審査が甘いキャッシングに興味ある?お金の悩みを一発解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
甘い審査

「できれば1回で審査に通してキャッシングを利用したい。」

審査が甘いキャッシングを探す人は非常に多いです。しかし、そうやって探した金融会社を利用してしまったことで、失敗してしまった人は数多くいます。

ただ単に審査に通らなかっただけならまだ良いです。

  • 「確かに審査に通ってお金を借りることはできたけど、話と違って金利が高い貸金業者だった…」
  • 「あとから知ったけど実はヤミ金だった…」

このようになってしまっては、借金地獄に陥ってしまう可能性が高くなりますので、大変危険です。キャッシングで失敗しないためには、審査が甘いキャッシングを探すのではなく、審査落ちを避けるための知識を身につけ、その対策をしっかりと取ることが最重要です。

急がば回れではないですが、特に急ぎで借り入れをしたいと思っているときにこそ、大きな失敗を招きかねません。そうならないためにも、審査が甘いキャッシングを探すリスクや注意点をしっかりと把握しましょう。

1.審査が甘いキャッシングの落とし穴

キャッシング業界では、基本的に審査が甘いキャッシングはないと考えてください。インターネット上や道端の看板などに「審査に落ちた人必見!」「誰でも融資可能」「ブラック・無職でもOK」といった金融会社やカードローンを見かけることがあります。しかし、こういったうまい話には必ず裏がありますので信用してはいけません。これはキャッシングの仕組みから考えてみるとよくわかります。

理由1 審査基準は非公開であること

アイフルやプロミスなどの大手消費者金融、三菱東京UFJ銀行カードローンやレイクなどの銀行カードローンなど、金融会社が融資するかどうかを決定する際の審査の基準は、すべて非公開です。審査に落ちた際の理由も含め、明らかにしないといけないといった法的義務はありませんので、直接金融会社に問い合わせをしても、明確な答えをもらえることはできません。

インターネット上には「審査が甘いキャッシングはココ!」のように紹介しているサイトはたくさんありますが、このようなサイトはまず疑ったほうが良いでしょう。審査基準を知るはずがありませんので、そこで紹介されているキャッシングやカードローンを利用すると、痛い目に遭う可能性が大いにあります。

唯一審査基準を知っているのは金融会社の融資担当者ですが、知っているとはいっても、あくまで働いている金融会社の審査基準だけです。他社の審査基準は知っているわけがありません。「元消費者金融の融資担当が教える審査の甘いキャッシング会社!」のようなものを見かけたとしても、信用する情報には値しませんので、利用はやめたほうが得策です。

理由2 収入が定期的にあり、過剰な借り入れがないこと

消費者金融や銀行カードローンがお金を融資する最低条件は、しっかりとした収入が定期的にあり、過剰な借り入れがないことです。収入が定期的にない人は返済能力が低いため、融資したお金を回収することができない可能性が高いです。過剰な借り入れがある人も同様で、貸したお金が返って来ないことは容易に想像がつきます。

このような人たちに融資をしたとしても貸し倒れになるリスクが高いため、金融会社側からしたら経営がどんどん困難になっていくだけです。誰にでも融資をするような金融会社は必ず何か裏があり、利用するのは危険であることがわかります。

審査が甘いケースの例外

新しい金融会社や利用者を伸ばしたい貸金業者の場合は、普通だったら審査に落とすようなお客さんでも、審査に通すことがあります。たとえば新しい金融会社の場合、実績を作るためにも多くの利用者を集めることは最優先事項です。顧客獲得数を伸ばしたい貸金業者の場合も同様で、多くの利用者を集めることが優先事項となるため、それが理由で通常よりも審査がゆるくなっていることがあるようです。

ただし、すべてがそうではありませんし、「今だけ審査がゆるくなっています!」のように、金融会社側が宣伝することもありません。こういった金融会社を見極めるのは非常に難しいため、借金地獄に陥らないためにも、利用しないに越したことはありません。

2.審査に落ちやすい9つのポイント

安全かつ素早くキャッシングをしたいのでれば、審査が甘いキャッシングの情報を探すのではなく、審査に落ちてしまう可能性を低くすることが重要になります。次は審査に落ちやすい9つのポイントについてお伝えします。ポイントを確認した上で、できることがあったら行動し、審査通過の確率を高めましょう。

ポイント1 借入件数が多い

借入件数は少ないほうが審査に通りやすくなるので、複数のキャッシングやカードローンで借り入れがある場合には、1つにまとめるか完済できるものは完済し、申し込みの前に借入件数を減らしましょう。

ポイント2 過度な借り入れがある

審査のときには収入とのバランスを見られるため、過度な借り入れがあると審査に落ちる要因になります。過度な借り入れがある場合には、新たなキャッシングに申し込む前に、借入総額を減らすようにしましょう。なお、借入件数と借入総額では、借入件数のほうが重要視されるため、件数が多いほうが審査に落ちる可能性が高いです。

ポイント3 離職率が高い職業に就いている

離職率が高い職業の場合、審査に落ちる原因になります。たとえば水商売のように、スタッフの入れ替わりが激しく、仕事内容がハードな職業は審査に落ちやすいです。

ポイント4 フリーランスである

フリーランスの場合、会社員と違って毎月同じ給料が入ってくるというわけではありません。安定した収入がなく、収入が少ない月には返済が滞る可能性があるため、審査に落ちやすいです。フリーランスの方は「個人事業主やフリーランスが今すぐ借りられるカードローン5選」でもっと詳しくご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

>> 「個人事業主やフリーランスが今すぐ借りられるカードローン5選」へ

ポイント5 勤続年数が短い

勤続年数が短い場合には、審査に落ちやすくなります。勤続年数が長い場合には安定した収入を得ることができ、離職や転職の可能性も低いと判断できますが、短い場合には将来的に安定した収入を得られる可能性は低いです。勤続年数が10年以上であれば安定している、まだ3年未満の場合は安定性がない、のように判断されます。

ポイント6 居住年数が短い

居住年数も勤続年数と同様、短いと審査に落ちやすくなります。10年以上であれば安定している、まだ3年未満の場合は安定性がない、といったような形です。

ポイント7 公営住宅に住んでいる

公営住宅は低所得者向けの賃貸住宅で、融資をしたとしても貸し倒れするリスクが高いため、審査に落ちやすくなります。

ポイント8 事故情報がある

3ヶ月以上返済が滞ってしまったりすると、金融会社がその情報を信用情報機関に登録しています。これを事故情報(俗にいうブラックリスト)といいますが、この事故情報がある金融事故者は審査に落ちやすくなります。返済が滞る可能性がある人に融資をするのは、リスクが高くなりますので当然ですね。なお、延滞の記録の他に、過去に債務整理をしたかどうかの記録も事故情報に含まれるため、債務整理経験者もわかります。

ポイント9 申し込みブラック

キャッシングやカードローン、クレジットカードに申し込みをすると、その申込情報が信用情報機関に記録されます。1ヵ月以内に3つ以上の申込情報がある場合、審査に落ちやすくなります。世間ではこれを申し込みブラックといいます。だいぶお金に困っていない限り、1ヵ月以内に複数のカードローンなどに申し込みをすることはありません。そのため、申し込みブラックに該当する人は審査に通りにくいということです。

申込情報が残る期間

  • 申込情報は3~6ヵ月程度、信用情報機関に残ります。
  • すでに1ヶ月以内に3社以上の申し込みをしている場合は、申込情報が消える6ヵ月後を待ったほうが、審査通過の確率を上げることができます

3.キャッシング申し込みの前に確認すべき6つのこと

明らかに審査に落ちてしまうような状態で申し込みをしたとしても、何も得にはなりません。お金を借りることもできないですし、信用情報機関に申込情報も残ってしまう。審査で落ちてしまったことは有利になることはなく、次に申し込みをする際のマイナス面になってしまうだけです。

キャッシングの審査に何としても通りたいのであれば、審査を通過する確率が高いときに申し込みをするのが最善といえます。ここでは、申し込みの前に確認すべき6つのことについてお話しします。キャッシングに申し込みをする前にこれらのことを確認し、審査に落ちてしまうことを避けられるようにしてください。

確認1 他社からの借入金額

消費者金融のキャッシングを利用する場合、総量規制の関係上、年収の3分の1を超える借り入れはできません。今の時点で合計いくらの借り入れがあるのかを計算し、総量規制オーバーになっていないかを確認しましょう。クレジットカードのキャッシング枠も忘れずに含めてください。なお、総量規制の対象外である以下の借り入れについては含める必要はありません。

  • 銀行からの借り入れ(カードローン含む)
  • おまとめローン
  • クレジットカードでの買い物(ショッピング枠)
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 法人への貸付

計算をしたらすでに年収の3分の1近く借りていた場合には、消費者金融に新しく申し込みをしても審査には通りませんので、銀行カードローンへの申し込みを検討してください。銀行カードローンは総量規制の対象外のため、審査に通れば借り入れができます。

確認2 他社からの借入件数

他社からの借入件数は少ないに越したことはありません。完済できるものがあれば完済し、借入件数を減らしましょう。

確認3 返済の滞納

3ヶ月以上返済を滞ってしまったなどの事故情報があった場合、審査に通る可能性は低くなります。そういった記憶がある場合には、自分の信用情報を開示請求して確認してみましょう。現在借り入れしているところの返済を滞納してしまっている場合は、返済能力はないと判断されます。そのため、審査には通らないでしょう。

確認4 債務整理

債務整理経験者(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などをした)は、同じく信用情報機関に事故情報が残ります。債務整理中、もしくは債務整理をしたことがある人に貸付をしている金融会社もありますが、ほとんどの金融会社で審査に落ちると思ったほうが良いです。なお、債務整理中、もしくは債務整理(破産以外)をしたことがあって勤続1年以上であれば、フクホーなら可能性があります。債務整理中、もしくは債務整理後であっても審査をしてくれます。

確認5 直近1ヶ月の申込件数

1ヵ月以内に3つ以上の申込情報がある場合、審査に落ちる可能性は高くなります。申込情報は最長で6ヶ月間残りますので、もし3つ以上ある場合には6ヵ月後を待ったほうが良いでしょう。

確認6 金融会社の無料診断

1回でキャッシングの審査に通りたいのであれば、自分が借りられる可能性がある金融会社をしぼり、申し込むことも重要です。当然のことですが、審査に通りそうにない金融会社に申し込みをするよりも、審査に通る可能性がある、もしくは高い金融会社に申し込みをしたほうが、キャッシングを利用できる確率は高いです。大体どのキャッシングにも無料診断がありますので、申し込みの前に診断しておきましょう。

4.申し込みのときにやりがちな5つのミス

キャッシングの審査の要素を知り、審査を通過する確率が高いときに申し込みをしたとしても、そこでミスをしたら元も子もありません。ここでは、申し込みのときにやりがちな5つのミスについてお話ししたいと思います。

ミス1 複数の金融会社に申し込む

申し込みブラックと判断されると、審査に通る可能性は極めて低くなります。いくつもの金融業者に申し込みをして、通ったところから借り入れをしたい気持ちはわかります。特に急ぎで借り入れをしたい場合には、今すぐ借りられるところを探したい気持ちもわかります。

しかし、申し込みをすると信用情報機関に申込情報は残るため、審査に通らなかった場合には、ただ単に自分の信用度を下げるだけです。キャッシングを何としても利用したいのであれば、申し込みは1社だけ、多くても2社に申し込みをするだけにして、申し込みブラックで引っかからないようにしましょう。

ミス2 虚偽申告

虚偽申告はバレます。虚偽申告とはいわゆる、申し込みの際に嘘の内容を伝えて申請をすることですが、年収を実際よりも多く伝えたり、借り入れの額を少なく、もしくはないと申告したり。居住年数や金属年数を偽ったり、債務整理の過去を隠したりといろいろありますが、嘘をついても信用情報と照らし合わせをすればすぐにバレることです。審査に通ることはありませんので、真実をしっかりと申請し、審査通過の確率を上げましょう。

ミス3 記入ミス

記入する必要がある書類にミスがあることにより、多少審査に影響があることがあります。早く審査を終わらせたいのであれば、書類の必要項目は間違えないよう、しっかりと確認しながら記入をしましょう。

ミス4 入力ミス

最近はインターネットでも申し込みをすることができるため、誤変換や単純な入力ミスをしてしまう人が増えています。急いでいるときだからこそ、きちんと確認をするようにしましょう。

ミス5 希望融資額を増やす

融資額は大きければ大きいほど審査は厳しくなります。高い限度額で融資するわけなので、「この人に融資しても大丈夫か」をしっかり考えるのは当然です。希望融資額は多めにして申し込むのではなく、実際に必要な最低限の金額を伝えるようにしましょう。

5.審査に通過したい人におすすめのキャッシング比較

即日融資を受けることができるおすすめのキャッシングを3つご紹介します。審査に落ちやすいポイントや申込前の確認項目をチェックした上で、申し込みをしてみてください。

新生銀行カードローン レイク

レイクチェックリスト*1 平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

アイフル

アイフルチェックリスト
*アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合は収入証明書原則不要。

プロミス

プロミスまるばつ表

6.まとめ

キャッシングの審査に通す上で、1番重要なのは「信用があること」に越したことはありません。しかし、審査に落ちやすいポイントを把握し、自分に合った、自分が借りられそうな金融会社に、借りられそうなタイミングで申し込みをすれば、審査通過の確率を高めることができます。

審査の甘いキャッシングを探して借り入れをするよりも、はるかに安全で、はるかに融資してもらえる可能性が上がります。借金まみれになって地獄を味わう、といったような最悪の事態を引き起こさないためにも、借り入れをしたいときにこそ冷静になって行動をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

カードローンランキング