キャッシングの繰り上げ返済の使いこなし術|利息を減らす全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
キャッシング繰り上げ返済

キャッシングの繰り上げ返済は、支払総額を少なくするために行う返済方法で、残高スライドリボルビング方式を採用しているキャッシングでは、特に効果を発揮します。

残高スライドリボルビング方式は無理のない返済をサポートするためのシステムで、借り入れ残高に応じて約定返済の金額が変動するという仕組みです。

約定返済に加えて繰り上げ返済を行うことにより、毎月の約定額を大幅に減少させることが可能です。そして、完済までにかかる日数も短縮されるので、借金により受ける負担は大幅に軽くなります。経済的に余裕がある場合には、ぜひ実施したい返済方法と言えます。

キャッシングの繰り上げ返済の種類やその方法、ベストなタイミングなどを1つずつ見ていきましょう。

1.キャッシングの繰り上げ返済の種類

繰り上げ返済は、完済までの期間を短縮するために約定返済以上の金額を支払うことで、残債を一括して支払う方法と一部を支払う方法とがあります。これらは、それぞれ全額繰り上げ返済と一部繰り上げ返済と呼ばれています。それぞれの内容について確認してみましょう。

①全額を繰り上げ返済する

全額繰り上げ返済とは、借り入れ残高を一度に完済してしまうという手続きのことで、カードローンの返済総額を少なくするという点においては非常に有効です。完済した以降は利息が加算されることはないからで、早ければ早いほどお得となります。

ただし、それだけに一時的な負担は分割返済よりも大きくなるので、経済的に余裕があるということが実行するための前提条件となります。その後経済的に立ちいかなくなり、再び違うキャッシングを利用するというようでは意味がないからです。

②一部を繰り上げ返済する

残債の一部を支払う一部繰り上げ返済は、無理のない形で完済までの日数を短くすることを目的としています。キャッシングの金利は1日ごとに加算されるので、少しの金額であっても繰り上げ返済することにより、最終的な返済総額を減らすことができます。

一部を繰り上げ返済する方法には、毎月の返済額はそのままで期間だけを短縮する返済期間短縮型と、期間は変えずに返済額を減らす返済額軽減型の2種類があります。この内、返済総額が少ないのは返済期間短縮型で、負担が軽いのは返済額軽減型です。

なお、一部を繰り上げ返済する方法は、約定返済を守ったうえで行うということが原則です。繰り上げして支払った返済額は全て元本に充当されるので、ゴールまでの日数が短くなります。ただし、無理をして繰り上げ返済を行ったことで約定返済に支障をきたしてしまうと、本末転倒となってしまいます。

2.キャッシングの繰り上げ返済方法

キャッシングの繰り上げ返済のやり方は基本的には約定返済と同様で、提供元のカードローンのATMやコンビニエンスストアや銀行等に設置されている提携ATMに直接支払う方法や、銀行振込を利用して返済する方法等があります。

この際の手数料に関してはカードローンごとに違いがあるので、事前に確認することが必要です。大手のカードローン会社であれば、フリーダイヤルでの相談窓口が用意されており、オペレーターによるサポートサービスを利用することができます。

サポートセンターではキャッシングに関する様々な問い合わせを受け付けているので、返済に関しての質問にも当然対応しています。手数料をかけずに繰り上げ返済を行うにはどうすれば良いのかという疑問についても解消することが可能です。

3.繰り上げ返済をするタイミング

キャッシングの金利は全ての金融商品の中でトップクラスの高さで、返済が延びれば伸びるほど負担は大きくなってしまいます。基本的には繰り上げ返済は早ければ早いほど効果的です。それだけ完済までにかかる日数が短くなるので、支払総額を少なくできるからです。

ちなみに、キャッシングの利息は1日ごとに加算されるので、まとまった金額をためてから返済するという方法は適当ではありません。少額であっても余裕ができた時点で支払うのが、繰り上げ返済のベストなタイミングと言えます。

なお、くれぐれも余裕ができた時点で行うということが重要で、無理をし過ぎると逆効果となります。生活費に事欠くような状態で無理をして支払うと、再び急なイベントが舞い込んできた場合にお金が足りないということで、キャッシングに手を出すような羽目になりかねないからです。約定返済と生活費を確保したうえで余裕ができた時点が、繰り上げ返済を行うベストなタイミングと言えます。

4.キャッシングを繰り上げ返済する3つのメリット

キャッシングの繰り上げ返済を行うことで得られるメリットは大きく3つあります。

メリット1 利息を減らせる

繰り上げ返済による目的は、支払い総額を減らすということです。約定返済のみを行っている場合と比べると常に元本が少ないからです。

もう少し具体的に説明すると、約定返済だけを行っている場合は、一部は利息の返済にのみ費やされてしまいます。例えば、金利年18%で50万円の借り入れがある場合には、年間9万円、1か月に7,500円の利息が付きます。

この条件で約定返済額が1か月1万円という場合は、元本に充当されるのは2,500円です。これに対し、約定返済を行いながら繰り上げ返済を月に5,000円支払った場合は、1か月で元本を7,500円減らすことができます。確実にカードローンの利息を減らせるということが、繰り上げ返済により得られるメリットです。

メリット2 借金を整理できる

全額繰り上げ返済は、借り入れ残高を一括で完済するという方法であり、この時点でカードローン契約を完了することができます。借金を綺麗さっぱり整理できるということで、煩わしい毎月の支払いからは、以降完全に開放されることになります。

メリット3 次回の審査に有利

繰り上げ返済して完済すると、信用情報が良化します。これは高い返済能力を証明したからで、優良な顧客と認識されるためです。クレジットヒストリーを磨いたということになるので、キャッシングだけではなく住宅ローン等の他の金融商品の審査でも承認される確率が高くなります。

5.キャッシングを繰り上げ返済するデメリット

繰り上げ返済のデメリットは、約定返済だけを行う場合と比較すると短期的には支払う金額が大きくなるので、しばらくの間は余裕がなくなるということです。手元に少しでもお金があれば全て返済に回すという繰り上げ返済の仕組みによるもので、一定期間は我慢しなくてはなりません。

6.まとめ

繰り上げ返済をうまく活用していくと、キャッシングの負担を軽くすることができます。カードローンは早く完済するに越したことはありませんが、無理はせず、できる範囲で繰り上げ返済していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事