最速!ちばぎんカードローンで即日融資を受けたい時の全手順

ちばぎんカードローンに申し込みをした女性

ちばぎんカードローンは銀行ならではの低金利、収入証明書も一切不要で借りれるカードローンです。

最短即日で利用することができる非常に優れたカードローンと言えますが、デメリットと言える部分もあります。

この記事では、ちばぎんカードローンがどのような方に向いているのかや借入するメリット・デメリット、最も早く融資を受ける手順などをまとめました。客観的にちばぎんカードローンを他社カードローンと比較していますので、ちばぎんカードローンに申し込みをする前にぜひ確認してみてください。

1.ちばぎんカードローンのサービス詳細

まずはちばぎんカードローンのスペックを確認しましょう。即日融資を受けるにはちばぎんの口座が必要であること、土日祝日の申し込みの場合は即日の借り入れはできませんが、それを除けば低金利で借りれるお得なカードローンと言えます。

ちばぎんカードローン1

ちばぎんカードローン2*1 即日融資を受けるにはちばぎんの口座が必要です。

2.ちばぎんカードローンで借り入れするメリット・デメリットまとめ

急いで借り入れをしたいという方のために、ちばぎんカードローンのメリットとデメリットをまとめた表をご紹介します。この表を見れば、あなたにちばぎんカードローンがピッタリかどうか丸わかりです。

ちばぎんカードローン3

3.ちばぎんカードローンの5つのメリット

ちばぎんカードローンのメリットは全部で5個あります。

メリット1 即日利用可能!審査も最短即日

ちばぎんカードローンは、ちばぎんの口座を持っていれば、最短即日での利用ができます。持っていない場合でも平日の正午までにちばぎんの口座を開設すれば、即日での借り入れは十分可能です。どうしてもちばぎんが良いという方は、ちばぎんカードローンを選ぶと良いでしょう。

メリット2 銀行ならではの低金利

ちばぎんカードローンの金利は4.3%~14.8%と、プロミスやモビットなどの消費者金融に比べて低金利です。すぐに返せる場合には消費者金融でも良いですが、中長期にわたって借り入れをしたい時には、低金利の方が負担はかなり減ります。

メリット3 WEBで完結!提出書類なし

ちばぎんカードローンは、ちばぎんのキャッシュカードを持っている場合、申し込みから借り入れまで、すべてWEBで完結することができます。郵送やFAXなどで必要書類を提出するのが面倒という方にピッタリです。

なお、口座開設をしたばかりで、ちばぎんのキャッシュカードがまだない場合には、必要書類を提出する必要がありますので、WEBでの完結はできません。

メリット4 専業主婦も30万円まで借り入れ可能

ちばぎんカードローンは収入が全くない専業主婦の方でも30万円まで借り入れが可能です。配偶者に安定した収入があれば利用できます。

メリット5 収入証明書は一切不要

他社のカードローンの場合、一定の金額を超える希望額の借り入れをしたいとき、収入証明書の提出が必要になります。

たとえばプロミスは50万円を超える借り入れをしたいとき、みずほ銀行カードローンは200万円を超える借り入れをしたいときには、収入証明書の提出が必要です。しかし、ちばぎんカードローンの場合は、収入証明書の提出はありません。

4.ちばぎんカードローンの5つのデメリット

ちばぎんカードローンのデメリットは主に5つあります。

デメリット1 ちばぎんの口座が必要

ちばぎんカードローンの利用はちばぎんの口座開設が必要です。すでに持っている場合は良いですが、持っていないときは開設の手間がかかります。

デメリット2 土日祝日の即日融資は未対応

ちばぎんカードローンは、土日祝日でも申し込みはできますが、審査は土日祝日は行っていません。そのため、土日祝日の当日中に融資を受けたいときは向いていません。

デメリット3 郵送物がある

ちばぎんカードローンは、後日ローン専用カードが送られてきます。それが原因で家族に借り入れがバレる可能性があります。もし家族に内緒で借り入れをしたいのであれば、郵送物なしで借り入れができるや「プロミス」や「モビット」などの利用をおすすめします。

デメリット4 全国対応ではない

ちばぎんカードローンは全国対応ではありません。利用できるのは住んでいる地域が以下の所在地である必要があります。

ちばぎんカードローン4

これらの地域以外に住んでいる場合は、全国対応の「みずほ銀行カードローン」や「新生銀行カードローン レイク」などの利用をおすすめします。

デメリット5 コンビニATMは手数料がかかる

ちばぎんカードローンはコンビニATMから借り入れをする場合、108円、利用するATMや時間帯によっては216円の手数料がかかります。コンビニのATMで普段借り入れをしたい場合には、毎回手数料がかかるため、その分の負担がかかってしまいます。

コンビニATMから返済をする場合は、手数料は無料で利用できますが、コンビニATMからの借り入れをメインで考えている時は、コンビニATM手数料がかからない三井住友銀行カードローンなどを利用しましょう。

なお、ちばぎんのATMや、提携銀行ATM(常陽銀行、筑波銀行、東京都民銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行、横浜銀行、東邦銀行)を利用する場合でも、平日の8:45~18:00以外は手数料がかかります。

5.最速|ちばぎんカードローンで即日融資を受ける手順まとめ

ちばぎんカードローンで今日中に借りたいという方のために、即日融資を受ける条件・確認点、全手順をまとめました。今からご紹介する手順が最も早い方法になります。

①即日融資を受けたい時の4つのチェック項目

チェック1 ちばぎんの口座が必要

ちばぎんカードローンで即日融資を受けるには、ちばぎんの口座が必要です。口座を持っていない場合、先に口座開設をしておく必要があります。

チェック2 審査結果の連絡を正午までに完了させる

即日融資を受けるには、審査結果の連絡を正午までに完了させる必要があります。正午までに審査結果の連絡が来なかった場合、早くて翌営業日以降の利用開始になってしまいます。審査時間を考えると、即日融資を受けたい時には午前11時までに申し込みをしておきましょう。

なお、ちばぎんの口座を持っていない時は、ちばぎんの普通預金口座の開設と、審査結果の連絡の両方を正午までに完了させる必要があります。

チェック3 申し込みをする日が平日であること

即日融資を受けるには、申し込みをする日が平日である必要があります。申し込み自体は土日祝日でもできますが、土日祝日は審査を行っていないため、申し込みをしても当日中に借り入れをすることはできません。土日祝日で当日中に借り入れをしたい場合には、土日祝日も対応している「新生銀行カードローン レイク」などを利用しましょう。

チェック4 ちばぎんの口座への入金サービスを利用すること

即日融資を受けるには、預金口座への入金サービスを利用する必要があります。例えば他銀行の口座への振り込みで融資を受けたいなど、ちばぎんの口座以外への入金で融資を受けたい場合、ちばぎんカードローンで即日融資を受けることはできません。

②いち早く即日融資を受ける全手順

ちばぎん申し込み所要時間

手順1 申し込みをする

ちばぎんカードローンで即日融資を受けたい場合、インターネット(スマホ・パソコン)か電話、FAX、モバイルから申し込みをします。郵送の申し込みだけ、即日融資には対応していません。

即日融資を受けるには、平日の正午までに審査結果の連絡が来るようにする必要があるため、遅くても午前11時までに申し込みをするようにしてください。状況によっては審査時間が長引く場合もあるため、早ければ早いほど良いです。

なお、インターネットから申し込みをする場合、申込画面は非常にわかりやすいため、スマホやパソコンの入力が苦手な方でも、10分もあれば十分申し込みが完了します。急ぎの方はインターネットから申し込みをしてみてください。

必要書類を事前に準備!

  • 申し込みの際の必要書類は1つです。
  • 本人確認書類(運転免許証。運転免許証を持っていない場合はパスポート、各種健康保険証等)

手順2 審査結果を待つ

申込が完了したら、ちばぎんからの審査結果を待ちます。最短即日で連絡がきます。

手順3 契約&利用開始

審査に通ったら、ちばぎん預金口座への入金サービスで融資を受けることができます。

手順4 ローン専用カードが届く

後日ちばぎんのローン専用カード(ICローンカード)が、申し込みの際に入力した住所に届きます。このカードが届いたら、ATMを利用した借り入れもできるようになります。

6.ちばぎんカードローンの借入条件

ちばぎんカードローン5

7.まとめ

ちばぎんカードローンは、ちばぎんを普段利用している方には、使い勝手の良いカードローンと言えますが、ちばぎんの口座が必要であることや全国対応ではないというデメリットがあります。関東圏に住んでいなければ、そもそも借り入れもできません。

ちばぎんを普段利用していない、利用することがなさそうであれば、他のカードローンを選んだ方が良いでしょう。