アコム

消費者金融とは|利用する前に知っておきたい全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
消費者金融とは0

消費者金融と聞くとあまり良いイメージを持たれないことも多いですが、最近では女性専用ローンができるなど、性別や年齢問わず多くの方が利用しやすいよう消費者金融も変わりつつあります。

しかし、「なんだかよく分からないけど、なんとなくコワイ」というイメージをお持ちの方もまだまだ多いのではないでしょうか。

この記事では、消費者金融がどんなところなのか、サラ金や闇金と何が違うのかなど、消費者金融を利用する上で知っておきたい全てのことをまとめました。消費者金融の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.消費者金融とは

消費者金融とは、賃金業法に則って貸付業務を行う国から認可を受けた金融機関です。大手ではプロミスやアコムなどが有名です。担保や保証人不要で即日借り入れができるため、銀行カードローンのように手軽に利用する方が増えています。

安定かつ継続的な収入があればアルバイトや派遣社員でも契約することができ、借入額が数十万円なら、返済額も月々数千円や1万円程度とそれほど多くありません。

①サラ金との違い

サラ金とはサラリーマン金融の略称で、一昔前は消費者金融のことをサラ金と呼んでいました。ですから、サラ金と消費者金融は基本的に同じですが、現在は法改定によって金利も下がり女性の利用者も増えてきたため、サラ金と呼ばれることは少なくなってきました。

②街金との違い

街金は簡単に言うと小規模な消費者金融のことです。地域密着型の消費者金融のため、その地域に住んでいる人は審査を優遇される場合もあるようです。ただ、規模が小さいため知名度が低く、街金から借りる際には慎重な業者選びが必要です。

なかには闇金などの違法業者が紛れていることも多いため、事前に安全な賃金業者かどうかの見極めが肝心です。

③闇金との違い

なかには消費者金融を闇金と思っている方も多いかもしれませんが、この2つは全くの別物です。消費者金融は国から認可を受けた安全な貸付業者なので、金利も法律で定められており、強引な取り立てを行うこともありません。

一方闇金は認可を受けていない違法業者です。そのため、法律を無視した暴利でお金を貸し付け、職場や自宅に押し掛けるなど強引な取り立てをすることもあります。審査が甘いことをアピールして簡単にお金を貸しますが、みるみる利息が膨らみあっという間に借金地獄に陥ってしまうので、絶対に闇金に手を出してはいけません。

2.消費者金融の危険性

先ほどもお伝えしたように、なかには消費者金融を装った闇金も多く存在します。特に小中規模の消費者金融を利用する場合は闇金ではないか細心の注意を払う必要があります。

大手消費者金融であればその点は安心ですし、銀行や信販系のローン同様安全に利用できます。ただ、これは消費者金融に限ったことではありませんが、支払いを延滞すれば信用情報に傷がつきますし、督促を放置していれば最悪差し押さえもあり得ます。お金を借りる際は、無理のない返済計画を立てることが非常に重要です。

3.大手消費者金融の利用者数

手軽に利用ができるため、消費者金融を利用する方は増えています。参考までに現在の大手消費者金融のキャッシング利用者数をまとめてみました。

消費者金融とは1

4.JICC 日本信用情報機構で見た利用者数

多くの消費者金融が加盟している信用情報機関であるJICCのデータでは、利用者の登録人数は1,070万人にのぼっています。また、一契約当たりの借入額は35万円~50万円程度が多いことも分かります。

消費者金融とはss

出典:http://jicc.co.jp/company/jicc-data/index.html

5.消費者金融5つの特徴

ここからは、消費者金融を利用したことが無い方のために、消費者金融の特徴をポイントでまとめてみました。

特徴1 即日融資に対応している

大手消費者金融の場合、審査は最短30分と非常にスピーディーです。審査が早いため融資までの時間も短く、日中の申し込みであれば当日中に借りることができます。

特徴2 金利が高い

銀行カードローンの上限金利は14.0%~15.0%程度の場合が多いですが、大手消費者金融のキャッシング上限金利は17.8%~18.0%と比較的高めです。金利は利息制限法によって定められており、その上限は20%とされていますので決して違法ではありませんが、金利の部分では銀行カードローンのほうが優遇されています。

特徴3 総量規制の対象

消費者金融は賃金業者のため、総量規制の対象です。総量規制とは、「全ての賃金業者からの借入額の合計を年収の3分の1までとする」規制で、主に消費者金融や信販系のローンが該当します。ちなみに銀行カードローンは賃金業法ではなく銀行法を基準としているため、総量規制の対象外となります。

特徴4 無利息期間がある

消費者金融の金利は銀行に比べて高いものの、銀行には少ない無利息期間がある会社が多くあります。無利息期間中の利用なら利息0円で借りられるので、短期間の借り入れを検討している方には非常におすすめです。

消費者金融メリット1

特徴5 担保・保証人なし

大手消費者金融の場合、借り入れにあたり担保や保証人は不要です。自分自身に安定した収入があれば誰にも知られずに借りられるため、家族に内緒にしたいという方でも安心して申し込めます。

6.消費者金融を利用するとき5つの注意点

当日中に借りられるのは大きなメリットですが、消費者金融を利用する際にはいくつか注意しなければならないポイントがあります。以下の注意点を抑えた上で慎重な利用を心掛けましょう。

注意点1 お金を借りずに済む方法を考える

消費者金融の金利はカードローンのなかでも決して低いとは言えないため、返済時にはそれなりの利息が発生します。本来借りた金額よりも多く返済するとなるとやはりもったいないと感じてしまうものなので、できれば消費者金融から借りる前に他に方法がないのか、もう一度検討してみることをおすすめします。

注意点2 返済計画を立てる

いくら借りたらいつまでにいくら返せば良いのか、事前のシミュレーションは必須です。最低でも月々の返済額を確認し、金銭的に無理がないかしっかりと返済計画を立てましょう。

利息の計算などは自分で行うには少し複雑なので、大手消費者金融のHP上にある返済シミュレーションを使うのがおすすめです。月々の返済額や利息だけでなく、完済までの支払回数や支払総額も簡単に確認できます。

注意点3 大手消費者金融から借りる

なかには闇金のような業者も存在するため、消費者金融から借りる際は大手の会社を選ぶと安全です。大手消費者金融のほうが中小に比べ金利も低い傾向にありますし、借入や返済もコンビニのATMから24時間行えるので便利です。

注意点4 借りすぎないようにする

消費者金融のようなカードローンは、一度契約してしまえばATMから手軽に追加の借り入れができるため、使っているうちに借金をしているという意識が薄れていくことがあります。

また、数十万円の借り入れであれば、月々の返済額も数千円や1万円程度とそれほど大きくないため、借入件数を増やし気づけば多重債務者になっているパターンも多いです。

複数の消費者金融から借りている場合、それぞれの会社の利息だけでかなりの額になってしまうので、借りる際には必要最低限の額に留めるようにしましょう。

注意点5 契約書を保管する

消費者金融の契約はネットや無人契約機で手軽に行えますが、それでも正式な契約をしていることに違いはありません。利用中に何かトラブルがあった際などは契約内容を証明するものが必ず必要となるので、契約書類については大切に保管しておきましょう。

7.初めての方に選ばれている消費者金融|比較

初めての方に選ばれている消費者金融を比較してご紹介します。初めてキャッシングを利用するのであれば、無利息期間がある消費者金融カードローンを選びましょう。借入以外の利息の負担を減らすことができます。

おすすめはプロミス、アコム、アイフルの中から選ぶことです。この3つは無利息期間があります。中でもプロミスは初めての借り入れの翌日から無利息期間が始まりますので、最もおすすめです。アコムとアイフルは契約日の翌日から無利息期間が始まるため、契約してすぐに借り入れをしないと損をしてしまいます。なお、SMBCモビットは無利息期間はありません。

プロミス

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

SMBCモビット

SMBCモビット詳細

▼SMBCモビットでお得に借りる方法はこちら
SMBCモビットのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

8.まとめ

今回は消費者金融がどういったものなのかについてご紹介しました。利用する上では銀行カードローンとそれほど違いはありませんが、総量規制の対象という部分や銀行に比べ金利が高いなど、消費者金融ならではの特徴もあります。

消費者金融は安全な金融機関なので、必要以上に危険に思うことはありませんが、万が一支払いが遅れた場合にはあなたの信用情報に傷がついたり、財産を差し押さえられる可能性があります。必ず事前に返済計画を立て、くれぐれも借り過ぎには注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket