アコム

後悔しないキャットフードの選び方|愛猫が長生きするおすすめの餌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
笑顔の女の子

愛猫には出来るだけ健康で長生きしてほしいですよね。そのために大切なのは、毎日のごはんです。

安いものから高いものまで数あるキャットフードの中から、何を選べば良いのか困っている方も多いと思います。大事な猫の体に入るものですので、「とりあえず安いから…」といって選ぶのも怖いですよね。良く食べてくれるものでも、もし体に有害なものが入っていたら、いずれ病気になる可能性も出てきます。

猫にとってどんなものが体に良いのか、安全なキャットフードの選び方と、おすすめのキャットフードをランキングにしてご紹介します。

1.安全なキャットフードの選び方

猫の本来の食性は肉食性ですので、動物性のたんぱく質や脂質をエネルギーに変換しやすい体になっています。

昔は「猫まんま」など人間の食べ物を与えていた話を良く聞きますが、肉食の猫にとって炭水化物は特に必要ではなく、消化や吸収も上手にできません。ですので、猫の体質に合った、高たんぱくで低炭水化物のキャットフードを選ぶのが理想的です。

2.キャットフードの成分で避けた方が良いもの

キャットフードを選ぶときに見ていただきたいのが「原材料名」です。原材料に含まれているもので、猫にとって避けたほうが良い成分をご紹介します。

①「○○ミール」「肉骨粉」「肉副産物」「家禽副産物」と表記があるもの

原材料の中に、「家禽ミール」「ミートミール」「フィッシュミール」や、「肉骨粉」「肉副産物」「家禽副産物」が含まれている場合、4Dミートが使われている可能性があります。

4Dミートとは、人間では食べることの出来ないお肉のことで、

  • DEAD = 死んだ
  • DISEASED = 病気だった
  • DYING = 死にかけだった
  • DISABLED = 障害のあった

これら4つの単語の意味を持つお肉のことです。野良猫などは、生きるためにこのようなお肉も食べているかもしれませんが、わざわざ自分の愛猫に与えたくないですよね。人間と同じで、猫にとっても悪質なものを食べるのは健康に良くありませんので避けた方が良いでしょう。

②猫に有害な添加物

酸化防止剤として使われる「BHA」「BHT」は、発癌性があることが認められています。同じく「エトキシキン」も発癌性があり、毒性の強い成分です。また、着色料や香料も猫にとって良いものではありませんので避けた方が良いでしょう。

③穀物

安価なキャットフードでは、原材料の1番目が「穀類」のものが多いですが、トウモロコシや大豆、小麦などの穀物は、肉食の猫には上手に消化できません。穀物を大量に摂取すると、消化器官や皮膚の病気につながる可能性もありますし、アレルギー反応を引き起こしてしまう場合もあります。ですので、そのキャットフードの主原料となる1番目の表記が穀類のものは避けたいですね。

④マグネシウム値が高いもの

マグネシウム値が高いキャットフードを食べ続けると、尿路結石を引き起こしてしまう可能性があります。特に雄猫がなりやすい病気ですので、雄猫を飼っている方は低マグネシウムで下部尿路疾患に対応しているキャットフードを選ぶと良いでしょう。

3.キャットフードおすすめランキング

猫の健康に良い安全なキャットフードランキングを、メリット・デメリットを含めてご紹介します。

1位 カナガン キャットフード

原産国:イギリス
価格:3,960円(税抜き)/1.5㎏ ※定期販売割引あり
原材料名:乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

<メリット>

  • 原材料の60%以上がチキンで出来ている
  • チキンの次に、消化に良く食物繊維を豊富に含み、腹持ちの良いさつまいもが使われている
  • ビタミンCを豊富に含み、尿路結石を予防してくれるクランベリーを使用
  • 高たんぱく、低炭水化物
  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 使用している原材料は、すべて人間が食べられる食材
  • 食いつきが良い

<デメリット>

  • 市販されておらず、インターネットでしか購入できない
  • 良質な分、値段は高めで、試食や少量の販売がない

猫の健康をとても重視して作られたキャットフードです。値段が高めなので、万が一猫が食べなかったらと思うと悩みますが、これだけ良質な素材を使用しているキャットフードですので試してみる価値はあるでしょう。

→ カナガンの詳細はこちら

2位 シンプリー キャットフード

原産国:イギリス
価格:3,960円(税抜き)/1.5㎏ ※定期販売割引あり
原材料名:骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

<メリット>

  • 原材料の50%以上がサーモンで出来ている
  • 消化に良く食物繊維を豊富に含み、腹持ちの良いさつまいもが2番目に多く使われている
  • ビタミンCを豊富に含み、尿路結石を予防してくれるクランベリーを使用
  • 高たんぱく、低炭水化物
  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 使用している原材料は、すべて人間が食べられる食材
  • 食いつきが良い

<デメリット>

  • 市販されておらず、インターネットでしか購入できない
  • 良質な分、値段は高めで、試食や少量の販売がない

メリット・デメリットともに1位のカナガンとほぼ変わらず、猫の健康をとても重視して作られたキャットフードですが、肉食性の猫にとっての理想からするとチキンを使用しているカナガンの方が良いですね。ですが、お肉アレルギーの猫や、お肉嫌いの猫でしたらシンプリーがおすすめです。

→ シンプリーの詳細はこちら

3位 ファインペッツ キャットフード

原産国:オーストラリア
価格:2,286円(税抜き)/1㎏ ※初回お試し用・定期販売割引あり
原材料名:鶏肉、全粒米、全粒大麦、鶏脂、豆類繊維質、鮭肉、オートミール、鶏レバー、乾燥全卵、塩化カリウム、リン酸、乾燥酵母、塩化コリン、亜麻仁、レクチン、昆布、クランベリー、リンゴ、ビタミン(ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、イノシトール、ビタミンA、チアミン(ビタミンB1)硝酸塩、Dパントテン酸カルシウム、ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンK、ベータカロテン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄分、銅、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、塩化ナトリウム)、タウリン、DLメチオミン、Lリシン、ユッカシジゲラ抽出物、タイム、桂皮、アニス、カモマイル、ホースラディッシュ、ジュニパー、生姜、ローズマリー

<メリット>

  • 原材料で1番多く使用されているのがチキン
  • ビタミンCを豊富に含み、尿路結石を予防してくれるクランベリーを使用
  • 人工添加物不使用
  • 使用している原材料は、すべて人間が食べられる食材
  • 初回お試し用がある
  • 消化吸収率が良いので、少ない量で充分な栄養が賄える

<デメリット>

  • 穀物が使用されている
  • 消化吸収率が良いので、給餌量をしっかり管理しないと肥満になる可能性がある
  • 市販されておらず、インターネットでしか購入できない

穀物が使用されていますが「全粒米・全粒大麦」なので、トウモロコシや小麦などの他の穀物より、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。穀物以外をみれば、しっかり猫の健康を重視した安全なキャットフードといえます。

→ ファインペッツの詳細はこちら

4位 オリジン キャット&キティ

原産国:カナダ
価格:1,240円(税込み)/340g ※他サイズあり
原材料名:新鮮骨なし鶏肉(20%)、乾燥鶏肉(15%)、新鮮鶏レバー(4%)、新鮮丸ごとニシン(4%)、新鮮骨なし七面鳥肉(4%)、乾燥七面鳥肉(4%)、新鮮七面鳥レバー(3%)、新鮮全卵(3%)、新鮮骨なしウォールアイ(3%)、新鮮丸ごとサーモン(3%)、新鮮鶏ハツ(3%)、鶏軟骨(3%)、乾燥ニシン(3%)、乾燥サーモン(3%)、鶏レバー油(3%)、鶏肉脂肪(2%)、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉、発酵乾燥腸球菌フェシウム+ビタミン&ミネラル

<メリット>

  • 原材料の80%が肉で出来ている
  • ビタミンCを豊富に含み、尿路結石を予防してくれるクランベリーを使用
  • 高たんぱく、低炭水化物
  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 使用している原材料は、すべて人間が食べられる食材

<デメリット>

  • 市販されておらず、インターネットでしか購入できない
  • 良質な分、値段が高め

本来、猫が自然に食べるものにこだわり作られたキャットフード。1位のカナガンよりも高たんぱく・低炭水化物ですが、価格も1番高いです。猫の健康と安全性に、よりこだわりたい方にはおすすめです。

→ オリジンの詳細はこちら

5位 ジャガー キャットフード

原産国:イギリス
価格:3,852円(税抜き)/1.5㎏ ※定期販売割引あり
原材料名:骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

<メリット>

  • 肉と魚をたくさん使い、動物性たんぱく質が80%以上
  • 消化に良く食物繊維を豊富に含み、腹持ちの良いさつまいもを使用
  • ビタミンCを豊富に含み、尿路結石を予防してくれるクランベリーを使用
  • 高たんぱく、低炭水化物
  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 使用している原材料は、すべて人間が食べられる食材

<デメリット>

  • 市販されておらず、インターネットでしか購入できない
  • 良質な分、値段は高めで、試食や少量の販売がない

こちらも、十分に猫の健康を重視した安全なキャットフードです。動物性たんぱく質を鶏肉と魚からの両方から摂取できるようになっている点が、このキャットフードのポイントですね。

→ ジャガーの詳細はこちら

4.まとめ

人間と同じで、猫にとっても、良質で悪い成分が極力入っていないものを食べるのが、何より健康につながることだと思います。市販のものと比べると高いなぁと感じるかもしれませんが、猫がずっと健康でいてくれることが一番大切です。

体に悪いものを食べ続けて万が一病気にでもなってしまったら、病院代の方が高くつく場合もあります。猫にも好き嫌いがあるので、どんなに良質なものだからといっても食べてくれないこともあります。原材料を見ながら、出来るだけ体に良い、愛猫に合ったキャットフードを見つけられると良いですね。

猫砂の選び方も気になる方はこちらのまとめをご覧ください。

愛猫のためのおすすめ猫砂!消臭力やコスパに優れた猫砂は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket