アコム

1番低金利なキャッシングはどれ?できるだけ利息を減らすポイントを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電卓でお金の計算をした女性

キャッシングでお金を借りるなら、負担を少なくするためにもできるだけ余計な利息は減らしたいですよね。

とは言っても、キャッシングには消費者金融や銀行など様々なタイプのものがあるので、どのキャッシングが自分にとって本当にお得なのかわからない方も多いと思います。

この記事では、低金利なキャッシングを見極めるポイントや賢い低金利キャッシングの選び方などをまとめました。

できるだけ支払う利息を減らして損せず賢く借入していきましょう。

1.低金利でキャッシングしたい時のカードローン一覧

まずは全国対応している銀行カードローンやネット銀行、消費者金融の金利を見てみましょう。上限金利が低い順に並べています。

カードローン金利年利用限度額
三井住友カード
ゴールドローン
3.5~9.8%50~700万円
りそな銀行3.5~12.475%10~800万円
ソニー銀行2.5~13.8%10~800万円
みずほ銀行2.0~14.0%10~800万円
楽天銀行1.9~14.5%10~800万円
三井住友銀行4.0~14.5%10~800万円
静岡銀行4.0~14.5%10~500万円
三菱UFJ銀行1.8~14.6%10~500万円
東京スター銀行1.8~14.6%10~1,000万円
愛媛銀行4.5~14.6%10~800万円
住信SBI
ネット銀行
0.99~14.79%10~1,200万円
スルガ銀行3.9~14.9%10~800万円
じぶん銀行2.2~17.5%10~800万円
オリックス銀行1.7~17.8%最高800万円
プロミス4.5~17.8%1~500万円
ジャパン
ネット銀行
2.5~18.0%10~1,000万円
SMBCモビット3.0~18.0%1~800万円
アコム3.0~18.0%1~800万円
アイフル3.0~18.0%最高800万円

2.本当に低金利なキャッシングを見極める2つのポイント

低金利なキャッシングを見極めるポイントを見ていきましょう。

ポイント1 借入希望額の適用金利を調べる

カードローンの実際の金利は審査によって決まりますが、利用限度額ごとに適用金利が異なります。例えばみずほ銀行カードローンの適用金利は次の通りです。

みずほ銀行の利用限度額ごとの金利適用表(出典:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの場合は10万円以上〜100万円未満なら上限金利の年14.0%が適用され、200万円以上〜300万円未満なら金利年9.0%が適用されます。

下限金利の年2.0%が適用されるのは利用限度額が800万円の時です。

金利を見る時は下限金利を見てしまいがちですが、下限金利が適用されるのは最高限度額に近いお金を借りる時です。

低金利のカードローンを選ぶ際は、自分の借入希望額の適用金利をカードローンごとに調べ、最も低いものを選ぶようにしましょう。

なお、100万円未満のお金を借りる時は基本的に上限金利に近い金利が適用されるので、上限金利を比較してカードローンを選べばOKです。

ポイント2 優遇金利の有無

カードローンの中には金利が優遇されるものがあり、このようなサービスを上手に活用するとより利息を減らすことができます。代表的な3つのケースを見てみましょう。

<ケース1 三井住友カード「ゴールドローン」>

三井住友カード「ゴールドローン」は利用していくにつれて年間0.3%ずつ金利が低くなっていき、返済実績があれば最大1.2%も金利が下がります。

 290万円以300万円〜490万円
適用金利9.8%7.8%
2年目9.5%7.5%
3年目9.2%7.2%
4年目8.9%6.9%
5年目8.6%6.6%

ただし、一度でも返済の滞納をすると翌年の金利は下がりませんし、2回以上滞納してしまうと利率引き下げサービスは取り消しになります。

<ケース2 銀行の住宅ローンを利用している>

銀行の住宅ローンを利用している場合、その銀行のカードローン金利が優遇されることがあります。例えば次の銀行は平均で年0.5%ほどカードローン金利が下がります。

銀行優遇金利
みずほ銀行0.5%優遇
三井住友銀行0.5%優遇
りそな銀行0.5%優遇
住信SBIネット銀行0.5%優遇*

* SBIカード保有で引落口座設定すると+0.1%引き下げ

住宅ローンの返済を順調に行っていることが条件ですが、住宅ローンを利用している時はその銀行のカードローンをまずは調べてみると良いでしょう。

<ケース3 じぶん銀行カードローン>

じぶん銀行カードローンは誰でもコースと借り換えコースがあり、auユーザーなら最大0.5%も金利が下がります。

じぶん銀行カードローンau(出典:じぶん銀行カードローン

auユーザーの方はじぶん銀行カードローンも候補の1つと考えても良いでしょう。

3.できるだけ支払利息を減らしたい時の2つの注意点

できるだけ支払利息を減らしたい時の注意点を見ていきましょう。

注意1 最低返済額以上を返済する

つい注目しがちなのが金利ですが、支払利息を減らすには元金をいかに減らすかも重要です。そのためには積極的に繰り上げ返済をすることがポイントになります。

カードローンは最低返済額を返済していれば利用上は問題ありませんが、返済額には利息分も含まれるため、最低返済額だけでは元金がなかなか減っていきません。

例えば三井住友銀行カードローンの最低返済額は次の通りです。借入残高が多いほど最低返済額は大きく、少なくなるにつれて最低返済額も少なくなります。

三井住友銀行カードローンの最低返済

借入残高によって最低返済額が決まっているのでわかりやすいですが、返済額が全て元金の返済に充てられるわけではないことに注意が必要です。

例えば借入残高が50万円の場合の返済額は10,000円です。

10回返済したら借入残高は40万円近くになると勘違いしそうですが、実際は返済額10,000円の大部分は利息なので元金は思ったほど減りません。

こちらの表は三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションで出した返済計画です。毎月5,000円以上が利息にあてられていることがわかります。

三井住友銀行カードローンの返済計画(出典:三井住友銀行カードローン返済シミュレーション

繰り上げ返済を上手く活用していかないといつまでたっても元金が減っていきません。

一気に返済する必要はありませんが、ボーナスが出る月などお金に余裕がある時は積極的に返済に充てていきましょう。

注意2 返済計画を立てる

カードローンはそれぞれ返済方式が異なるため、金利だけを見ても確かな返済総額はわかりません。

50万円を1年間キャッシングした時の毎月の最低返済額や返済総額を見てみましょう。金利は上限金利で計算しています。

カードローン返済方式最低返済額返済総額
三井住友カード
ゴールドローン
元金定額40,000円531,658円
みずほ銀行残高スライド49,265円541,920円
楽天銀行残高スライド
リボルビング
45,011円540,128円
三井住友銀行残高スライド
元利定額
45,011円540,128円
三菱UFJ銀行残高スライド45,034円540,412円
愛媛銀行残高スライド45,034円540,412円
住信SBI
ネット銀行
残高スライド
リボルビング
45,079円540,950円
スルガ銀行残高スライド
元利定額
45,105円541,262円
じぶん銀行残高スライド
元利定額
45,721円548,647円
オリックス銀行残高スライド
リボルビング
45,792円549,503円
プロミス残高スライド
元利定額
45,792円549,503円
ジャパン
ネット銀行
・残高スライド
元利定額
・元利定額
45,839円550,074円
SMBCモビット残高スライド
元利定額
45,839円550,074円
アコム定率リボ
ルビング
45,839円550,074円

*各金融機関の返済シミュレーションで計算

三井住友カード「ゴールドローン」の金利年9.8%とSMBCモビットの金利年18.0%の返済総額を比べると三井住友カード「ゴールドローン」は526,932円、SMBCモビットは550,074円となり、差し引くと23,142円も差が出ることがわかります。

ただし、利息の差は借入額や金利、返済期間で変わってきますが、キャッシングしたらどのくらい利息を支払うのか申込前にホームページにある返済シミュレーションで確認してみましょう。

なお、返済シミュレーションをしなくても自分で利息を計算して比較することもできます。

仮に10万円、30万円、50万円、100万円を180日(6ヶ月)借りた時の利息を計算しました。金利は銀行カードローンに多い金利年14.0%と消費者金融に多い金利年18.0%で比較しています。

借入額金利年14.5%金利年18.0%利息の差
10万円6,904円8,876円1,972円
30万円20,712円26,630円5,918円
50万円34,520円44,383円9,863円
100万円69,041円88,767円19,726円

(計算例)金利年14.0%のカードローンで10万円を180日間借入する場合、利息は10万円×14.0%÷365日×180日=6,904円

100万円の場合は19,726円も利息に差があることがわかります。

申込前に利息の計算をしておくと総返済額にどのくらい差が出るのか分かるため比較もできますし、できるだけ利息を抑えた返済ができるキャッシングを選ぶ基準にもなります。

4.賢い低金利キャッシングの5つの選び方

賢い低金利キャッシングの選び方をご紹介します。

ケース1 即日融資を受けたい

カードローンの中には即日融資に対応しているものがあります。今すぐにお金が必要な方は当日中に借入できる消費者金融のカードローンを選びましょう。

即日融資に対応しているカードローンは次の通りです。

消費者金融融資限度額金利年無利息期間
アコム最大800万円3.0~18.0%30日間
アイフル最大800万円3.0~18.0%30日間
プロミス最大500万円4.5~17.8%30日間
SMBCモビット最大800万円3.0~18.0%なし
ノーローン最大300万円4.9~18.0%7日間

なお、銀行カードローンは基本的に即日融資に対応していません。融資を受けるまでには数日程度かかります。急いでいる時は消費者金融を利用しましょう。

ケース2 短期間だけ利用したい

キャッシングするには主に消費者金融と銀行カードローンがあり、銀行の方が3.5%~4.0%ほど金利が低くなっていますが、短期間だけ利用したい方は無利息期間があるカードローンがおすすめです。

まずは主な消費者金融と銀行カードローンの金利を見てみましょう。

カードローン金利年
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
みずほ銀行2.0%~14.0%
イオン銀行3.0%~13.8%

金利だけ見ると銀行カードローンの方が利息を減らせそうですが、150日(5ヶ月)以内の借入なら消費者金融を選んだ方がお得です。これには30日間の無利息サービスが関係しています。

例として30万円を30日・60日・90日・120日・150日・180日借りた場合の利息を見てみましょう。

30日間無利息は消費者金融の平均である金利年18.0%、無利息期間なしは銀行カードローンの平均である14.5%で計算しています。(計算式「借入金額×金利÷365×借入日数」)

借入日数30日間無利息無利息期間なし
30日0円3,575円
60日4,438円7,150円
90日8,876円10,726円
120日13,315円14,301円
150日17,753円17,876円
180日22,191円21,452円

無利息期間中の利息は1円もかからないため、150日以内の借入なら無利息サービスがある消費者金融の方が支払利息を減らせることがわかります。

180日以上の長期借入を予定している場合は低金利の銀行カードローンを利用しましょう。

なお、無利息期間がある主なカードローンは次の通りです。早く返済できる時はこの中から選んでみてください。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
レイクALSA4.5%~18.0%借入額5万円まで180日間無利息
もしくは借入全額30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

ケース3 長期間利用したい

キャッシングで長期間お金を借りたい方は金利が低い銀行カードローンの方がお得です。長期の目安は180日以上(6ヶ月)の利用です。

借入日数30日間無利息無利息期間なし
150日17,753円17,876円
180日22,191円21,452円

180日以上お金を借りたい時は利息を抑えられる銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

ケース4 おまとめしたい

すでに複数のカードローンを利用している方は、利息を減らすためにも低金利のおまとめローンを利用することをおすすめします。

例えば消費者金融2社から100万円借入しているケースで見てみましょう。これをりそな銀行プレミアムカードローンでおまとめすると次のようになります。(金利は100万円借りた時の11.5%で計算)

 2社から借入
おまとめ
借入額合計で100万円
100万円
金利
年18.0%
年11.5%
期間
66ヶ月間

69ヶ月間
最低返済額

24,000円
20,000円
完済までの利息
581,029円367,864円

*三井住友銀行カードローン返済シミュレーションツールで計算

おまとめした場合の返済期間は3ヶ月間長くなりますが、毎月の最低返済額は4,000円減ることがわかります。

何よりも完済するまでの利息総額は367,864円です。2社から借入の場合は581,029円なので、213,165円も支払利息を減らすことができます。

複数から借入をしている方は余分な利息をなくすためにも、低金利キャッシングでのおまとめを検討してみてください。

ケース5 誰にもバレずに借入したい

カードローンの中には契約後にローンカードが自宅に郵送されてくるものがあります。開封されない限りカードローンだとわからないように配慮されていますが、開封されてしまうと家族にバレてしまいます。

自宅にローンカードが郵送されてくるのを避けたい場合は次のいずれかの方法で利用できるカードローンを利用しましょう。どの方法も自宅への郵送物をなくすことができます。

  • 自動契約機でカード発行できるカードローン
  • カードレスで利用できるカードローン
  • キャッシュカードで利用できる銀行カードローン

これらに対応した主なカードローンは次の通りです。

カードローン自動契約機で
カード発行
カードレス
対応
キャッシュ
カード利用
みずほ銀行
×
三井住友銀行
×
三菱UFJ銀行
×
×
りそな銀行
×
静岡銀行
×
×
ソニー銀行
×
×
住信SBI
ネット銀行
×
×
ジャパン
ネット銀行
×
×
プロミス
×
アコム
×
×
SMBCモビット
×
×
アイフル
×

なお、自動契約機でカード発行する場合は「ネット申込→審査通過→自動契約機でカード発行」の手順で進めば大丈夫です。

カードレスで利用できるカードローンはそもそもローンカードが発行されません。

キャッシュカードで利用できる銀行カードローンも手持ちのキャッシュカードで借入するため、ローンカードの郵送はありません。

5.低金利な銀行カードローン2選

低金利な銀行カードローンをご紹介します。この中から選んで申込をしてみてください。

イオン銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

6.おすすめの消費者金融ランキング

おすすめの消費者金融カードローンをご紹介します。消費者金融を利用する時はこの中から選んで申込をしてみてください。

アコム

アコムは融資スピードが最短1時間と早く、土日祝日に申込をしても当日中に借入できます。30日間の無利息期間もあるので「給料日が来たらすぐに返せる」といった短期間だけお金を借りたい方も多く利用しています。

アコム情報

▼アコムでお得に借りる方法はこちら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフルは土日祝日含め審査は最短30分で完了し、最短即日利用が可能なため、今すぐ借入したい方や忙しい方、時間がない方に選ばれています。

また、アイフルには「配達時間えらべーる」というサービスがあり、自宅でカードを受け取る場合は指定の時間帯に受け取ることができるため、家族にバレたくない方の利用者も多いです。なお、郵送ではなくアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ることもできます。

アイフル詳細

▼アイフルでお得に借りる方法はこちら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミスは審査が最短30分と非常に早く融資もスムーズです。WEB完結も可能ですし、カードレスの利用もできます。「とにかく借りやすいカードローンを利用したい方」に選ばれています。

プロミス情報

▼安心の女性オペレーター対応なら(男性も申込可)
プロミスのレディースキャッシング公式サイト

▼プロミスでお得に借りる方法はこちら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

7.まとめ

キャッシングをする時は金利だけを見るのではなく、自分の借入希望額や利用期間などから選ぶのがポイントです。できるだけ支払利息を減らして賢くキャッシングしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket