クレジットカードの審査に通らないのはなぜ?落ちる原因から考える審査の通し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジット カード 審査0

クレジットカードの審査に通らなかった場合、何が原因だったのかは非常に気になるところですが、カード会社に聞いても審査落ちの理由までは教えてくれません。

ですが、理由がわからなければ「別のクレジットカードに申し込みをしてもまた同じ結果になるのではないか」と不安になってしまいますし、何より審査に落ちたことに納得がいかない場合もあるでしょう。

そこで今回は、クレジットカードの審査で注目される3つのポイントと審査に落ちてしまう人の特徴についてまとめました。「どうして審査に落ちたのか見当がつかない」という方はぜひ参考にしてみてください。

1.クレジットカード審査で見られる3つのポイント

クレジットカードの審査で見られるポイントは「属性」「信用情報」「在籍確認」の主に3つとなり、審査に通るためにはこの3つの審査項目それぞれで合格点をもらう必要があります。まずはそれぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

ポイント1 属性

属性とは申込者の総合評価を表す項目で、例えば年収、他社からの借入状況、勤続年数、雇用形態などがこれにあたります。属性にはその他にもたくさんの評価ポイントがありますが、どれか1つに問題があるからといって必ずしも審査に落ちるわけではなく、あくまで総合的な判断となります。

属性の評価は基本的に「スコアリング」という方法で行われ、例えば年収300万円なら5点、勤続年数5年なら6点というように、一つひとつに点数が振られ、最終的に総合得点が基準を満たしているかどうかという判断になります。

ポイント2 信用情報

信用情報とは金融商品の利用情報や申込情報を個人毎に登録したもので、現在国内に3つある信用情報機関にそれぞれ登録されています。

クレジットカード会社に限らず、銀行や消費者金融などの金融機関はこの中のいずれか1つ以上に必ず加盟しており、カードの申し込みがあるとカード会社は加盟している信用情報機関に申込者の情報を照会し、延滞履歴がないか、債務整理をしていないかなどを確認します。

ポイント3 在籍確認

在籍確認は申込者の勤務先に担当者が電話をかけ、本当にその職場に在籍しているのかを確かめるために行われます。

在籍確認の電話には必ずしも申込者本人が対応する必要はなく、他の人が電話に出た場合でも「○○はただいま席を外しております」「本日はお休みを頂いております」など、在籍していることが分かる返答がもらえれば問題ありません。

2.クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準は、必ずしもすべてのカード会社で同じとは限りません。

信用情報や在籍確認はある程度同じ基準が設けられている可能性が高いですが、属性はスコアリングの仕方がそれぞれの会社で違うため、同じ人が申し込んだにもかかわらず、A社の審査には落ち、B社の審査には通ったというケースもあります。

明確な審査基準は非公開のためはっきりしたことは言えませんが、例えば消費者金融系やデパートなどが発行する流通系のクレジットカードは一般的に審査に通りやすいと言われているので、参考程度に覚えておくと良いでしょう。

3.クレジットカード審査に落ちる人の6つの特徴

これまでの内容を踏まえ、クレジットカードの審査に落ちてしまう人の特徴についてご紹介していきます。

特徴1 現在支払いを延滞している

クレジットカードの申込時に他のローンやクレジットカードの支払いを延滞している場合は、まず審査に通ることはできません。また、携帯電話を割賦で購入している場合もローン組んでいるのと同じ扱いになるため、携帯電話料金を延滞すると延滞記録が信用情報に登録されてしまいます。

支払いの延滞は返済能力がないということを意味するので、そのような状況で審査に通ることはまずありません。

特徴2 過去に支払いを延滞したことがある

信用情報は最長4年または10年間信用情報機関に登録されるため、過去に延滞した履歴が残っている場合も審査に通ることは難しくなります 。

特徴3 他社からの借入状況に問題がある

クレジットカードに申し込む時点で他の金融機関からの借り入れがある場合、その金額や件数によっては審査落ちの原因になることがあります。

特にキャッシング枠の申し込みも同時に行った場合は、総量規制の問題が関わってくることになります。総量規制とは貸金業者からの借入額の合計を、契約者の年収の3分の1までとする規制です。

ここで言う貸金業者にはクレジットカード会社も含まれるため、カードを申し込んだ時点で年収の3分の1相当の借入がある場合、キャッシング枠の申し込みをしても審査に通ることはありません。

特徴4 ローンやクレジットカードを利用したことがない

これまでローンやクレジットカードを利用した経験がないにもかかわらず、審査に落ちてしまうというケースもあります。これは照会できる信用情報がなく、過去の返済実績を確認できないことが理由の1つとして考えられます。

クレジットカードを持っている場合は1度でも良いのでカードの利用実績を作っておくと良いですが、カード自体持っていない場合は他のカード会社に申し込みをしてみる他ないでしょう。

特徴5 在籍確認が取れない

間違いなくその会社で働いていれば在籍確認が取れないということは基本的にないはずですが、派遣社員として勤務している場合は少し注意が必要です。

派遣社員の場合、在籍確認時の連絡先は派遣元である派遣会社となりますが、近年は個人情報の取り扱いが非常に厳しいため、派遣会社側が在籍確認の電話に対応してくれないケースがあります。この場合はあらかじめ派遣会社に連絡をしておき、在籍確認の連絡が入ることを伝えておいた方が安全です。

特徴6 申込時に虚偽の申告をしている

申し込み情報は必ず正しい内容を申告する必要があります。もしも申告内容と実際の内容が食い違っていた場合、審査を有利に進めるために嘘をついたと思われ、カード会社からの信頼を一気に失ってしまいます。

特に年収や他社からの借り入れ額などは収入証明書と信用情報ですぐに確認がとれるので、嘘をついたところですぐにバレます。また単純な入力ミスで審査に落ちてしまうこともあるので、入力内容は間違いがないか最後に必ず確認するようにして下さい。

4.自分の信用情報の確認方法

いくら申し込んでも審査に落ちてしまうという人は、自分の信用情報を一度確認してみた方が良いかもしれません。信用情報に問題がある場合、その状況で申し込みをしても審査に通ることは難しいので、信用情報が消えるのを待って再申込みをするのが無難です。

500円~1,000円の手数料はかかりますが、自分の信用情報はそれぞれの信用情報機関に開示請求をすることで確認ができます。詳しい手続き方法は各信用情報機関のホームページで確認が可能です。

JICC(株式会社日本信用情報機構)
http://www.jicc.co.jp/

CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関)
http://www.cic.co.jp/

JBA(一般社団法人全国銀行協会)
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

5.まとめ

今回はクレジットカードの審査で見られるポイントと、審査に落ちてしまう人の特徴についてご紹介しました。今回ご紹介した理由が全てではありませんが、審査落ちの原因の多くは信用情報にあるとも言われます。

しかも、一度信用情報に事故情報が登録されると5年~10年間その情報は消えないため、その間は何度申込をしても審査に通る可能性は低いでしょう。クレジットカードの審査に通りたければ、何よりも毎月の支払いをしっかりと行うことが最も重要と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事