キャッシングブラックになるとどうなる?学校では教えてくれない信用情報の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシング ブラック

キャッシングブラックとは、延滞や債務整理などの事故情報が信用情報に登録され、ローンを組めなくなったりクレジットカードが作れなくなってしまう状態のことを言います。

「ブラックリストに載る」という言い方をよくしますが、厳密にはブラックリストというものはなく、金融機関から借入ができなくなる状態をそう呼んでいるに過ぎません。

今回はブラックリスト入りの主な原因と、ブラックになった場合どのような状況になるのかなどを解説していきます。

延滞を軽く考えていると今後の社会生活に長く影響を及ぼす可能性があるので、クレジットカードやローンを契約している方はぜひご覧ください。

1.キャッシングブラックになる4つの原因

ブラックリスト入りする主な原因は4つあります。

①延滞

ブラックリスト入りの原因として最も多いのが支払いの延滞です。一度延滞したからと言って必ずしも信用情報に登録されるわけではなく、延滞期間や回数によっても変わってきますが、基本的に3ヵ月以上の長期延滞をすると事故情報として扱われます。

数日の延滞であればそれほど心配はいりませんが、何度も繰り返している場合はブラックリストに載ってしまうことがあるため、延滞がしないように返済日や口座残高の管理をしっかりとしておくことが大切です。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「知らないでは済まされないカードローンの返済ができない時の対処法」

②代位弁済

代位弁済とは、契約者の代わりに保証会社が金融機関に債務を支払うことです。カードローンやマイカーローンなど、多くのローンでは契約の際に保証会社を利用することが条件となっています。万が一、契約者が返済不能になった場合の貸し倒れリスクを防ぐためです。

金融機関としては保証会社を間に入れることで、万が一の場合でもきちんと債務を支払ってもらうことができて安心です。しかし、ローンを申し込む側からすれば、代位弁済によって返済先が金融機関から保証会社に変わっただけで、返済義務があることには変わりありません。代位弁済になった場合、事故情報として信用情報に登録されますので注意が必要です。

③債務整理・自己破産

自己破産などの債務整理を行った場合も信用情報に登録されます。自己破産は最長10年間登録されるため、その間新たな借入はできなくなってしまいます。

④強制解約

ローンやクレジットカードの強制解約もブラックリスト入りの原因の1つです。度重なる延滞や長期延滞などが主な理由で強制解約になりますが、その他にも利用規約に違反した場合に強制解約になるケースもあります。

2.意外と知らないブラックリスト入りの原因

ブラックリスト入りする原因は他にもあります。特に次のようなケースは意外と知らない方も多いので注意しましょう。

①金融商品の複数同時申し込み

たとえばカードローンなどに申し込む際、その日のうちにお金が必要な場合も多いため、万が一審査に落ちてしまった時に備え、複数のカードローンに同時に申し込む方がいます。しかし、申込情報は信用情報期間に半年間登録されるため、どのカードローンに申込をしているのか、カードローン会社は全て把握しています。

同時申し込みをすると、カードローン会社にお金に困っている印象を与えるだけでなく、申込ブラックと呼ばれる状態となり、どこからも借入ができなくなってしまう場合があります。現在他の借入が無いにも関わらず、何度申込んでも審査に落ちてしまう場合は、申込ブラックの可能性を疑った方が良いでしょう。

なお、カードローンに限らず、クレジットカードや他のローンも同様です。

②携帯電話料金の滞納

近年は携帯電話やスマホ本体の値段が高額のため、分割(割賦)で購入される方が多いと思いますが、この場合、携帯電話の利用料金を延滞すると、信用情報に延滞情報が登録されてしまいます。分割で携帯電話本体を購入する場合、ローンを組んでいるのと同じ扱いになるからです。

本体の料金は基本的に毎月の利用料と合算して請求されるため、利用料金を延滞すると、同時に携帯電話本体の支払いも延滞してしまうことになります。一括で購入した場合は問題ありませんが、分割にしている方は延滞をしないようくれぐれも注意しましょう。

ただし、一括の場合でも毎月の利用料金をクレジットカード払いにしている場合、クレジットカードの支払いを延滞してしまうと延滞情報として登録されてしまいます。何はともあれ、支払いの延滞はしないようにしましょう。

③クレジットカード現金化

近年、ネット上にはクレジットカード現金化の情報が数多く出回っていますが、そもそもクレジットカードの現金化はカード会社の利用規約に違反する行為のため、絶対にしてはいけません。万が一現金化したことがカード会社に知れれば、規約違反を理由にカードが強制解約となることもあります。強制解約は信用情報の事故に該当する項目なので、こちらもブラックリスト入りの原因となります。

詳しくは次のページを参考にしてみてください。

「闇金対策徹底マニュアル|10の手口とその見抜き方&対処法」

3.キャッシングブラックのよくある疑問を一発解決!

キャッシングブラックのよくある疑問について解説していきます。

疑問1 公共料金の支払いを延滞すると信用情報に登録される?

公共料金の支払い状況は基本的に信用情報に登録されることはありません。日頃現金で支払いをしていてうっかり延滞してしまっても、信用情報に登録はされません。

ただし、クレジットカードで支払いをしている方は、延滞してしまうとクレジットカード払いが原因で信用情報に延滞情報が登録される可能性がありますので注意しましょう。

疑問2 ブラックリストに載るとどうなるの?

一度信用情報に事故情報が登録されると、その情報が消えるまでは新たにローンを組むことはできません。事故情報の登録期間は基本的に最長5年間となっていますが、自己破産などの債務整理は最長10年間登録されます。今後、車やマイホームを購入する際にも大きく影響してきますので、今後のためにも支払いはしっかりと行いましょう。

疑問3 信用情報って何?

信用情報とは、これまでのローンやクレジットカードの利用情報を登録したもので、それぞれの信用情報機関に個人ごと登録されています。信用情報機関は現在国内に3つあり、銀行や信販会社、消費者金融などは3つのうちどれか1つ以上に加盟しています。

  • JICC(株式会社 日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社 シー・アイ・シー)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

たとえば、あなたがクレジットカードの申込をするとします。そうすると、カード会社は信用情報機関にあなたの信用情報を照会し、これまでの支払い状況などに問題が無いかを確認します。金融機関の審査では信用情報を必ず確認しますので、ここで何らかの事故情報が登録されていると、審査に通ることは難しくなってしまいます。

疑問4 自分の信用情報の確認方法

自分の信用情報に不安がある方は、信用情報機関に問い合わせ、自分の信用情報を確認してみると良いでしょう。情報開示の手続き方法は、各信用情報機関のホームページで確認できます。

JICC (株式会社 日本信用情報機構)
https://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

CIC(株式会社 シー・アイ・シー)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

4.まとめ

数日の延滞でいきなりブラックリスト入りすることは基本的にありませんが、軽度の延滞を繰り返している場合は要注意です。一度登録された信用情報はそう簡単には消えませんので、ブラックリストに載らないよう、毎月の支払いを延滞しないようにすることがとにかく重要です。口座引き落としで支払っている料金は、口座残高が不足しないよう、常に意識しておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事