猫を飼うのに必要な費用は?上手に節約して愛猫と素敵な暮らしを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
猫

「猫を飼いたい」と思ったときに、気になるのは飼うためにかかる費用。

一つの命を生涯預かるのですから、猫が死ぬまで、安心・安全・健康に暮らせるようにしてあげるのに一番大切な費用について入念に調べておく必要がありますよね。

猫を飼うのにかかる必要最低限の費用や、節約できる部分などもまとめてみました。
これから猫を飼いたい方は参考にしてみてください。

1.猫を飼うための初期費用

猫を飼い始めるときに必要な費用をご紹介します。

①猫自体の購入費用

ペットショップで購入する場合は、描種によって価格は様々です。5万円前後~50万円以上する描種もあります。

保護団体や知人などから里親として引き取る場合、猫自体の購入費はかからないでしょうが、ワクチンや去勢の済んだ猫を譲り受ける場合は、その費用など請求されることがあります。

②健康診断費用とワクチン接種費用

健康診断やワクチン接種をしていない猫を飼う場合は最初に必要な費用となります。ペットショップでは、すでに健康診断もワクチンも済んでいるはずですが、その費用が猫自体の購入費用に含まれている場合と別途支払う場合があります。

  • 健康診断費用 : 5,000円前後
  • 3種混合ワクチン接種費用 : 6,000円前後

(注:地域や病院によって変わってきます。受診前にご確認ください。)

③生活用具費用

<絶対に必要>

  •  トイレ : 1,000円~3,000円程度
  •  猫砂 : 500円~1,000円程度
  •  エサ入れ : 100円~500円程度
  •  水入れ : 100円~500円程度
  •  キャリーケース : 3,000円~6,000円程度

節約ポイント!

  • エサ入れ、水入れは100円ショップのお皿でもOK。軽いものより重めのものが使いやすいです。

<あった方が良い>

  • 爪切り : 400円~1,000円程度
  • 爪とぎ : 300円~1,000円程度
  • 猫用ブラシ : 500円~1,500円程度
  • おもちゃ : 100円~1,000円程度

節約ポイント!

  • 爪切りは動物病院に連れていけばやってもらえますが、自分で出来るようであれば病院代の節約になります。小さい頃から慣らさせると良いでしょう。
  • おもちゃは100円ショップでも売っていますし、家に余っている段ボールやヒモなどで手作りすることもできます。誤飲してしまうと最悪手術になったりする場合もあるので注意しましょう。

<必要であれば>

  • 猫用ベッド : 2,000円~5,000円程度
    猫にとって落ち着いて寝られる場所があると良いです。(買っても使わない場合もあります…。)
  • キャットタワー : 5,000円~10,000円程度
    猫は高いところに登るのが好きです。部屋が狭い場合など、キャットタワーがあると猫の行動範囲も広がり運動になりますし、爪とぎが付いているものも多いです。
  • 猫用シャンプー : 500円~1,000円程度
    室内で飼っていても思いがけず汚れる事こともあります。また、定期的にお風呂に入れると抜け毛を防ぐこともできます。

④最低限かかる初期費用の合計

「①猫自体の購入費用」と「③生活用具費用の<必要であれば>」は省きます。

  • 健康診断/ワクチン接種 : 約11,000円
  • 生活用具(最安値で計算) : 約6,000円

合計 約17,000円

2.猫を飼ってからコンスタントにかかる費用

猫を飼ったら毎月必要となる費用についてご紹介します。

①食費(おやつ込)

1ヶ月 : 3,000円~5,000円程度

節約ポイント!

  • 食費ですが、安すぎるキャットフードを選ぶのは要注意です。添加物など猫にとって不必要なものが入っていたり、人間と同じように猫にとっても“食”は健康を維持するために大切な部分です。
  • 健康面も気にしつつ、猫も気に入ってくれるものが見つかったら、インターネットなどで大量買いするとお得です。

②猫砂代

1ヶ月 : 500円~1,000円程度

節約ポイント!

  • 猫砂も、猫が気に入ったものが見つかったらインターネットなどで大量買いすると良いでしょう。
  • 猫にも好き嫌いがあるので初回は少量買いからがおすすめです。

3.オス猫の去勢やメス猫の避妊にかかる費用

まだ去勢や避妊が済んでいない猫を飼った場合にかかる費用をご紹介します。(注:地域や病院によって変わってきます。受診前にご確認ください。)

  • オス猫の去勢費用 : 10,000円~20,000円程度
  • メス猫の避妊費用 : 15,000円~30,000円程度

去勢や避妊は必ずしなくてはいけないことではありませんが、繁殖を望まないのであれば不妊手術をすることによって多くのメリットがあります。
生殖器の病気を予防する効果や、発情期のストレスを軽減できます。

4.猫を飼ってから毎年必要な費用

猫を飼ったら毎年必要となる費用についてご紹介します。(注:地域や病院によって変わってきます。受診前にご確認ください。)

  • 定期健診費用 : 5,000円前後(1回)
  • 3種混合ワクチン接種費用 : 6,000円前後(1回)

定期健診は、健康な猫の5歳までは年に1回、5歳を過ぎたら半年に1回受けるのが良いとされています。ワクチンは年に1回です。

5.猫を飼ったら臨時でかかる費用

猫を飼っていれば、臨時で必要になるかもしれない費用をご紹介します。

①病気や怪我をした場合の治療費

病気や怪我の状態によって治療費も大分変ってきますが、基本的に動物の診療代は高いです。ちょっとした怪我でも2,000円~3,000円かかりますし、手術や入院ともなれば何十万円とかかることもあります。病院に連れていくとき、お財布の中には最低1万円はあると良いでしょう

節約ポイント!

  • 猫を飼っていて一番高くつくのは病院代ともいえます。猫が健康でいてくれることが一番の節約になるということです。少しでもおかしな症状があれば、すぐに病院に連れていき悪化させないことや、やはり定期健診は欠かさないことです。部屋は常に綺麗にしておき、飲み込んでしまいそうなものや危険なものなどは片づけておきましょう。
  • 近年ではペット保険もたくさん出てきました。少額から入れるものもありますが、年齢制限があったり、補償額や補償内容も様々ですので何社か比較してみましょう。保険に入らなくても、ご自分で「猫用貯金」をしておくと、いざという時に助かります。

②冷暖房費

家の状況にもよりますが、真冬や特に真夏は飼い主さんが外出するときでも冷暖房をつけておく必要が出てきます。夏の猛暑日など、室温が40℃近くなるときはエアコンが必須となります。

節約ポイント!

  • エアコンをつける場合、猫にとっての適温は27℃~30℃くらいといわれていますので、温度設定は28℃、29℃くらいで大丈夫です。

③家財道具の修繕費

ソファやカーテンを破かれた、テレビにぶつかって倒された、パソコンに飛び乗られた、などなど猫を飼っていれば物を壊されることも多々あります。

6.猫の一生にかかる費用

猫の寿命は年々延びてきており、ここ最近の猫の平均寿命は15歳とのこと。猫の寿命を15歳として、生涯飼い続けるのに必要な費用を計算してみました。

<初期費用>

  • 健康診断/ワクチン接種 : 約11,000円
  • 生活用具(最安値で計算) : 約6,000円

<コンスタントにかかる費用>

  • 食費(おやつ込): 約540,000円(年36,000円×15)
  • 猫砂 : 約90,000円(年6,000円×15)

<去勢や避妊にかかる費用>

  • 去勢・避妊 : 約20,000円

<毎年必要な費用>

  • 定期健診費用 : 約125,000円(5歳まで25,000円+5歳~15歳まで100,000円)
  • 3種混合ワクチン接種費用 : 約90,000円(6,000円×15)

<合計>

約882,000円

必要最低限で計算したものですので、病気や怪我をしたり、物を買い替えたりすれば、プラスしてかかります。

7.まとめ

猫を飼うには、それなりの費用がかかります。臨時でかかる費用も考えると、それなりに余裕を持って考えておいた方が良いでしょう。節約できるところは上手に節約して、新しく迎える猫ちゃんと素敵な生活を送れると良いですね。

猫を飼う際の費用に関しては、こちらの記事もご参考ください。

「愛猫のためのおすすめ猫砂!消臭力やコスパに優れた猫砂は!?」
「後悔しないキャットフードの選び方|愛猫が長生きするおすすめの餌」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket