アコム

クレジットカード審査に通りたい!審査に落ちる原因をつぶして憧れのカードを手にしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
審査通過したカードと審査落ちしたカード

「クレジットカードの審査に通らないのはなぜ?」

クレジットカードを持ったことがない、もしくは過去にカードの支払いやローンなどの支払いを滞納したことがないのにクレジットカードの審査に落ちてしまう方は案外多いです。

この記事では、クレジットカード審査に落ちてしまう原因や審査で見られるポイントなどをまとめました。

審査が柔軟なクレジットカードもご紹介していますので、審査に不安がある場合はぜひチャレンジしてみてください。

1.クレジットカード審査に落ちてしまう9つの原因

クレジットカード審査に落ちてしまう原因を見ていきましょう。

原因1 クレジットヒストリーに事故情報がある

クレジットヒストリーに事故情報があるとカード会社は「申込者は支払能力がない」と判断するため、審査に落ちる原因になります。

クレジットヒストリー(利用実績)とは、クレジットカードやローンなどの利用履歴のことを言います。

過去にクレジットカードやローンの支払いを何度も滞納や遅延してしまうと、事故情報として一定期間、信用情報機関に記録が残ります。

クレジットカードの審査は申込者情報を信用情報機関に照会するため、事故情報があるとカード会社はすぐにわかり、審査に落ちる可能性は高まります。

審査に通りやすくするためにも普段からクレジットカードや他のローンの支払いはしっかり行いましょう。

原因2 スーパーホワイト

スーパーホワイトとは、これまでクレジットカードやローンを利用したことがなく、信用情報機関に利用実績の情報がないことを言います。

10代や20代の方でスーパーホワイトの場合はこれから利用していく年齢層になるため、クレジットカードの審査落ちになる可能性は極めて低いです。

しかし、30代以上の方がスーパーホワイトの場合は「何かしら問題があってカードを作れなかった」「過去に事故情報があり作ることができなかったが、一定期間が過ぎた」と判断されるため、審査では不安要素の一つとしてされています。

30代以上のクレジットヒストリーがない方は、まずは最低6ヶ月以上の利用実績を積んでからクレジットカードに申し込むようにしましょう。

利用実績が簡単に積むことができるのは「スマホ本体を分割払いで購入するか電化製品などをショッピングローンで購入する」ことです。

原因3 多重申込をしている

クレジットカードの審査では申込情報を信用情報機関に照会するため、カード会社は複数のクレジットカードに申込をしているかどうかもわかります。

同時期に複数のクレジットカードに申込をすると「入会特典目的」や「お金に困っている」と判断されるため、審査に落ちる可能性は高まります。

多重申込をして審査に通らないことを一般的に「申込ブラック」と言います。

審査通過率を高めるためにも、1つか2つのクレジットカードに絞って申込をしましょう。

原因4 キャッシング枠を付けて申込をしている

キャッシング枠を付けて申込をすると、クレジットカードの審査はショッピング枠のみで申し込む時に比べて厳しめに行われます。

キャッシングはお金を借りる行為です。返済ができなくなると貸し倒れの恐れがあるため、審査はそれなりに慎重になります。

キャッシング枠は後からでも付けることが可能なので、まずは審査通過を優先させてショッピング枠だけで申込をすると良いでしょう。

どうしてもキャッシング枠を付ける予定がある場合は5万円や10万円などの少額で申し込むことをおすすめします。

原因5 他社のローンの借入額が多い

カードローンなどから複数の借入がある場合、カード会社は「申込者はお金に困っている」と判断するため、クレジットカードの審査に通る可能性は極めて低くなります。

クレジットカードの審査通過率を高めるためにも、借入件数や借入額を減らしてから申込をしましょう。

原因6 本人確認が取れない

クレジットカードに申し込むと本人確認の電話がかかってくることがあります。

本人確認の電話は申込をしたのは本人かを確認する作業で、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所

などを伝えれば完了します。

申込フォームに入力した電話番号が異なる場合や知らない番号だからといって電話に出ないと本人確認ができないと審査は行われません。

必ず電話がつながる番号で申込をして、カード会社からの電話は出るようにしましょう。

仮に仕事などで電話に出ることができない場合は折り返し電話をかけようにしてください。

原因7 申込フォームに不備や偽りがある

申込フォームに不備や偽って申込をしてしまうと、審査が行われない、または審査落ちの原因になります。

審査に落ちたくない気持ちも分かりますが、年収を多く見せたり、借入額を減らしたりしても、カード会社は審査のプロなのですぐにバレてしまいます。

偽って申込をするとカード会社は「申込者は信用がない」と判断するため、審査に通る可能性は極めて低くなります。

不備があった場合でも偽りと判断されることもあるため、必ず申込をする際は不備のないよう申告することと正しい個人情報を入力しましょう。

原因8 提出書類に不備がある

クレジットカードに申込をする場合、必ず本人確認書類が必要になります。

用意しやすいのは運転免許証ですが、持っていない場合は次の本人確認書類のいずれかでも大丈夫です。

  • パスポート
  • マイナンバー
  • 保険証
  • 住民票
  • 公共料金の領収書

本人確認書類と入力した申込情報と異なる場合は審査に通る可能性は低くなります。

また、キャッシング枠付きで申し込む場合、他社の借入合計額が100万円を超えているケースなどは次の収入証明書のいずれかが必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給料明細書
  • 納税証明書類
  • 所得証明書
  • 年金通知書

本人とは異なる収入証明書や収入証明書に不備がある場合は審査に通らない原因になるため、提出を求められた場合は不備のない書類を提出しましょう。

また、学生の方の場合は学生証を提出することもあります。

有効期限切れの学生証だったり、住所が異なる場合は審査落ちの原因になってしまうので正直に申告しましょう。

個人事業主や自営業者の方は事業計画書などが提出を求められることがあります。

申込者やカード会社によって提出書類は異なるため、不備のないように用意しましょう。

原因9 在籍確認が取れない

クレジットカードに申し込むと勤務先に本当に働いているかどうかを確認する在籍確認の電話がかかってくることもあります。

在籍確認の電話は必ずかかってくるわけではなく、クレジットカード会社によっては電話がない場合もありますが、電話があった場合に在籍確認が取れないと審査に落ちてしまう原因になってしまいます。

在籍確認の電話は「山田ですが〇〇さんはいらっしゃいますか?」のように個人名でかかってきますし、本人以外にはクレジットカードに申し込んだことを名乗ることはないため、仮に職場の方が電話に出ても心配ありません。

本人不在でも「〇〇は今席を外しています」のように働いていることが確認できれば完了します。

どうしても在籍確認の電話に対応できない事情がある場合は、カード会社に連絡をして、給料明細などの勤務先がわかる書類で在籍確認を取ってもらうように相談しましょう。

2.クレジットカード審査で見られる3つのポイント

クレジットカード審査で見られるポイントを確認していきましょう。

ポイント1 スコアリング方式

クレジットカード会社は申込をした情報を元に「申込基準を満たしているか」「信用情報機関の個人情報を照会」「返済能力」などを確認して、次のような属性に当てはめてスコアリングという方法で点数を付けて審査します。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 勤務先情報
  • 家族構成
  • 居住年数
  • 保険証の種類
  • 他社からの借入金の有無、その他のローン
  • クレジットカードの利用目的

例えば勤続年数の場合では「長期間働いていると点数が高く、短いと低くなる」のように点数が高い方が返済能力はあると判断されるため、点数も高くなる仕組みです。

1つの属性の点数が低いから審査に落ちるわけではなく、総合的な点数で評価されると考えて良いでしょう。

また、カード会社によって属性に付けられる点数や審査通過する総合点数は異なります。

ポイント2 3C

クレジットカード審査の3Cとは、

  1. Capacity(資力)
  2. Character(性格)
  3. Capital(資産)

の3つの項目の頭文字から「3C」と言われています。3Cは申込フォームに入力した申込者情報を基に、人の目視によって申込者の信用度をはかっています。

①Capacity(資力)

Capacity(資力)は、クレジットカードを利用するにあたり継続して支払っていけるのかを判断する項目のことです。

主に「年収、職業、勤続年数」などを基に支払能力があるのかを見られます。

②Character(性格)

Character(性格)は、決められた支払日にきちんと支払いをする性格を持ち合わせているのかどうかを判断する項目です。

これは申込者のクレジットヒストリー(利用実績)を参考にします。

今までの支払いを遅延なく行っていると良質な利用実績を積むことができているため、カード会社は「申込者は信用しても良い」と判断します。

この場合は信頼度も高くなり審査は有利に働きます。

過去に何度も延滞や遅延をした経験があると信用情報機関に事故情報として記録されています。

事故情報がある場合は申込者のCharacter(性格)に問題があると見なされてしまい、審査に通る可能性は低くなります。

③Capital(資産)

Capital(資産)は、申込者に家や不動産、車などの資産があるのかを見るためのものです。

クレジットカード審査は資産(担保)がなくても審査上不利になることはありませんが、「持家がありローンなし」の場合は借家に比べると評価も高くなり審査で有利に働きます。

ポイント3 支払可能見込額の調査

割賦販売法に基づき利用限度額を設定する1つの基準として、カード会社は「支払可能見込額の調査」をするルールが決められました。

支払可能見込額の調査とは、利用者の年収から無理なく利用代金を支払うことができるかを想定する調査です。クレジットカードの申込時、カード更新時に行われます。

申込フォームで年収を偽って申告すると、利用限度額の設定をすることができないため、審査に通る可能性も極めて低くなってしまいます。

カード会社は年齢や職業などから予測年収のデータを取り扱っているため、偽りの年収を申告してもすぐにバレます。

正直な申込者情報を申告することが審査通過率を高めることに繋がります。

なお、支払可能見込額の算出方法は次の3つが関係してきます。

  1. 年収(申込時の申告年収)
  2. 年間請求予定額(過去の利用実績から算出、利用実績がない場合、判断基準がないため限度額が少なくなる可能性がある)
  3. 法律で定められた生活維持費(表1)

計算方法は、「年収−年間請求予定額−法律で定められた生活維持費=支払可能見込額」になります。

(表1)
生計を同じとする人数で計算される生活維持費(本人も含む)

生計を同じとする人数で計算される生活維持費(*1)親などと同居で家賃の支払いが無い場合=本人が家賃を支払っていない場合

生計を同じとする人数の情報をカード会社が扱っていない場合、法令に基づき生活維持費は240万円で計算されます。

3.クレジットカード審査の難易度

クレジットカードの審査はカードのランクによって難易度が異なり、ランクが上がるにつれて審査も厳しくなります。

クレジットカード審査の難易度が高くなるランクは次の順になります。

「一般カード→ゴールドカード→プラチナカード→ブラックカード」

年会費のかかるゴールドカード以上はステータス性も高く、利用限度額も大きいため、審査は厳しめに行われます。

今までに良質な利用実績があり支払能力が高い場合はカード発行が認められます。

プラチナカードとブラックカードはカード会社からの招待(インビテーション)がないと申し込めませんが、ゴールドカードは申込条件さえ満たしていれば申込可能です。

ゴールドカードは安定した収入がある、良質な利用実績がある場合は審査に通る可能性はありますが、審査に不安がある、利用実績がない場合は、審査に柔軟な一般カードに申し込むようにしましょう。

4.審査が柔軟なおすすめクレジットカード

審査が柔軟なおすすめのクレジットカードをご紹介します。

消費者金融系|ライフカード

ライフカード

ライフカードは大手消費者金融アイフルの子会社である株式会社ライフカードが発行しているクレジットカードです。

消費者金融系クレジットカードは信販系などのクレジットカードに比べて審査が柔軟なことが特長です。

  • 年会費無料
  • 新規入会で最大15,000円相当のポイントプレゼント
  • 1,000円で1ポイントが付く(1ポイント=5円相当)
  • ポイント有効期限は最大5年間、2年目以降、毎年1度ポイント繰越を応募するだけで最大3年間はポイントの失効はしない
  • 年間200万円分利用すると2倍の「プレミアム・ステージ」

流通系|楽天カード

楽天カード

楽天カードはネットショッピングなどで有名な「楽天グループ」が発行しているカードです。

消費者金融系カードの次におすすめの流通系のクレジットカードになります。

特に、5,000円相当のポイントプレゼントキャンペーンなどの入会キャンペーンを行っている期間中は審査通過率も高くなるので、その期間を狙ってチャレンジすると良いでしょう。(新規入会キャンペーンを付けることでカード利用者を募っているため)

  • 年会費無料
  • 新規入会で7,000ポイントプレゼント
  • 100円につき1ポイントが付く(1ポイント=1円相当)
  • 楽天市場でいつでもポイント4倍
  • 楽天トラベル、楽天ダイニングでいつでもポイント2倍
  • 街の加盟店でポイント最大3倍

消費者金融系|ACアコムカード

ACカード

ACマスターカードは、大手消費者金融アコムが発行しているクレジットカードです。

消費者金融はクレジット機能とは異なり、お金の借入が目的のため、審査は利用実績や属性にとらわれ過ぎないように行われています。

ACマスターカードは申込から最短3日ほどでカードが自宅に届くため、利用開始までも早いです。

年会費は無料なので利用実績を積むカードとして作りやすい1枚となっています。

  • 年会費無料
  • 最短30分で審査完了
  • 土日祝日でも申込OK
  • 全国どこでも即日発行(全国614ヶ所に発行機がある)
  • 国際ブランドはMasterCard
  • 利用明細の郵送なし

5.クレジットカード審査の流れ

クレジットカードに申込をすると、審査は次の流れで行われます。

①初期審査
申込情報を基にカード会社のデーターベースと照合したり、信用情報機関の情報を照会して初期審査を行います。

②カード会社の目視チェック(本審査)
初期審査が終わると人による目視チェックをします。

③カード発行
カード会社からカードが発行されます。

6.クレジットカード審査でよくある質問

クレジットカード審査でよくある質問を見ていきましょう。

質問1 ブラックリストでもクレジットカードは作れるの?

ブラックリストの状態でもクレジットカードを作ることは可能ですが、審査はそれなりに厳しめに行われます。

審査通過率を上げるためにも事故情報が消滅する期間を過ぎてからクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

信用情報機関に登録されている信用情報の登録期間は、「個人信用情報機関・利用実績・金融事故」などの情報によって異なります。

個人信用情報機関は主に3つあり、事故情報に対して登録期間は次のように決まっています。

事故情報に対して登録期間

なお、結婚や離婚、改姓で名義を変更したとしても過去に事故情報が登録されている方は金融事故者であることには変わらないため、審査は慎重に行われます。

金融事故を起こしてしまい、どうしてもクレジットカードを利用する予定がある場合は誰でも作れる「VISAデビットカード」を検討してみると良いでしょう。

VISAデビットカードは銀行のキャッシュカードと一体になっているカードで、カードを使うとその利用額がすぐに銀行口座の残高から差し引かれる仕組みのカードです。(銀行口座と連携しているカード)

例えば1万円の商品をVISAデビットカードで支払うと、銀行口座に入っている残高から1万円が引かれます。

銀行口座に残高が入っていないとVISAデビットカードは一切使えないため、利用する場合は残高には気をつけましょう。

翌月に支払いをする一般的なクレジットカードとは異なりますが、VISAマークのあるお店で利用することは可能です。

クレジットカード審査に通らない事情がある場合はVISAデビットカードを利用してみましょう。

質問2 収入のない専業主婦でもクレジットカード審査に通る?

収入のない専業主婦の方でも審査に通るクレジットカードはありますが、カード会社によっては申込不可、または審査が厳しいカードもあります。

専業主婦の方には審査が柔軟なスーパーや百貨店が提携をしている流通系カードがおすすめです。

なお、キャッシング枠を付けて申込をすると審査は厳しくなるため、審査通過率を高めるためにもキャッシング枠は付けないで申し込みましょう。

また、専業主婦の方の在籍確認の電話は申込フォームに入力した本人と連絡が取れる電話番号にかかってきます。

自分の携帯電話にしておけばOKです。旦那さんの勤務先に電話をかかってくることはありません。

収入のない専業主婦の方におすすめのクレジットカードは次の通りです。

  • セブンカード・プラス
  • イオンカード
  • エポスカード

質問3 奨学金の滞納は審査に影響するの?

奨学金の返済実績も信用情報機関に登録されるため、3ヶ月以上の滞納や遅延をしてしまうとクレジットカード審査に落ちてしまう原因の一つになります。

この事故情報の記録は「5年間」登録されるため、今後のクレジットカードやその他のローン審査に影響があります。

また、スマホ本体を分割で購入している携帯代の支払履歴も信用情報機関に登録されるため、普段から滞納のないようにしっかり支払っていきましょう。

質問4 ETCカードが先に届いたけどクレカの審査に通っているの?

ETCカードが発行されたということはクレジットカードの審査に通過しています。

同時にETCカードも申込をした場合、カード会社によってはETCカードの方が先に手元に届くことがありますが、この場合は安心して大丈夫です。

なお、ETCカードが届いた時から1〜2週間経ってもクレジットカードが届かない場合はカード会社に問い合わせてみましょう。

7.まとめ

クレジットカードの審査基準はカード会社やカードの種類(ステータス)によって異なりますが、審査落ちになる原因はどのカード会社も変わりはありません。

カード会社が審査で見られるポイントを確認して、無事に審査通過を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket