審査が甘いキャッシングに興味ある?カードローン審査はこれでバッチリ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
誘惑する闇金

「できれば1回でカードローン審査に通りたい…」

審査が甘いキャッシングを探す人は非常に多いです。しかし、そうやって探した金融会社を利用してしまったことで、失敗してしまった人は数多くいます。

ただ単に審査に通らなかっただけならまだ良いです。

  • 「確かに審査に通ってお金を借りることはできたけど、話と違って金利が高い消費者金融だった…」
  • 「あとから知ったけど実は闇金だった…」

このようになってしまっては、借金地獄に陥ってしまう可能性が極めて高くなります。カードローンで失敗しないためには、審査が甘いカードローンを探すのではなく、審査落ちを避けるための知識を身につけ、その対策をしっかりと取ることが最重要です。

この記事では、審査が甘いキャッシングを探すリスクや注意点をまとめました。急がば回れではないですが、特に急ぎで借入したいと思っている時こそ一度冷静になり、正しい判断を取れるようにしましょう。

1.審査が甘いキャッシングの真実

カードローン業界には基本的に審査が甘いカードローンはありません。

  • 審査に落ちた人必見!
  • 誰でも融資可能
  • ブラック・無職でもOK

インターネット上や道端の看板でこのような金融会社を見かけることがありますが、こういったうまい話には必ず裏があります。絶対に信用してはいけません。

2.審査が甘いキャッシングを利用しない方が良い理由

審査が甘いキャッシングを利用しない方が良い理由はカードローンの仕組みから考えてみるとよくわかります。

理由1 審査基準は非公開

アコムやプロミスなどの大手消費者金融、新生銀行カードローン レイクやみずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンなど、金融会社が融資を決定する際の審査基準はすべて非公開です。なぜ審査に通ったのか、なぜ審査に通らなかったのか、その明確な理由は教えてもらうことはできません。

インターネット上には「審査が甘いキャッシングはココ!」のように紹介しているサイトがたくさんありますが、このようなサイトはまず疑ったほうが良いです。審査基準を知っているはずがありませんので、そこで紹介されているカードローンを利用すると痛い目に遭う可能性が大いにあります。

唯一審査基準を知っているのは金融会社の融資担当者です。ただ、知っていると言っても、あくまで働いている金融会社の審査基準だけです。他社の審査基準は知りません。「元消費者金融の融資担当が教える審査の甘いキャッシング会社!」のようなものを見かけたとしても信用する情報には値しませんので、利用はやめたほうが得策です。

理由2 安定収入があり、過剰な借入がない

消費者金融や銀行カードローンがお金を融資する最低条件は、安定した収入が定期的にあり、過剰な借入がないことです。収入が定期的にない人は返済能力が低いため、融資したとしてもお金を回収することができない可能性が高くなります。過剰な借入がある人も同様で、お金を貸したとしても返って来ないことが容易に想像できます。

このような人たちに融資したとしても貸し倒れになるリスクが高いため、貸金業者側は経営がどんどん困難になっていきます。誰にでも融資をするような貸金業者は必ず何か裏がありますので、利用するのは危険です。

3.審査が甘いキャッシングの例外

新しい中小消費者金融や利用者を伸ばしたい中小消費者金融の場合、普通だったら審査に落とすようなお客さんでも審査に通すことがあります。たとえば新しい中小消費者金融の場合、実績を作るためにも多くの利用者を集めることは最優先事項です。顧客獲得数を伸ばしたい場合も同様で、多くの利用者を集めることが優先事項となるため、それが理由で通常よりも審査がゆるくなっていることがあるようです。

ただ、すべてがそうではありませんし、「今だけ審査がゆるくなっています!」のように、消費者金融側が宣伝することもありません。こういった金融会社を見極めるのは非常に難しいため、借金地獄に陥らないためにも利用しないに越したことはありません。

4.カードローン審査に落ちる人、落ちない人

安全かつ素早く借入したいのでれば、審査が甘いカードローンの情報を探すのではなく、審査に落ちてしまう可能性を低くすることが重要です。次はカードローン審査に落ちる人の特徴をお伝えします。改善できることを改善して審査通過率を高めましょう。

特徴1 借入件数が多い

借入件数は少ないほうが審査に通りやすくなります。複数のカードローンで借入がある場合には1つにまとめるか、完済できるものは完済して、申込前に借入件数を減らしておきましょう。

特徴2 過度な借入がある

カードローン審査では収入とのバランスを見られるため、過度な借入があると審査に落ちる要因になります。過度な借入がある場合には、新たなカードローンに申し込む前に借入総額を減らすようにしましょう。なお、借入件数と借入総額では、借入件数のほうが重要視されます。借入件数が多いほうが審査に落ちる可能性が高いです。

特徴3 申込ブラック

カードローンやクレジットカードに申し込みすると、その申込情報が信用情報機関に記録されます。1ヵ月以内に3つ以上の申込情報がある場合、審査に落ちやすくなります。世間ではこれを申込ブラックと言います。

1ヵ月以内に3つ以上申込情報がある場合、申込者はかなりお金に困っていることが容易に想像できます。そのため、申込ブラックに該当する人は審査に通りにくいということです。申込は1社、多くても2社に絞って申込をしましょう。

なお、申込情報は3~6ヵ月ほど信用情報機関に残ります。すでに1ヶ月以内に3社以上の申込をしている場合は、申込情報が消える6ヵ月後を待ったほうが審査通過の確率を上げることができます。

特徴4 勤続年数が短い

勤続年数が短い場合、カードローン審査に落ちやすくなります。勤続年数が長い場合は安定収入があり、離職や転職の可能性も低いと判断できますが、短い場合はすぐ離職してしまう可能性もあり、将来的に安定収入を得られるかわかりません。勤続年数は最低でも一年以上は欲しいところです。

特徴5 離職率が高い職業に就いている

離職率が高い職業の場合、審査に落ちる原因になります。例えば水商売のようにスタッフの入れ替わりが激しく、仕事内容がハードな職業はカードローン審査に落ちやすいです。

特徴6 収入が安定していない

例えばフリーランスの場合、会社員と違って毎月同じ給料が入ってくるわけではありません。収入が少ない月には返済が滞る可能性があるため、このような職業の方は審査に落ちる可能性があります。

特徴7 事故情報がある

3ヶ月以上返済が滞ったりすると、金融会社がその情報を信用情報機関に登録しています。これを事故情報(俗にいうブラックリスト)と言います。この事故情報がある金融事故者は審査に落ちやすくなります。

多重債務などで返済が滞る可能性がある人に融資をするのはリスクが高くなるため当然です。延滞や滞納などの記憶がある場合には、自分の信用情報を開示請求して確認してみましょう。

なお、延滞の記録の他に、過去に債務整理(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産など)をしたかどうかの記録も事故情報に含まれるため、債務整理経験者もわかります。債務整理中、もしくは債務整理をしたことがある人に貸付をしている金融会社もありますが、ほとんどは審査に落ちると思ったほうが良いです。

特徴8 居住年数が短い

居住年数も短いと審査に落ちやすくなります。居住年数が長ければ毎月きちんと家賃を払えていることになるため、返済能力も高いと判断ができます。

特徴9 公営住宅に住んでいる

公営住宅は低所得者向けの賃貸住宅です。融資をしたとしても貸し倒れするリスクが高いため、審査に落ちやすくなります。

5.新たなカードローンに申し込むときの注意点

審査通過率を上げるために、カードローンに申し込む際に注意したい点は5つあります。

注意1 借入希望額を必要最低限にする

借入希望額は大きければ大きいほど審査が厳しくなります。高い限度額を融資するわけなので、「この人に融資しても大丈夫か」しっかり考えるのは当然です。借入希望額は必要最低限にするのが審査通過率を上げる1つのポイントです、

注意2 嘘をつかない

  • 年収を実際よりも多く見せる
  • 借入総額や件数を少なく見せる
  • 勤続年数や居住年数を偽る
  • 債務整理の過去を隠す

など、申込の際に嘘をついても信用情報と照らし合わせればすぐにバレます。審査に通ることはありませんので、真実をしっかりと申請し、審査通過の確率を上げましょう。

注意3 入力ミス

Web申し込みをする際、誤変換や単純な入力ミスをしてしまう人が増えています。メールアドレスや電話番号を間違えると審査に通ったとしても連絡が届きませんので、きちんと確認をするようにしましょう。

注意4 総量規制

消費者金融を利用する場合、消費者金融は総量規制の対象のため年収の3分の1を超える借入はできません。今の時点の借入総額を計算し、総量規制オーバーになっていないか確認しましょう。クレジットカードのキャッシング枠も忘れずに含めてください。なお、総量規制の対象外である次の借入は含める必要はありません。

  • 銀行からの借入(カードローン含む)
  • おまとめローン
  • クレジットカードのショッピング枠
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 法人への貸付

すでに年収の3分の1近く借りていた場合、新たな消費者金融に申込しても審査には通りません。なお、銀行カードローンは銀行法が適用されるため総量規制は関係ありませんが、借入できる総額は多くても年収の3分の1程度になるでしょう。

注意5 無料借入診断を利用する

当然のことですが、審査に通る可能性があるカードローンに申し込むことが重要です。ほとんどの大手消費者金融や銀行カードローンに無料借入診断があります。申し込みの前に確認し、可能性があるカードローンに申込をしましょう。

6.審査に通過したい人におすすめのキャッシング比較

即日融資を受けることができるおすすめのカードローンをご紹介します。審査に落ちやすいポイントや申込前の確認項目をチェックした上で申し込みしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

7.まとめ

審査の甘いキャッシングを探すより、審査通過率を上げて大手消費者金融や銀行カードローンに申込をした方がはるかに安全です。借金地獄に陥ってしまうような最悪の事態を引き起こさないためにも、冷静になって行動をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket