アコム

クレジットカードのキャッシングとカードローン、結局お得なのはこっちだ!FPが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカード キャッシング0

「お金を借りる」と一言で言っても様々な方法があり、それぞれにメリット・デメリットが存在しています。

中でもポピュラーな借入方法である「クレジットカードキャッシング」と「カードローン」は比較対象として挙げられるケースも多いでしょう。

しかし、「クレジットカードキャッシング」と「カードローン」を比較した場合、実際にどちらのほうがお得なのでしょうか。

ここではクレジットカードキャッシングとカードローンを様々な角度から比較し、結局どちらがお得なのかを検証してみたいと思います。

1.クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとは、通常の「ショッピング」と呼ばれる機能とは別に「お金を借りる」という機能を追加するものです。

①ショッピングとの違い

ショッピングとのわかりやすい違いは「お店で直接利用できるかどうか」という点です。ショッピング機能は商品やサービスを購入する際、カードを提示することで直接利用できます。購入代金はクレジットカード会社に請求され、原則として翌月に決済されます。わかりやすく言えば「代金を立て替えてもらう取引」です。

対してクレジットカードのキャッシング機能は、ショッピングとは異なり店舗で直接利用することができません。クレジットカードキャッシングでお買い物する際は、事前にATM等で現金を引き出す必要があります。わかりやすく言えば「お金を借りる取引」だということです。

クレジットカードのキャッシング機能とショッピング機能には、このように大きな違いがあります。

②キャッシングの利用枠

クレジットカードのキャッシングには「利用枠」が設定されます。この利用枠は「枠内であればいつでも借入可能」とクレジットカード会社が認めている金額であり、利用枠内であれば利用者の意思で自由に借入することができます。

ただし注意点として、この「利用枠」がショッピング機能とキャッシング機能で共通になっている場合があります。

例えば共通の利用枠が20万円までのクレジットカードを持っている人が、10万円分のショッピング機能を利用したとします。この場合、キャッシング機能を利用できるのは残りの10万円のみになってしまいます。

したがって、利用枠が共通かどうかはクレジットカードキャッシングを利用する上で非常に重要なポイントだと言えます。クレジットカードキャッシングを利用する際は、利用枠の取り扱いを事前にチェックしておくと良いでしょう。

2.カードローンとは

カードローンとは専用のカードを使ってお金を借入する融資商品です。カードローンはクレジットカードと異なり、お店で直接利用することができません。わかりやすく言えば「キャッシング機能だけのカード」です。

カードローンを取り扱う業者は主に消費者金融と銀行の2種類で、同じカードローンでも取り扱う業者によって商品の特徴が異なります。消費者金融カードローンと銀行カードローンには、それぞれ次のような違いがあります。

①消費者金融カードローン

消費者金融が取り扱うカードローンは手続きスピードが早く、融資を急いでいる方に適しています。その反面、設定されている金利が全体的に高めなので、長期間の借入には適していません。

また、消費者金融の貸付は「貸金業法」の対象となり、総量規制が適用されます。総量規制とは多重債務者対策として設けられた制度で、利用者年収の3分の1を超える貸付を禁止しています。例えば年収300万円の方であれば、年収の3分の1である100万円以上を借入することはできません。

ちなみにクレジットカードキャッシングも総量規制の対象になりますので、年収の3分の1を超えて借入することはできませんが、カードローンと比較すると扱う金額が小さいため、総量規制ギリギリの利用枠が設定されるケースは少ないでしょう。

したがって、クレジットカードキャッシングよりも消費者金融カードローンのほうが、「年収の3分の1以内に収まっているかどうか」が影響しやすいと言えます。

②銀行カードローン

銀行が取り扱うカードローンは、消費者金融カードローンとほぼ逆の特徴を持ちます。審査や手続きのスピード面では消費者金融に敵わないものの、金利の低さやATMの利用手数料など「返済に伴うコストの低さ」が銀行カードローンの大きな特徴です。

また、銀行が取り扱う商品は「銀行法」の対象となり、先述した「貸金業法」が適用されません。したがって、年収の3分の1までの借入までに規制する総量規制も対象になりません。

しかし、だからといって利用者の返済能力を著しく超える金額を借入できるわけではありません。多くのケースでは銀行カードローンも年収の3分の1以内で限度額が設定されますので、「総量規制の対象ではない=たくさん借りることができる」と誤解しないように注意しましょう。

3.クレジットカードキャッシングとカードローンの比較

クレジットカードキャッシングとカードローンはどちらも「お金を借りる商品」であり、よく似ている部分もあります。しかし、実は比較してみると多くの違いがあります。次の図はクレジットカードキャッシングとカードローンの違いを簡単にまとめたものです。

クレジットカード キャッシング1

クレジットカードキャッシング、カードローンともに商品によって違いはありますが、大まかな傾向としては上記のようになります。

①クレジットカードキャッシングのメリット

クレジットカードキャッシングのメリットは、手持ちのカードに機能を付加する「手間の少なさ」でしょう。クレジットカードキャッシングの機能は、ショッピング機能のついでに付加されることが多いです。

したがって、カードローンのように「お金を借りる」ためだけでなく、ショッピングと併せて申し込みできる手間の少なさが大きなメリットです。

②カードローンのメリット

カードローンのメリットは、金利の低さや利用できる金額の大きさでしょう。やはりお金を借りるための専用商品ということもあり、お金を借りるための機能が充実しています。その反面、クレジットカードのようにショッピング機能は付いていませんので、多機能さの面では劣るといえます。

③お得なのはこっちだ!

クレジットカードキャッシングとカードローンのどちらがお得なのかといえば、

  • 「お金を借りる」という機能ではカードローンがお得
  • 「ショッピングのついでにキャッシング機能を付加したい」ならクレジットカードキャッシングがお得

となります。それぞれにメリットがありますので、ご自身の利用方法にどちらが適しているのかを想定し、利用する商品を選びましょう。

4.初めての方におすすめの厳選カードローン比較

初めての方におすすめのカードローンを比較してご紹介します。全て即日融資に対応していますので急ぎの方も非常に助かります。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

クレジットカードキャッシングとカードローンはそれぞれ似通った部分があるものの、優先している機能が異なります。ご自身のニーズを把握し、最適なサービスを選ぶようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket