猫のトイレのしつけ方!しつけに重要なポイント・失敗の原因は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
困り顔の女の子

猫を飼ったら、最初に覚えてもらいたいのはトイレですよね。猫のトイレのしつけは比較的簡単だと言われています。大切なのは、猫にとって快適なトイレの環境を作ってあげることです。

猫がトイレで排泄してくれなくてお困りの方も、参考にしてみてください。

1.猫のトイレを置く場所

猫にとって、トイレを置くのに快適な場所をご紹介します。家が広い場合、まずは猫が一番落ち着ける部屋に置いて覚えてもらいましょう。

ポイント① 静かなところ

人がしょっちゅう通るような場所や、うるさい場所は避けましょう。人間も落ち着かない場所では用を足しづらいですよね。猫も同じです。

よく人目につかないところが良いと言われますが、特に猫が排泄行為を人に見られて恥ずかしいなどはありませんので、目の届くところでも構いません。むしろ飼い主さんの目が届く場所の方が、排泄中のちょっとした変化に気付けたり排泄物の異常をすぐ確認でき、健康管理しやすくなります。

ポイント② 猫の食事場所から遠いところ

食事場所の近くにトイレがあると、においで食欲をなくすこともありますので、なるべく離れた場所に置きましょう。

ポイント③ 綺麗でなるべく風通しの良いところ

あまりごちゃごちゃと物が置いてあるところや、汚い場所は避けましょう。出来れば風通しの良い場所だと、排泄後の匂いがこもりにくくて良いです。

2.猫のトイレをしつける方法

猫にトイレを覚えてもらう方法をご紹介します。

①猫にトイレの場所を教える

トイレを置く場所を決めたら、猫をトイレの中に入れてあげ、やさしく「ここがトイレだよ」と教えてあげましょう。無理やり入れたりせず、猫がトイレに入るのを嫌がったらやめましょう。猫によっては、これだけで覚えてくれることもあります。

②猫のトイレサインを見る

次のような行動をしたら、猫がトイレをしたいサインです。

  • 床のにおいを嗅ぎながらウロウロし、落ち着きがなくなる
  • 床を砂をかくみたいに引っかく
  • お尻をムズムズさせる

③猫をトイレに連れていく

猫がトイレサインの行動をしたら、トイレに連れて行ってみましょう。連れていくときは猫を驚かさないように、ゆっくり落ち着いて、さりげなくトイレに入れてあげてください。トイレサインは見間違っても構わないので、「トイレかな?」と思ったら連れて行ってみてください。

④猫がちゃんとトイレで排泄出来たら褒める

猫が無事にトイレでおしっこやうんちをしてくれたら、やさしく褒めてあげてください。排泄中は静かに、邪魔をしないようにしましょう。1度成功したら、次に猫だけでちゃんとトイレに行けるか様子をみて、ダメそうなら何度か繰り返し教えてあげてください。

3.猫がトイレを失敗してしまったら

猫がトイレを失敗してしまったときの対応をご紹介します。

①猫を叱らない

猫がトイレを失敗しても決して叱らないでください。粗相中でも、途中で止めさせたり大きな声を出したりしないでください。猫が、おしっこやうんちをすること自体を怒られたと思い、我慢するようになってしまうこともあるからです。

②失敗した場所をすぐに掃除する

すぐに掃除しないとにおいが残り、猫がそこをトイレだと勘違いして、またその場所にしてしまう可能性があります。綺麗に掃除して、消臭剤をかけて完全ににおいをとりましょう。

猫が苦手な香水やアロマオイルなどの他のにおいで消そうとするのはNGです。完全ににおいを取り切れない場合は、猫をその場所に近づけないようにしましょう。

4.猫がトイレを失敗してしまう原因

何度もトイレを失敗してしまうのには、何かしら原因があるはずです。なかなかトイレを覚えてくれなかったり、急にトイレ以外でするようになってしまったら、次のような原因がないか見てみましょう。

原因① トイレが気に入らない

トイレが狭すぎたり、入り口が入りづらいと、猫がトイレに入るのを嫌がることがあります。屋根の有無や、縁の高さを気にする猫もいます。トイレまでは来るのに中でしてくれない場合はこの原因も考えられます。トイレ自体が嫌なのかな?と感じたらトイレを替えてみましょう。

原因② 猫砂が気に入らない

猫砂の素材やにおい、粒の大きさなどが気に入らないということもあります。砂のにおいを嗅いでトイレに入るのをやめたり、入ったけどすぐ出てしまう場合はこの原因も考えられます。猫砂は沢山の種類がありますので、猫が気に入るものを探してみましょう。

原因③ トイレを置く場所が気に入らない

トイレの付近に、その猫の嫌なものが近くにあるとトイレに行きたくても行けません。水の音や家電の音、鏡が怖かったり、嫌なにおいがするなど、人にとって些細なことでも猫にとってはトイレに近づけない場合もあります。猫がトイレに近づこうとしない場合などは、トイレ付近の環境を見直してみると良いでしょう。

原因④ トイレが汚い

猫は綺麗好きなので、前回排泄したものが残っているだけで嫌な猫もいます。特におしっこは、猫砂によって完全に取り切るのが難しかったりします。こまめに綺麗に掃除をしてあげるか、長時間家を空けるときなどには、もう一つトイレを置いてあげると良いでしょう。

また先住猫がいる場合も、他の猫のにおいを嫌がる場合があるので、トイレの数を増やしてあげると良いですね。

原因⑤ 何かしらのストレスや、人の気を引きたい

家にまだ慣れていなかったり、急にトイレの場所を変えたり、引っ越しなどで環境が変わったり、何かしらのストレスを感じていると粗相してしまう猫もいます。また、急に飼い主さんが長時間留守をしたり、忙しくてかまってあげられなかったりすると、猫によっては粗相をして欲求不満をぶつけてくることがあります。

なるべく猫のストレスを軽減してあげ、忙しかった時は、後でいつもよりかまってあげるなどして、猫の機嫌をなおしましょう。

原因⑥ 老いによる粗相

猫も人と同じで、高齢になると泌尿器系が弱っておもらししてしまうこともあります。また、関節炎で足腰が弱るとトイレの縁をまたげなくなることも。年齢も高齢で、急に粗相するようになったら一度病院に連れていき、オムツをするなりトイレを縁の低いものに替え、寝床の近くに置いてあげるなどしてみましょう。

原因⑦ 泌尿器系の病気

今までと特に何の変化もないのに、急にトイレ以外の場所で排泄してしまったら、泌尿器系の病気の可能性もあります。おかしいなと思ったら早めに病院に連れて行きましょう。

5.猫にトイレを覚えてもらうのに重要なポイント

猫に最初から上手にトイレを覚えてもらうには、まず猫にとって快適な場所に、快適なトイレを置いてあげること。トイレを何度も失敗されると手間もコストもかかるので、準備は抜かりなくしておきたいですね。猫にトイレをスムーズに覚えてもらうため、失敗を繰り返させないための重要なポイントをまとめてみました。

ポイント① 猫にとって最適なトイレを用意する

2014年にカナダのアトランティック獣医大学が行った調査では、「猫は大きめのトイレを好む」という結果が出ています。調査は、43の家庭で飼われている74匹の猫を対象に行われました。

約50㎝×50㎝のレギュラーサイズのトイレと、86㎝×86㎝の特大サイズのトイレを部屋の中におき、トイレの位置を入れ替えながら4週間観察したところ、レギュラーサイズよりも、特大サイズの方が好まれる傾向にあったという結果が出ました。(糞尿回数:レギュラーサイズ3,239回、特大サイズ5,031回)

出典 http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1558787814000033

この結果から、「猫はなるべく大きなトイレの方が用を足しやすい」という可能性が示されました。ですが、86㎝×86㎝ほど大きなトイレはなかなか売っていませんし、トイレを置くスペースの問題もあるでしょう。せめてトイレの中をぐるっと一周できるくらいの大きさは欲しいですね。

子猫から飼い始めた場合でも猫の成長は早いですので、最初から大きめのトイレを購入しておくとすぐに買い替えなくて済むので節約にもなります。屋根も取り外し出来るものだと、猫の好みで変えられるので良いですね。

せっかく用意したトイレを気に入ってくれなかった場合は、まず段ボールなどで屋根を作ってみたり、猫の好みの大きさを知るため、臨時のトイレを作ってみるのも無駄な購入を防げて良いです。

ポイント② 猫砂は鉱物系の砂から

猫砂も沢山の種類がありますが、猫が比較的好みやすいのは「鉱物系」といわれています。鉱物系は自然の砂に一番近い形状をしているので、野良だった猫や外にも出ていた猫は好みやすいでしょう。ペットショップで購入した猫は、ペットショップで使っていた砂と同じようなものを選ぶと良いですね。

用意しておいた猫砂を気に入らない可能性もあるので、安いからといって大量に買っておくと無駄になってしまいます。最初は割高でも、用意しておくのは少量が良いでしょう。

ポイント③ 猫のトイレやトイレ周辺はこまめに掃除をする

猫は綺麗好きですので、少しでもトイレやトイレ回りが汚れると嫌がります。こまめに掃除をしてあげることが重要です。そのためにも、掃除のしやすいトイレや猫砂を用意しておくと良いですね。

掃除のしやすい猫砂は、おしっこした時によく固まる砂だったり、トイレに流せる砂も便利です。長時間家を空ける方は、トイレを2,3個置くかシステムトイレなどを利用すると、おしっこの度に掃除をしなくて済むので、手間も省けておすすめです。

ポイント④ 病気かな?と思ったら、なるべく早く病院へ

泌尿器系の病気や、関節炎などが原因で粗相をしてしまったのかな?と感じたら、なるべく早めに病院へ連れて行きましょう。原因が早くわかった方が、病気の悪化を防げたり飼い主さんの負担も早く防げます。

もしオムツをするようになったら、ペット用より人間用の方が割安です。人間用のオムツに、しっぽを出す穴を空けてあげるだけで使えます。またトイレや猫砂も使えなくなったら、ペットシーツを使用することになるでしょう。こちらもこまめに変えてあげたいので、インターネットなどで大量買いするとコストの削減になります。

6.まとめ

最初は「失敗して当たり前」くらいの心持ちで、しつけをはじめてみましょう。失敗を繰り返してしまう場合は、原因を見極め、早めに対応してあげることが、猫にとっても飼い主さんにとっても重要です。

猫は一度トイレを覚えてくれれば、その後失敗することは少ないといわれていますので、怒らず焦らず頑張ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket