送信します。

有効期限の確認とカード情報の更新(洗替処理)を行うことで、継続して支払う料金の未払いを防ぐことが可能になっています。

このカード会社と支払先の企業の間で、クレジットカード利用者の情報を交信や信用確認することを「オーソリゼーション」や「オーソリ」と言われています。

2.洗い替えサービスに対応の支払い|未対応の支払い

クレジットカードの洗い替えサービスに対応している支払い、対応していない支払いを確認していきましょう。

①洗い替えサービスに対応の支払い

  • ガス、水道、電気などの公共料金(洗い替えサービスに未対応の支払いもある)
  • 携帯電話料金、固定電話料金
  • インターネット代金
  • 生命保険料金(洗い替えサービスに未対応の保険会社もあり)

などがあります。

洗い替えサービスは日本特有のサービスで、洗い替えサービスを取り入れているのは日本の企業が多く、主に月額契約の固定費に適用されています。

②洗い替えサービスに未対応の支払い

  • 通販などのネットショッピングの定期購入
  • スマホなどのアプリの継続課金の料金

特に利用者の多い「Amazon・楽天市場・Yahooショップ」などは、クレジットカードの洗い替えサービスに対応していません。

カードの更新が行われた場合は利用者がカード情報を変更する必要があります。

洗い替えサービスに対応していないものは、主に外資系企業のサービスにカード情報を登録している場合が多い傾向にあります。

また、国内企業でも「えきねっと」のように洗い替えサービスに対応していないものもあるので、カード払いをする際はカード決済利用規約を確認しておくと良いでしょう。

3.クレジットカード洗い替えサービスの注意点

クレジットカード決済をしている支払いの全てがカード情報の更新をされるわけではないことには注意が必要です。

例として東京電力と東北電力のカード払い利用規約を見ていきましょう。

東京電力の支払いをカード払いにしている場合、有効期限やカード番号の変更があった時はカード情報の変更、または再申込をする必要があります。

「東京電力クレジットカード決済案内」

東京電力のカード決済案内(出典:東京電力エナジーパートナー

それに比べ、東北電力の場合はカード情報に変更があったとしても洗い替えサービスが適用されるので自分で変更する必要はありません。

「東北電力クレジットカード決済案内」

東北電力のカード決済案内(出典:東北電力

このように同じ電気代でも企業によっては自動的にカード情報が「更新される・更新されない」こともあるため、有効期限の切り替えなどでクレジットカードを更新した時は十分に注意しましょう。

また、クレジットカードの洗い替えサービスはカード会社と企業の間で行われるため、情報の通信ミスやどちらかがサービスに対応していないと自動で更新されないことがあります。

クレジットカードの更新する時は、カード払いにしている支払いを利用明細で確認するようにしましょう。

4.クレカの有効期限が切れる前に確認しておきたいこと

クレジットカードの有効期限が切れる前に確認しておきたいことを3つご紹介します。

①月々払いなどをカード決済にしているものを把握しておく

月々払いや年払いなど、カード払いが自動的に行われる支払いがある場合はリストアップをして把握できるようにしておきましょう。

これらの支払いを確認する場合、WEB明細なら年間分のカード履歴を確認することができるのですぐにわかります。

万が一、洗い替えサービスが行われないことがあったとしても、どの支払いが洗い替えされているのか、洗い替えされていないのかを確認することが可能です。

洗い替えされていないと未払いになり滞納扱いになってしまうため、十分に注意が必要です。

②審査に落ちてカードが利用停止になっていないか

クレジットカードの有効期限の更新時は必ず再度審査が行われます。

カード自体の支払いを何度も滞納や遅延をしていると審査に落ちてしまう原因になり、審査落ちになるとカードは発行されません。

審査に落ちてしまうと新しいカードが手元にないため、有効期限が切れてしまうとカードは利用停止になりますし、今までカード払いにしていた支払いも当然できなくなってしまいます。

無事に審査に通っていれば、期限が切れる約1ヶ月前にクレジットカードは自宅に届くので持っているカードの有効期限を確認しておきましょう。

また、期限が切れる約1ヶ月前までに新しいカードが届かない場合はカード会社に問い合わせてみてください。

③引っ越しで住所変更していないか

引っ越しで住所が変わっている場合で、カード会社に住所変更届けを出していないと更新したカードが手元に届きません。

新しいカードが手元にないと洗い替えサービスが行われない支払いができなくなってしまいますし、有効期限が切れてしまったカードではカード利用ができなくなります。

住所の変更があった場合は、すぐにカード会社に「住所変更届け」の手続きを行いましょう。

5.まとめ

クレジットカードの洗い替えはカード会社とお店の間で、自動的にカード情報を更新してくれるサービスです。

有効期限の更新される時や紛失などでカード発行した時に適用されますが、お店によっては洗い替えサービスに対応していないこともあります。

毎月払う固定費などをカード払いにしている場合は、洗い替えサービスに対応・未対応の支払いを把握していないと未払いになってしまうので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket