消費者金融の借金を賢く返済するための3つのコツと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
消費者金融 返済

消費者金融の場合、月々の返済額はそれほど大きくないケースも多いため、気付けばダラダラと何年も借金を返済し続けているという場合も少なくありません。

ですが、返済期間が長引くということは、そのぶん余計な利息を支払っているということです。

時には利息だけで数十万円になることもあるので、消費者金融を利用するからには徹底して利息やムダを省くことが大切です。

今回は、消費者金融の借金を賢く返済する方法について詳しくご紹介します。少しでもムダなお金を払いたくないという方は、ぜひ参考にしてください。

1.消費者金融を賢く返済する3つのコツ

ではさっそく、消費者金融の借金を賢く返済するためコツをご紹介していきます。

コツ1 手数料無料の方法で返済

消費者金融の返済方法にはATMからの返済の他に、振り込みや口座引き落としなどがありますが、その際にかかる手数料にも気を配りたいところです。

消費者金融の窓口やATMであればどの消費者金融も基本的に手数料は無料です。しかし、コンビニや銀行などの提携ATMを利用する場合、利用手数料は契約者負担となることがほとんどです。

1回ごとの手数料は100円や200円程度ですが、消費者金融の返済は毎月ありますし返済期間も数年に渡るケースが多いです。トータルで見ると手数料もバカにならないので、返済時や借入時にはできるだけ手数料無料の方法を選びましょう。

たとえば、モビットについては提携ATMの中でも三井住友銀行のATMであれば手数料は無料です。手数料の取り扱いについてはご自身の利用する消費者金融で確認してみてください。

コツ2 返済日を給料日のすぐ後に設定

口座引き落としによる返済ができる消費者金融については、返済日を給料日のすぐ後に設定しておくのがおすすめです。口座に残高があるうちに引き落としがかかれば、残高不足で返済ができなかったということもありません。

返済日をいくつかのパターンから選べる会社も多いので、ご自身の給料日に合わせて返済日を設定しておきましょう。

コツ3 繰上げ返済をする

消費者金融からの借り入れには金利がつきものです。そのため、仮に毎月1万円を返済したとしてもそのうちのいくらかは利息の支払いに充てられ、元金の返済にまわる額は数千円となります。基本的に借入額が多いほど支払う利息も多くなるため、毎月最低金額の返済だけでは借金はなかなか減りません。

それどころか、期間が長くなるほど利息も増えるため、返済期間が長引いた分だけ支払総額も増えることになります。

ですから、消費者金融の返済時には繰り上げ返済が基本です。大手消費者金融に関してはATMなどから手軽に繰り上げ返済ができるので、毎月数千円ずつでも多く返済する、もしくは余裕のある時は月に2回返済するなど、借金を少しでも早く減らす工夫が必要です。

この場合も返済日を給料日の直後に設定しておけば、繰り上げ返済もしやすくなるのでおすすめです。お金があるうちに先取りで返済をすることで、ムダな利息を減らしましょう。

2.大手消費者金融の返済シミュレーション

大手消費者金融のHP上には、返済シミュレーションが用意されています。これから借り入れをする方も既に借りている方も、一度ご自身の利用している消費者金融でシミュレーションをしてみましょう。毎月の返済額や利息額などを簡単に確認できるので、今後の返済計画を立てるのに役立ちます。以下に消費者金融ごとのシミュレーションページを載せておきますので、ぜひ利用してみてください。

プロミスの返済シミュレーション
http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB01Control

アコムの返済シミュレーション
http://www.acom.co.jp/simulation/index.html

アイフルの返済シミュレーション
http://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PH10H010

モビットの返済シミュレーション
http://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP001S0500.do

3.消費者金融の返済方式の種類

返済方式は消費者金融ごとに違いますが、返済方式によって月々の返済額も変わってきます。ここでは、それぞれの返済方式の特徴についてご説明します。

その1 残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは、毎回決まった額を支払うリボルビング払いに残高スライド方式が合わさったもので、プロミスやアイフルなどがこの方式を採用しています。

残高スライドリボルビング方式の場合、借入後の残高によって毎月の返済額が決まります。たとえば、借入残高が10万円以下なら月々の返済額は4,000円、10万円超20万円以下なら8,000円といったかたちです。

一般的な残高スライドリボルビング方式なら、借入残高が減っていくにつれて毎月の返済額も減っていきます。しかし、最近では借入後残高スライドリボルビング方式を採用する消費者金融も増えています。

借入後残高スライド方式とは、追加の借り入れがあった際のみ残高によって月々の返済額が見直されますが、返済のみで追加の借り入れがない場合月々の返済額は一定です。つまり、通常の残高スライドリボルビング方式との違いは、借入残高の増減に伴って月々の返済額が変わるか、追加の借り入れがあった時のみ返済額が変わるかの違いです。

また、一般的に残高スライドリボルビング方式には元金が減りづらいというデメリットがあります。借入残高が減っていくにつれ返済額も少なくなるということは、その分返済期間が長くなるということです。返済期間が長引けば支払う利息も増えるため、いかに繰り上げ返済をして利息を抑えるかがポイントとなります。

その2 元利定額・元金定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式は、元金と利息を合わせた返済額が一定の金額になるように設定する方法です。一方、元金定額リボルビング方式は、元金の返済額のみを設定する方法です。

たとえば、月々の返済額が1万円だとします。元利定額方式の場合1万円の中から利息も支払うことになるため、仮に利息が2,000円なら元金に充てられるのは残りの8,000円となります。つまり、元金と利息合わせて1万円になるように設定する方法です。

一方、元金定額方式は1万円をすべて元金の返済に充てます。そのため、利息が2,000円なら返済額は合わせて12,000円となります。元金定額方式の場合、残高が多いうちは返済額の負担が大きくなるものの、残高が減っていくにつれて利息も減るため、毎月の返済額の負担は少しずつ軽くなっていきます。

その3 元利定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式とは、借入残高に一定の利率をかけた金額を毎月返済していく方法です。消費者金融の中ではアコムがこの方式を採用していますが、アコムの場合借入残高の3%が最低返済額となります。仮に、借入額が10万円なら3,000円、20万円なら6,000円が月々の最低返済額となります。

元利定率リボルビング方式の場合、借入残高が減っていくと月々の最低返済額も少なくなっていきます。そのため、返済期間が長引いて利息の支払いが増えるというデメリットがあるので、できるだけ繰り上げ返済をするよう心掛けましょう。

4.消費者金融の返済が遅れそうな時

返済日までにお金が用意できない場合は、そのままにせず早めに消費者金融に相談をしましょう。払えないからといって放置していると、必ず督促の電話やハガキが送られてきます。この督促を無視することは論外ですし、放置し続ければ職場や実家に連絡が行ったり、最終的に差し押さえをされることもあります。

支払いが遅れる場合は、とにかく早めに自分から相談することが重要です。きちんと事情を話し、いつまでにいくらなら用意できるのかを伝えれば、状況に応じて何らかの対応策を提示してくれるはずです。督促を無視し続ける行為は最終的に自分の首を絞める結果となりますので、絶対にやめましょう。

5.どうしても返済できない時

借金が少額で返済の目途がつくうちはよいですが、複数の消費者金融から借り入れをし多重債務を抱えているような場合は、毎月の返済がかなり生活を圧迫してしまいます。支払いの延滞が数ヵ月以上続くようなら、おそらくそのままの状態では状況を立て直すのは難しいのではないでしょうか。場合によっては任意整理や自己破産などの債務整理という方法を一度検討した方が良いかもしれません。

債務整理で借金をいくら減額できるかは、「街角法律相談所」というサイトを使うことで簡単に診断できます。無料、かつ匿名で利用できるため、ぜひ利用してみてください。大幅な減額が見込めそうな場合は、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

>> 街角法律相談所の解説ページへ

6.まとめ

今回は、消費者金融の借金をできるだけ賢く返済する方法についてご紹介しました。繰り上げ返済やATM手数料を意識するという基本的なこともそうですが、まずは、現在のご自身の借入残高や毎月の利息額などを改めて確認してみてください。

返済日を忘れてしまわないよう注意を払っている方は多いと思いますが、月々の利息をいくら支払っているのかについては意外と把握していない方も多いようです。利息の支払額を少しでも減らし早めに完済するためにも、ぜひ今回お伝えしたポイントを参考に、ムダをなくしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket