カードローンで即日借りたい!失敗しない借り方をお金のプロFPが徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 即日0

カードローンを利用する際、多くの方が急いで資金を用意しなければならない状況に陥っています。

その場合に注意すべきなのは、「カードローンによっては融資に時間がかかってしまう」という点です。

カードローンの融資までにかかる時間は、利用する商品によって大きく異なります。例えば、申し込み当日に融資を受けられる場合もあれば、融資までに2週間程度を要するケースもあります。

「カードローンを使って即日借入したい」という場合には、重要なポイントを押さえておかなければなりません。この記事では、カードローンで即日融資を受けるための3つのポイントについて、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が解説します。

1.カードローンで即日借入するための3つのポイント

カードローンで即日借入するためのポイントを1つずつ見ていきましょう。

ポイント1 「最短即日融資」と「最短即日審査」に気をつける

カードローンの融資までにかかる時間は商品によって大きく異なります。つまり、カードローンで即日融資を受けるには、「手続きがスムーズな商品」を選ぶ必要があるということです。カードローンの融資までの手続きには、

  • 申し込みと契約までのやりとり
  • 審査にかかる時間
  • ローンカードの受け取り

という3つのステップがあります。これらの中で特に時間がかかってしまうのは「審査」です。

カードローンの審査にかかる時間も商品によって異なります。しかし、すばやく審査を済ませられるカードローンの公式ホームページには、審査に関する情報が明記されている場合も多いため、大まかな選別は特に難しくありません。

なぜなら、審査のすばやいカードローンには、「最短即日融資」や「最短審査時間〇〇分」というフレーズが含まれている場合がほとんどだからです。したがって、これらのフレーズをもとに「審査のすばやい商品」を絞っていけば、即日で融資を受けられるカードローンを見つけることができます。

ただし、ここで注意しなければならないポイントがあります。それは、「最短即日審査」と記載されている場合です。このフレーズが記載されている場合、まず即日融資を受けることは難しいです。

なぜかというと、「審査にかかる時間が即日」なのであって、「融資までの時間が即日」ではないからです。このように記載されているカードローンは非常に多いので、商品を選択する際は注意しておきましょう。

ポイント2 振込融資を受ける場合は時間帯もチェック

カードローンで即日融資を受ける場合、

  • 振込で融資を受ける
  • ローンカードでATMから現金を引き出す

のどちらかの方法を利用する必要があります。上記のうち、「振込で融資を受ける」という方法はすばやく融資を受ける際には有効な手段です。

しかし、注意しておくべきポイントがあります。それは、「時間帯、曜日によっては翌営業日の着金になる」という点です。

通常、振込融資は平日のみの取り扱いになっています。したがって、土日にカードローン側の操作を完了したとしても、実際にお金が口座に反映されるのは、次の月曜日になってしまうのです。土日のほうが急な出費も多くカードローンの必要性も高いため、カードローン初心者は特に注意が必要でしょう。

また、平日に融資を受ける場合も時間帯に注意しておかなければなりません。多くのカードローンでは、15時以降の振込融資は翌営業日扱いになってしまい、即日融資を受けることができません。振込融資を受ける場合は、これらのポイントに注意しつつ利用してください。

ポイント3 即日融資を受けられるカードローンの特徴

カードローンの中には、即日融資を受けられるものと受けられないものがあります。つまり、申し込みする前に「即日融資を受けられる商品なのかどうか」を見分ける必要があるということです。先述した審査時間の表記も見分けるために有効ですが、その他にも、即日融資可能なカードローンは下記のような特徴があります。

<即日融資可能カードローンの特徴>

  1. インターネット上で契約を完結できる
  2. 審査受付時間が長い
  3. 口座開設不要で利用できる
  4. ローンカードの即日発行、もしくは即日振込融資に対応している

これら4つの条件を全て満たしている商品であれば、審査にスムーズに通過することで、即日融資を受けることができるでしょう。特に、上記の「4、ローンカードの即日発行、もしくは即日振込融資に対応している」は非常に重要なポイントとなっています。即日融資を受ける場合、下記の流れで手続きを進める必要があるからです。

<カードローンで即日融資を受けるまでの流れ>

  • インターネット上で契約を完結し、振込融資を受ける
  • インターネット上で審査を完了し、無人契約機を使って契約手続きを行い、ローンカードで融資を受ける

カードローンで即日融資を受ける場合、上記のどちらかになります。

つまり、「4、ローンカードの即日発行、もしくは即日振込融資に対応している」の条件を満たすことができなければ、即日融資を受けることができなくなってしまうのです。即日融資を受ける際は、上記のポイントを必ずチェックしておきましょう。

2.即日融資を受けられるおすすめカードローンベスト3

即日融資を受けられるカードローンの見分け方に触れてきましたが、ハッキリ言って見分けるのにも手間がかかってしまいます。そもそも、お急ぎの場合は「とりあえず今日中に借りられれば問題ない!」と感じている方も多いでしょう。

そこで、この記事のポイントを全て満たすカードローンをピックアップし、その中でも優秀な商品をランキング形式でご紹介したいと思います。

カードローン 即日1

融資までのすばやさで群を抜くのが、消費者金融カードローンの「アコム」です。アコムはカードローンの中でもトップクラスの審査スピードを誇り、融資までの流れも非常にスムーズです。加えて、アコムを初めて利用し、下記の金融機関で振込融資を希望する方は、振込可能時間が延長されています。

<振込可能時間が延長されている金融機関>

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

上記の口座へ振込融資を希望する方は、通常14:00までの受付で終了のところ、なんと平日18:00まで即日振込融資を受けることができます。「とにかく急いで融資を受けたい!」という方にピッタリの商品です。

しかし、設定されている金利が高めですので、おすすめ度も△となっています。上記のランキングで高い評価になったのは、「三井住友銀行カードローン」です。

三井住友銀行カードローンは審査時間が最短30分と早く、無人契約機でローンカードを発行することにより、即日融資を受けることができます。

1位のアコムより融資までの時間は劣るものの、金利や提携ATM手数料などの面では三井住友銀行カードローンのほうが優秀です。「とりあえず今日中に借りられれば問題ない」という方には、こちらの商品がおすすめでしょう。

3位の「三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック」も、すばやい融資が魅力の商品です。しかし、即日融資には運転免許証が必須となり、それ以外の本人確認書類では即日融資を受けることができません。「カードローンで即日融資を受けたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

アコム

アコムチェックリスト

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行2

*1 審査結果の連絡は9:00〜21:00までです。申込時間等により、連絡が翌日以降になる場合があります。即日のカード発行を希望の場合、カードの受け取りをローン契約機で行う必要があります。

バンクイック

バンクイックチェックリスト 

3.まとめ

カードローンで即日融資を受ける場合、できる限り午前中に申し込みを完了したほうが、よりスムーズに融資を受けることができます。融資後は、必ず返済計画を立てて返済するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事