中小企業でも融資を受けやすい借入先と事業資金を安定的に確保するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
企業 融資0

あまり実績の無い中小企業が銀行から安定的な融資を受けるのは、決して簡単な事ではありません。

銀行からぜひ融資をしたいと言われる企業になるためには、それなりに長い年数と実績が必要です。

そのため、必ずしも銀行にこだわるのではなく、企業の実績とその時々の状況に合わせて借入先を検討していくことが大切です。

この記事では、中小企業が融資を受ける際にぜひ検討したい借入先と、それぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。

1.中小企業が融資を受けやすい借入先

事業資金などの融資を受けるには、まず借入先を検討する必要があります。まずは、都市銀行、地方銀行、信用金庫などが候補に挙がってくることと思いますが、実際都市銀行については、中小企業の借入先としては少しハードルが高いと言えます。

既にその銀行からの融資実績がある場合は別ですが、これまで取引が無いのであれば、地方銀行や信用金庫などの方がまだ融資を受けられる可能性は高いでしょう。

とはいえ、融資を受けられるのは何も銀行だけではありません。他にも公的機関やノンバンクという選択肢だってあります。ノンバンクは金利が高いと敬遠される方も多いですが、業者によっては銀行とそれほど変わらない場合もあります。

また、比較的柔軟な審査で即日融資も可能なので、急なつなぎ資金を要する際などには非常に便利です。

特に、まだ成長段階と言える中小企業の場合は、銀行にこだわらずいくつかの借入先を柔軟に検討し、その上でベストな借入先を選んでいくのが良いでしょう。

2.銀行の保証付き融資

企業が銀行から融資を受ける方法には、主にプロパー融資と保証付き融資の2つがあります。プロパー融資が銀行のみで審査を行うのに対し、保証付き融資は銀行と企業との間に信用保証協会が入り、それぞれで審査が行われます。

①メリット

保証付き融資のメリットとしては、主に以下の点が挙げられます。

メリット1 融資審査に通りやすくなる

保証付き融資の最大のメリットは、審査に通りやすくなるということです。プロパー融資の場合は基本的に企業の信用力のみで融資を受けるため、会社としての実績が無ければ融資を受けることはできません。

しかし、保証付き融資なら万が一返済不能になった場合でも保証会社が債務を立て替えてくれるため、銀行側としては貸し倒れリスクが軽減され、融資を行いやすくなります。

しかし、保証会社が全ての債務を負うわけではなく、基本的には保証会社が80%、銀行が20%を負担することになっています。そのため、保証会社の審査とは別に銀行側でも審査が行われます。

メリット2 2回目以降の融資を受けやすくなる

まったく融資実績が無い企業と違い、一度保証付き融資を受けきちんと返済している企業については、今後融資を申込んだ際に信用を得やすくなります。また、保証付き融資で返済実績を作ることで、将来的にプロパー融資をしてもらえる可能性が高くなります。

②デメリット

しかし、保証付き融資には以下のようなデメリットもあります。

デメリット1 保証料がかかる

保証会社を利用する場合には、保証料がかかります。保証料は保証制度や企業の財務状況によって適用される料率が違いますが、担保がある場合などは保証料が割引かれるケースもあります。

デメリット2 審査期間が長い

保証付き融資の場合、銀行と保証会社双方で審査が行われるため、銀行のみで審査をするプロパー融資に比べ、審査にかかる期間が長くなってしまいます。

3.日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは政府系金融機関の一つで、主に個人事業主や中小企業など、まだそれほど実績が無い事業者にも積極的に融資を行ってくれる機関です。

特に、創業資金などを借りる場合は企業としての実績を証明することができないため、銀行からの融資は難しいケースも多いです。そのため、まずは日本公庫から融資を受け、返済実績を作ってから銀行融資を検討するとスムーズでしょう。

①メリット

日本政策金融公庫からの融資には、以下のようなメリットがあります。

メリット1 実績が無い企業でも審査に通りやすい

日本公庫には「創業支援制度」や「新規開業資金制度」など、実績のない企業向けの融資制度がいくつかあります。ですので、これから法人を立ち上げる方や個人事業主として開業する方でも、今後の事業計画がしっかりとしていれば前向きに融資を検討してもらえる場合が多いです。

メリット2 低金利

日本公庫の貸付金利は、約1.0%~2.0%と低金利と言われる銀行と比べても低い水準となっています。また、基本的に全ての融資制度に固定金利が適用されるため、金利の変動リスクもなく完済までの返済計画も立てやすくなります。

メリット3 担保が不要な場合が多い

日本公庫からの借入には担保が不要な場合も多く、保証人を立てるだけで融資を受けることも可能です。さらに、これまでに日本公庫からの融資実績がある方の場合は、保証人も不要で融資をしてくれることもあります。

②デメリット

デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

デメリット1 審査に時間がかかる

日本公庫の審査期間は約3週間から1ヵ月とされています。そのため、今すぐに資金を調達しなければならない場面には向きません。また、提出書類も多いため、書類の用意なども含めて早めに準備をしておくことがポイントです。

デメリット2 担保による融資は受けられない

日本公庫への返済は事業利益から行うことが基本となっているため、たとえ担保を設定できる場合でも、担保に頼った返済計画を立てることは認められていません。ただ、結果的に担保で返済することになった場合は、もちろんこの限りではありません。

デメリット3 民間金融機関からの借換えはできない

日本公庫の融資は低金利で魅力的ですが、銀行など民間金融機関からの借換えには対応していないので注意しましょう。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「個人事業主の強い味方!日本政策金融公庫で融資を受ける全知識」

4.ノンバンク

ノンバンクとは、預金業務を行わず、融資業務のみで利益を得ている業者のことで、主に消費者金融や信販会社、事業融資専門のローン会社などがこれにあたります。

ノンバンクは消費者金融のイメージが強いため、借入を敬遠する方も多いですが、銀行や公的機関では難しい迅速な融資が可能なため、つなぎ資金として活用できる場面は多いです。

①メリット

ノンバンクで融資を受けることには、以下のようなメリットが挙げられます。

メリット1 審査が柔軟

銀行などに比べると確かに金利が高い傾向にはありますが、その分審査の通りやすさが魅力と言えます。また、手続きも簡単なので、申込準備に手間もかかりません。

メリット2 即日融資が可能

ノンバンクのビジネスローンなら、銀行や公的融資では難しい即日融資も可能です。事業運営の中では、なんとしてでも今日中に資金を調達したいという場面もあるので、そのような場合には即日融資のローンは非常に有り難い存在と言えます。

②デメリット

一方、ノンバンクで融資を受ける場合には、以下のようなデメリットもあります。

デメリット1 高金利のローンが多い

ノンバンクのビジネスローンは、銀行の事業者向けローンに比べると金利水準は高い傾向にあり、金利10.0%以上のローンも少なくありません。しかし、中には早めに返済するとその分金利が低くなるローンなどもあるので、ノンバンクを利用する際は、念入りな業者選びがポイントと言えそうです。

デメリット2 限度額が低い

ノンバンクの融資限度額の平均は、300万~800万円程度となっているため、事業資金としては少し物足りない場合もあるかもしれません。1,000万円以上のまとまった資金を希望する場合は、不動産担保融資や公的制度なども検討する必要がありそうです。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「これだけは知っておきたいビジネスローンの賢い活用方法」

5.まとめ

融資実績がない中小企業の場合、最初から都市銀行などの大手を選ばず、公的機関などまずは借りられるところから借りて返済実績を作るということが重要です。

ただ、今後のために銀行とのつながりを作っておきたいという場合は、地方銀行や信用金庫などで保証付き融資を検討してみると良いでしょう。

少しずつ金融機関からの信用を勝ち取ることができれば、銀行のほうから融資を持ちかけられることもあるでしょう。そのためにも賢く事業資金を確保しながら、業績アップを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket