お金のプロFPが教えるおまとめカードローンの正しい使い方と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
カードローン おまとめ0

複数のカードローンでお金を借りてしまった場合、毎月の支払いが大きな負担になる場合があります。そのようなケースで強い味方となるのが、「おまとめローン」です。

おまとめローンとは、複数の借入を効率化することにより、利用者の負担を軽減できるローンのことを指します。

しかし、おまとめローンの使い方を間違えてしまうと、完済までの期間が長くなってしまったり、逆に利息が増えてしまったりする可能性もあります。

この記事では、カードローンでおまとめする際の注意点や正しい使い方について、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が解説します。

1.カードローンをおまとめする場合の種類

カードローンのおまとめを検討している方の多くは、借入契約が複数存在していると思います。おまとめローンの種類には、

  • 消費者金融が取り扱うおまとめローン
  • 銀行が取り扱う、おまとめ可能なカードローン

という2つがあります。それぞれ特徴が異なりますので、簡単にご説明しましょう。

①消費者金融が取り扱うおまとめローン

消費者金融が取り扱うおまとめローンの特徴は、貸金業法の総量規制において、「例外貸付」という扱いになる点です。総量規制とは、多重債務者保護のために設けられている制度で、貸金業者による年収の3分の1以上の貸付を禁止しています。

つまり、通常であれば、消費者金融が取り扱う商品は総量規制が適用され、年収の3分の1以上を借入することはできないということです。

しかし、総量規制には例外があります。その例外貸付の1つに、「顧客に一方的有利となる借り換え」という項目があり、消費者金融のおまとめローンはこの項目に該当するため、年収の3分の1以上でも借入することができます。

ただし、消費者金融が取り扱うおまとめローンは、あくまでも「返済を効率化するためのもの」ですので、カードローンと同じように借入・返済を繰り返すことができません。

また、全てのおまとめローンが低金利なわけではなく、場合によっては利息を軽減できないケースもあります。このように、消費者金融が取り扱うおまとめローンには、少し扱いづらいデメリットがあります。

②銀行が取り扱うおまとめ可能なカードローン

消費者金融が取り扱うおまとめローンのように専用の商品ではなく、通常の銀行カードローンを使って債務をまとめる方法もあります。

銀行が取り扱うカードローンはそもそも貸金業法の対象外となっているため、総量規制も適用されません。わかりやすくいうと、銀行カードローンであれば理論上年収の3分の1以上でも借入することが可能です。

銀行カードローンでおまとめするメリットとして、

  • 金利面での削減効果を得やすい
  • 借入、返済を繰り返すことができる

などがあり、消費者金融が取り扱うおまとめローンよりも利用価値は高いでしょう。ただし、消費者金融のように専用商品があるわけではありませんので、ご自身でキッチリと計画的に返済を行う必要があります。

例えば、「借入が癖になって借金が膨らんでしまい、おまとめローンの利用を検討している」という方は、再度の借入が可能になってしまうため、借金額を増やしてしまうリスクがあります。このように、銀行カードローンでおまとめする際は、利用者の計画性が非常に重要なポイントになります。

同じおまとめでも、取り扱う業者によりこのような違いがあります。もちろん、得られるメリットの大きさから見ても、銀行が取り扱うカードローンをおまとめローンとして利用したほうが無難でしょう。

2.カードローンをおまとめする際の注意点

カードローンをおまとめする際に注意すべき点は、

  • 実際にいくら利息が少なくなるのか
  • 毎月の返済額が多くなるのか、少なくなるのか
  • 完済時期はいつなのか

という点です。これらは、返済シミュレーションを行うことにより把握することができます。しかし実際には、返済シミュレーションを行わず、おまとめローンのメリットを活かせていない利用者が非常に多いです。

3.おまとめローンを活用した事例

ここでは、おまとめローンのメリットを活かせているケースと活かせていないケースの事例を挙げて比較してみます。

例)
Aさんは、消費者金融3社から50万円ずつ、合計150万円を借入していました。この状態でおまとめローンを利用し、返済の効率化を図ります。

Aさんの返済状況

  • 消費者金融3社の金利は全て18%
  • 毎月の返済額は33,000円
  • おまとめローンを利用しない場合、完済までの期間は77ヶ月
  • 完済までの合計利息は1,038,083円

①おまとめローンのメリットを活かせていないケース

金利14.5%の銀行カードローンでおまとめし、金利を効率化した。しかし、完済までの期間を長期化させてしまったことにより、おまとめローンのメリットを活かせなかった事例

Aさんの返済状況

  • 銀行カードローン1社でおまとめし、14.5%の金利
  • 毎月の返済額は23,743円
  • 完済までの期間は120ヶ月
  • 完済までの合計利息は1,349,030円

②おまとめローンのメリットを活かせているケース

限度額によって金利が設定されている銀行カードローンでおまとめし、11.5%の金利で返済を効率化した事例

  • 銀行カードローン1社でおまとめし、11.5%の金利
  • 毎月の返済額は30,000円
  • 完済までの期間は69ヶ月
  • 完済までの合計利息は551,817円

※三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションツールにて試算

上記事例でわかるように、おまとめローンのメリットを活かすことができれば、ご自身の返済にかかる負担を大幅に軽減することができます。

しかし、完済までの期間を長くしてしまったり、金利の高いカードローンを選んだりと、何らかの無駄が生じてしまった場合は、おまとめローンのメリットを活かせない可能性があります。したがって、通常のカードローン選び以上に、慎重に商品を厳選する必要があります。

4.FP厳選のおまとめできるカードローン

先述したように、カードローンでおまとめする場合は、商品選びが非常に重要なポイントとなります。しかし、「どうやって選べばいいのかわからない…」「返済シミュレーションが面倒」という方も多いでしょう。

そこで、カードローンに詳しいFPが、おまとめローンとして利用できる優秀なカードローンを1つ厳選します。その商品は、「りそなプレミアムカードローン」です。りそなプレミアムカードローンの商品詳細は下記のとおりです。

カードローン おまとめ1

りそなプレミアムカードローンの特徴は、

  • 限度額によって金利が段階的に設定されているので、おまとめローンとしても利用しやすい
  • 100万円コース、150万円コースの金利が11.5%と低金利
  • 毎月の返済が自動引落しなので、着実に返済できる

などがあります。ただし、「審査に自信がない…」という方は、同じりそな銀行の「りそなクイックカードローン」を選択してください。

りそなクイックカードローンは、りそなプレミアムカードローンよりも限度額が低いものの、金利面でのメリットに関してはほぼ同様ですので、おまとめローンとしても活用できるでしょう。おまとめローンを検討中の方は、上記を参考になさってください。

5.まとめ

カードローンでおまとめする際に重要なのは、ご自身の「計画性」です。なぜなら、たとえ優秀なおまとめローンを選択したとしても、ダラダラと借入を繰り返してしまえば、メリットを活かすことはできないからです。明確な返済計画を立て、早期完済を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket