クレジットカードでキャッシングをする上で知っておきたい全てのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード キャッシングとは

クレジットカードにはショッピングの他にキャッシング機能が付いていますが、キャッシングについては普段使うことがなく、よく分からないという方も多いかもしれません。

すでに持っているカードにキャッシング機能が付いていれば、すぐにコンビニのATMなどからお金を借りることができるので、急な出費があった際にも非常に便利です。

この記事では、クレジットカードのキャッシング機能の詳しい概要と、消費者金融や銀行カードローンとの違いについてご紹介していきます。

1.クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとは、簡単に言うとクレジットカードを使ってお金を借りることです。クレジットカードはお店で買い物をする時などにレジで現金の代わりに使いますが、この場合はクレジットカードのショッピング枠を利用しています。

しかし、クレジットカードにはショッピング枠の他に、お金を借りるためのキャッシング枠が付いています。正確に言うと付いている場合があります。キャッシング機能を付けるかどうかはカードの申し込み時に選ぶことができるため、キャッシング機能の有無については人それぞれで違うからです。

キャッシング機能が付いている場合は、コンビニや銀行のATMなどからカードローンのような感覚で借り入れができます。現在カードにキャッシング機能が付いていない場合は、電話や会員専用ページから新たに申し込むことも可能です。

①ショッピング枠との違い

商品の購入や食事の支払いなど、普段のクレジットカードの利用は全てショッピング枠の利用にあたります。一方キャッシング枠は、ショッピング枠とは別に用意されている借り入れ専用の利用枠で、キャッシング枠の金額が借り入れできる上限額となります。仮に、キャッシング枠が20万円なら、最大20万円まで借り入れが可能です。

②利用枠

一般的なクレジットカードの場合、キャッシング利用枠は10万円~50万円の範囲になっていることが多く、実際は20万円~30万円という方が比較的多いようです。キャッシング利用枠の上限は、カード申し込み時の審査によって決まります。そのため、申し込む人の信用度によっていくらになるかも変わってきます。

クレジットカードを作った時点ではキャッシング枠はそれほど大きくありませんが、その後のカードの利用状況によっては利用枠を増額してもらうこともできます。もちろんその際にも審査があるため、審査時の年収や他社からの借り入れ状況などが影響してきます。なお、最低限カードの支払いを延滞していないことが前提となるため、これまで支払いを延滞してしまっているような場合、増額は難しいでしょう。

③金利

ショッピングの一括払いやボーナス一括払いなら金利はありませんが、キャッシングの利用には金利が発生します。キャッシング枠が100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%に設定されている会社が多く、金利だけを見ると消費者金融のカードローンとほぼ同じ水準となっています。

④借り入れ方法

クレジットカードのキャッシング方法は、主にATMからの借り入れと振り込みによる借り入れの2つです。ATMを使って借り入れをする場合は、銀行やコンビニなどの提携ATMから、クレジットカードを使いお金を引き出す(借入)ことができます。

一方、振り込みによる借り入れは「ネットキャッシング」や「オンラインキャッシング」とよばれ、会員専用ページや電話からその都度申し込みをし、自分の口座にお金を振り込んでもらう仕組みです。オンラインキャッシングの場合振り込みまでの時間はカード会社によって違いますが、銀行の営業時間内の申し込みなら、当日中に振込をしてくれる会社がほとんどです。

⑤返済方法

キャッシングの返済方法には、一括払いとリボ払いの2種類があります。基本的には一括払いになりますが、あらかじめリボ払いに設定している場合は毎月定額での返済となります。また、カード会社によってはリボ払いが通常の設定になっていることもあるので、不安な方はカード会社に確認をしてみたほうが良いかもしれません。

キャッシング利用分は、ショッピング利用分と合わせてカードの支払日に口座から引き落とされますが、引き落とし日よりも前にATMから繰り上げ返済をすることも可能です。キャッシングの利息は日割り計算されるため、支払日まで待つよりも早めに繰り上げ返済をしたほうが余計な利息がかからずお得です。

⑥ATM手数料

ATMでキャッシングをする場合は、借入金額に応じて所定のATM手数料がかかります。

  • 1万円以下 108円
  • 1万円超 216円

2.カードローンとの4つ違い

クレジットカードのキャッシングと、消費者金融や銀行のカードローンは似ている部分が多く、何が違うのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。ここからは、キャッシングとカードローンの違いについてご紹介します。

違い1 借入限度額

クレジットカードのキャッシングとカードローンでは、借入限度額に大きな違いがあります。キャッシングの利用枠は50万円以内の場合がほとんどですが、カードローンの場合、限度額は500万円~1,000万円と高額です。いくらキャッシング枠の増額が可能とはいえ、クレジットカードではここまで大きな金額を借りることはできないでしょう。

違い2 返済方法

キャッシングの返済方法は基本的に一括払いですが、カードローンについては毎月定額の返済をするリボ払いが基本です。たとえば5万円を借りた場合、キャッシングについては次回の支払日に5万円が全額口座から引き落とされますが、カードローンの場合は5,000円や1万円など決まった額を毎月支払っていく仕組みです。

しかし、キャッシングの返済方法に関しても、別途手続きをすればリボ払いに変更することもできます。リボ払いの取り扱いはカード会社によって微妙に違いますが、三井住友VISAカードの「あとからリボ」のように、カードの利用後に一括払いからリボ払いに変更できる会社もあります。

違い3 専用カード

クレジットカードのキャッシングはすでに持っているカードで借り入れができますが、カードローンの場合は契約時に借入専用カードが発行されます。なかには銀行のキャッシュカードと兼用型のものや、カード自体発行されず振込によって借り入れができるものもありますが、基本的にはローン専用カードを使って借り入れをします。

違い4 海外利用

クレジットカードのキャッシングは、海外でも利用可能です。海外のATMから借り入れをすれば、現地の通貨で直接お金を引き出すことができるため、両替をする手間もかかりません。これに比べ、カードローンは海外で利用することはできません。クレジットカードのキャッシングのように全国の提携ATMで利用することはできますが、使えるのはあくまで国内のみとなっています。

3.クレジットカードかカードローンか

海外での利用や一時的に少額の借り入れをしたい場合はキャッシングでも良いですが、50万円超の金額を長期的に借りる場合は、キャッシングよりもカードローンがおすすめです。

消費者金融の金利と比べると、キャッシングの金利もそれほど違いはありませんが、カードローンの場合は銀行系のものを選ぶこともできます。一般的な銀行カードローンの金利は、高くても14.0~15.0%なので、クレジットカードのキャッシング金利に比べると低金利といえます。

また、借入額も500万や1,000万円と高額になっているため、大きな金額を借りたい場合にはカードローンのほうが向いています。

4.クレジットカードキャッシングの豆知識

知っておきたいクレジットカードキャッシングの豆知識をご紹介します。キャッシングをする上での基本的な知識として、ぜひ覚えておきましょう。

豆知識1 キャッシング枠は外せる

キャッシング枠が不要な場合は途中で外すことも可能です。預金を引き出すように簡単に借入ができるため、なかには使い過ぎてしまうのが心配な方も多いかもしれません。

キャッシング枠はカードローンなどと同じく借入件数1件としてカウントされるので、今後住宅ローンなど何らかのローンを組む際に、審査に不利になる可能性があります。キャッシング枠を利用していない場合は、あらかじめ外しておくことをおすすめします。

豆知識2 ショッピング枠とキャッシング枠の関係

クレジットカード枠には大きく分けて、「総枠」、「ショッピング枠」、「キャッシング枠」の3種類があります。総枠は簡単で、カード全体の利用枠のことです。

ショッピング枠とキャッシング枠についてですが、この2つはそれぞれで独立している場合もありますが、ほとんどの場合、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているため、「総枠=ショッピング利用枠」になることがほとんどです。

  • 『ショッピング枠「キャッシング枠」』=総枠

たとえば、ショッピング枠(総額)が50万円、キャッシング枠が30万円だった場合、30万円キャッシングするとショッピングで使えるのは20万円までとなります。逆にショッピングで30万円使った場合、キャッシングできるのは残りの20万円までです。

つまりこの場合は、カード全体の利用枠が50万円、そのうち30万円までがキャッシング利用可能額ということになります。キャッシングを利用しない場合は、ショッピングで50万円を全額使うことができるという仕組みです。

豆知識3 利息の計算方法

キャッシングの利息は日割りで計算され、計算方法は以下になります。

  • 借入額×金利÷365日×借り入れ日数=利息

たとえば、5万円を金利18.0%で30日借りた場合の利息は739円です。

  • 5万円×18.0%÷365日×30日=739円

豆知識4 ショッピング枠現金化

ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、その商品を専門業者に買い取ってもらうことで現金を得る方法です。しかし、ショッピング枠の現金化はカード会社の利用規約上禁止されている行為です。そのため、現金化をすると規約違反となり、カードの利用停止や一括返済を求められる場合もあります。

さらに、現金化をする業者の多くが闇金と言われています。ネット上ではカードの現金化は合法で安全なものと謳っている業者も多いですが、カードの利用規約に違反している以上、決して安全なはずがありません。知らないうちに闇金と取引をしていたといった状況にならないためにも、カードの現金化は決してするべきではありません。

5.今すぐ借りれるカードローン5選

大きな金額を借りたい時におすすめのカードローンを5つご紹介します。即日での借り入れも十分にできますので、まとまったお金を借りたい時はこの中から選んでみてください。

新生銀行カードローン レイク

第1位は新生銀行カードローン レイクです。レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるため、「短期間だけお金を借りたい」「少額の借入をしたい」といった方に特に選ばれています。

また、レイクは専業主婦の方も旦那さんの収入証明書や同意書なしで借入ができるため、「家族に内緒で借入したい」といった方にも選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

第2位はアコムです。アコムは融資スピードは最短1時間と早く、土日祝日に申し込みをしても当日中に借入ができます。「急ぎで借りたい!」という方に特に選ばれています。また、30日間の無利息期間もあるため、「給料日が来たらすぐに返せる」というような、短期間だけ借りたい方もアコムを利用しています。

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

第3位はプロミスです。プロミスは平日14時までに契約完了していれば銀行口座へ最短10秒で振込をしてもらうことができるため、「急ぎでお金を借りたい方」に選ばれています。

プロミスにも30日間の無利息期間があり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、深夜でも土日祝日でも受付完了から最短10秒で振り込んでもらうことが可能です。そのため、プロミスは「三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方」に特に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

第4位はみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行カードローンは「まとまったお金を中長期で借りたい!」といった方に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードですぐに利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンの詳細を確認したいなら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|最速融資を受ける手順と注意点とは

モビット

第5位はモビットです。WEB完結申込なら電話連絡や郵送物がないことから、派遣社員の方のように普段会社にいることが少ない職業の方や家族や職場にバレずに借入したいといった方に選ばれています。職場への電話連絡をどうしても避けたい方の利用が特に多いです。

モビット詳細

▼モビットの詳細を確認したいなら
モビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは


6.まとめ

クレジットカードにあらかじめキャッシング機能が付いていれば、新たに申し込みをしなくても借り入れができるため、急な出費の際にも助かります。

しかし、キャッシングの金利は銀行のカードローンに比べて高めです。金額が大きくなる場合や長期間の借り入れになる場合は、クレジットカードのキャッシングよりも銀行のカードローンを検討されることをおすすめします。

また、キャッシングを利用した際には、カードの引き落とし日を待つよりも、早めに繰り上げ返済をしできるだけ利息を減らすよう心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket