アコム

クレジットカードキャッシングの増額方法|減額されることもあるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシング枠を増やしたい女性

クレジットカードキャッシングの限度額は申込者の年収や属性、利用実績によってかなり差があるので、50万円以上の方もいれば数万円しかない方もいます。

クレジットカードキャッシングは臨時出費などがあった際には非常に便利なものなので、いざという時のために限度額をもっと増やしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回はクレジットカードのキャッシング限度額を増額する方法と、反対に減額されてしまうケースについて詳しくご紹介していきます。

1.キャッシング枠の増額方法

キャッシング枠を増額する方法は主に2つです。

方法1 カード会社からの案内を待つ

まずはカード会社からの増額案内を待つ方法です。一般的には、延滞をせず普通にカードを利用していれば、半年から1年を目途に「キャッシング枠を増額しませんか?」という案内が届きます。

そのタイミングで増額の申し込みをすれば、審査を経て無事増額の流れとなります。

カード会社から案内があった場合、審査に落ちることはあまりありませんが、カード会社側に申告していない新たな借入があった場合などは、審査に落ちるケースも考えられます。

カードの申し込み時に申告した年収や他社からの借入状況などに変更が無いのであれば、基本的には増額できると考えて良いでしょう。

方法2 自分で増額の申し込みをする

増額案内リストに載る基準はカード会社によって違うため、一定の利用期間があれば必ずしも増額の案内が来るというわけではありません。その場合は、案内を待たず自分から申し込む方法もあります。

増額の申し込みは基本的に電話やインターネットの会員専用ページから行えます。申し込み後にカード会社側で審査を行い、問題が無ければキャッシング枠を増額してもらえます。

2.キャッシング枠が減額されるケース

反対にカード会社側の判断でキャッシング枠が減額されることもあります。どういった場合に減額されるのか、詳しく見ていきましょう。

ケース1 延滞

キャッシング利用分に限らず、カードの支払いを延滞した場合はカードの利用枠を減らされたり、利用自体を止められてしまいます。

ケース2 他社からの借入額の増加

カード申し込み後に社からの借入が増えている場合も、キャッシング枠が減額される要因になります。

ケース3 収入の減少

クレジットカードのキャッシングは総量規制(賃金業者からの借入額を年収の3分の1までとする規制)の対象です。そのため、カード契約時よりも年収が下がった場合、キャッシング枠を年収に見合った額に減らされる可能性が高いです。

ケース4 収入証明書を提出していない

カードの継続的な利用にあたっては、カード会社から再度収入証明書の提出を求められる場合があります。収入証明書を出さずにいると、キャッシングの利用を止められてしまうことがあるので、書類の提出を求められた際はできるだけ早めに対応しましょう。

3.キャッシング枠の利用限度額

キャッシング枠の利用限度額は人によってさまざまです。一般的なカードなら最初の限度額は10万円~50万円以内になることがほとんどですが、カードの利用実績を積めば途中で利用枠が増額され、ゴールドカードの場合は100万円以上の金額になることもあります。

キャッシングの利用枠が増えると金利は下がる傾向にあるため、仮に100万円超の利用枠なら金利は年15.0%以下になります。

限度額まで使うか使わないかは別として、利用枠を上げておけば低金利でお得にキャッシングをすることができるので、カード会社からキャッシング枠の増額案内が来たら、とりあえず利用枠だけ上げておくというのも一つの方法です。

4.クレジットカードよりも低金利なキャッシング

クレジットカードキャッシングは一時的に利用するぶんには良いですが、金利が高いため長期的な借入には向いていません。クレジットカードで増額を希望なら、より低金利な銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンの上限金利は大体14.0%~15.0%の範囲なので、少額の借入であってもクレジットカードで借りるよりお得です。さらに、担保や保証人も必要なく、20歳以上で安定継続した収入のある方なら基本的に申込可能です。

おすすめの銀行カードローンをご紹介しますので、カードローンを利用したい時はこの中から選んで申込をしてみてください。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクには30日間無利息、もしくは5万円まで180日間無利息の2つの選べる無利息期間があるので「お金を短期間借りたい方」「少額の借入をしたい方」に特に選ばれています。

新生銀行カードローンレイク情報

▼レイクでお得に借りる方法はこちら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

5.まとめ

クレジットカードのキャッシング枠を増額するには、他社からの借入状況や年収などももちろん重要ですが、これまでの返済実績が何よりものを言います。増額を希望ならまずは毎月の返済をしっかりと行い、カード会社からの信用を得られるよう心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket