審査なしのキャッシングはハイリスク?!審査に通らない時の正しい対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシングの罠
  • 急な出費で今すぐお金が必要
  • なかなかキャッシング審査に通らない
  • 確実に即日融資を受けたい

こんな時には審査なしのキャッシングを探したくなるものですが、あせってはいけません。審査がないキャッシングの利用はハイリスクです。

この記事では、審査なしのキャッシングを利用するリスクやキャッシング審査の通過率を上げるポイント、どうしてもキャッシング審査に通らない時の対処法などをまとめました。

急いでいる時こそ冷静になり、即日の借入を成功させましょう。

1.審査なしのキャッシングを利用するリスク

審査なしで誰でも融資可能とアピールしているカードローンはまず闇金です。

アコムやプロミスなど大手消費者金融や銀行カードローンには必ず審査があります。返済能力が低い人に融資をしても貸し倒れする可能性が高いため、大手消費者金融や銀行は必ず審査をして融資の可否を決定しています。審査なしで融資をするカードローン会社は闇金くらいです。

闇金から一度でもお金を借りると今よりも悪い状況に陥るだけです。

  • 法外な利息を請求され続けて借金まみれになる
  • 完済しようとしても「事前連絡がなかった」など適当な言いがかりをつけられて手数料を取られる
  • 自宅に怖い取り立てが来る
  • 勤務先に取り立てに来て同僚に闇金から借りていることをバラされる
  • 家族に「代わりに借金を払え」などと請求しに来る など

今よりも良い状況になることはありませんので利用するのは絶対にやめましょう。

2.キャッシング審査の通過率を上げるポイント

キャッシングをするなら審査なしのカードローンではなく、審査通過率を上げてから安全なカードローン会社に申し込むのがおすすめです。

①他社借入件数を減らす

他社借入件数は少ない方がキャッシング審査で有利になります。全てを完済する必要はありませんが、3社から融資を受けている場合は2社か1社に、2社から融資を受けている場合は1社のように、可能であれば申込前に完済して借入件数を減らしておきましょう。

②キャッシング枠があるクレジットカードを解約する

キャッシング枠があるクレジットカードも借入件数1件とカウントされます。キャッシングしていなくても数えられてしまいますので、利用していないクレジットカードもカードローンの申込前に解約しておきましょう。なお、キャッシング枠がないクレジットカードは解約する必要はありません。

③借入希望額を必要最小限にする

キャッシング審査は借入希望額が高いほど慎重になります。借入希望額を高くして申込をしたから審査に落ちるケースもありますので、借入希望額は必要最小限の金額で申し込むようにしましょう。

④複数のカードローンに申込をしない

1ヶ月以内に3つ以上のカードローンに申し込むと審査に落ちる可能性が高くなります。カードローンの申込情報は個人信用情報機関に登録されるため、同月に3つ以上あると相当お金に困っていると判断されるからです。金融事故というわけではありませんが、この状態を申込ブラックと言います。

カードローンの申込は1社に絞って申込をするのが審査通過率を上げるコツです。仮に審査に落ちてしまった場合には、その後に他のカードローンに申し込むようにしましょう。

なお、カードローンの申込情報は個人信用情報機関に最長で6ヶ月間残ります。すでに3つ以上のカードローンに申込をしている場合、申込情報が消える6ヶ月後を待って申込をした方が審査通過率が上がります。

⑤借入診断をする

大手消費者金融や銀行カードローンには融資可能か診断してくれる無料の借入診断があります。審査に通過する可能性がないカードローンよりも、審査に通過する可能性があるカードローンに申込をした方がキャッシングできる確率は極めて高くなります。事前に借入診断をして可能性があるカードローンに申し込みましょう。

3.どうしてもキャッシング審査に通らない時の対処法

どうしてもキャッシング審査に通らない時の対処法をご紹介します。

①審査のポイントを学ぶ

キャッシング審査のポイントを知ることで審査通過率を高めることができます。カードローンの申込前に対応できることも多いので、どうしても審査に通らない時は一度確認しておきましょう。

▼カードローン審査を詳しく知りたいなら
キャッシング審査に落ちた時の対処法とカードローン審査通過率を徹底解説

②自分の個人信用情報を確認する

キャッシング審査に落ちてしまった時は自分の個人信用情報を確認してみるのも1つの手です。確認するには500円~1,000円の手数料がかかりますが、審査に落ちた原因を知る手がかりになるかもしれません。次の個人信用情報機関に情報開示請求をすることで確認ができます。

株式会社 日本情報信用機構(JICC)
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

一般社団法人 全国銀行協会(KSC)
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

4.おすすめカードローンランキング

安全に借入できる大手消費者金融と銀行カードローンをおすすめ順にご紹介します。利用していないカードローンがあったらこの中から申込をしてみてください。

ランキングは当サイトのおすすめ順です。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

安全にお金を借りるには大手消費者金融や銀行カードローンを利用するのが1番です。いくら急いでいるのだとしても、審査がないキャッシングの利用はやめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket