【徹底解説】カードローンで即日振込可能なカードローンはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 即日 振込0

「即日で借りたいけど、無人契約機に行く時間が無い…」「引き落としがあるから、今日中に振り込みしてもらいたい」という場合、無人契約機を利用せず即日振込で融資を受けるのも1つの手段です。

ただし、カードローンによっては振込に対応していなかったり、契約のために無人契約機を介する必要があったりと、即日振込を利用できないケースもあるので注意が必要です。ここでは、「即日振込してもらうための重要ポイント」や「即日振込できるカードローン一覧」など、気になる話題にスポットを当てて解説します。

1.即日振込してもらうための重要ポイント

即日振込してもらうためのポイントを簡単にまとめると、

  • 即日振込可能なカードローンを選択する
  • 本人確認書類に不備がないよう準備しておく
  • 平日14時までに契約手続きを全て完了させる
  • 即日振込後のカード受け取り方法を必ず確認しておく

という4点があります。これら4つのポイントは即日振込を利用するうえで非常に重要です。あなたに関係するポイントは必ず押さえておきましょう。

ポイント1 即日振込可能なカードローンを選択する

カードローンの中には、即日振込に対応していないものがあります。例えば、銀行カードローンの中には「当行の普通預金口座必須」と条件付けられているカードローンがあり、この場合、普通預金口座の開設に1週間以上要するケースも多いため、原則として即日振込融資には非対応です。

即日振込可能なカードローンの多くは、消費者金融カードローンです。唯一、「新生銀行カードローンレイク」だけが銀行カードローンの中でも即日振込に対応していますが、レイクは以前まで消費者金融会社でしたので、商品の性格も消費者金融カードローンとほぼ同様です。したがって、即日振込を希望する場合には、消費者金融カードローン+新生銀行カードローンレイクの中から選択するほうが無難だということです。

ポイント2 本人確認書類に不備がないよう準備しておく

即日振込の条件は、当日に全ての契約手続きを済ませることです。逆に言えば、提出書類に不備があった場合、翌日融資になってしまう可能性もあるということです。提出書類に不備がないかを必ずチェックしておかなければなりません。提出書類には、本人確認書類と収入証明書類の2つがあります。ただし、収入証明書類は、一定以上の金額を借り入れしない場合には不要です。つまり、最も気をつけなければならないのは、「本人確認書類」だということです。

本人確認書類のチェックポイントは、「書類の有効年月日」と「現住所の記載」です。書類の有効期限が切れている場合は、提出書類として認められず、別の書類を再提出しなければなりません。

また、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合、住所を確認するための書類を併せて提出する必要があります。住所確認書類の一例を挙げると、公共料金の領収書が該当します。ただし、インターネット上でプリントアウトした領収書は基本的に提出書類として認められませんので、必ず原本を用意しておきましょう。

ポイント3 平日14時までに契約手続きを全て完了させる

即日振込の重要なポイントとして、「各金融機関の営業時間」があります。ほとんどのカードローンは、平日の14時前後が当日振込の締め切り時間となっています。つまり、14時以降に契約手続きを終えたとしても、即日振込を利用できない可能性が高いということです。審査に要する時間も考慮した上で、申し込み手続きを早めに終わらせておきましょう。

ポイント4 即日振込後のカード受け取り方法を必ず確認しておく

即日振込を終えたら手続きは全て終了、というわけではありません。なぜかというと、「カードと振込明細の受け取り」が残っているからです。もし、ご家族に内緒で即日融資を受ける場合は、必ずweb上で明細を受け取りできるカードローンを選択してください。そうしなければ、自宅にカードや振込明細が郵送されてしまいます。

2.即日振込できるカードローン一覧

即日振込を希望する場合、即日振込可能なカードローンの中から選択する必要があります。即日振込可能なカードローンを下記にまとめました。

カードローン 即日 振込1

おすすめカードローンを選ぶとすれば、「新生銀行カードローンレイク」がおすすめです。新生銀行カードローンレイクは、インターネット上で即日振込の手続きを完了させることができるため、融資までが非常にスムーズです。また、無利息サービスも2種類の中から選択できるので、利息を節約したい方には嬉しいサービスです。ただし、即日振込後にローンカードと契約書が自宅に郵送されるため、自宅で受け取りしたくない方には不向きです。

自宅で受け取りしたくない方には、「プロミス」がおすすめです。プロミスはWeb完結もOKなので、全ての手続きをインターネット上で完了することができます。また、審査時間も非常に早いので、即日振込を利用したい方にピッタリのカードローンです。 

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローンレイク情報


▼レイクの詳細を確認したいなら
新生銀行カードローンレイクのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

プロミス

プロミス情報


▼プロミスの詳細を確認したいなら
プロミスのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アコム

アコム情報


▼アコムの詳細を確認したいなら
アコムのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

アイフル

アイフル詳細


▼アイフルの詳細を確認したいなら
アイフルのメリット・デメリットを徹底解説|即日融資を受ける手順と注意点とは

3.即日振込で融資を受ける流れ

即日振込で融資を受ける流れはカードローンによって少し異なりますが、大まかな手順は下記のとおりです。

<即日振込で融資を受けるための手順>

  1. インターネットからカードローンの公式サイトにアクセスする
  2. 「新規お申し込み」ボタンをクリック
  3. 画面の指示にしたがい、必要情報を入力
  4. 審査の実施
  5. 審査の回答
  6. 本人確認書類の提出後、契約手続きを完了
  7. 会員ページもしくは電話にて振込指示を出す
  8. 振込融資の実施

即日振込は各金融機関の振込可能時間が大きく影響しますので、早めに契約手続きを済ませておきましょう。

4.まとめ

即日振込を利用するためには、各カードローンの情報収集が欠かせません。今回触れたカードローンは全て即日振込可能ですので、あなたにピッタリのものを選択してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket