ちばぎんカードローンの賢い返済方法|手数料無料で返済する方法と利息を減らす極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ちばぎんカードローンを検討している女性

「ちばぎんカードローンってどんな返済方法があるんだろう…」

カードローンを選ぶにあたり、返済が便利であるかは大切なポイントの1つです。

申込前には審査の通りやすさや金利についつい目が行ってしまいますが、返済方法もないがしろにはできません。

毎月コツコツとお金を返していくことは想像以上に大変なことなので、返済手続きが不便だと途中で心が折れてしまう可能性があります。

この記事では、ちばぎんカードローンのお得な返済方法や注意点などをまとめました。

損をしないためにも申込前にしっかりと確認しておきましょう。

1.手数料無料|ちばぎんカードローンのお得な返済方法

ちばぎんカードローンの返済方法は手数料無料の口座振替(自動引き落とし)が基本です。

毎月1日(約定返済日)に借入残高に応じて自動振替により返済していくため、返済日をうっかり忘れてしまう心配はありませんが、普通預金口座が残高不足だと引き落としができずに延滞となってしまうので注意しましょう。

なお、ちばぎんカードローンは手元にお金がある時に繰り上げ返済することも可能です。その際はATMやインターネットバンキング、テレフォンバンキングからも返済できます。利用できる主なATMと利用手数料は次の通りです。

ATM 利用手数料
千葉銀行 平日8:45~18:00は無料
全国の提携金融機関 平日8:45~18:00は無料
セブン銀行 終日無料
イーネット 終日無料
ローソン 終日無料
ゆうちょ銀行 手数料がかかる
イオン銀行 手数料がかかる

毎回のようにATM手数料を払っていると塵も積もれば山となります。コンビニATMならカードローンの返済は無料なのでメインに利用すると良いでしょう。

なお、硬貨を使って返済したい時は千葉銀行の店舗にあるATMを利用しましょう。営業時間内は原則として硬貨にも対応しています。

2.ちばぎんカードローン返済の注意点

ちばぎんカードローンの返済方式は残高スライド方式です。

借入残高に応じて返済額が変わっていく仕組みで、借入額が大きいほど月々の返済額は大きく、借入額が少なくなると返済額も少なくなります。

例えば借入残高が50万円超100万円以下の場合、毎月の返済額は2万円になりますが、40万円超50万円以下になると返済額は1万円に下がります。

借入額に応じた毎月の返済額は次の通りです。

借入残高 約定返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円

各借入額によって約定返済額が決まっているので仕組みはわかりやすいですが、「約定返済額だけを毎月返済していくといつまでたっても返済が進まない」ことには注意が必要です。

例えば借入残高が50万円の時の返済額は10,000円です。

50万円を30日間借りた時の利息は6,082円(金利年14,8%で計算)なので、10,000円返済したとしても元金にあてられるのは3,918円しかありません。毎月の返済額のうち大部分は利息です。

約定返済額が少ないのはお財布がピンチの時には助かりますが、約定返済額の返済だけだと完済するまでに長期間かかってしまいますし、支払う利息もどんどん増えてしまいます。

できるだけ支払利息を減らすには繰り上げ返済を積極的に利用することが重要です。

3.知って得するちばぎんカードローン返済の豆知識

ちばぎんカードローンの返済で知っておいた方が良い豆知識をご紹介します。

豆知識1 返済日

ちばぎんカードローンの返済日は毎月1日が約定返済日です。1日が銀行休業日にあたる場合は翌営業日が返済期日となります。

他のカードローンでは返済日を自由に設定したり、いくつかの返済日から選ぶことができたりしますが、毎月1日に固定されているのは少し不便とも言えます。

豆知識2 返済シミュレーション

ちばぎんカードローンにはカードローン用のシミュレーションがありません。

月々の返済額は借入残高によって確定しますし、金利も比較的低めなのであえてシミュレーションしなくても良いかもしれませんが、計画的な返済をしていくためにはシミュレーションは必須です。

残高スライド方式を採用している他のローン(新生銀行グループのアプラスなど)のシミュレーションを利用し、条件を合わせて計算してみると良いでしょう。

なお、ちばぎんのフリーローン用のシミュレーションは適用金利が大きく異なるので参考にはなりません。ご注意ください。

豆知識3 遅延損害金

支払日に返済が滞ると即時に新規融資が停止になると同時に、延滞一日ごとに年率19.8%の日割り計算で遅延損害金が発生します。

返済が苦しくなってきた時は1日でも早くちばぎんカードローンに電話をしましょう。今後の返済について相談することができます。

なお、長期の延滞をすると信用情報機関に延滞記録が付く可能性があります。軽微の延滞でも延滞記録が付くこともあるので、延滞はしないよう計画的に利用することが大切です。

ちばぎんカードローン

ちばぎんカードローン

▼ちばぎんカードローンでお得に借りる方法はこちら
ちばぎんカードローンのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

4.返済方法が便利なカードローンランキング

ちばぎんカードローン以外で返済方法が便利なカードローンをご紹介します。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

5.まとめ

ちばぎんカードローンは消費者金融に比べて金利が低めなのが魅力ですが、残高スライド方式なので終盤は返済スピードが極端に落ちてしまうので注意が必要です。無料で返済できるATMなどを利用し、積極的に繰り上げ返済もしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket