全国対応のカードローン金利比較|利息を最小限に減らす賢い選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お金を借りられた女性

「金利を比較してお得なカードローンを利用したい…」

お金を借りるならできるだけ支払う利息を抑えたいですよね。

金利は低いに越したことはありませんが、金利だけを見てカードローンを選ぶと損をすることもあります。

この記事では全国対応のカードローン金利や低金利の仕組みなどをまとめました。申込前に確認してあなたにピッタリのカードローンを選びましょう。

1.大手カードローン金利の比較

まずは次の表で全国対応の大手銀行カードローンやネット銀行、消費者金融の金利を見てみましょう。上限金利が低い順にカードローンを並べてみました。

カードローン金利年最高限度額
りそな銀行3.5~12.475%800万円
ソニー銀行2.5~13.8%800万円
みずほ銀行2.0~14.0%800万円
楽天銀行1.9~14.5%800万円
三井住友銀行4.0~14.5%800万円
静岡銀行4.0~14.5%500万円
三菱UFJ銀行1.8~14.6%500万円
東京スター銀行1.8~14.6%1,000万円
愛媛銀行4.4~14.6%800万円
住信SBIネット銀行0.99~14.79%1,200万円
スルガ銀行3.9~14.9%800万円
北海道銀行1.9~14.95%800万円
じぶん銀行2.2~17.5%800万円
オリックス銀行1.7~17.8%800万円
プロミス4.5~17.8%500万円
ジャパンネット銀行2.5~18.0%1,000万円
SMBCモビット3.0~18.0%800万円
アコム3.0~18.0%800万円
アイフル3.0~18.0%800万円

例えば、楽天銀行カードローンでは利用限度額100万円以上200万円未満の場合、利率は9.6%~14.5%の間で設定されますが、14.5%に近い金利が適応されると考えた方が良いです。

カードローンの適用金利は審査によって決まりますが、初めての方は取引実績がないので基本的に上限金利に近い金利が適応されます。

金利で選ぶ時は上限金利を見ることが重要です。

2.低金利のカードローンを選ぶメリット

低金利のカードローンを選ぶ最大のメリットは利息を減らせることです。

一般的に多い10万円、30万円、50万円を3ヶ月間借りた時の利息を見てみましょう。

銀行カードローンの平均的な金利年14.5%と消費者金融に多い18.0%で比較しています。利息の計算式「借入金額×金利÷365日×借入日数=利息額」

借入額金利年14.5%金利年18.0%利息の差
10万円3,575円4,438円863円
30万円10,726円13,315円2,589円
50万円17,876円22,191円4,315円

例 金利年14.5%で90日間10万円を借入する場合

10万円×14.5%÷365日×90日間=3,575円

10万円場合は863円、30万円場合は2,589円、50万円場合は4,315円も支払う利息に差が出ることがわかります。金利が低い方が圧倒的にお得です。

3ヶ月以上借りる場合はもっと差も大きくなるので、中期的な借入なら低金利に越したことはないでしょう。

3.金利でカードローンを選ぶ時の2つのポイント

カードローンの金利は融資額が大きいと低くなり、融資額が低いと金利は高くなります。このことを踏まえ、カードローンを選ぶ時のポイントをご紹介します。

ポイント1 金利の適用表を確認する

各カードローンには利用限度額ごとの金利適用表があります。

例えば、みずほ銀行カードローンは次の通りです。

みずほ銀行の利用限度額ごとの金利適用表出典 みずほ銀行カードローン

利用限度額によって金利は大きく異なるので、あなたが希望する借入額ではどの金利が適用されるのか申込前に必ず確認しましょう。

ポイント2 返済シミュレーションをする

カードローンの利息を減らすためには返済シミュレーションをすることが重要です。実際の利息は借入額や返済期間によって変わってきます。

ほとんどのカードローンではホームページ上で返済シミュレーションができるようになっているので、自分はどのくらいの利息がかかるのか事前に確認しておきましょう。

4.カードローンの利息を減らしたい時の2つの注意点

カードローンの利息を減らしたい時の注意点は2つあります。

注意1 繰り上げ返済

支払う利息をできるだけ減らしたい時は繰り上げ返済をすることが重要です。利息は日割り計算なので1日でも早く返済すれば利息も減ります。

無理に繰り上げ返済する必要はないですが、お金に余裕がある時は積極的にしていきましょう。

注意2 毎月の最低返済額

カードローンには毎月必ず返済しないといけない最低返済額があります。最低返済額だけ返済すれば利用上問題ないですが、元金にあてられる金額が少ないため、完済までかなりの期間がかかってしまいます。

できるだけ利息を減らすためにも常に最低返済額以上を返していくよう心がけましょう。

参考までに各カードローンの最低返済額もまとめました。借入額10万円、30万円、50万円で分けています。

カードローン10万円30万円50万円
楽天銀行2,000円5,000円10,000円
静岡銀行2,000円5,000円10,000円
住信SBI
ネット銀行
2,000円6,000円8,000円
ソニー銀行2,000円6,000円8,000円
三井住友銀行2,000円6,000円10,000円
三菱UFJ銀行2,000円6,000円10,000円
北海道銀行2,000円6,000円10,000円
じぶん銀行2,000円6,000円10,000円
ジャパン
ネット銀行
3,000円6,000円10,000円
アコム3,000円9,000円15,000円
スルガ銀行3,000円9,000円15,000円
SMBCモビット4,000円11,000円13,000円
プロミス4,000円11,000円13,000円
愛媛銀行5,000円5,000円10,000円
東京スター銀行5,000円5,000円10,000円
オリックス銀行7,000円7,000円10,000円
りそな銀行10,000円10,000円10,000円
みずほ銀行10,000円10,000円10,000円
アイフル返済回数
で変動
返済回数
で変動
返済回数
で変動

最低返済額だけ返済をすれば利用上は問題ないですが、支払利息を減らすためにも負担がかからない程度に毎月の返済額を増額することをおすすめします。

5.金利以外に注目したい4つのポイント

カードローンに申し込みする際、金利以外にも注目するともっとお得に借りれる可能性があります。

ポイント1 無利息期間

短期間の利用や少額融資なら無利息サービスがあるカードローンがおすすめです。

  • 30日以内に返済できる
  • 給料が入ったらすぐ返せる
  • ボーナスが入ったら一気に返せる

こういった方は無利息サービスを利用すると良いでしょう。

無利息サービスがある大手カードローンは次の通りです。

カード金利年無利息期間
アコム3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%初めてなら30日間無利息
プロミス4.5%~17.8%初めてなら30日間無利息

ポイント2 金利優遇サービス

金利優遇サービスとは、カードローン会社の条件を満たしていたら金利が優遇されるサービスです。

例えば、みずほ銀行カードローンは住宅ローンを利用していると0.5%金利が下がります。住宅ローンなどを利用している場合には申込前に確認してみると良いでしょう。

カードローン優遇サービス
みずほ銀行住宅ローンを利用していれば0.5%優遇
じぶん銀行au限定割(auユーザーなら最大0.5%優遇)
住信SBIネット銀行・SBIカード口座引落の設定者0.1%優遇
・住宅ローン利用者0.5%優遇
りそな銀行住宅ローンを利用していれば0.5%優遇

ポイント3 借入返済方法

借入返済方法はカードローンによって異なります。手数料がかかってしまう方法もあるので、あなたが普段利用したい方法が手数料無料かどうか事前に確認しておきましょう。

ポイント4 口座開設

銀行によってはその銀行の口座開設が必要になるカードローンがあります。その場合、融資を受けるまでに1〜2週間かかるケースが多いため、急いでいる方には向きません。

早く融資を受けたい方は口座開設不要の銀行カードローンを選ぶか、普段利用している銀行のカードローンを検討しても良いでしょう。

口座開設が必要な銀行と不要な銀行は次の通りです。

口座開設不要口座開設必要
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
オリックス銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
スルガ銀行
りそな銀行
みずほ銀行
セブン銀行
ジャパンネット銀行
東京スター銀行

6.おすすめの銀行カードローンランキング

おすすめの銀行カードローンをご紹介します。カードローンを利用する時はこの中から選んでみてください。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは入会で1,000ポイントもらえることから「楽天を普段から利用している」方に特に選ばれています。いつもの口座で利用することもできますし、コンビニなどの提携ATMから借入や返済も可能です。

なお、楽天銀行の口座を持っている場合は24時間振込が可能なので、楽天銀行口座を持っている方にも選ばれています。

楽天銀行カードローン詳細

▼楽天銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
楽天銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大800万円借入できるので「まとまったお金を中長期で借りたい方」に特に選ばれています。みずほ銀行の口座を持っていればキャッシュカードですぐ利用できるのも選ばれているポイントです。

なお、みずほ銀行の住宅ローンを利用するとカードローン金利が年0.5%低くなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン詳細

▼みずほ銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは申込から借入、返済のすべてがWebで完結するため来店不要ですし、口座開設も不要なので手間もかかりません。

オリックス銀行カードローン詳細

▼オリックス銀行カードローンでお得に借りる方法はこちら
オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットを徹底解説|融資を受ける手順と注意点とは

*ランキングは当サイトのおすすめ順に掲載しています。

7.まとめ

カードローンを選ぶ時は金利を見ることに加えて無利息期間や金利優遇サービスなどにもぜひ注目してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket