お金を借りやすい人の7つの特徴と審査通過率が高い消費者金融

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
消費者金融 借りやすい0

消費者金融の審査基準は非公開となっているため、年収がいくら以上、他社からの借入金額がいくら以下などの明確な基準は分かりません。

ですが、申し込み時の入力項目から、どのような情報をもとに審査をしているのかは、ある程度事前に予測することが可能です。

そこで今回は、消費者金融の審査に通りやすい人つまり消費者金融でお金を借りやすい人の特徴についていくつかご紹介していきます。また大手消費者金融の審査通過率についてもまとめましたので、消費者金融からの借り入れを検討している方はぜひ参考にしてください。

1.消費者金融からお金を借りやすい人の7つの特徴

どんな人が消費者金融の審査に通りやすいのか、まずは消費者金融でお金を借りやすい人の特徴から見ていきましょう。

特徴1 年収が多い

言うまでもないですが、収入は多ければ多いほど良いです。これは単に収入が多いほど返済能力があるからということだけでなく、総量規制の面からも有利と言えます。消費者金融は賃金業者ですので、総量規制(賃金業者からの借入額の合計を年収の3分の1までとする規制)の対象です。

たとえば、年収が300万円の人は最大100万円までしか借りられませんが、年収600万円なら200万円まで借りられることができるので、収入が多い人ほど希望の金額を借りられる可能性が高くなります。

特徴2 勤続年数が長い

勤続年数は長いほど良いですが、最低でも1年以上あると審査時に有利にはたらくと言われています。勤続年数が長いということは年間を通して安定した収入があるとういことなので、貸し倒れリスクが低く、お金を貸す側としては安心材料の一つとなります。

特徴3 他社からの借り入れがない

消費者金融に限らず、銀行や信販会社などでも、多重債務者は敬遠されます。もちろん、他社からの借り入れがある人が必ず審査に落ちるわけではありませんが、借入件数が多いほど当然毎月の返済額は増えます。収入に対して返済額が多くなると、返済能力を不安視されるのは当然といえば当然です。

さらに、消費者金融の場合は総量規制の問題もあるので、すでに他社から年収の3分の1相当額を借りている場合、その時点で新たな借り入れはできないことになります。

特徴4 延滞履歴がない

消費者金融の審査時には、必ず申込者の信用情報をチェックします。信用情報を見ればこれまでのローンの支払い状況がすべて分かるので、ここに延滞や強制解約などの事故情報が登録されている場合、審査に通ることはまずありません。

特徴5 社会保険に加入している

健康保険の種類が社会保険や組合保険、共済保険の場合は、自営業などが加入する国民健康保険よりも高評価とされています。社会保険証を持っていると在籍確認の電話を書類で代行してもらえる場合もあり、消費者金融での借り入れにおいては、社会保険証があると何かとメリットが多いです。

特徴6 独身で親と同居している

既婚か未婚か、一人暮らしかそうでないかも、審査基準の一つです。未婚の場合は家族の扶養義務がないため、自分で自由に使えるお金が多くなり、ある程度余裕を持った返済ができると考えられます。また、実家で親と同居している方については家賃の負担がないので、そのあたりも審査に有利にはたらくポイントと言えます。

一般的に審査に通りやすいのは以下の順と言われています。

  1. 独身、親と同居
  2. 既婚、親と同居で子供なし
  3. 既婚、親と同居で子供あり
  4. 既婚、親と別居で子供なし
  5. 既婚、親と別居で子供あり
  6. 独身、親と別居

特徴7 持家でローンがない

審査においては、賃貸よりも持ち家の方が高評価となります。なおかつ住宅ローンの支払いもない場合は、毎月の住居費がかからないためさらに有利です。万が一返済が滞った場合、賃貸なら引っ越しをするのも簡単ですが、持ち家の場合はなかなかそうもいきませんので、そのぶん借金を踏み倒されるリスクが低くなると考えられているようです。

2.審査に通りやすい消費者金融ってどこ?

消費者金融に申し込みをする際、審査に通るかどうかを心配される方は多いと思います。せっかく申し込むならできるだけ審査通過率が高いところを選びたいと思うのは当然ですよね。ここでは、安全に借り入れができる大手消費者金融3社の審査通過率を比較してみました。(各消費者金融2016年3月期分データ参照)

<アコムの審査通過率>

借りやすい消費者金融ss2

出典:http://pdf.irpocket.com/C8572/pTWD/YsYF/L7ih.pdf

<プロミスの審査通過率>

借りやすい消費者金融ss1

出典:http://www.smbc-cf.com/pdf/md2016_j.pdf

<アイフルの審査通過率>

借りやすい消費者金融ss3

出典:https://www.ir-aiful.com/data/current/MD201608.pdf

<結果>

  • 1位 アコム約47%~48%
  • 2位 アイフル約44%~47%
  • 3位 プロミス約41%~44%

最も審査通過率が高いのはアコム、次いでアイフル、プロミスという結果になっています。ですが、いずれにしても申込者のうち審査に通るのは半分以下であることが分かります。消費者金融は銀行カードローンに比べて審査が甘いとも言われているだけに、これはなかなかシビアな結果と言えるのではないでしょうか。

3.中小消費者金融は借りやすいのか

借りやすい消費者金融を探す上で、中小消費者金融の存在が気になる方も多いかもしれません。ですが、中小消費者金融の場合知名度がそれほど高くないため、本当に安全な業者かどうか不安な方も多いのではないでしょうか。

そもそも中小消費者金融が借りやすいかどうかについてですが、確かに大手と比べて審査は柔軟なようです。たとえブラックでも、申込時点で返済能力があれば貸してくれる場合もあるので、大手の審査に落ちてしまった方でも借りられる可能性はあるでしょう。

ですが、やはり安全な業者かどうかという点に疑問が残ります。賃金業者として正式な認可を受けていれば特に問題はありませんが、中小消費者金融のなかには闇金などの悪徳業者が存在しているのも事実です。

大手以外からお金を借りる際は、金融庁のHPできちんと認可を受けている業者かどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

金融庁 登録賃金業者情報検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

4.審査通過率以外も徹底比較|大手消費者金融

融資スピードや土日祝日に借りれるか、家族に内緒で借入できるかなど、審査通過率以外の特徴もわかりやすく比較しました。審査通過率と合わせた上で、あなたの状況に適した消費者金融を選びましょう。

アコム

アコムは審査通過率が約47%~48%と最も高いですし、融資スピードも早く、土日祝日の借り入れにも対応しています。家族に内緒の借り入れも可能です。

アコムチェックリスト

アイフル

アイフルは審査通過率が約44%~47%とアコムに次いで高いです。誰にも知られずにカードの受け取りもできるのが特徴です。

アイフルチェックリスト
*アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合は収入証明書原則不要。

プロミス

プロミスは審査通過率が約41%~44%とアコムやアイフルに比べて低いですが、平日14時までに契約完了していれば、銀行口座へ最短10秒で振込みをしてもらうことができます。

プロミスまるばつ表

 

モビット

モビットは審査通過率は公開されていませんが、WEB完結申込なら職場への電話連絡がありません。

モビットチェックリスト※1 14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果により希望に沿えない場合あり。

 

5.まとめ

できるだけ審査が甘い消費者金融に申し込みたいと思うのは当然ですが、業者選びは慎重に行いましょう。中小消費者金融は大手に比べ審査が柔軟な傾向にありますが、その分金利が高いことや借入の際に手間がかかるなどのデメリットもあります。

最悪闇金などの違法業者につかまってしまう危険もあるので、審査が甘い消費者金融を探すより、審査に通りやすくなる方法を考えることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事