カードローン返済の遅延で起きる最悪のケースを免れる全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン 返済 遅延

カードローンの借り入れを行った際、指定された期日までにしっかりと返済をしないと、返済の遅延ということになります。

遅延損害金の支払いが必要になるだけでなく、3か月以上延滞してしまった場合には、事故情報が信用情報機関に記録されてしまいます。

「時間がかかってしも返済すれば大丈夫」ということはありません。また、うっかり入金するのを忘れてしまったのだとしても、遅延は遅延です。

この記事では、カードローンの返済を遅延した時にすぐにすべきことや、返済を遅延すると起きる最悪のケース、遅延損害金などについてまとめました。返済を遅延してしまった時や遅延しそうな時の参考にしていただければと思います。

1.返済を遅延した時に今すぐすべきこと

カードローンの返済期日を過ぎてしまった場合、もしくは返済日にお金を返せそうにない場合は、すぐにカードローン会社に電話をして相談するようにしてください。返済の遅れに対して電話もしないような人よりも、電話をして相談したほうがカードローン会社の印象が良くなります。返済する意思があることがわかるからです。

返済が遅延している状態で電話連絡をしていない場合、「いつまでに返済できますか」のように督促・催促の電話が来るようになります。この時かかってくる連絡先は、申し込みをした時に記入したあなたの連絡先(携帯もしくは自宅)です。

仮にこの電話にずっと出なかったり、自分から遅延の連絡をしなかった場合は、会社に電話がかかってくる可能性が出てきます。そうなると会社に借金をしていることが知られてしまいますので、すぐに返済に対応するようにしましょう。

事前に電話を入れておけば今後の対応についても相談することができますし、督促・催促についても考慮してくれます。お金を準備できるまでは利息分だけで良いと言ってくれる場合もありますので、何はともあれまずは相談です。

2.返済を遅延すると起きる最悪のケース

カードローンで借り入れた金額を返済することなく遅延してしまったら、どのようなことが起きるのか。最悪のケースをお伝えします。

その1 遅延損害金の発生

遅延損害金とは、借り入れた金額を指定された期日に返済できない場合、罰金として支払う必要がある料金です。カードローン会社と契約する際、借り入れ金額を遅延してしまった場合は、遅延損害金を請求することが記載されていますので、申し込みの際に同意している以上、必ず支払わなければなりません。

カードローン会社の遅延損害金は銀行カードローンであっても消費者金融カードローンであっても大体が20%に設定されています。1日返済が遅れてしまうごとに遅延損害金を支払わなければならないのですぐに返済しましょう。

その2 借入限度額が減る

カードローンの借り入れを遅延してしまうと、借入限度額が減らされてしまう可能性があります。人によって上限は異なりますが、カードローンにはどこまで借入を行うことができるのかという借り入れ上限金額(借入限度額)が設定されています。

最初の借り入れ上限金額は大体10万円から30万円になることが多いですが、借り入れ上限金額を増やしたい場合には再度審査を行い、承諾されれば増額することができます。

しかし遅延をしてしまうと、返済能力がなく返済義務が守れない人と判断されてしまうため、借入限度額を下げられてしまうことがありますので注意が必要です。

その3 利用停止

返済の遅延を繰り返したり、長い間返済が滞ってしまうと利用停止になる場合があります。1回遅延しただけで利用停止になることは余程のことがない限りありませんが、何度も遅延を繰り返していると利用停止になる可能性が高くなります。返済ができない人には多くのお金を貸し出すわけにはいきませんので、当然の行動だと言えます。

指定金額が返済されないということは、「期限の利益の喪失」条項に該当しますので、カードローン会社は借主のカードをいつでも利用停止することができます。その場ではカードが利用停止にならなかったとしても、カードローン会社には更新審査というものがありますので、更新審査によってカードが解約される可能性があることを理解しておきましょう。

その4 事故情報がつく

カードローン会社で借り入れを遅延してしまい、3か月以上延滞してしまった場合には、信用情報機関に事故情報が記録されることになります。(カードローン会社によっては2か月以上の延滞で事故情報が記録されてしまう場合もあります)事故情報は返済能力がなく返済義務を守ることができない状態となっていることを表します。

カードローン会社は信用情報機関の情報を閲覧することができますので、それを見ればその人がどのような人なのかを知ることができます。そこに事故情報があった場合、返済能力がないと判断できますので、新たな借り入れはまずできなくなってしまいます。簡単に言えば、信用を失うということです。

3.大手カードローンの遅延損害金一覧

銀行カードローンと消費者金融カードローンの遅延損害金利率をまとめました。この中にあなたの利用しているカードローンがある場合には、遅延損害金利率がどれくらいなのか確認しておきましょう。

カードローン 返済 遅延

4.遅延損害金の計算の仕方とシミュレーション

遅延損害金の計算の仕方は簡単です。「借り入れした金額(元金)×遅延損害金年率 ÷365日 × 延滞日数」で計算ができます。どのくらい遅延損害金がかかるのか、それぞれのカードローン会社の借入金額が10万円、30万円、50万円で30日延滞した場合でシミュレーションしてみましたので、こちらも参考にしてみてください。

カードローン 返済 遅延2

5.返済の遅延で絶対にしてはいけないこと

カードローン会社からの遅延の連絡を無視をするようなことは絶対にしないでください。ほとんどの場合、返済指定日の数日後には電話がかかってきますので、その連絡があることを気づいているにもかかわらず、無視するのはやめましょう。

無視をしていると会社の方にも電話がかかってくることになってしまいますので、しっかりカードローン会社と相談をして借金の返済に努めるようにしましょう。遅延が長く続いてしまうと差し押さえが行われる可能性もあります。早めにカードローン会社に連絡して相談するのが一番です。

6.どうしても返済できないとき

カードローン会社から借り入れを行ったけれど、どうしても返済をすることができない時は、債務整理という方法もあります。債務整理は大きく4種類あります。

その1 任意整理

任意整理をするとすでに返済した分を含むすべての借金を減額することができます。借り入れ開始時にさかのぼって金利を適正な額で計算して、払いすぎている分を残債元本から引き、今後の金利をカットし、元本のみを3年間で分割して返済していくことになるからです。

カードローン会社が利息制限法の上限金利を超えてしまっている金利を設定していた場合には、今まで支払っていた過払い分(利息分のこと)を借り入れた元金にあてることができ、借金額を減らすこともできます。

任意整理を検討したい場合には、弁護士や司法書士などに相談をするのが1番です。依頼すれば交渉も弁護士や司法書士が行います。自分でやり方がわからなくても債務整理が可能です。任意整理後の残金を3年以内に完済でき、継続的な収入が見込める人が対象です。なお、闇金などからの督促も直ちに止めることが可能です。費用の相場は、着手金が1社あたり3万円、成功報酬が10万円程度となっています。

その2 特定調停

特定調停は裁判所が関与する任意整理と言われています。任意整理では裁判所は関与しませんが、特定調停では簡易裁判所が関与します。任意整理と同じ方法で借金を減らすことができます。督促も直ちに止めることが可能です。

任意整理と異なる点は、過払い金の返還を受けられないことや手続きに必要な書類が多いことです。状況が同じ場合には任意整理を利用した方が良いです。専門家に依頼した場合の費用の相場は、債権者1社につき2〜4万円となっています。

その3 個人再生

個人再生を利用すれば、借主が借り入れたカードローン会社との間に裁判所が入ることになります。裁判所が関与すれば、消費者金融などのカードローン会社からの借り入れに関する支払いを止めることができます。

消費者金融などのカードローン会社からの借り入れを止めることができれば、借り入れた金額を5分の1程度までに減額することができますので、その減額した金額を3年から5年かけて分けて支払っていくことになります。つまり、借り入れ金額を5分の1程度にすることができ、残りの借金に関しては免除されることになるということです。専門家に依頼した時の費用の相場は、着手金と成功報酬を合わせて40〜80万円となっています。

その4 自己破産

自己破産は借主に返済能力がなく、返済義務を守ることができないと認識された場合に、裁判所に申し立てを行うことで借金をゼロにすることができます。ただし、実際に自己破産が認められたとしても、20万円を超える財産であれば、借り入れを行ったカードローン会社の返済にあてなければいけないため、自宅や車などを手放さなければなりません。

自己破産をしてしまうと生活そのものが管理されてしまいますので、本当の最終手段と言っても良いでしょう。このようなことにならないように借金の返済を行っていきましょう。専門家に依頼した場合の費用の相場は、自己破産の場合成功報酬がなく、着手金のみで40〜60万円となっています。

なお、自己破産は裁判所に申し立てを行ったとしても認められない場合もあります。例えば自己管理能力がなく、借り入れた金額を浪費してしまった場合などです。借主の借り入れ金額や収入や資産などを総合的に調べることで最終的な決定を行われますが、認められないと借り入れた金額がゼロになることもありません。

また、自己破産をするにもかかわらず、嘘をついたり財産を隠したりすると、自己破産が認められなくなってしまいますので、現状について正直に話すようにしましょう。

7.借金を減額できるか無料で確認する方法

債務整理で借金をいくら減額できるかは、「街角法律相談所」というサイトを使うことで簡単に診断できます。無料、かつ匿名で利用できるため、ぜひ利用してみてください。幅な減額が見込めそうな場合は、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

>> 街角法律相談所の解説ページへ

8.まとめ

カードローンの返済を遅延してしまった、もしくは遅延しそうな時は、すぐにカードローン会社に相談するのが1番です。自分だけで抱え込むのではなく、相談をして最善な方法を見つけることができるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket