実は高いクレジットカードのキャッシング金利|金利相場と利息の計算方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシング金利を調べている男性

クレジットカードにはキャッシング枠がありますが、クレジットカードでキャッシングをする場合、金利がどれくらいなのか気になりますよね。

特に初めてキャッシングをする場合、銀行や消費者金融カードローンではどちらがお得なのかも知っておきたいポイントです。

この記事では、クレジットカードのキャッシング金利の相場から利息の計算方法、クレジットカードキャッシングならではのメリットや注意点をまとめました。少しでもお得にキャッシングをしたい方はぜひ参考にしてください。

1.大手クレジットカード会社の金利一覧

まずは大手カード会社のキャッシング金利を比較してみましょう。

大手カード会社のキャッシング金利

全体を見ると約年15.0%~18.0が相場であることが分かります。ちなみに年18.0%というと消費者金融の金利とほぼ同じ水準なので、クレジットカードのキャッシング金利は決して低いとは言えません。

2.クレジットカードのキャッシング金利の決まり方

キャッシング金利は利息制限法という法律によって上限が決められています。利息制限法で定められた上限金利は以下のとおりです。

利息制限法

このように借入元本によって適用金利が違います。借入額が大きくなるほど金利は低くなる傾向にあるため、カードのキャッシング枠が100万円以上なら年15.0%、100万円未満なら年18.0%が上限となります。

キャッシング金利を比較する際は、単純に最低金利を見るのではなく、利用限度額と合わせて確認する必要があります。

一般的なクレジットカードの場合、申し込み時点での限度額は50万円以内になることが多いので、仮に金利が年15.0%~18.0%だった場合、実際の適用金利は上限の年18.0%になることがほとんどです。

3.クレジットカードのキャッシング金利が高い理由

クレジットカードは本来ショッピング利用を目的としたカードのため、キャッシングの限度額はそれほど高くありません。限度額が高い一般的なカードローンに比べ、どうしても金利は割高になります。

しかし、ゴールドカードやプラチナカードのように、あらかじめ限度額が高めに設定されているカードであればそのぶん金利も下がるため、年15.0%以下で利用できることも多いです。

4.利息の計算方法

ここからは金利ごとの利息の計算方法について見ていきましょう。実際に金利年15.0%~18.0%でキャッシングをした場合、利息がどのくらいかかるのかを計算してみます。

<例1>

10万円を金利年18.0%で30日間借りた場合

・10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

<例2>

10万円を金利年15.0%で30日間借りた場合

・10万円×15.0%÷365日×30日=1,232円

利息は日割り計算となるため、少しでも利息を減らしたい場合は繰り上げ返済が有効です。繰り上げ返済の方法はATMや振込などカード会社によって違うので、ご利用のカード会社に確認してみてください。

5.クレジットカードキャッシングのメリット

クレジットカードのキャッシングは金利の面では正直あまりメリットはありません。しかし、他のカードローンにはない利点もあります。クレジットカードキャッシングのメリットについてまとめました。

メリット1 新たなカードを作る必要が無い

クレジットカードのキャッシングならすでに持っているカードで借入ができるので、ローン専用カードを作る必要はありません。

あらかじめキャッシング枠を申し込んでおけば、いつでもすぐに利用できるため急な出費にも対応できるのは大きなメリットです。また、カードが増えることが無いのでお財布の中もスッキリです。

メリット2 海外でもキャッシングできる

意外に知らない人も多いかもしれませんが、クレジットカードのキャッシングは海外でも使えます。現地のATMから直接外貨を引き出すことができるので、日本円から外貨へ両替する手間がかかりません。

海外キャッシングは便利なだけでなく、両替所を通さないぶん換金時のレートが良いのも特徴の1つです。両替時に比べ換金コストを大幅に抑えることができるので、外貨を用意する際にはおすすめの方法です。

6.クレジットカードキャッシングの注意点

コンビニのATMなどで手軽に利用できるキャッシングですが、借金をすることに他なりませんのでいくつか注意したいポイントがあります。必ずキャッシングをする前に確認しておきましょう。

注意点1 自動的にリボ払いになることがある

カードキャッシングの支払いは基本的に一括払いですが、カード会社によってはキャッシングを利用すると自動的にリボ払いになる場合があります。

リボ払いは月々の支払額は少ないものの、返済期間が長引くため結果的に利息を多く支払うことになります。

もしもリボ払いでしか返済できない場合は支払日を待つのではなく、繰り上げ返済をして1日でも早い返済を心掛けましょう。

繰り上げ返済の方法はATMからの入金や振り込みなど会社によって違うため、それぞれのカード会社に確認してみてください。

注意点2 ATM手数料がかかる

銀行のカードローンや消費者金融の場合、手数料無料のATMが用意されていますが、クレジットカードのキャッシングの場合は基本的にATM手数料がかかります。

手数料は1万円以下で100円+税、1万円超で200+税円の場合が多いですが、借入時のみならず繰り上げ返済をする際にもかかってしまうのがネックです。

注意3 延滞すると遅延損害金が発生する

キャッシングの支払いを延滞してしまうと遅延損害金が発生します。遅延損害金は罰金のようなもので、通常金利よりも割高な年20.0%に設定している会社が多いです。

遅延損害金は延滞した日数分かかるため、延滞が長引いた分だけ利息が膨らんでいきます。参考までにもし延滞してしまうと遅延損害金がいくらになるのか計算してみましょう。

10万円を年20.0%で10日間延滞した場合

・10万円×20.0%÷365日×10日間=547円

この場合、通常の利息分にプラスして547円多く返済しなければならない計算です。

また、支払いを延滞すればあなたの信用情報にも傷がつきます。信用情報に延滞履歴がついてしまうと、今後ローンを組む際などに大きく影響してくるので、クレジットカードの支払いはくれぐれも延滞しないよう気をつけましょう。

7.低金利で選ぶ銀行カードローンランキング

クレジットカードのキャッシングは一時的に利用するぶんには良いですが、金利が高いため長期的な借入には向いていません。金額が大きくなる場合や返済期間が長くなる場合は、より低金利な銀行カードローンをおすすめします。

銀行カードローンの上限金利は大体年14.0%~15.0%なので、少額の借入であってもクレジットカードで借りるよりお得です。

なお、銀行のローンといっても担保や保証人は必要なく、20歳以上で安定した収入のある方ならどなたでも申込可能です。

おすすめの銀行カードローンをご紹介しますので、カードローンを利用する時はこの中から選んでみてください。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは横浜銀行を普段から利用している方に特に選ばれています。専業主婦やパート・アルバイトの方も借入可能です。

なお、横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)に住んでいる、もしくはこの地域で働いている方が利用可能です。

横浜銀行カードローン詳細

▼横浜銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
横浜銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

8.まとめ

クレジットカードのキャッシングはローン専用カードを作る必要がないため、気軽に利用しやすいメリットはあります。ですが、少しでもお得にキャッシングをしたい方にはあまりおすすめできません。

金銭的に困った時の保険として使う程度であれば良いですが、利用頻度が高い場合は低金利の銀行カードローンがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket