キャッシング枠とは|ショッピング枠とのちがいと賢い利用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クレジットカードを持った女性

急に現金が必要になったりお店で持ち合わせがなかったりしたときに、簡単に使えるクレジットカードですが、カードにはキャッシング枠とショッピング枠があり、それぞれ特徴があります。

キャッシング枠とショッピング枠を上手に使い分けられるようになるためにも、それぞれの枠の特徴を理解し、仕組みをしっかりと把握することは大切です。

この記事ではキャッシング枠とショッピング枠についてそれぞれご紹介していきます。

クレジットカードは簡単に使えますが、場合によってはトラブルに繋がる可能性もあります。賢く、そして安全にクレジットカードを使っていくためにも、しっかりと確認しておきましょう。

1.キャッシング枠とは

キャッシングとはクレジットカードで現金を借りることをいいます。そしてキャッシング枠とは、借りられるお金の上限額です。キャッシング枠が50万円だった場合には50万円までお金を借りられます。ただし、キャッシングは利用すると金利手数料がかかるので注意が必要です。

①キャッシング枠の利用限度額

キャッシング枠の利用限度額は、カードの申込時の審査で決定されます。信用度の高さによって金額が大きくなるため、カードによって異なる金額設定となっています。通常は20万から30万円前後の金額設定ですが、もっと枠を大きくしたい方はクレジット会社に申し込み、審査が通れば増額できます。

限度額を引き下げたい方も、カード会社に申し込みを済ませば限度額を引き下げることが可能です。ご自分に合った限度額にしておくと使い過ぎを防げますから、上手に活用していきましょう。

②ショッピング枠との関係性

キャッシング枠とショッピング枠の関係はカード会社により異なりますが、ショッピング枠にキャッシング枠が含まれる関係になっている場合があります。

カードのショッピング枠が50万円で、キャッシング枠が20万円だった場合、ショッピング枠で40万円使ったら残高は10万円です。同時にキャッシングを利用できる10万円になります。

2.キャッシング枠の賢い利用方法

ショッピング枠を使って買い物するよりも、キャッシング枠で借りた現金で買い物をした方がお得になることがあります。

通常、お店はカードで買い物をされると支払いは当日に入金されず、加盟店手数料を差し引かれた金額が後日振り込まれる形になります。そのため、お店によってはカード払いよりも現金払いを歓迎し、現金特価をつけるケースもあります。状況に応じて上手に使い分けることが大切です。

3.キャッシング枠の注意点

キャッシング枠の注意点は、キャッシング枠とショッピング枠を同時に利用すると、1度に両方の支払いをしなくてはならなくなることです。

例えば、ある月にショッピング枠で10万円の買い物をして、キャッシング枠で10万円の借り入れをしたとします。すると、ショッピングの分の10万円とキャッシングの分10万円、最低でも合計20万円を支払わなければなりません。

両方の枠を同時に使うと返済が2重になり、負担がかかるので注意が必要です。

4.ショッピング枠とは

ショッピング枠とは、持っているクレジットカードで買い物や支払いに使える上限額です。クレジットカードのショッピング枠が50万円ならば、最大で50万円まで使えます。50万円分使ってしまうとカードを今後利用できないということではなく、カード会社からの請求の支払いを済ませれば使える金額が復活します。

ショッピング枠の支払い方法には、1回払い、分割払い、ボーナス併用分割払い、ボーナス一括払い、リボルビング払いの5種類があります。

1回払いではカードを使用した分を翌月に一括して支払います。分割払いは、支払い回数を決め、その回数で支払いを分割して行います。ボーナス併用分割払いは請求額の一部にボーナスを当てます。そして、ボーナス一括払いは使用した分にボーナスを使い一括で支払います。

リボルビング払いは月々に支払う金額を一定額もしくは支払う残高の一定率に決めて、残高がなくなるまでその金額を毎月支払い続ける支払い方法です。

5.ショッピング枠の賢い利用方法

キャッシング枠の利用の場合、一括払いでも日割りで金利手数料が発生します。対してショッピング枠の利用では一括払いと2回払いなら金利手数料がかかりません。

キャッシングの場合、リボ払いなどで長期間にわたり返済する設定にすると、それだけ金利手数料が多くかかってしまいます。短い期間に支払える見込みがあるのであれば、ショッピング枠を使った方が良いでしょう。

6.ショッピング枠の注意点

ショッピング枠の利用法として、「ショッピング枠の現金化」は絶対にしないようにしましょう。クレジットカードの会員規約で禁止されている行為です。

ショッピング枠の現金化は、キャッシング枠を上限まで利用してしまったものの、すぐに現金が必要なカード利用者に対し、一部の業者が行っているサービスのことを指します。

例えば、カード利用者にカード決済で10万円分の商品券を購入させ、業者が商品券を8万円で買い取ります。利用者はショッピング枠を10万円使うかわりに、8万円の現金を手に入れられるという仕組みです。

しかし、クレジットカード会社は換金目的のカード利用を認めておらず、発覚するとカードの利用停止や強制退会になる場合もあります。なかには個人情報を悪用したり、現金を支払わなかったりといった悪徳な業者もあり、トラブルや犯罪に巻き込まれる可能性も考えられます。

ショッピング枠の現金化をうたったサービスは利用しないようにしましょう。詳しくは「闇金対策徹底マニュアル|10の手口とその見抜き方&対処法」でお話ししていますので、合わせて確認してみてください。

>> 「闇金対策徹底マニュアル|10の手口とその見抜き方&対処法」へ

7.まとめ

キャッシング枠とショッピング枠は、場面に応じてどちらを使った方がお得なのかを判断すれば、賢く使い分けることができます。上限額や支払い方法を上手に設定して計画的に利用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket